韮崎市議会 > 2018-12-19 >
平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−04号

ツイート シェア
  1. 韮崎市議会 2018-12-19
    平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−04号


    取得元: 韮崎市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-11-23
    DiscussNetPremium 平成30年 12月 定例会(第4回) − 12月19日−04号 平成30年 12月 定例会(第4回) − 12月19日−04号 平成30年 12月 定例会(第4回)           平成30年第4回韮崎市議会定例会 議事日程(第4号)                 平成30年12月19日(水曜日)午前10時開議 日程第1 議案第75号 韮崎市教育委員会委員の任命について 日程第2 議案第76号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて      議案第77号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて 日程第3 議案第65号 平成30年度韮崎市一般会計補正予算(第3号)      議案第66号 平成30年度韮崎市介護保険特別会計補正予算(第3号)      議案第67号 平成30年度韮崎市国民健康保険韮崎市立病院事業会計補正予算(第1号) 日程第4 議案第68号 韮崎市社会教育振興基金条例 日程第5 議案第69号 学校教育法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備等に関する条例 日程第6 議案第70号 韮崎市の議会議員及び長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例 日程第7 議案第71号 韮崎市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例 日程第8 議案第72号 韮崎市立老人福祉施設条例を廃止する条例 日程第9 議案第73号 韮崎市第7次総合計画基本構想について 日程第10 議案第74号 韮崎市職員給与条例の一部を改正する条例 日程第11 請願第30−5号 韮崎市税条例において「固定資産税の分割納付金額を100円単位にすること」を求める請願
    日程第12 請願第30−6号 消費税増税10%引き上げ中止を求める請願 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 出席議員(18名)     1番 功刀正広君     2番 秋山祥司君     3番 金井洋介君     4番 木内吉英君     5番 小沢栄一君     6番 内藤正之君     7番 渡辺吉基君     8番 浅川裕康君     9番 守屋 久君    10番 宮川文憲君    11番 清水康雄君    12番 山本雄次君    13番 田原一孝君    14番 西野賢一君    15番 輿石賢一君    16番 森本由美子君    17番 一木長博君    18番 小林恵理子君 欠席議員(なし) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 地方自治法第121条の規定により出席した者の職氏名    市長       内藤久夫君   副市長      五味秀雄君    秘書人事課長   佐藤道平君   総務課長     大石智久君    総合政策課長   内藤一穂君   市民生活課長   伊藤保昭君                     福祉課長    税務収納課長   山本俊文君            筒井清重君                     兼静心寮長    産業観光課長   戸島雅美君   長寿介護課長   仲澤俊彦君    健康づくり課長  中山信次君   建設課長     保阪昌春君    上下水道課長   高添直哉君   会計管理者    宮澤祐仁君    市立病院             秋山正樹君   教育長      矢巻令一君    事務局長    教育課長     功刀重文君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 事務局職員出席者    議会事務局長   貝瀬寛也君   書記       清水淳子君    書記       木専林亮人君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △開議の宣告 ○議長宮川文憲君) ただいまの出席議員は18名であります。  定足数に達しておりますので、会議を再開いたします。  これより本日の会議を開きます。  議長よりお願い申し上げます。傍聴席での携帯電話の電源は切っていただきますようお願いをいたします。                              (午前10時00分) −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △諸般の報告 ○議長宮川文憲君) 報告事項を申し上げます。  議長のもとに新たに議案4件、請願2件が提出されました。  お手元に配付の議案目録(その2)のとおりでありますので、ご了承願います。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第75号の上程、説明、採決 ○議長宮川文憲君) これより日程に入ります。  日程第1、議案第75号 韮崎市教育委員会委員の任命についての案件を議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 議案第75号 韮崎市教育委員会委員の任命についてであります。  韮崎市教育委員会委員に次の者を任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第2項の規定により、議会同意を求めるものであります。  住所、韮崎市中島一丁目18番36−1号。シャーメゾンステラB101号、氏名、齋木美和、生年月日、昭和55年12月13日。  韮崎市教育委員会委員、志村臣市氏の任期が平成30年12月24日満了となるため、その後任者の任命について議会同意を得る必要がありますので、この案件を提出するものであります。 ○議長宮川文憲君) 市長の説明は終わりました。  お諮りいたします。  ただいま議題となっております議案第75号につきましては、原案のとおりこれに同意することにご異議ありませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第75号の案件は原案のとおりこれに同意することに決しました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第76号、議案第77号の上程、説明、採決 ○議長宮川文憲君) 日程第2、議案第76号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについて、議案第77号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについての2案件を議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 議案第76号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについてであります。  人権擁護委員候補者として次の者を推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定より、議会の意見を求めるものであります。  住所、韮崎市藤井町南下條1番地1、氏名、向山千景、生年月日、昭和33年1月15日。  人権擁護委員、森 きゑ子氏が平成30年11月30日をもって辞任いたしましたので、その後任者の推薦について議会の意見を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。  次に、議案第77号 人権擁護委員候補者の推薦に関し意見を求めることについてであります。  人権擁護委員候補者として次の者を推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定より、議会の意見を求めるものであります。  住所、韮崎市若宮二丁目6番30号、氏名、望月磨理、生年月日、昭和29年5月7日。  人権擁護委員、小泉千寿子氏の任期が平成31年3月31日満了となるため、その後任者の推薦について議会の意見を求める必要がありますので、この案件を提出するものであります。  以上であります。 ○議長宮川文憲君) 説明は終わりました。  お諮りいたします。  ただいま意見を求められました議案第76号及び議案第77号につきましては、原案のとおりこれに同意することにご異議ありませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第76号及び議案第77号は原案のとおりこれに同意することに決しました。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第65号〜議案第67号の上程、説明、委員会付託 ○議長宮川文憲君) 日程第3、議案第65号 平成30年度韮崎市一般会計補正予算(第3号)、議案第66号 平成30年度韮崎市介護保険特別会計補正予算(第3号)、議案第67号 平成30年度韮崎市国民健康保険韮崎市立病院事業会計補正予算(第1号)の3案件を一括議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 議案第65号 平成30年度韮崎市一般会計補正予算(第3号)についてであります。  補正予算額は、10億7,194万2,000円の追加であります。  次に、議案第66号 平成30年度韮崎市介護保険特別会計補正予算(第3号)についてであります。  補正予算額は、1億5,168万円の追加であります。  次に、議案第67号 平成30年度韮崎市国民健康保険韮崎市立病院事業会計補正予算(第1号)についてであります。  補正予算額は、9,662万2,000円の追加であります。  以上、3案件でありますが、概要につきましては既に所信表明の中でご説明申し上げたところであります。 ○議長宮川文憲君) 説明は終わりました。  お諮りいたします。  本3案件は所管の委員会に付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認めます。
     よって、議案第65号から議案第67号までの3案件は、財務常任委員会へ付託いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第68号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長宮川文憲君) 日程第4、議案第68号 韮崎市社会教育振興基金条例の案件を議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 議案第68号 韮崎市社会教育振興基金条例についてであります。  韮崎市の社会教育の振興に資する基金を設置するにあたり、所要の規定を整備する必要がありますので、この条例案を提出するものであります。  内容につきましては、教育課長よりご説明申し上げます。 ○議長宮川文憲君) 功刀教育課長。 ◎教育課長(功刀重文君) 議案第68号 韮崎市社会教育振興基金条例につきましてご説明申し上げます。  制定理由につきましては、大村 智名誉市民の実弟の大村朔平氏より、大村美術館及びその周辺整備のためにとの寄附を受けましたので、その寄附金を適正な管理のもと運営すべく基金を設置するにあたり、所要の規定を整備する必要があるため制定をするものでございます。  裏面をご覧ください。  第1条は、設置規定で、本市の社会教育振興に資するため基金を設置する旨の規定でございます。  第2条は積立、第3条は管理、第4条は運用益の処理、第5条は処分、第6条は委任に関する規定でございます。  いずれも、他の基金と他の基本条例と同様の内容となっております。  附則といたしましては、この条例公布日から施行するものでございます。  以上で説明を終わります。 ○議長宮川文憲君) 説明は終わりました。  これより質疑を行います。      (発言する者なし) ○議長宮川文憲君) 質疑を打ち切ります。  本案件は所管の委員会に付託の上、審議をしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第68号は総務教育常任委員会へ付託いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第69号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長宮川文憲君) 日程第5、議案第69号 学校教育法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備等に関する条例の案件を議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 議案第69号 学校教育法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備等に関する条例についてであります。  学校教育法の一部を改正する法律施行に伴い専門職大学が創設されるため、所要の改正を行う必要がありますので、この条例案を提出するものであります。  内容につきましては、総務課長よりご説明申し上げます。 ○議長宮川文憲君) 大石総務課長。 ◎総務課長(大石智久君) 議案第69号 学校教育法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備等に関する条例についてご説明を申し上げます。  このたびの改正は、学校教育法の一部を改正する法律施行に伴い専門職大学が新たに創設されることから、韮崎市育英奨学金貸付条例ほか4つの関係条例に所要の改正が必要なため、第1条から第5条であわせて整備を行うものであります。  1ページをお開きください。  第1条は、韮崎市育英奨学金貸付条例の一部を改正するもので、本則第4条第2項で規定する終期に、専門職大学において前期課程及び後期課程と区分される場合にあっては、それぞれの課程の最短修業年限までとする規定を追加し、奨学金の貸し付け期間の改正を行うものであり、その他は字句の修正でございます。  第2条 韮崎市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正は、本則第4条で大学教育施設の改正による条ずれの改正を行うものであります。  第3条 韮崎市水道布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の一部改正は、本則第3条及び第4条それぞれに専門職大学の規定を追加し、布設工事監督者及び水道技術管理者の資格の改正を行うものであります。  その他、第1条及び第2条は字句の修正であります。  2ページ下段にあります第4条 韮崎市若者定住就職奨励金支給条例の一部改正は、本則第4条で適用除外になっている大学等を卒業した者に、専門職大学の前期課程基準日前1年以内に修了した者を追加するものであります。  その他、第3条及び第8条は字句の修正であります。  3ページをお開きください。  第5条 韮崎市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正は、本則第11条に、学校教育法に基づく専門職大学の前期課程修了した者を含むを加え、放課後児童支援員の基礎資格の追加を行うものであります。  その他、第1条及び第13条は国の省令に合わせた字句の修正でございます。  なお、附則として、施行期日は第1条の規定を平成31年1月1日とし、第2条から第5条につきましては平成31年4月1日とするものであります。  また、第1条 韮崎市育英奨学金貸付条例の一部改正と第2条 韮崎市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正は、附則の第2項と第3項でそれぞれ経過措置を規定するものであります。  以上で説明を終わります。 ○議長宮川文憲君) 説明は終わりました。  これより質疑を行います。      (発言する者なし) ○議長宮川文憲君) 質疑を打ち切ります。  本案件は所管の委員会に付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第69号は総務教育常任委員会へ付託いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第70号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長宮川文憲君) 日程第6、議案第70号 韮崎市の議会議員及び長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例の案件を議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 議案第70号 韮崎市の議会議員及び長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例についてであります。  公職選挙法の一部改正に伴い、市の議会議員選挙における選挙運動用のビラの作成に係る公費負担について条例で定める必要がありますので、この条例案を提出するものであります。  内容につきましては、総務課長よりご説明申し上げます。 ○議長宮川文憲君) 大石総務課長。 ◎総務課長(大石智久君) 議案第70号 韮崎市の議会議員及び長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。  このたびの改正は、公職選挙法の一部改正に伴い市の議会議員選挙における選挙運動用のビラの作成経費が公費負担となることから、当該条例の一部を改正するものであります。  裏面をご覧ください。  第6条中、「韮崎市の長の選挙における候補者に限る。第8条において同じ。」を削除し、韮崎市の議会議員選挙にも適用されるよう改正するものであります。  その他、第3条及び第4条は字句の修正であります。  なお、附則として、施行期日平成31年3月1日からとし、第2項、経過措置は平成31年に予定されている韮崎市議会議員一般選挙から適用する旨を規定するものであります。  以上で説明を終わります。 ○議長宮川文憲君) 説明は終わりました。  これより質疑を行います。      (発言する者なし) ○議長宮川文憲君) 質疑を打ち切ります。  本案件は所管の委員会に付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第70号は総務教育常任委員会へ付託いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第71号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長宮川文憲君) 日程第7、議案第71号 韮崎市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例の案件を議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 議案第71号 韮崎市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例についてであります。  生活保護法及び雇用対策法の一部改正に伴い、所要の改正を行う必要がありますので、この条例案を提出するものであります。  内容につきましては、総務課長よりご説明申し上げます。 ○議長宮川文憲君) 大石総務課長。 ◎総務課長(大石智久君) 議案第71号 韮崎市行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げます。  このたびの改正は、生活保護法及び雇用対策法の一部改正に伴い、個人番号の利用管理及び引用法令の一部を改正するものであります。  裏面をご覧ください。  別表第2中、「就労自立給付金」を「就労自立給付金若しくは進学準備給付金」に改めるとともに、引用法令の改正として、現行の「雇用対策法」を「労働施策の総合的な推進並びに労働者雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」に名称を改めるものであります。  なお、附則として、施行期日公布の日からといたします。
     以上で説明を終わります。 ○議長宮川文憲君) 説明は終わりました。  これより質疑を行います。      (発言する者なし) ○議長宮川文憲君) 質疑を打ち切ります。  本案件は所管の委員会に付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第71号は総務教育常任委員会へ付託いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第72号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長宮川文憲君) 日程第8、議案第72号 韮崎市立老人福祉施設条例を廃止する条例の案件を議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 議案第72号 韮崎市立老人福祉施設条例を廃止する条例についてであります。  施設の老朽化に伴い、韮崎市立静心寮を廃止するため、この条例案を提出するものであります。  内容につきましては、静心寮長よりご説明申し上げます。 ○議長宮川文憲君) 筒井静心寮長。 ◎福祉課長兼静心寮長(筒井清重君) 議案第72号 韮崎市立老人福祉施設条例を廃止する条例につきましてご説明申し上げます。  韮崎市立静心寮を廃止するため、この条例を廃止するものであります。  裏面をご覧ください。  附則の1は、施行期日として、この条例平成31年4月1日から施行するものであります。  附則の2は、関連する韮崎市職員給与条例の一部を改正するものであり、第5条第1項の表、行政職給料表(1)の項、基準となる職務の内容の欄中、「寮長」を削るものであります。  附則の3は、関連する韮崎市議会議決を要する公の施設に関する条例の一部を改正するものであり、第2条中、第1号、養護老人ホームを削り、2号から11号を1号ずつ繰り上げるものであります。  以上で説明を終わります。 ○議長宮川文憲君) 説明は終わりました。  これより質疑を行います。      (発言する者なし) ○議長宮川文憲君) 質疑を打ち切ります。  本案件は所管の委員会に付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第72号は市民生活常任委員会へ付託いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第73号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長宮川文憲君) 日程第9、議案第73号 韮崎市第7次総合計画基本構想についての案件を議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 議案第73号 韮崎市第7次総合計画基本構想についてであります。  本市における総合的かつ計画的な行政運営を図るための基本構想につきましては、韮崎市総合計画議会議決に関する条例第2条の規定により議会議決を経る必要がありますので、この案件を提出するものであります。  内容につきましては、総合政策課長よりご説明申し上げます。 ○議長宮川文憲君) 内藤総合政策課長。 ◎総合政策課長(内藤一穂君) 議案第73号 韮崎市第7次総合計画基本構想についてご説明申し上げます。  冊子をめくっていただきまして、目次にありますように、議案の前半は総論であり、後半が基本構想となります。  2ページをご覧ください。  まず、計画策定の趣旨であります。  これまで、第6次長総合計画に基づき「夢と感動のテーマシティにらさき」を目指し、まちづくりを推進してまいりました。この間、急激な人口減少、少子高齢化など行政を取り巻く状況も大きく変化し、さらに厳しさを増す財政状況や各種の政策課題に対し市民行政との協働と連携の方策を探り、新しい時代にふさわしい誇りの持てる市の創造を図ることを目的として基本構想を策定いたしました。  策定にあたりましては、ここに記載のとおり、5つの視点を持って進めたところであります。  3ページは、計画の構成と期間についてであり、総合計画はこの基本構想と基本計画及び実施計画で構成されます。また計画期間は 年度を初年度とし、8年後の2026年度を目標年度としております。  4ページ、5ページをご覧ください。  本市の基本指標といたしまして、総人口世代年齢3区分別並びに産業別就業人口について、それぞれの推移を表記したものであります。  次に、6ページから8ページにつきましては、人口減少と年齢構造の変化、ライフスタイルの多様化など、昨今の社会動向を記載いたしました。  次に、9ページから14ページにつきましては、策定にあたり広く市民の皆様のご意見を拝聴するため市民アンケートや市民代表からなるチーム韮崎会議をはじめ、中高生懇話会や企業団体等の意向調査、まちづくりシンポジウムの概要であり、15ページから21ページは、寄せられたご意見を項目別に分類し、本市の強みと弱みに整理したものであります。  次に、22ページから25ページにつきましては、今後4年間で取り組むべき課題を抽出したものであり、26ページ及び27ページは、第6次長総合計画検証結果を記載しております。  以上が前半の総論であります。  続きまして、30ページからの基本構想につきましては、まず、将来に向けたまちづくりの指針として、本市の将来像を「すべての人が輝き 幸せを創造するふるさと にらさき」とし、これまでのまちづくりの方向性やまちの魅力などを踏まえ、市民との協働により、市民一人一人が輝き、幸せを実感し、住みたくなるふるさとを目指すとともに、計画の推進テーマを「チーム韮崎で活力あるまちづくり」といたしました。  次に、31ページの基本構想の構成につきましては、将来像のもと7つの基本方向を定め、基本方向と既存の分野別計画の関連性を位置づけております。  32ページは、将来人口の見通しであり、本計画の目標年次である2026年の想定人口を国立社会保障人口問題研究所による推計をベースに2万7,000人といたしました。  33ページ並びに34ページは、土地利用構想であり、今後の本市の適正な土地利用を促進するための基本的な方向を示すものであります。  35ページから39ページは、将来像の実現に向けた7つの基本方向を展開するため具体的な18の政策にまとめたものであり、最終の40ページは、これらを体系的に整理した表であります。  以上で説明を終わります。 ○議長宮川文憲君) 説明は終わりました。  これより質疑を行います。      (発言する者なし) ○議長宮川文憲君) 質疑を打ち切ります。  本案件は所管の委員会に付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第73号は総務教育常任委員会へ付託いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △議案第74号の上程、説明、質疑、委員会付託 ○議長宮川文憲君) 日程第10、議案第74号 韮崎市職員給与条例の一部を改正する条例の案件を議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  内藤市長。      (市長 内藤久夫君 登壇) ◎市長(内藤久夫君) 議案第74号 韮崎市職員給与条例の一部を改正する条例についてであります。  人事院勧告に基づく国家公務員給与改定等に伴い、韮崎市職員給与についても国等に準じて所要の措置を講ずるため、この条例案を提出するものであります。  内容につきましては、秘書人事課長よりご説明申し上げます。 ○議長宮川文憲君) 佐藤秘書人事課長。 ◎秘書人事課長(佐藤道平君) 議案第74号 韮崎市職員給与条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。  今回の改正は、人事院職員給与に関する報告及び勧告に準じて、給料表、宿日直手当及び期末勤勉手当の改正を行うものであります。  裏面の1ページをお開きください。  まず、第1条の韮崎市職員給与条例の一部改正につきましては、第16条の2第1項は、人事院の勧告に基づき、通常の宿日直、医師の宿日直のほか、看護師が特殊な業務を行う場合の1回当たりの宿日直手当の限度額をそれぞれ引き上げることと字句の修正であります。  第16条の2第2項は、人事院の勧告に基づき、常直的な宿日直を命ぜられた職員に対する月額の宿日直手当を引き上げることと字句の修正であります。  第20条第2項は、人事院の勧告に基づき、職員及び再任用職員の勤勉手当についてそれぞれ0.05か月引き上げを行うものであります。  別表第1及び別表第2につきましては、1ページ下段から24ページまで、行政職並びに医療職の給料表を人事院の勧告に基づき月額400円から1,500円の範囲で引き上げを行う改正であります。  次に、25ページから26ページにかけての第2条 韮崎市職員給与条例の一部改正につきましては、第19条第2項が人事院勧告に基づき明年6月期以降の職員の期末手当の支給割合の改正を行うものであります。  第19条第3項は、人事院勧告に基づき明年6月期以降の再任用職員の期末手当の支給割合の改正を行うものであります。  第20条第2項は、人事院の勧告に準じて改正する勤勉手当平成31年度は6月と12月に支給するため、職員及び再任用職員それぞれの支給割合の変更を行うものであります。  なお、附則の第1項として、この条例公布の日から施行するものでありますが、第2条における給与条例の規定は平成31年4月1日から適用するものであります。  第2項として、改正後の宿日直手当及び給料表は平成30年4月1日から、勤勉手当につきましては同年12月1日からそれぞれ適用するものであります。  第3項として、改正前の規定に基づき支給された給与は改正後の給与の内払いとみなすものであります。  第4項として、この条例施行に伴う必要な事項の規則への委任についてであります。  以上で説明を終わります。 ○議長宮川文憲君) 説明は終わりました。  これより質疑を行います。      (発言する者なし) ○議長宮川文憲君) 質疑を打ち切ります。
     本案件は所管の委員会に付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認めます。  よって、議案第74号は総務教育常任委員会へ付託いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △請願第30−5号の上程、委員会付託 ○議長宮川文憲君) 日程第11、請願第30−5号 韮崎市税条例において「固定資産税の分割納付金額を100円単位にすること」を求める請願の案件を議題といたします。  請願の趣旨については、お手元に配付の請願文書表のとおりであります。  お諮りいたします。  本請願については所管の市民生活常任委員会に付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認め、さよう決定いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △請願第30−6号の上程、委員会付託 ○議長宮川文憲君) 日程第12、請願第30−6号 消費税増税10%引き上げ中止を求める請願の案件を議題といたします。  請願の趣旨については、お手元に配付の請願文書表のとおりであります。  お諮りいたします。  本請願については所管の総務教育常任委員会に付託の上、審査したいと思いますが、これにご異議ございませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長宮川文憲君) ご異議なしと認め、さよう決定いたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− △散会の宣告 ○議長宮川文憲君) 以上をもちまして本日の会議は全部終了いたしました。  あす20日から25日までは委員会等のため本会議休会であります。  よって、次の本会議は12月26日午前10時より会議を再開し、議案審議、委員長報告の採決を行います。  本日はこれをもって散会といたします。  お疲れさまでした。                              (午前10時35分)...