中央市議会 > 2017-09-01 >
09月01日-01号

ツイート シェア
  1. 中央市議会 2017-09-01
    09月01日-01号


    取得元: 中央市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-04-30
    平成29年  9月 定例会(第3回)平成29年第3回中央市議会定例会1.議事日程(第1号)                             平成29年9月1日                             午前10時00分開議                             於議場  日程第1 会議録署名議員の指名  日程第2 会期決定の件  日程第3 諸報告  日程第4 議案第45号 中央市福祉センター条例中改正の件  日程第5 議案第46号 中央市介護保険条例中改正の件  日程第6 議案第47号 中央市地域包括支援センターの人員及び運営に関する基準を定める条例中改正の件  日程第7 議案第48号 平成29年度中央市一般会計補正予算(第4号)  日程第8 議案第49号 平成29年度中央市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)  日程第9 議案第50号 平成29年度中央市介護保険特別会計補正予算(第1号)  日程第10 議案第51号 平成29年度中央市下簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)  日程第11 議案第52号 平成28年度中央市一般会計歳入歳出決算認定の件  日程第12 議案第53号 平成28年度中央市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第13 議案第54号 平成28年度中央市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第14 議案第55号 平成28年度中央市介護保険特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第15 議案第56号 平成28年度中央市地域包括支援センター特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第16 議案第57号 平成28年度中央市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第17 議案第58号 平成28年度中央市下水道事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第18 議案第59号 平成28年度中央市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第19 議案第60号 平成28年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計歳入歳出決算認定の件  日程第20 議案第61号 平成28年度中央市上水道事業会計決算認定の件  日程第21 報告第6号 平成28年度中央市一般会計予算継続費の精算の件  日程第22 報告第7号 平成28年度中央市健全化判断比率の報告の件  日程第23 報告第8 平成28年度中央市資金不足比率の報告の件  日程第24 請願第1号 30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充を図るための請願書2.本日の会議に付した事件  議事日程に同じ3.出席議員は次のとおりである。(18名)       1番  渡辺 亨      2番  田中 清       3番  斉藤雅浩      4番  金丸俊明       5番  木下友貴      6番  田中輝美       7番  小池章治      8番  河西 茂       9番  関 敦隆     10番  名執義高      11番  伊藤公夫     12番  田中健夫      13番  宮川弘也     14番  井口 貢      15番  福田清美     16番  山村 一      17番  田中一臣     18番  山本国臣4.欠席議員(なし)5.会議録署名議員      18番  山本国臣      1番  渡辺 亨6.地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名(31名)   市長        田中久雄    副市長       萩原一春   教育長       田中正清    会計管理者     早川 久   政策秘書課長    望月 智    庁舎整備室長    田中竜馬   総務課長      相澤宏一    リニア交通政策課長 五味将元   危機管理課長    今井 賢    管財課長      功刀裕章   財政課長      橘田 修    政策推進監     中込 誉   人材育成推進監   田中 実    市民課長      中澤美樹   環境課長      小沢 誠    保険課長      土橋利一郎   税務課長      内田孝則    収納対策監     降矢嘉也   福祉課長      桜木達也    高齢介護課長    田中浩夫   子育て支援課長   田中俊浩    健康推進課長    中込裕司   保健師長      相田幸子    建設課長      薬袋正仁   都市計画課長    田島幸一    水道課長      河西利広   下水道課長     相川浩記    農政課長      石田秀博   商工観光課長    飯室隆人    教育総務課長    中楯孝博   生涯教育課長    北村公利7.職務のため議場に出席した者の職氏名(3名)   議会事務局長    薬袋幸雄   議会書記      小林昌史   議会書記      佐野裕一郎 △開会 午前10時00分----------------------------------- ○議長(河西茂)  本日は、お忙しいところご参集いただきまして、誠にご苦労さまです。 ただいまの出席議員は18名で、定足数に達しております。 ただいまから平成29年第3回中央市議会定例会を開会します。 報道機関等から写真撮影等の申し出が出ております。 これを許可することにご異議ありませんか。 (異議なしの声) 異議なしと認めます。 よって、議場内での撮影を許可することに決しました。 本日の会議は、あらかじめお手元に配布してあります、議事日程表により行います。----------------------------------- ○議長(河西茂)  日程第1 会議録署名議員の指名を行います。 会議録署名議員は会議規則第88条の規定により、 18番 山本国臣議員  1番 渡辺 亨議員を指名します。----------------------------------- ○議長(河西茂)  日程第2 会期決定の件を議題にします。 本定例会の会期について、議会運営委員会が開かれております。 その協議結果について、議会運営委員長の報告を求めます。 議会運営委員長伊藤公夫議員。 ◆議会運営委員長伊藤公夫)  本日、9月1日に招集されました平成29年第3回定例会の運営について、去る8月25日午前10時より、議会運営委員会を開催し協議いたしましたので、その結果について、ご報告いたします。 今定例会に市長提案されます議案は、条例案件3件、補正予算4件、決算認定10件、報告3件であります。 また、請願が1件、一般質問については6名の議員から通告されております。 市長提案されます議案について、市長および関係職員より概略説明を受け協議いたしました結果、今定例会の会期は、本日9月1日から9月22日までの22日間とすることに決しました。 以上、今定例会の運営について、議会運営委員会において、協議いたしましたので、議員各位のご賛同とご協力を賜りますようお願い申し上げ報告といたします。 ○議長(河西茂)  議会運営委員長の報告が終わりました。 お諮りします。 本定例会の会期は、ただいまの、議会運営委員長報告のとおり、本日から9月22日までの22日間としたいと思います。 これにご異議ありませんか。 (異議なしの声) 異議なしと認めます。 よって、本定例会の会期は本日から22日までの22日間と決定しました。----------------------------------- ○議長(河西茂)  日程第3 諸報告を行います。 第2回定例会以降の報告事項については、配布しました諸報告のとおりであります。 監査委員から平成29年6月から8月分にかかる現金出納検査の結果について、配布しました資料のとおり報告されております。 各組合議会の結果について、配布しました資料のとおり報告されております。 以上で、諸報告を終わります。----------------------------------- ○議長(河西茂)  日程第4 議案第45号 中央市福祉センター条例中改正の件から、日程第23 報告第8号 平成28年度中央市資金不足比率の報告の件までを一括議題とします。 市長より行政報告ならびに提出議案等に対する説明を求めます。 田中市長。 ◎市長(田中久雄)  おはようございます。 大変ご苦労さまでございます。 本日ここに、平成29年第3回市議会定例会をお願いいたしましたところ、議員各位には公私とも大変お忙しい中、ご出席を賜り、心から御礼を申し上げます。 今年の夏は、昨年のような猛暑の夏とは異なり、曇り空や雨模様の天気が多い夏となりました。これは、夏の暑さをもたらす太平洋高気圧の勢力が弱く、8月に入るとオホーツク海高気圧の勢力が強くなり、日本列島は温かく湿った空気と冷たい空気がぶつかり合う構図となったためであります。本県でもギラギラした夏らしい暑さではなく、蒸し蒸しとした梅雨のような夏となりました。このような気象により、日照時間が平年の半分程度の地域もあり、天候不順の中、農作物に生育不良が生じ、店頭では、キュウリやトマト、ネギなどの野菜の価格が上昇しています。今後も、秋に収穫を迎える米や野菜、果樹などへの影響が心配されるところであります。 このような夏でありましたが、ここのところ、朝晩は随分涼しさを感じるようになってまいりました。しかし、日中はまだ暑い日が続き、また、天気予報によると、残暑が残るとのことであります。前日との気温の差が大きくなる日も予想され、体調を崩しやすくなりますので、議員各位をはじめ市民の皆さまには、体調管理に充分ご留意され、お過ごしいただきたいと思います。 さて、今からさかのぼること94年前の今日、1923年(大正12年)9月1日午前11時58分頃、関東地方南部を震源とする関東大震災が発生しました。東京や神奈川県を中心に、茨城県、千葉県、静岡県東部までの沿岸と内陸までに及ぶ広い範囲に、甚大な被害をもたらしました。190万人が被災し、10万5千人余りが死亡あるいは行方不明になったとされ、建物被害は全壊が10万9千棟余り、全焼は21万2千棟余りであったとされています。 1960年(昭和35年)には、この関東大震災を教訓として、9月1日を「防災の日」と定め、全国各地ではこの日を中心に防災訓練が行われるようになりました。 本市では、去る8月27日に、各地で発生した大地震や集中豪雨、土砂災害などの被災地から学んだことを含め、自助・共助・公助の考えのもと、中央市総合防災訓練を実施いたしました。 自助・共助を意識したシェイクアウト訓練や、自主防災会による非常参集・伝達訓練、避難所設置運営訓練炊き出し訓練のほか、災害ボランティアセンターを啓発・周知する訓練など、地域防災の課題を見据えた訓練に取り組みました。また、山梨県総合防災情報システムを用いた情報連携訓練や、消防団バイク隊の協力による被害状況調査・把握訓練、中巨摩医師会中央市班の協力によるトリアージ訓練など、公助の訓練を組み合わせた総合型の訓練を行ったところであります。 今年初めて行った訓練としては、山梨県土地家屋調査士会の協力による罹災証明に関する講習や、山梨県の協力による被災建築物応急危険度判定応急仮設住宅の建設についての講習など、被災後における行政対応について、知識の習得を行ったところであります。議員各位をはじめ、多くの市民の皆さまには訓練に参加していただき、感謝と御礼を申し上げます。 また、8月29日の早朝には、北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、北海道上空を通過するという全国民を不安に陥れた緊急事態が発生しました。山梨県は警戒区域には当たらず、サイレンは鳴りませんでしたが、市ではJアラート全国瞬時警報システム)や、エムネット(緊急情報ネットワーク)などの国と直結する情報網を通じ情報を入手し、市民への適時的確な情報提供をする態勢を再確認したところでもあります。 今後も、いつ起こるとも知れない大規模災害緊急事態に備え、訓練や経験で得られた課題を検証し、活かしながら、市民の生命財産を守るための危機管理体制の充実に努めてまいりたいと考えております。 さて、国政に目を向けますと、安倍首相は、去る8月3日に、第3次安倍第3次改造内閣を発足させました。自ら新たな内閣を結果本位の仕事人内閣と名付け、発足後の初閣議では、経済最優先で政権運営にあたるとし、政策課題を東日本大震災等からの復興加速、人づくり革命の断行、1億総活躍社会の実現、世界の中心で輝く日本の4項目を掲げ、内閣の総力を挙げて推し進めるとした基本方針を決定したところであります。 また、最優先すべき仕事は経済の再生であることから、引き続き農政改革や働き方改革なども併せて断行する考えを示しました。 地方としましては、歯止めがかからない人口減少や、各産業分野における労働力不足、少子高齢化時代を見据えた住民生活の確保など、迅速かつ的確な対応が急務となっている地方の事実をしっかりと認識していただき、地方が活性化する豊かな社会づくりの政策に、特に力を入れて取り組んでいただきたいと考えております。 今定例会におきましては、条例や予算など合計20の案件の提出をいたしておりますが、これらの案件の説明に先立ちまして、6月定例会以降におけるいくつかの行政報告を申し上げます。 まず、消防団員の不祥事についてであります。 すでに、報道等で大きく取り上げられましたが、本市消防団の分団長を務めていた者が、団員の報酬などを着服していたとして、本市消防団は去る6月21日に、この者を懲戒免職としたところであります。地域住民の生命・身体・財産を守るべき立場にある消防団員が、このような不祥事を引き起こすという、あってはならないことが生じたことについて、誠に遺憾であります。今後は、こうした問題が再び起こることがないように、法令の遵守やチェック体制の強化、消防団員としての倫理の保持徹底を図り、再発防止に取り組む中で、市民の皆さまの信頼回復に努めてもらいたいと要請したところであります。 次に、災害時に備える協定の締結についてであります。 本市では、すでに、いくつかの民間企業や団体などと災害協定を結んでおりますが、去る6月27日に株式会社アダストサービスと、7月6日には株式会社はくばくと、新たに災害時に備える協定の締結を行いました。 株式会社アダストサービスとの協定では、地震や水害などの大規模災害時に、同社が扱う紙おしぼりやタオル、飲料水などの生活物資を、市に運搬していただくなどの提供を受けるものであります。 また、株式会社はくばくとの協定では、市に沿って流れる釜無川や笛吹川などが氾濫した場合に、同社中央工場の3階フロアを避難場所として、提供を受けるものであります。現時点で、53の団体と災害協定が結ばれており、今後も、いろいろな団体と災害時に備える協定を締結し、有事に備えた広域的な連携体制の強化を図っていきたいと考えております。 次に、消費生活相談窓口の設置についてであります。 6月5日から毎週月曜日に、悪徳商法や訪問販売などにおける事業者とのトラブルや、商品サービスの契約等に関するトラブルなど、身近な消費生活に関する相談を受けるため、市役所の総務課内に消費生活相談員を配置いたしました。 しつこい勧誘や不審に思う電話など消費生活に関する疑問が生じた場合には、お気軽に相談をしていただきたいと思います。 次に、ヒアリへの対応についてであります。 ヒアリについては、5月26日に兵庫県の尼崎市において発見されたアリが、専門機関による調査の結果、ヒアリと確認されました。それ以降、ヒアリの確認が15事例報告され、確認できた個体は、すべて駆除されたとのことであります。 ヒアリとは、南米原産のアリで、刺されると火傷のような激しい痛みを生じ、毒性が強く、アレルギー反応により死に至ることもあるとのことです。外来生物法に基づく特定外来生物にも指定されており、人体への被害や家畜への被害、生態系への影響が懸念されております。 本市におきましても、国や県からの情報をもとに、広報などで注意喚起や対処法などについて情報提供しているところであり、市民の皆さまには冷静な対応をお願いしたいと思います。 また、県や環境省のホームページにおいても、情報提供がされていますので、参考にしていただきたいと思います。 次に、トレイルラン大会についてであります。 自然に親しみながらの体力づくりや気軽に取り組むことのできる生涯スポーツとして、トレイルラン全国各地で盛んに開催されております。 本市でも、林道や参道などの地域資源を活用するとともに本市の魅力を県内外にPRするため、実行委員会を立ち上げ、トレイルラン事業の実施に向けて検討をしてまいりました。 その結果、来年の6月に豊富地区の山之神神社参道や、大鳥居林道などを利用して、中央市スイートコーンマラソン&史跡探訪ウォーク大会として事業の実施計画が集約され、今年度は、本大会に向けてのプレ大会として、10月15日に実施することとなりました。 現在、市のホームページやポスタ-の配布等により、プレ大会の周知をしており、参加申し込みはインターネットにより受け付けているところであります。 今後は、このプレ大会を検証する中で、来年6月に本大会の実施を計画してまいります。 トレイルラン大会の開催により、交流人口の増加を図り、それが将来、移住や定住のきっかけとなり定住人口の増加につながるように、準備を進めてまいりたいと考えております。 次に、都市公園都市計画決定等の進捗についてであります。 現在の田富ふるさと公園については、約1.9ヘクタールのうち、市道1030号線から北側の約1.4ヘクタールについて、田富北小学校の移転に伴い、都市公園の指定を廃止し、南側の残りの約0.5ヘクタールを都市公園近隣公園から街区公園とする変更を行い、新たに約5.1ヘクタールの中央市総合防災公園を、都市計画公園として追加する手続きを進めているところであります。 これまでの経緯は、5月に知事協議を行い、6月には住民説明会を開催し、7月から8月にかけて都市計画素案都市計画案の縦覧を実施したところであります。また、今月末には都市計画審議会を開催し、10月には都市計画決定の告示を行う予定であります。 総合防災公園の建設については、本年度下半期において、詳細設計建物等移転補償費の算定を行い、来年度には用地取得と移転補償に入っていきたいと考えております。 次に、庁舎整備事業についてであります。 増設庁舎につきましては、工事を実施するための詳細設計を進めているところでありますが、現在、外観および内観の完成イメージ図の作成を行っており、これらの作成が終わりましたら順次広報等で公表してまいります。 次に、増設庁舎建築に係るスケジュールについて、報告いたします。増設庁舎の建設場所にある田富福祉センター等解体工事を10月下旬に着手します。それに伴い、来庁者の安全を確保するための仮囲いを10月中旬より設置いたします。市民の皆さまには来庁時にご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。 また、解体後の建築工事につきましては、12月を目安に実施設計を完了し、来年1月からは建築工事に係る発注手続きに入り、平成31年5月には供用開始に向けて、準備を進めてまいりたいと考えております。 このほか、敷地外駐車場につきましては、整備概要がまとまりましたので、今議会中に議員の皆さま方にご説明をさせていただく予定となっております。 なお、今定例会に増設庁舎の建築ならびに敷地外駐車場の整備に係る補正予算を提出しておりますので、よろしくご審議をお願い申し上げます。 その他、庁舎整備に関連する事業として、田富庁舎の西側にあるリサイクルステーションを、10月中に田富庁舎北東側に移設することとしております。移動日などの詳細が確定しましたら、市のホームページ等でお知らせいたします。市民の皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。 また、田富福祉センター内に入っていました中央市社会福祉協議会田富支所につきましては、本日、9月1日から田富総合会館内に移転し、業務を行っておりますので、よろしくお願い申し上げます。 それでは、本定例会に提案いたしました案件について、ご説明申し上げます。 本定例会に提案いたしました案件は、条例案件3件、予算案件4件、決算認定の件10件、報告案件3件であります。 まず、条例議案についてであります。 議案第45号 中央市福祉センター条例中改正の件につきましては、中央市庁舎整備事業に伴い、中央市立田富福祉センターを廃止するため、所要の改正を行うものであります。 議案第46号 中央市介護保険条例中改正の件につきましては、地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律による介護保険法の一部改正に伴い、過料に関する規定について改正を行うものであります。 議案第47号 中央市地域包括支援センターの人員及び運営に関する基準を定める条例中改正の件につきましては、介護保険法施行規則の一部改正に伴い、地域包括支援センターの職務に従事する主任介護支援専門員について、規定の整備を行うものであります。 次に、予算議案についてであります。 議案第48号 平成29年度中央市一般会計補正予算(第4号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ21億628万2千円を追加し、歳入歳出それぞれ152億304万3千円とするものであります。 歳出の各款の主なものは、総務費では、増設庁舎建築工事請負費や、増設庁舎建設に伴う外構設計業務委託料などに19億9,984万円を、番号制度に伴うコンビニ交付システム改修委託料等行政事務電算化事業に424万7千円を計上しております。 民生費では、豊富保育園規模改修に係る外構工事設計業務委託料備品購入費に1,035万8千円を計上しております。 農林水産業費では、産地パワーアップ事業と、やまなし農業・農村総合支援事業に1,588万1千円を、農業基盤整備促進事業などに2,800万円を計上しております。 土木費では、農村公園の浄化槽の修繕と、関原地内若宮公園の漏水修繕などに101万円を、また、農村公園多目的グラウンド改修工事測量設計調査委託料に817万1千円を計上しております。 教育費では、田富北小学校移転計画に伴う測量業務委託料などに3,017万6千円を計上しております。 これらの歳出にかかる補正財源としましては、普通交付税の確定に伴い、普通交付税を4億374万8千円追加し、また、各種事業に係る国および県補助金を追加補正するとともに、市庁舎整備事業と、豊富保育園規模改修事業における合併特例事業債や、臨時財政対策債などの地方債を19億4,350万円追加補正しております。 なお、繰入金については、財政調整基金繰入金を減額補正しております。 議案第49号 平成29年度中央市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ50万円を追加し、歳入歳出それぞれ2億4,337万3千円とするものであります。 議案第50号 平成29年度中央市介護保険特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ163万5千円を追加し、歳入歳出それぞれ21億3,730万9千円とするものであります。 議案第51号 平成29年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ389万4千円を追加し、歳入歳出それぞれ2億1,863万5千円とするものであります。 議案第52号 平成28年度中央市一般会計歳入歳出決算認定の件から、議案第61号 平成28年度中央市上水道事業会計決算認定の件まで、一般会計特別会計企業会計10件の決算認定につきましては、地方自治法第233条第3項および地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見を付して提案するものであります。 概要につきましては、後ほど会計管理者から、ご説明申し上げます。 次に、報告議案についてであります。 報告第6号 平成28年度中央市一般会計予算継続費の精算の件につきましては、地方自治法施行令第145条第2項の規定により、平成28年度中央市一般会計予算継続費について、精算をしたので報告するものであります。 報告第7号 平成28年度中央市健全化判断比率の報告の件につきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により、平成28年度中央市健全化判断比率監査委員の意見を付して、報告するものであります。 報告第8号 平成28年度中央市資金不足比率の報告の件につきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、平成28年度中央市資金不足比率監査委員の意見を付して、報告するものであります。 以上、案件の内容について、概要をご説明申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご議決・認定いただけますようお願い申し上げます。 以上で、平成29年第3回市議会定例会における所信表明と提案理由の説明といたします。 ○議長(河西茂)  市長の説明が終わりました。 引き続いて議案の審議を行います。 議案第45号 中央市福祉センター条例中改正の件から、議案第51号 平成29年度中央市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、会議規則第37条第1項の規定により、委員会へ付託しますので、市長の説明に対する総括的な質疑を行います。 質疑ありませんか。 (なし) 質疑なしと認めます。 議案第45号から議案第51号までは、お手元の議案付託表のとおり、会議規則第37条第1項の規定により、それぞれ所管の常任委員会に付託します。 次に、会計管理者より、議案第52号 平成28年度中央市一般会計歳入歳出決算認定の件から、議案第61号 平成28年度中央市上水道事業会計決算認定の件までの概要説明を求めます。 早川会計管理者。 内容につきましては、要旨、要点のみ、簡略にお願いいたします。 ◎会計管理者(早川久)  よろしくお願いします。 ただいま市長より提案いたしました議案第52号から議案第61号までの一般会計特別会計および企業会計決算認定10案件につきまして、一括して説明をさせていただきます。 なお、概要説明のため、金額につきましては万円単位とさせていただきます。 平成28年度中央市一般会計特別会計歳入歳出決算書の1ページ、2ページをご覧ください。 一般会計と8特別会計の総額ですが、収入済額の合計207億1,160万円、歳出済額の合計196億1,581万円となっており、歳入歳出総額の差額は10億9,579万円でありました。 また、この差額のうち、翌年度へ繰り越すべき財源が1億6,828万円含まれているため、平成28年度の実質収支額は9億2,751万円の黒字となりました。 それでは、個々の会計について説明いたします。 まず、平成28年度中央市一般会計歳入歳出決算認定について説明いたします。 3ページ、4ページをご覧ください。 第1款の市税ですが、45億3,766万円で全収入額の35.1%を占めており、対前年度比2,923万円の減額となっています。主なものとしましては、市民税19億7,759万円、固定資産税22億2,868万円となっています。 次に、第2款地方譲与税は1億1,759万円で、ほぼ例年どおりの金額となっています。 第3款から第8款までの各種交付金ですが、総額は6億6千万円で、前年度比8,022万円の減額となっています。 第9款、地方交付税は27億4,477万円で、歳入全体の21.2%を占めていますが、前年度比2億3,137万円の減額となっています。 以下の歳入につきましては、主なもののみを申し上げます。 5ページ・6ページをご覧ください。 第13款国庫支出金13億5,125万円、第14款県支出金6億6,254万円、第18款繰越金13億4,742万円、第20款市債9億940万円であります。 この結果、平成28年度の一般会計の歳入総額は129億3,184万円となり、前年度比3億7,213万円の減額となっています。 次に、歳出です。7ページ、8ページをご覧ください。 まず、第1款議会費です。1億4,433万円で、前年度比2,086万円の減額となっております。議員共済会の負担金の減額や、事務局職員の1名の減員によるものです。 次に、第2款総務費です。16億652万円で、前年度比9,629万円の増額となっております。主なものとしましては、総務管理費11億6,838万円、徴税費2億2,951万円等となっています。 次に、第3款民生費です。41億5,383万円で、前年度比1億5,118万円の増額となっています。また歳出予算総額に、民生費の占める割合は、34%と最も多くの割合となっております。 主な内訳としまして、国民健康保険や介護保険の繰出し金等を含めた、社会福祉費が18億5,548万円。保育園、児童館、放課後児童クラブ等の運営費等を含めた児童福祉費が18億5,137万円、年々増加傾向にある生活保護費が3億7,415万円となっております。 次に、第4款衛生費です。総額8億245万円で、前年度比1,127万円の減額となっております。減額の主な要因としましては、簡易水道事業特別会計への繰出し金の減額によるものであります。 次に、第5款の労働費ですが、333万円でほぼ例年どおりの金額となっております。 次に、第6款、農林水産業費です。5億3,883万円で、前年度比3億9,700万円の減額となっております。この要因としましては、平成27年度に雪害緊急対策事業があり、大幅な減額となっております。 次に、第7款、商工費です。8,980万円で、前年度比8,519万円の大幅な減額となっております。これは平成27年度に、地域住民生活等緊急支援交付金事業(プレミアム商品券等)があり、また28年度より、3大まつりを「ふるさとまつり」として1本化したことによるものであります。 次に、第8款土木費です。12億7,253万円で、歳出予算の10.4%を占めており、前年度比1億1,323万円の増額となっております。これは田富玉穂大津線道路整備事業や橋梁長寿命化修繕事業費の増によるものであります。 次に、9ページ、10ページをご覧願いたいと思います。 第9款消防費です。4億8,566万円で、1,193万円の増額となっています。これは主に甲府広域事務組合負担金の増額によるものであります。 次に、第10款教育費です。10億8,460万円で、前年度比3,313万円の増額となっています。これは豊富・三村・田富南小学校のプール改修や、給食センターの実施設計委託業務、また豊富公民館の解体工事等により増額となっております。 次に、第12款公債費ですが、13億4,402万円で、前年度比2,053万円の増額となっております。歳出総額の11%を占めております。 次に、第13款諸支出金です。6億9,283万円で、前年度比3億5千万円の増額となっております。これは甲府市水道局から、給食センター用地としての公有財産購入や、財政調整基金の増額によるものであります。 以上から、平成28年度の一般会計の歳出総額は122億1,878万円となり、前年度比2億6,222万円の増額となりました。 次に、103ページをご覧願いたいと思います。 平成28年度の一般会計の歳入総額は129億3,184万円、歳出総額は122億1,878万円で、差引額は7億1,306万円であります。 なお、翌年度に繰り越すべき財源が1億5,828万円あるため、実質収支は5億5,478万円の、黒字となりました。 以上が、一般会計の決算概要であります。 次に、各会計に移ります。 104ページ、105ページをご覧ください。 平成28年度中央市国民健康保険特別会計歳入歳出決算について説明いたします。 まず歳入の主なものですが、第1款の国民健康保険税は7億2,026万円で、前年度比1,649万円の減額となっております。 次に、第3款国庫支出金ですが7億6,131万円で、前年度比4,190万円の増額となっております。 次に、第5款前期高齢者交付金ですが8億5,187万円で、前年度比6,516万円の増額、第7款共同事業交付金は8億3,883万円で、前年度比7,411万円の増額となっております。 第8款繰入金につきましては2億6,663万円で、前年度比1億4,409万円の減額となっております。 次に歳出の主なものです。106ページ、107ページをご覧ください。 第1款総務費は6,730万円で、前年度比780万円の増額。第2款保険給付費は21億3,039万円で、前年度比9,658万円の減額となっております。また、第3款後期高齢者支援金等は4億1,879万円で、前年度比1,461万円の減額、第5款介護納付金は1億6,457万円で、前年度比1,275万円の減額となっております。 第6款、共同事業拠出金は7億8,829万円で、前年度比4,179万円の増額となっております。 この結果、平成28年度中央市国民健康保険特別会計の決算は、歳入総額が37億2,308万円で、歳出総額は35億9,688万円となり、実質収支額は、1億2,620万円の黒字となっております。 次に、平成28年度中央市後期高齢者医療特別会計の決算について説明します。133ページ、134ページをご覧ください。 まず歳入の主なものですが、第1款後期高齢者医療保険料1億5,868万円で、前年度比783万円の増額。第3款繰入金が6,226万円で、前年度比119万円の増額となっております。 次に、135ページ、136ページをご覧ください。歳出の主なものですが、第1款総務費が1,206万円で、ほぼ例年どおりの金額となっており、第2款後期高齢者医療広域連合納付金が2億870万円で、前年度比851万円の増額となっております。 この結果、平成28年度中央市後期高齢者医療特別会計の決算は、歳入総額は2億2,211万円、歳出総額は2億2,098万円で、実質収支額は112万円の黒字となりました。 次に、平成28年度中央市介護保険特別会計歳入歳出決算について説明いたします。146ページ、147ページをご覧ください。 まず、歳入の主なものですが、第1款保険料が4億5,631万円で、前年度比2,165万円の増額。第3款国庫支出金は3億8,450万円で、前年度比173万円の減額。第4款支払基金交付金が4億5,399万円で、前年度比1,015万円の減額。第5款県支出金は2億5,014円で、前年度比338万円の増額。第7款繰入金は2億5,369万円で、前年度比396万円の減額となっています。 次に、148ページ、149ページをご覧ください。歳出の主なものは、第2款保険給付費が15億8,251万円で、前年度比3,800万円の減額。第3款地域支援事業費は6,316万円で、前年度比370万円の増額となっております。 以上から、平成28年度中央市介護保険特別会計の決算は、歳入総額18億8,105万円、歳出総額17億1,708万円で、実質収支額は1億6,397万円の黒字となっております。 次に、平成28年度中央市地域包括支援センター特別会計の決算について説明いたします。 167ページ、168ページをご覧ください。 まず、歳入の主なものは、第1款サービス収入68万円で、前年度比130万円の減額。第2款繰入金は1,308万円で、前年度比246万円の増額となっております。 169ページ、170ページをご覧ください。 歳出の主なものは、第1款の総務費が1,355万円で、前年度比242万円の増額、第2款事業費が22万円で、126万円の減額となっております。 以上から、平成28年度地域包括支援センター特別会計の決算は、歳入総額1,377万円、歳出総額1,377万円となり、歳入歳出総額は同額となりました。 次に、平成28年度中央市簡易水道事業特別会計の決算について説明いたします。 176ページ、177ページをご覧ください。 まず、歳入の主なものは、第2款、使用料及び手数料が9,986万円で、前年度比473万円の減額。第4款、繰入金は6,256万円で、前年度比1,108万円の減額。第7款、簡易水道事業債および公営企業会計適用債として、市債が9,780万円で、前年度比720万円の減額となっております。 次に、178ページ、179ページをご覧ください。 歳出の主なものは、第2款衛生費で1億2,519万円、前年度比1,680万円の減額となっています。この中には、簡易水道工事9,686万円分を含んでおります。第3款公債費は8,696万円で、前年度比116万円の増額となっております。 以上から、平成28年度中央市簡易水道事業特別会計の決算は、歳入総額2億8,646万円、歳出総額2億7,339万円で、実質収支額は1,307万円の黒字となっております。 次に、平成28年度中央市下水道事業特別会計の決算について説明いたします。 189ページ、190ページをご覧ください。 まず、歳入の主なものは、第2款使用料及び手数料で2億3,976万円、前年度比615万円の増額となっております。第3款国庫支出金は1億1,206万円で、前年度比2,307万円の増額。第4款繰入金は6億5,672万円で、前年度比937万円の増額。第7款市債は2億1,560万円で、前年度比5,580万円の増額となっております。 191ページ、192ページをご覧ください。 歳出の主なものは、第1款総務費が2億655万円で、1,995万円の増額。第2款事業費が3億7,975万円で7,775万円の増額。この中には流域下水道の維持管理負担金1億3,972万円が含まれております。第3款公債費は6億5,778万円で、前年度比937万円の増額となっております。 以上から、平成28年度中央市下水道事業特別会計の決算は、歳入総額12億8,777万円、歳出総額12億4,408万円で、歳入歳出差引額は4,369万円となりました。 ただし、翌年度に繰り越すべき財源が1千万円あるため、実質収支額は3,369万円となっております。 次に、平成28年度中央市農業集落排水事業特別会計の決算について説明いたします。 202ページ、203ページをご覧ください。 まず、歳入の主なものは、第2款使用料及び手数料が3,630万円で、前年度比34万円の減額。第5款繰入金が2億468万円で、前年度比668万円の増額となっております。 204ページ、205ページをご覧ください。 歳出の主なものは、クリーンセンター維持管理費を含む、第1款総務費が9,013万円、前年度比2,311万円の増額。第3款公債費が1億6,022万円で、前年度比45万円の減額となっております。 以上から、平成28年度中央市農業集落排水事業特別会計の決算は、歳入総額2億6,912万円、歳出総額2億5,260万円で、実質収支額は1,652万円の黒字となりました。 次に、平成28年度中央市田富よし原処理センター事業特別会計の決算について説明いたします。 215ページ、216ページをご覧ください。 まず、歳入の主なものは、第2款使用料及び手数料が3,206万円で、皆増であります。これは平成28年5月から、リバーサイド地区、流通センター、トラックターミナルの、それぞれの利用者から使用料を徴収することになりました。このため皆増となっております。 次に、217ページ、218ページをご覧ください。 歳出の主なものは、第1款総務費に5,495万円で、維持管理費用が中心となっております。第2款諸支出金は2,326万円で、前年度比2,026万円の大幅な増額となっております。よし原処理センター施設事業基金として積み上げたものであります。 以上から、平成28年度田富よし原処理センター事業特別会計の決算は、歳入総額9,636万円、歳出総額7,822万円、実質収支額は1,814万円の黒字となりました。 以上、一般会計特別会計8件について、決算の概要を説明させていただきましたが、決算書と同時に配布しました、付属資料にも掲載されていますので、後程ご覧願いたいと思います。 最後に、公営企業会計の平成28年度中央市上水道事業会計の決算について説明いたします。 まず、収益的収入及び支出のうち、収入についてですが、第1款水道事業収益の決算額は3億909万円でありました。また支出の、第1款水道事業費用の決算額は2億2,761万円でありました。この結果差引額は8,148万円となっております。 次に、2ページの資本的収入及び支出ですが、平成27年度からの継続事業として、布施配水場の建設を実施しましたので、平成28年度も引き続き大型決算となっております。 まず、収入の第1款資本的収入は5億6,976万円、支出の第1款資本的支出は9億4,625万円であり、その差額は3億7,649万円でありました。なお、差額につきましては、消費税資本的収支調整額、過年度損益留保資金で補てんしてあります。 次に、13ページをご覧ください。 上水道の事業概況ですが、まず営業関係については、平成28年度は年間総排水量218万998立方メートルに対し、年間総有収水量は181万4,591立方メートルで、有収率は83.2%と、昨年度より改善されております。年度末給水戸数は7,945戸、年度末給水人口は1万6,687人でありました。 建設改良につきましては、管渠の耐震化を計画的に進める一方、老朽化の著しい布施配水場の更新事業を行い、平成29年2月に完成し、非常用発電機も設置され、これまで以上に安全な水の安定供給が可能になりました。 以上が、上水道事業会計の決算概要であります。 以上、雑駁な説明でありましたが、平成28年度の中央市のすべての会計の決算概要の説明とさせていただきます。 ありがとうございました。 ○議長(河西茂)  会計管理者の説明が終わりました。 続きまして、乙黒代表監査委員に、本議会に出席いただいておりますので、平成28年度一般会計、各特別会計および上水道事業会計の決算審査の報告を求めます。 乙黒代表監査委員、登壇の上、説明をお願いいたします。 ◎代表監査委員(乙黒環)  代表監査委員の乙黒環でございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 監査委員を代表いたしまして、私から決算および各基金の運用状況審査、ならびに健全化比率審査の結果をご報告いたします。 ただいま会計管理者から詳細な説明がございました。 また、監査委員による審査につきましては、意見書を提出させていただいておりますので、要点のみの報告とさせていただきたく、ご了承のほどよろしくお願いいたします。 審査は、平成29年7月4日から7月27日にかけて行いました。 審査の対象は、平成28年度中央市一般会計および8つの特別会計と、上水道事業公営企業会計であります。 まずは一般会計および8つの特別会計の決算審査結果と、各基金の運用状況審査の結果についてご報告いたします。 審査の方法は、市長から提出された平成28年度の各会計歳入歳出決算書およびその付属資料が、関係法令に準拠して作成されているか、計数に誤りがないか、予算の執行が適正かつ効率的になされているか、ならびに基金の管理、運用が適切になされているか等に主眼をおき、定期監査や例月現金出納検査等も参考として実施いたしました。 審査の結果でありますが、審査に付されました各会計の決算書およびその付属資料は、いずれも関係法令に準拠して作成されており、その計数は関係諸帳簿や、その他証拠書類と符合し、正確であるものと認められました。また、予算執行状況は、その目的にそっておおむね適正に執行されていると認められました。 各会計における基金につきましても、運用、管理は適正に行われており、妥当であると認められました。 次に、監査委員の意見、および決算の要点についてご報告いたします。 係数につきましては、先ほどの会計管理者からの説明と重複することもあると思いますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。 平成28年度の一般会計と、8つの特別会計を合わせた総計決算額は、歳入決算額207億1,161万円、歳出決算額196億1,582万円となり、歳入歳出差引残高の形式収支は10億9,579万円となっています。形式収支から翌年度へ繰り越すべき財源を除いた実質収支は9億2,751万円であります。 一般会計の決算は、歳入総額が129億3,185万円、歳出総額122億1,879万円となり、歳入歳出差引残高の形式収支は7億1,306万円となっています。形式収支から翌年度へ繰り越すべき財源を除いた実質収支は5億5,478万円となり、単年度収支は6億9,479万円の赤字となりました。 歳入面では、自主財源比率は50.1%で、依存財源は49.9%を占めており、前年度に比べて自主財源比率は3.5%改善されていますが、いずれにしても財源の約2分の1を依存財源で賄う厳しい財政事情が伺われます。今後はさらに徴収率が向上することを期待するとともに、各種使用料についても積極的に債務者と交渉を行い、収入未収金の解消に向けた努力をしていただきたい。なお、事務事業全般において、特に現金を扱う部署や業務においては、内部統制の徹底を図ることにより取扱いマニュアルの整備等、事務取り扱いのチェック体制、責任体制の見える化に努めていただきたい。 歳出面では、前年度に比べて総務費、民生費、土木費、諸支出金などが増加し、農林水産業費、商工費などが減少しました。本年度は橋梁長寿命化修繕事業などの建設事業費や民生費の支出が多く、今後は高齢化社会の進展に伴う社会福祉費や、公共施設の老朽化による建設事業費の増加が懸念されることから、常に歳入歳出両面からの検証を行い、財政構造の弾力性の確保に引き続き努めていただきたい。 特別会計は8会計の合計で、歳入総額が77億7,976万円、歳出総額73億9,703万円となり、歳入歳出差引残高の形式収支は3億8,273万円となっています。形式収支から翌年度へ繰り越すべき財源を除いた実質収支は3億7,273万円となり、単年度収支は2億920万円の黒字となりました。 会計別の決算および審査の状況は、決算審査意見書に記載してあるとおりでございます。 本市においては、合併特例債の適用最終年度となる平成32年度に向けて、庁舎統合に向けた増改築事業、給食センター施設整備事業やリニア中央新幹線の建設工事に関連した田富北小学校移設事業、都市公園建設事業などの大型諸事業が今後控えています。将来の景気動向の予測は非常に困難でありますが、財源不足を招かぬよう引き続き基幹財源である市税を要とした自主財源の確保に最大限努めていただきたい。合併特例債などの起債については、財政健全化法における実質公債費比率や将来負担比率等の健全化判断比率に今後とも注意を払い、健全な運用を心がけるよう求めます。 平成29年度からは、発生主義・複式簿記が導入されましたが、複式簿記の会計規則や、総務省が示す統一基準の修得に向けた職員の育成に引き続き取り組むとともに、財務書類を有効に活用して職員一人ひとりが常にコスト意識を持ち、中長期に渡り持続可能な財政運営の維持に努めていただきたい。 監査においては、今般の地方自治法等の一部改正により、監査制度の充実強化が示されたことからも、監査委員事務局職員については現行の併任制度を見直し、専任職員の設置を検討願いたい。 続きまして、平成28年度中央市上水道事業会計決算審査結果についてご報告いたします。 審査に付されました決算諸表は、記載のとおり正確で、内容も正当なものと認められました。内容については決算審査意見書を参照していただきたいと思います。また、会計諸帳票、証拠書類等の処理管理についても、公正かつ適切に処理され、正確なものと認められました。 水需要の動向は、給水人口、給水戸数とも増減は横ばい状態であり、給水収益の伸びは期待できないものと考えられます。本年度は2カ年計画による老朽化した布施配水場の更新工事が完了し、最新設備による安全な水の安定供給が実現しました。また、老朽化対策や耐震化・長寿命化対策に向けた設備投資を実行していることは評価できるものの、建設改良費が昨年度同様大幅に増加したことにより、後年度負担が懸念されるところであります。 公営企業会計制度は、決算状況が料金に反映されるべきものであるため、より一層の経営の効率化および財政基盤の強化を図り、公営企業の基本理念、原則にのっとって健全経営を遂行されるよう望むものであります。 続きまして、平成28年度健全化判断比率審査の結果についてご報告いたします。 審査は、平成29年8月17日に行いました。 審査の結果ですが、審査に付されました平成28年度決算に基づく健全化判断比率およびその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも関係法令の規定に沿って適正に作成されているものと認められました。 健全化判断比率は表のとおりとなっています。全ての比率において早期健全化基準を下回っていることから財政状況が著しく悪化している状況にはありません。今後も財政計画を着実に実践することにより、財政の健全性確保に努めていただきたい。個々の比率については、健全化判断比率意見書の2ページに記載したとおりとなっています。 是正改善を要する事項については、特に指摘することはありません。 最後になりますが、平成28年度資金不足比率審査の結果についてご報告いたします。 審査は、平成29年8月17日に行いました。審査の結果ですが、審査に付されました平成28年度決算に基づく資金不足比率およびその算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも関係法令の規定に沿って適正に作成されているものと認められました。 資金不足比率は表のとおりとなっています。いずれの会計においても資金の不足額は生じていないことから経営資金の状況が著しく悪化している状況ではなく、各会計の経営計画を着実に実践することにより今後とも経営の健全性確保に努めていただきたい。 なお、各会計の余剰額については、資金不足比率意見書の2ページに記載したとおりとなっています。是正改善を要する事項については、特に指摘することはありません。 以上、審査報告とさせていただきます。 ありがとうございました。 ○議長(河西茂)  以上で、決算の概要と監査委員の決算審査の報告が終わりました。 議案第52号から議案第61号につきましては、会議規則第37条第1項の規定により、委員会へ付託しますので、説明に対する総括的な質疑を行います。 質疑ありませんか。 (なし) 質疑なしと認めます。 議案第52号から議案第61号までは、お手元の議案付託表のとおり、会議規則第37条第1項の規定により、それぞれ所管の常任委員会に付託します。----------------------------------- ○議長(河西茂)  日程第24 請願第1号 30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充を図るための請願書を議題とします。 紹介議員の説明を求めます。 斉藤雅浩議員。 ◆3番(斉藤雅浩)  請願文書表の朗読をもって説明に代えさせていただきます。 配布資料の5ページをお開きください。 受理番号 平成29年請願第1号 件名   30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充を図るための請願書 請願者  中央市PTA連絡協議会会長 池田 完      中央市公立小中学校長会会長 田中伴泰      中央市公立小中学校教頭会会長 笠井知幸      山梨県教職員組合中巨摩支部執行委員長 諸星嘉史 紹介議員 斉藤雅浩 請願要旨 1.少人数学級を推進すること。具体的学級規模は、OECD諸国並みのゆたかな教育環境を整備するため30人以下学級とすること。 1.義務教育の根幹である、教育の機会均等・水準確保・無償制の維持に不可欠な義務教育費国庫負担制度を堅持すること。 1.教育条件の格差解消を図るため、地方交付税を含む国における教育予算を拡充すること。 以上の請願事項をご決議いただき、2018年度政府の予算編成において、地方自治法第九十九条の規定に基づき国の関係機関へ意見書の提出を要請する。 以上です。 よろしくご審議願いします。 ○議長(河西茂)  提出のありました請願は、会議規則第142条の規定により、総務教育常任委員会へ付託します。 以上をもちまして、本日の日程をすべて終了いたしました。 休会日、議案調査日をはさみ、来週9月5日より各常任委員会を順次開催しますので、よろしくお願いを申し上げます。 本日はこれで散会といたします。 ありがとうございました。----------------------------------- △散会 午前11時19分...