甲府市議会 > 2019-03-20 >
平成31年予算特別委員会-2 本文 2019.03.20
平成31年予算特別委員会-1 本文 2019.03.20

ツイート シェア
  1. 甲府市議会 2019-03-20
    平成31年予算特別委員会-2 本文 2019.03.20


    取得元: 甲府市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-09
    平成31年度 予算特別委員会記録(2) 1 日  時  平成31年3月20日(水)午後2時40分 2 場  所  議会会議室 本庁舎10階 3 出席委員  委員長 鈴木  篤君     副委員長 長沢 達也君             原田 洋二君          坂本 信康君             小澤  浩君          末木 咲子君             鮫田 光一君          桜井 正富君             清水  仁君          天野  一君             小沢 宏至君          兵道 顕司君             植田 年美君          内藤 司朗君             木内 直子君          山田  厚君 4 欠席委員  な し 5 当局出席者    市長        樋口 雄一君     副市長       工藤 眞幸君
       副市長       岸川 仁和君     総合戦略監     窪田  淳君    危機管理監     田中  元君     総務部長      早川  守君    企画部長      中村 好伸君     リニア交通政策監  長坂 哲雄君    市民部長      塚原  工君     税務統括監     青木 俊也君    福祉保健部長    相良 治彦君     子ども未来部長   志村 一彦君    環境部長      内藤 貴弘君     産業部長      小林 和生君    建設部長      望月  伸君     病院長       藤井 秀樹君    病院事務局長    中澤 義明君     教育長       小林  仁君    教育部長      嶋田 忠司君     選挙管理委員長   志村 文武君    代表監査委員    萩原  泰君     上下水道局業務部長 野村 建幸君    上下水道局工務部長 梅澤 賢一君                               ほか関係室長及び課長 6 事務局   議会事務局長   飯田 正俊君  議会事務総室長  神宮司秀樹君         議事調査課長   深澤 健二君  議事調査課長補佐 雨宮 友宏君         議事調査課長補佐 橘田 善弘君  議事調査係長   小林 陽子君         議事調査係長   名取裕美子君  議事調査係主任  佐野 雄司君         総務課長補佐   植松 泰人君 7 議  題  討論、採決                午後 2時40分 再開議 ◯鈴木委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。  議案第1号から議案第15号までの15案を一括議題といたします。  これより討論に入ります。  討論の通告がありますので、順次発言を許します。  最初に、木内直子委員。 ◯木内委員 議案第1号 平成31年度甲府市一般会計予算、議案第2号 平成31年度甲府市国民健康保険事業特別会計予算、議案第4号 平成31年度甲府市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算、議案第9号 平成31年度甲府市後期高齢者医療事業特別会計予算の4案に対する反対討論を行います。  内閣府が3月7日に発表した1月の景気動向指数は、景気の現状を示す一致指数が前月比2.7ポイント低下の97.9となり、3カ月連続で悪化し、2013年6月以来の低水準となりました。  内閣府は基調判断を足踏みから下方への局面変化に下方修正し、景気が後退局面に入った可能性があると見ています。  国民生活は実質家計消費も実質賃金も低迷しています。日銀の生活意識に関するアンケート調査によると、1年後の景気について、今より悪くなるが39.8%と、よくなるの7.8%を大きく上回るなど、多くの国民が今後についての不安を抱いています。  こうした中で、本市の予算市民、住民福祉の向上、市民負担の軽減など、市民生活を応援する予算を組むことが求められます。  来年度予算案は小中学校へのサーキュレーター整備事業や民間のブロック塀耐震改修事業など、市民要望を反映した予算が計上されたことは歓迎いたします。  一方で、リニア関連事業の推進、民生分野では国の社会保障抑制をほぼそのまま踏襲し、市民への負担を押しつけています。  子どもの数の減少で予算的にも実施可能な就学援助制度の拡充や、すこやか子育て医療費助成制度の対象年齢の拡大は見送られました。  市営住宅駐車場有料化は入居者に新たな負担をもたらすものです。  本市職員の臨時嘱託職員の割合はやや減少したとはいえ、いまだに高い割合で推移しています。民間委託化、自治体民営化進行し、公務労働としてのノウハウの継承、専門性、経済性、公平性の後退が懸念されます。  以上のことから、議案第1号 平成31年度甲府市一般会計予算に反対いたします。  議案第2号 平成31年度甲府市国民健康保険事業特別会計予算については、低所得者向けの保険料の減免制度が若干改善されましたが、決して高額所得者ともいえない層への保険料の値上げが行われ、全体として負担増となっていますので、反対いたします。  議案第4号 平成31年度甲府市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算については、ゼロ償還128件、償還率37.6%で、不透明、不公正な会計であり、一般会計からの繰り出しを含め、認めるわけにはいきません。  議案第9号 平成31年度甲府市後期高齢者医療事業特別会計予算については、広域連合の決定とはいえ、約7,800人が約4,000円の保険料の負担増となりますので、反対いたします。  以上、反対討論といたします。 ◯鈴木委員長 次に、坂本信康委員。 ◯坂本委員 議案第1号から議案第15号までの平成31年度各会計予算に賛成の立場から討論を行います。  平成から新たな元号へと変わろうとしている中、国においては国内総生産が名目、実質ともに過去最大規模に拡大し、企業収益は過去最高を記録するなど、経済の好循環が回り始めているところであります。  本市におきましては、個人市民税が増収となるとともに、1世帯当たりの消費支出の増加傾向となっておりますが、人口減少や少子高齢化社会保障費の増加など、さまざまな課題を抱えております。  開府500年という大きな節目の年を迎え、4月には中核市として新たな一歩を踏み出す本市にとって、重要課題の克服に取り組み、未来に責任が持てる持続可能な行財政運営に努め、第六次甲府市総合計画などに位置づけた施策、事業を着実に前進させるとともに、全ての市民が笑顔にあふれ、元気に活躍するまちを目指す新たな取り組みを推し進めることが重要であります。  こうした状況を踏まえ、平成31年度各会計予算を審査した結果、一般会計予算ではこうふ開府500年や中核市への移行に係る各種重要施策を実施するための経費等に加え、新たな政策プランの骨格である7つの元気スタイルの基本的な政策を進めるための事業予算が計上されており、各特別会計予算や各企業会計予算についても、それぞれの事業へ適切な予算措置が講じられていると認められ、評価できるものであります。  今後においても、本市が引き続き、確実で安定した成長を遂げるため「人・まち・自然が共生する未来創造都市 甲府」の実現に向けて、市長の強力なリーダーシップのもと、職員が一丸となって邁進されることを強く期待し、賛成の討論といたします。 ◯鈴木委員長 以上で通告による討論は終わりました。  ほかに討論はありませんか。                 (「なし」と呼ぶ者あり) ◯鈴木委員長 以上をもって討論を終結いたします。  これより議案第1号から議案第15号までを採決いたします。  初めに、議案第1号 平成31年度甲府市一般会計予算 及び  議案第4号 平成31年度甲府市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の2案を起立により一括採決いたします。  2案は、当局原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。                   (賛成者起立) ◯鈴木委員長 起立多数であります。  よって、2案は当局原案のとおり可決するものと決しました。  次に、議案第2号 平成31年度甲府市国民健康保険事業特別会計予算 及び  議案第9号 平成31年度甲府市後期高齢者医療事業特別会計予算の2案を起立により一括採決いたします。  2案は、当局原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。                   (賛成者起立) ◯鈴木委員長 起立多数であります。  よって、2案は当局原案のとおり可決するものと決しました。  次に、議案第3号 平成31年度甲府市交通災害共済事業特別会計予算  議案第 5号 平成31年度甲府市介護保険事業特別会計予算  議案第 6号 平成31年度甲府市古関・梯町簡易水道事業特別会計予算  議案第 7号 平成31年度甲府市農業集落排水事業特別会計予算  議案第 8号 平成31年度甲府市簡易水道等事業特別会計予算  議案第10号 平成31年度甲府市浄化槽事業特別会計予算  議案第11号 平成31年度甲府市母子父子寡婦福祉資金貸付事業特別会計予算  議案第12号 平成31年度甲府市地方卸売市場事業会計予算  議案第13号 平成31年度甲府市病院事業会計予算  議案第14号 平成31年度甲府市下水道事業会計予算 及び  議案第15号 平成31年度甲府市水道事業会計予算の11案を一括採決します。  11案は、当局原案のとおり可決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯鈴木委員長 御異議なしと認めます。  よって、11案は当局原案のとおり可決するものと決しました。  以上をもって、当特別委員会に付託されました議案の審査を全て終了いたしました。  なお、委員長報告につきましては、審査において各委員から出されました御意見、御要望等を織り込む中で、簡潔に整理し作成したいと思いますので、正副委員長に御一任願いたいと思いますが、よろしいでしょうか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯鈴木委員長 それでは、そのようにいたします。  この際、樋口市長から挨拶したい旨の申し出がありますので、発言を許します。  市長 樋口雄一君。 ◯樋口市長 予算特別委員会閉会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。  委員各位におかれましては、平成31年度予算につきまして、長時間にわたり精力的に御審査を賜り、また、御賛同賜りましたことに厚く御礼を申し上げます。  平成31年度、本市は開府500年を迎え、また、中核市として新たな一歩を踏み出すことから、これからの発展の礎を築く大きな節目となる大変重要な年と考えております。  このことから、人口減少や少子高齢化を初めとするさまざまな重要課題の克服に取り組むなど、甲府圏域を牽引し得る力強いまちとして新たな時代をつくり出し、元気いっぱいのふるさと甲府づくりを進めていくため、第六次甲府市総合計画に掲げました都市像の実現に向けまして、各種施策、事業に積極的に取り組んでまいる所存でございます。  本委員会でいただきました御指摘や御要望などにつきましては、真摯に受けとめさせていただき、これからの市政運営に十分配慮してまいりたいと考えております。  今後におきましても、委員各位の御指導と御鞭撻を賜りますよう、心からお願いを申し上げまして御礼の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。 ◯鈴木委員長 次に、委員長、副委員長から挨拶をさせていただきます。  まず、私から挨拶させていただきます。  長期間にわたりまして特別委員会御審議いただきまして、お礼申し上げます。  ふなれな委員長でありますが、長沢副委員長の補佐に助けられながら、どうにか無事予算特別委員会が終了したことを皆さんに感謝申し上げます。  新しい節目の年の予算特別委員会でありますから、皆さんの御意見につきましては、最終日委員長報告としてしっかり議場にて各議員にも報告していきたいと思っております。  私たちも改選を迎えるところでありますが、新しいステージに向かう甲府市のために、これからも尽力してまいりたいと思っています。  御協力どうもありがとうございました。(拍手)
     次に、長沢副委員長より挨拶をお願いいたします。 ◯長沢副委員長 このたびの予算特別委員会におきまして、鈴木委員長から御指名をいただき、委員の皆様に御承認をいただきまして副委員長を務めさせていただきました長沢達也でございます。  鈴木委員長を補佐するに至らなかったことは大いに反省をしておるところでございますが、来年度予算につきまして、委員の皆様に活発に御議論いただけたことは本当によかったと思っております。  審査の進行に御協力いただきました委員の皆様、そして当局の皆様、そして御関係者の皆様に心より御礼を申し上げまして挨拶とさせていただきます。  大変にありがとうございました。(拍手) ◯鈴木委員長 それでは、以上をもって平成31年度予算特別委員会閉会いたします。                午後 2時55分 閉 会 Copyright © KOFU City Assembly, All Rights Reserved. ページの先頭へ...