• "������������"(/)
ツイート シェア
  1. 甲府市議会 2020-09-01
    令和2年9月定例会(第1号) 本文


    取得元: 甲府市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-09-20
    検索結果一覧 トップページ 使い方の説明 (新しいウィンドウで開きます) 令和2年9月定例会(第1号) 本文 2020-08-31 文書発言の移動 文書 前へ 次へ 発言 前へ 次へ ヒット発言 前へ 次へ 文字サイズ・別画面表示ツール 文字サイズ 大きく 標準 小さく ツール 印刷用ページ(新しいウィンドウで開きます) 別窓表示(新しいウィンドウで開きます) ダウンロード 表ズレ修正 表示形式切り替え 発言単文選択全文表示を切り替え 単文表示 選択表示 全文表示 発言者表示切り替え 全 6 発言 / ヒット 0 発言 すべての発言ヒット発言表示切り替え すべての発言 ヒット発言 選択表示を実行・チェックの一括変更 選択表示 すべて選択 すべて解除 発言者一覧 選択 1 : 名簿 選択 2 : ◯兵道顕司議長 選択 3 : ◯兵道顕司議長 選択 4 : ◯樋口雄一市長 選択 5 : ◯兵道顕司議長 選択 6 : ◯兵道顕司議長発言者の先頭へ 本文 ↓ 最初のヒットへ (全 0 ヒット) 1:          令和2年9月甲府市議会定例会議事日程(1)                        令和2年8月31日(月)午後1時 ─────  報 告 ───── 第 1 会議録署名議員指名 第 2 会期決定について 第 3 議案第 101号 令和年度甲府一般会計補正予算(第8号) 第 4 議案第 102号 令和年度甲府介護保険事業特別会計補正予算(第2号) 第 5 議案第 103号 令和年度甲府地方卸売市場事業会計補正予算(第2号) 第 6 議案第 104号 令和年度甲府病院事業会計補正予算(第3号) 第 7 議案第 105号 甲府子ども屋内運動遊び場条例制定について 第 8 議案第 106号 甲府手数料条例の一部を改正する条例制定について 第 9 議案第 107号 甲府税外収入督促等に関する条例等の一部を改正する条例            制定について 第10 議案第 108号 甲府指定居宅介護支援等事業の人員及び運営に関する基準            を定める条例の一部を改正する条例制定について
    第11 議案第 109号 甲府建築基準法施行条例の一部を改正する条例制定について 第12 議案第 110号 令和年度甲府市各会計別決算認定について 第13 議案第 111号 令和年度甲府地方卸売市場事業会計決算認定について 第14 議案第 112号 令和年度甲府病院事業会計決算認定について 第15 議案第 113号 令和年度甲府下水道事業会計剰余金処分及び決算認定            について 第16 議案第 114号 令和年度甲府水道事業会計剰余金処分及び決算認定に            ついて 第17 議案第 115号 市政功労表彰決定について (出席議員) 木内 直子   川崎  靖   藤原伸一郎   堀 とめほ 鮫田 光一   深沢 健吾   末木 咲子   小澤  浩 山田 弘之   清水 英知   神山 玄太   長沢 達也 中村 明彦   寺田 義彦   望月 大輔   小沢 宏至 天野  一   長沼 達彦   坂本 信康   岡  政吉 山田  厚   廣瀬 集一   植田 年美   兵道 顕司 山中 和男   輿石  修   清水  仁   金丸 三郎 鈴木  篤   原田 洋二   池谷 陸雄   荻原 隆宏                           32人 (欠席議員)                            なし 説明のため議場に出席した者の職氏名 市長        樋口 雄一   副市長       工藤 眞幸 副市長       上村  昇   危機管理監     佐藤  敦 総務部長      萩原  優   企画部長      塚原  工 市民部長      白倉 尚志   税務統括監     有賀 研一 福祉保健部長    深澤  篤   子ども未来部長   長坂 哲雄 環境部長      櫻林 英二   産業部長      志村 一彦 まちづくり部長   梅澤 賢一   リニア交通政策監  根津  豊 病院長       青山 香喜   病院事務局長    中澤 勝也 教育長       小林  仁   教育部長      饗場 正人 選挙管理委員長   志村 文武   代表監査委員    輿石 十直 農業委員会会長   西名 武洋   上下水道局業務部長 上田 和正 上下水道局工務部長 萩原 秀幸 職務のため議場に出席した事務局職員職氏名 議会局長      嶋田 忠司   議会総室長     佐藤  学 政策調査担当課長  橘田 善弘   議事課長      清水  久 議事課長補佐    内池  進   議事課長補佐    一ノ瀬佳奈 議事係主任     宇佐美 淳   議事係主任     佐野 雄司 総務課長補佐    植松 泰人 2:                午後 1時07分 開 会 ◯兵道顕司議長 ただいまから令和2年9月甲府市議会定例会を開会いたします。  これより本日の会議を開きます。  報告事項を申し上げます。  本定例会に提出する議案につき市長から通知がありました。  提出議案は、議事日程記載日程第3 議案第101号から日程第17 議案第115号まででありますので、朗読を省略いたします。  次に、市長から議会報告すべき事項であります報第11号から報第14号までの4件が提出されました。  既に各位のお手元に配付いたしてありますので、御了承願います。  次に、監査委員から令和年度令和2年5月末及び令和年度の5月末、6月末の例月現金出納検査報告書が提出されました。  お手元に配付いたしてあります報告書により御了承願います。  次に、教育委員会から令和年度教育委員会活動の点検及び評価報告書が提出されました。  お手元に配付いたしてあります報告書により御了承願います。  次に、令和2年6月定例会以降、全国市議会議長会及び関東市議会議長会会議が開催され、随員とともに出席いたしました。  会議の概要につきましては、お手元に配付いたしてあります報告書により御了承願います。  なお、全国市議会議長会評議員としての功績に対し、同会から前議長金丸三郎議員感謝状が贈られましたので、併せて御報告させていただきます。  以上で報告を終わります。  これより日程に入ります。  日程第1 会議録署名議員指名を行います。  会議録署名議員には、会議規則第173条の規定により     政友クラブの 小 澤   浩 議員     植 田 年 美 議員     木 内 直 子 議員指名いたします。  次に、日程第2 会期決定についてを議題といたします。  お諮りいたします。  今期定例会は、招集の日から9月25日まで26日間といたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) 3: ◯兵道顕司議長 御異議なしと認めます。  よって、今期定例会会期は26日間とすることに決しました。  次に、日程第3 議案第101号から日程第17 議案第115号までの15案を一括議題といたします。  市長から上程議案全部に対する提案理由説明を求めます。  樋口雄一市長。                 (樋口雄一市長 登壇) 4: ◯樋口雄一市長 新型コロナウイルス感染が広がりを見せてから半年以上が経過し、今年度も間もなく折り返しの時期となります。本市では新型コロナウイルス感染症対応策としてこれまで約70項目の取組を進めており、9月1日からは「がんばろう甲府!最大30%戻ってくるキャンペーン」を展開して、市民消費喚起と非接触型電子決済の活用を図るなど、このコロナ禍市民皆様とともに打ち勝っていこうという想いを込めながら取組を進めております。  また、市民事業者各種団体など多くの皆様方からは心温まる御寄附を頂くとともに、学校休業中における学校再開を望む子どもたちの思い、また地区のお祭りや運動会などの自治会活動への期待を耳にする中で、3密回避やソーシャルディスタンスの確保などの感染対策を図りつつも、改めて人と人とのコミュニケーションやつながりの大切さ、地域社会ネットワーク重要性を再認識したところであります。  今後は、私たちがこれまで築き上げてきたコミュニケーションネットワーク、助け合いなどを大切にしながら、新しい生活様式に対応した日常を定着させていかなければならないと考えております。  今後も、コロナ禍の難局を乗り越えるため、感染拡大防止対策に取り組むことはもとより、経済回復への歩みを進めていくための支援、災害時における安全・安心な環境づくりのための支援、新しい生活様式を取り入れた暮らし方に対する支援など、鋭意取り組んでまいりますので、議員各位におかれましては引き続きの御理解、御協力をお願い申し上げます。  それでは、本日の市議会定例会に提案いたしました案件につきまして、その大要を御説明申し上げます。  まず、議案第101号「令和年度甲府一般会計補正予算(第8号)」につきましては、歳出において、第2款総務費は、地域振興基金積立金等に係る総務管理費市民税等徴収費に係る徴税費及び個人番号制度管理事業費等に係る戸籍住民基本台帳費を追加するための補正であります。  第3款民生費は、生活困窮者自立支援事業費に係る社会福祉費教育保育施設等運営給付費等に係る児童福祉費及び施設事業費に係る生活保護費を追加するための補正であります。  第4款衛生費は、救急医療体制整備事業費等に係る保健衛生費及び塵芥収集費等に係る清掃費を追加するための補正であります。  第5款労働費は、雇用促進対策事業費に係る労働諸費を追加するための補正であります。  第7款商工費は、観光振興事業費を追加するための補正であります。  第8款土木費は、国玉通り線整備事業費に係る道路橋りょう費及び甲府周辺土地区画整理事業費等に係る都市計画費を追加するための補正であります。  第9款消防費は、防災対策整備事業費を追加するための補正であります。  第10款教育費は、教材・情報環境整備事業費等に係る小学校費及び中学校費一般振興費に係る高等学校費並びに幼児教育センター事業費に係る幼児教育振興費を追加するための補正であります。  歳入につきましては、第14款国庫支出金、第15款県支出金、第17款寄附金、第18款繰入金、第19款繰越金及び第21款市債を追加するための補正であります。  繰越明許費補正は、東京オリンピックパラリンピック事前合宿等推進事業及び国玉通り線整備事業を追加するものであります。  地方債補正は、起債充当事業費補正による借入れ限度額を変更するものであります。  次に、議案第102号「令和年度甲府介護保険事業特別会計補正予算(第2号)」につきましては、歳出において、第4款基金積立金及び第5款諸支出金を追加するための補正であります。  歳入につきましては、第8款繰越金を追加するための補正であります。  次に、議案第103号「令和年度甲府地方卸売市場事業会計補正予算(第2号)」につきましては、資本的支出は、建設改良費を追加するための補正であります。  次に、議案第104号「令和年度甲府病院事業会計補正予算(第3号)」につきましては、収益的支出は、医業費用及び医業外費用を更正するための補正であります。  収益的収入は、医業収益を更正するための補正であります。
     資本的支出は、建設改良費を追加するための補正であります。  資本的収入は、寄附金を追加するための補正であります。  次に、議案第105号「甲府子ども屋内運動遊び場条例制定について」は、遊びの中で子どもの多様な動きを引き出すとともに、親子一緒に様々な遊びを体験することにより、子ども運動への興味・関心を深め、もって運動能力向上子どもの豊かな心や健やかな体の成長に寄与するため、甲府子ども屋内運動遊び場を設置するについて、この条例制定するものであります。  次に、議案第106号「甲府手数料条例の一部を改正する条例制定について」は、通知カードの再交付に係る手数料を廃止するための一部改正であります。  次に、議案第107号「甲府税外収入督促等に関する条例等の一部を改正する条例制定について」は、租税特別措置法の一部改正に伴い、税外収入等に係る延滞金の割合の特例に関する所要の改正を行う等のための一部改正であります。  次に、議案第108号「甲府指定居宅介護支援等事業の人員及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例制定について」は、指定居宅介護支援等事業の人員及び運営に関する基準等の一部改正に伴い、指定居宅介護支援事業所における管理者の要件の適用の猶予等を行うための一部改正であります。  次に、議案第109号「甲府建築基準法施行条例の一部を改正する条例制定について」は、建築基準法の一部改正に伴い、新たな事務に係る手数料を定める等のための一部改正であります。  次に、議案第110号「令和年度甲府市各会計別決算認定について」は、令和年度の一般会計並びに国民健康保険事業、交通災害共済事業、住宅新築資金等貸付事業、介護保険事業、古関・梯町簡易水道事業、農業集落排水事業、簡易水道等事業、後期高齢者医療事業、浄化槽事業及び母子父子寡婦福祉資金貸付事業の各特別会計に係る決算について、地方自治法第233条第3項の規定により議会認定を求めるものであります。  次に、議案第111号「令和年度甲府地方卸売市場事業会計決算認定について」及び議案第112号「令和年度甲府病院事業会計決算認定について」は、いずれも地方公営企業法第30条第4項の規定により、議会認定を求めるものであります。  次に、議案第113号「令和年度甲府下水道事業会計剰余金処分及び決算認定について」及び議案第114号「令和年度甲府水道事業会計剰余金処分及び決算認定について」は、いずれも地方公営企業法第32条第2項及び第30条第4項の規定により、議会の議決及び認定を求めるものであります。  次に、議案第115号「市政功労表彰決定について」は、甲府市政功労表彰者詮衡委員会の答申に基づき、高野恒夫、小松史俊をそれぞれ市政功労表彰するについて、議会の議決を求めるものであります。  以上が本日提案いたしました案件の大要であります。御審議の上、御協賛賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。 5: ◯兵道顕司議長 以上で説明は終わりました。  お諮りいたします。  9月1日及び2日は、議案調査のため本会議を休会いたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) 6: ◯兵道顕司議長 御異議なしと認めます。  よって、9月1日及び2日は本会議を休会することに決しました。  休会明け本会議は、9月3日午後1時から開会、提出議案全部に対する質疑及び市政一般質問を行います。  本日はこれをもって散会いたします。                午後 1時21分 散 会 発言が指定されていません。 Copyright © Kofu City, All rights reserved. ↑ 本文の先頭へ...