甲府市議会 > 2018-03-16 >
平成30年予算特別委員会 本文 開催日: 2018-03-16

  • "������������"(/)
ツイート シェア
  1. 甲府市議会 2018-03-16
    平成30年予算特別委員会 本文 開催日: 2018-03-16


    取得元: 甲府市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-09-20
    検索結果一覧 トップページ 使い方の説明 (新しいウィンドウで開きます) 平成30年予算特別委員会 本文 2018-03-16 文書・発言の移動 文書 前へ 次へ 発言 前へ 次へ ヒット発言 前へ 次へ 文字サイズ・別画面表示ツール 文字サイズ 大きく 標準 小さく ツール 印刷用ページ(新しいウィンドウで開きます) 別窓表示(新しいウィンドウで開きます) ダウンロード 表ズレ修正 表示形式切り替え 発言の単文・選択・全文表示を切り替え 単文表示 選択表示 全文表示 発言者の表示切り替え 全 632 発言 / ヒット 0 発言 すべての発言・ヒット発言の表示切り替え すべての発言 ヒット発言 選択表示を実行・チェックの一括変更 選択表示 すべて選択 すべて解除 発言者一覧 選択 1 : 名簿 選択 2 : ◯大塚委員長 選択 3 : ◯樋口産業総室長 選択 4 : ◯大塚委員長 選択 5 : ◯大塚委員長 選択 6 : ◯内藤委員 選択 7 : ◯大塚委員長 選択 8 : ◯伊藤雇用創生課長 選択 9 : ◯大塚委員長 選択 10 : ◯内藤委員 選択 11 : ◯大塚委員長 選択 12 : ◯伊藤雇用創生課長 選択 13 : ◯大塚委員長 選択 14 : ◯内藤委員 選択 15 : ◯大塚委員長 選択 16 : ◯伊藤雇用創生課長 選択 17 : ◯大塚委員長 選択 18 : ◯内藤委員 選択 19 : ◯大塚委員長 選択 20 : ◯伊藤雇用創生課長 選択 21 : ◯大塚委員長 選択 22 : ◯内藤委員 選択 23 : ◯大塚委員長 選択 24 : ◯神山委員 選択 25 : ◯大塚委員長 選択 26 : ◯伊藤雇用創生課長 選択 27 : ◯大塚委員長 選択 28 : ◯神山委員 選択 29 : ◯大塚委員長 選択 30 : ◯伊藤雇用創生課長 選択 31 : ◯大塚委員長 選択 32 : ◯神山委員 選択 33 : ◯大塚委員長 選択 34 : ◯伊藤雇用創生課長 選択 35 : ◯大塚委員長 選択 36 : ◯神山委員 選択 37 : ◯大塚委員長 選択 38 : ◯伊藤雇用創生課長 選択 39 : ◯大塚委員長 選択 40 : ◯神山委員 選択 41 : ◯大塚委員長 選択 42 : ◯大塚委員長 選択 43 : ◯樋口産業総室長 選択 44 : ◯大塚委員長 選択 45 : ◯大塚委員長 選択 46 : ◯末木委員 選択 47 : ◯大塚委員長 選択 48 : ◯保坂農政課長 選択 49 : ◯大塚委員長 選択 50 : ◯末木委員 選択 51 : ◯大塚委員長 選択 52 : ◯保坂農政課長 選択 53 : ◯大塚委員長 選択 54 : ◯末木委員 選択 55 : ◯大塚委員長 選択 56 : ◯保坂農政課長 選択 57 : ◯大塚委員長 選択 58 : ◯末木委員 選択 59 : ◯大塚委員長 選択 60 : ◯岡委員 選択 61 : ◯大塚委員長 選択 62 : ◯保坂農政課長 選択 63 : ◯大塚委員長 選択 64 : ◯岡委員 選択 65 : ◯大塚委員長 選択 66 : ◯保坂農政課長 選択 67 : ◯大塚委員長 選択 68 : ◯岡委員 選択 69 : ◯大塚委員長 選択 70 : ◯保坂農政課長 選択 71 : ◯大塚委員長 選択 72 : ◯岡委員 選択 73 : ◯大塚委員長 選択 74 : ◯保坂農政課長 選択 75 : ◯大塚委員長 選択 76 : ◯岡委員 選択 77 : ◯大塚委員長 選択 78 : ◯保坂農政課長 選択 79 : ◯大塚委員長 選択 80 : ◯岡委員 選択 81 : ◯大塚委員長 選択 82 : ◯樋口産業総室長 選択 83 : ◯大塚委員長 選択 84 : ◯岡委員 選択 85 : ◯大塚委員長 選択 86 : ◯小沢(宏)委員 選択 87 : ◯大塚委員長 選択 88 : ◯樋口産業総室長 選択 89 : ◯大塚委員長 選択 90 : ◯小沢(宏)委員 選択 91 : ◯大塚委員長 選択 92 : ◯樋口産業総室長 選択 93 : ◯大塚委員長 選択 94 : ◯小沢(宏)委員 選択 95 : ◯大塚委員長 選択 96 : ◯樋口産業総室長 選択 97 : ◯大塚委員長 選択 98 : ◯小沢(宏)委員 選択 99 : ◯大塚委員長 選択 100 : ◯樋口産業総室長 選択 101 : ◯大塚委員長 選択 102 : ◯小沢(宏)委員 選択 103 : ◯大塚委員長 選択 104 : ◯樋口産業総室長 選択 105 : ◯大塚委員長 選択 106 : ◯小沢(宏)委員 選択 107 : ◯大塚委員長 選択 108 : ◯金丸委員 選択 109 : ◯中村副委員長 選択 110 : ◯金丸委員 選択 111 : ◯中村副委員長 選択 112 : ◯保坂農政課長 選択 113 : ◯大塚委員長 選択 114 : ◯林野農地再生担当課長 選択 115 : ◯大塚委員長 選択 116 : ◯金丸委員 選択 117 : ◯大塚委員長 選択 118 : ◯青木農業委員会事務局長 選択 119 : ◯大塚委員長 選択 120 : ◯金丸委員 選択 121 : ◯大塚委員長 選択 122 : ◯金丸委員 選択 123 : ◯大塚委員長 選択 124 : ◯樋口産業総室長 選択 125 : ◯大塚委員長 選択 126 : ◯金丸委員 選択 127 : ◯大塚委員長 選択 128 : ◯清水(仁)委員 選択 129 : ◯大塚委員長 選択 130 : ◯上田市場経営室長 選択 131 : ◯大塚委員長 選択 132 : ◯清水(仁)委員 選択 133 : ◯大塚委員長 選択 134 : ◯樋口産業総室長 選択 135 : ◯大塚委員長 選択 136 : ◯小沢(宏)委員 選択 137 : ◯大塚委員長 選択 138 : ◯植田委員 選択 139 : ◯大塚委員長 選択 140 : ◯青木農業委員会事務局長 選択 141 : ◯大塚委員長 選択 142 : ◯植田委員 選択 143 : ◯大塚委員長 選択 144 : ◯青木農業委員会事務局長 選択 145 : ◯大塚委員長 選択 146 : ◯植田委員 選択 147 : ◯大塚委員長 選択 148 : ◯青木農業委員会事務局長 選択 149 : ◯大塚委員長 選択 150 : ◯植田委員 選択 151 : ◯大塚委員長 選択 152 : ◯保坂農政課長 選択 153 : ◯大塚委員長 選択 154 : ◯植田委員 選択 155 : ◯大塚委員長 選択 156 : ◯神山委員 選択 157 : ◯大塚委員長 選択 158 : ◯保坂農政課長 選択 159 : ◯大塚委員長 選択 160 : ◯神山委員 選択 161 : ◯大塚委員長 選択 162 : ◯保坂農政課長 選択 163 : ◯大塚委員長 選択 164 : ◯神山委員 選択 165 : ◯大塚委員長 選択 166 : ◯保坂農政課長 選択 167 : ◯大塚委員長 選択 168 : ◯青木農業委員会事務局長 選択 169 : ◯大塚委員長 選択 170 : ◯神山委員 選択 171 : ◯大塚委員長 選択 172 : ◯大塚委員長 選択 173 : ◯小田切処理課長 選択 174 : ◯大塚委員長 選択 175 : ◯清水(仁)委員 選択 176 : ◯大塚委員長 選択 177 : ◯小田切処理課長 選択 178 : ◯大塚委員長 選択 179 : ◯清水(仁)委員 選択 180 : ◯大塚委員長 選択 181 : ◯小田切処理課長 選択 182 : ◯大塚委員長 選択 183 : ◯清水(仁)委員 選択 184 : ◯大塚委員長 選択 185 : ◯小田切処理課長 選択 186 : ◯大塚委員長 選択 187 : ◯清水(仁)委員 選択 188 : ◯大塚委員長 選択 189 : ◯櫻林観光商工室長 選択 190 : ◯大塚委員長 選択 191 : ◯大塚委員長 選択 192 : ◯大塚委員長 選択 193 : ◯末木委員 選択 194 : ◯大塚委員長 選択 195 : ◯依田地域振興課長 選択 196 : ◯大塚委員長 選択 197 : ◯末木委員 選択 198 : ◯大塚委員長 選択 199 : ◯依田地域振興課長 選択 200 : ◯大塚委員長 選択 201 : ◯末木委員 選択 202 : ◯大塚委員長 選択 203 : ◯鮫田委員 選択 204 : ◯大塚委員長 選択 205 : ◯里吉観光課長 選択 206 : ◯大塚委員長 選択 207 : ◯鮫田委員 選択 208 : ◯大塚委員長 選択 209 : ◯里吉観光課長 選択 210 : ◯大塚委員長 選択 211 : ◯鮫田委員 選択 212 : ◯大塚委員長 選択 213 : ◯輿石市民協働室長 選択 214 : ◯大塚委員長 選択 215 : ◯鮫田委員 選択 216 : ◯大塚委員長 選択 217 : ◯輿石市民協働室長 選択 218 : ◯大塚委員長 選択 219 : ◯鮫田委員 選択 220 : ◯大塚委員長 選択 221 : ◯輿石市民協働室長 選択 222 : ◯大塚委員長 選択 223 : ◯鮫田委員 選択 224 : ◯大塚委員長 選択 225 : ◯清水(仁)委員 選択 226 : ◯大塚委員長 選択 227 : ◯里吉観光課長 選択 228 : ◯大塚委員長 選択 229 : ◯清水(仁)委員 選択 230 : ◯大塚委員長 選択 231 : ◯里吉観光課長 選択 232 : ◯大塚委員長 選択 233 : ◯清水(仁)委員 選択 234 : ◯大塚委員長 選択 235 : ◯里吉観光課長 選択 236 : ◯大塚委員長 選択 237 : ◯清水(仁)委員 選択 238 : ◯大塚委員長 選択 239 : ◯里吉観光課長 選択 240 : ◯大塚委員長 選択 241 : ◯清水(仁)委員 選択 242 : ◯大塚委員長 選択 243 : ◯里吉観光課長 選択 244 : ◯大塚委員長 選択 245 : ◯清水(仁)委員 選択 246 : ◯大塚委員長 選択 247 : ◯里吉観光課長 選択 248 : ◯大塚委員長 選択 249 : ◯清水(仁)委員 選択 250 : ◯大塚委員長 選択 251 : ◯天野委員 選択 252 : ◯大塚委員長 選択 253 : ◯依田地域振興課長 選択 254 : ◯大塚委員長 選択 255 : ◯天野委員 選択 256 : ◯大塚委員長 選択 257 : ◯依田地域振興課長 選択 258 : ◯大塚委員長 選択 259 : ◯天野委員 選択 260 : ◯大塚委員長 選択 261 : ◯金丸委員 選択 262 : ◯大塚委員長 選択 263 : ◯里吉観光課長 選択 264 : ◯大塚委員長 選択 265 : ◯金丸委員 選択 266 : ◯大塚委員長 選択 267 : ◯櫻林観光商工室長 選択 268 : ◯大塚委員長 選択 269 : ◯金丸委員 選択 270 : ◯大塚委員長 選択 271 : ◯小林産業部長 選択 272 : ◯大塚委員長 選択 273 : ◯金丸委員 選択 274 : ◯大塚委員長 選択 275 : ◯小林産業部長 選択 276 : ◯大塚委員長 選択 277 : ◯金丸委員 選択 278 : ◯大塚委員長 選択 279 : ◯櫻林観光商工室長 選択 280 : ◯大塚委員長 選択 281 : ◯金丸委員 選択 282 : ◯大塚委員長 選択 283 : ◯櫻林観光商工室長 選択 284 : ◯大塚委員長 選択 285 : ◯金丸委員 選択 286 : ◯大塚委員長 選択 287 : ◯兵道委員 選択 288 : ◯大塚委員長 選択 289 : ◯土橋産業立地課長 選択 290 : ◯大塚委員長 選択 291 : ◯兵道委員 選択 292 : ◯大塚委員長 選択 293 : ◯櫻林観光商工室長 選択 294 : ◯大塚委員長 選択 295 : ◯兵道委員 選択 296 : ◯大塚委員長 選択 297 : ◯櫻林観光商工室長 選択 298 : ◯大塚委員長 選択 299 : ◯兵道委員 選択 300 : ◯大塚委員長 選択 301 : ◯里吉観光課長 選択 302 : ◯大塚委員長 選択 303 : ◯兵道委員 選択 304 : ◯大塚委員長 選択 305 : ◯里吉観光課長 選択 306 : ◯大塚委員長 選択 307 : ◯兵道委員 選択 308 : ◯大塚委員長 選択 309 : ◯里吉観光課長 選択 310 : ◯大塚委員長 選択 311 : ◯兵道委員 選択 312 : ◯大塚委員長 選択 313 : ◯里吉観光課長 選択 314 : ◯大塚委員長 選択 315 : ◯兵道委員 選択 316 : ◯大塚委員長 選択 317 : ◯里吉観光課長 選択 318 : ◯大塚委員長 選択 319 : ◯兵道委員 選択 320 : ◯大塚委員長 選択 321 : ◯植田委員 選択 322 : ◯大塚委員長 選択 323 : ◯輿石市民協働室長 選択 324 : ◯大塚委員長 選択 325 : ◯植田委員 選択 326 : ◯大塚委員長 選択 327 : ◯輿石市民協働室長 選択 328 : ◯大塚委員長 選択 329 : ◯植田委員 選択 330 : ◯大塚委員長 選択 331 : ◯輿石市民協働室長 選択 332 : ◯大塚委員長 選択 333 : ◯植田委員 選択 334 : ◯大塚委員長 選択 335 : ◯神山委員 選択 336 : ◯中村副委員長 選択 337 : ◯里吉観光課長 選択 338 : ◯中村副委員長 選択 339 : ◯神山委員 選択 340 : ◯中村副委員長 選択 341 : ◯里吉観光課長 選択 342 : ◯大塚委員長 選択 343 : ◯神山委員 選択 344 : ◯中村副委員長 選択 345 : ◯櫻林観光商工室長 選択 346 : ◯中村副委員長 選択 347 : ◯神山委員 選択 348 : ◯中村副委員長 選択 349 : ◯櫻林観光商工室長 選択 350 : ◯中村副委員長 選択 351 : ◯神山委員 選択 352 : ◯中村副委員長 選択 353 : ◯櫻林観光商工室長 選択 354 : ◯中村副委員長 選択 355 : ◯神山委員 選択 356 : ◯大塚委員長 選択 357 : ◯櫻林観光商工室長 選択 358 : ◯大塚委員長 選択 359 : ◯神山委員 選択 360 : ◯大塚委員長 選択 361 : ◯内藤委員 選択 362 : ◯大塚委員長 選択 363 : ◯樋口産業総室長 選択 364 : ◯大塚委員長 選択 365 : ◯内藤委員 選択 366 : ◯大塚委員長 選択 367 : ◯樋口産業総室長 選択 368 : ◯大塚委員長 選択 369 : ◯内藤委員 選択 370 : ◯大塚委員長 選択 371 : ◯樋口産業総室長 選択 372 : ◯大塚委員長 選択 373 : ◯内藤委員 選択 374 : ◯大塚委員長 選択 375 : ◯輿石市民協働室長 選択 376 : ◯大塚委員長 選択 377 : ◯内藤委員 選択 378 : ◯大塚委員長 選択 379 : ◯輿石市民協働室長 選択 380 : ◯大塚委員長 選択 381 : ◯内藤委員 選択 382 : ◯大塚委員長 選択 383 : ◯樋口産業総室長 選択 384 : ◯大塚委員長 選択 385 : ◯大塚委員長 選択 386 : ◯金丸委員 選択 387 : ◯大塚委員長 選択 388 : ◯保坂農政課長 選択 389 : ◯大塚委員長 選択 390 : ◯金丸委員 選択 391 : ◯大塚委員長 選択 392 : ◯大塚委員長 選択 393 : ◯上田市場経営室長 選択 394 : ◯大塚委員長 選択 395 : ◯大塚委員長 選択 396 : ◯清水(仁)委員 選択 397 : ◯大塚委員長 選択 398 : ◯芦澤経営管理課長 選択 399 : ◯大塚委員長 選択 400 : ◯清水(仁)委員 選択 401 : ◯大塚委員長 選択 402 : ◯芦澤経営管理課長 選択 403 : ◯大塚委員長 選択 404 : ◯清水(仁)委員 選択 405 : ◯大塚委員長 選択 406 : ◯芦澤経営管理課長 選択 407 : ◯大塚委員長 選択 408 : ◯清水(仁)委員 選択 409 : ◯大塚委員長 選択 410 : ◯芦澤経営管理課長 選択 411 : ◯大塚委員長 選択 412 : ◯清水(仁)委員 選択 413 : ◯清水(仁)委員 選択 414 : ◯大塚委員長 選択 415 : ◯上田市場経営室長 選択 416 : ◯大塚委員長 選択 417 : ◯清水(仁)委員 選択 418 : ◯大塚委員長 選択 419 : ◯清水(仁)委員 選択 420 : ◯大塚委員長 選択 421 : ◯芦澤経営管理課長 選択 422 : ◯大塚委員長 選択 423 : ◯清水(仁)委員 選択 424 : ◯大塚委員長 選択 425 : ◯芦澤経営管理課長 選択 426 : ◯大塚委員長 選択 427 : ◯清水(仁)委員 選択 428 : ◯大塚委員長 選択 429 : ◯芦澤経営管理課長 選択 430 : ◯大塚委員長 選択 431 : ◯清水(仁)委員 選択 432 : ◯大塚委員長 選択 433 : ◯上田市場経営室長 選択 434 : ◯大塚委員長 選択 435 : ◯清水(仁)委員 選択 436 : ◯大塚委員長 選択 437 : ◯上田市場経営室長 選択 438 : ◯大塚委員長 選択 439 : ◯清水(仁)委員 選択 440 : ◯大塚委員長 選択 441 : ◯上田市場経営室長 選択 442 : ◯大塚委員長 選択 443 : ◯清水(仁)委員 選択 444 : ◯大塚委員長 選択 445 : ◯上田市場経営室長 選択 446 : ◯大塚委員長 選択 447 : ◯清水(仁)委員 選択 448 : ◯大塚委員長 選択 449 : ◯小澤(浩)委員 選択 450 : ◯大塚委員長 選択 451 : ◯上田市場経営室長 選択 452 : ◯大塚委員長 選択 453 : ◯小澤(浩)委員 選択 454 : ◯大塚委員長 選択 455 : ◯上田市場経営室長 選択 456 : ◯大塚委員長 選択 457 : ◯小澤(浩)委員 選択 458 : ◯大塚委員長 選択 459 : ◯上田市場経営室長 選択 460 : ◯大塚委員長 選択 461 : ◯小澤(浩)委員 選択 462 : ◯大塚委員長 選択 463 : ◯大塚委員長 選択 464 : ◯内藤建設総室長 選択 465 : ◯大塚委員長 選択 466 : ◯大塚委員長 選択 467 : ◯神山委員 選択 468 : ◯大塚委員長 選択 469 : ◯根津まち開発室長 選択 470 : ◯大塚委員長 選択 471 : ◯神山委員 選択 472 : ◯大塚委員長 選択 473 : ◯石原都市計画課長 選択 474 : ◯大塚委員長 選択 475 : ◯神山委員 選択 476 : ◯大塚委員長 選択 477 : ◯石原都市計画課長 選択 478 : ◯大塚委員長 選択 479 : ◯神山委員 選択 480 : ◯大塚委員長 選択 481 : ◯田中空き家対策課長 選択 482 : ◯大塚委員長 選択 483 : ◯神山委員 選択 484 : ◯大塚委員長 選択 485 : ◯田中空き家対策課長 選択 486 : ◯大塚委員長 選択 487 : ◯神山委員 選択 488 : ◯大塚委員長 選択 489 : ◯田中空き家対策課長 選択 490 : ◯大塚委員長 選択 491 : ◯神山委員 選択 492 : ◯大塚委員長 選択 493 : ◯堀川公園緑地課長 選択 494 : ◯大塚委員長 選択 495 : ◯神山委員 選択 496 : ◯大塚委員長 選択 497 : ◯堀川公園緑地課長 選択 498 : ◯大塚委員長 選択 499 : ◯神山委員 選択 500 : ◯大塚委員長 選択 501 : ◯内藤建設総室長 選択 502 : ◯大塚委員長 選択 503 : ◯神山委員 選択 504 : ◯大塚委員長 選択 505 : ◯木内委員 選択 506 : ◯大塚委員長 選択 507 : ◯貴家道路河川課長 選択 508 : ◯大塚委員長 選択 509 : ◯木内委員 選択 510 : ◯大塚委員長 選択 511 : ◯貴家道路河川課長 選択 512 : ◯大塚委員長 選択 513 : ◯木内委員 選択 514 : ◯大塚委員長 選択 515 : ◯貴家道路河川課長 選択 516 : ◯大塚委員長 選択 517 : ◯木内委員 選択 518 : ◯大塚委員長 選択 519 : ◯貴家道路河川課長 選択 520 : ◯大塚委員長 選択 521 : ◯木内委員 選択 522 : ◯大塚委員長 選択 523 : ◯貴家道路河川課長 選択 524 : ◯大塚委員長 選択 525 : ◯木内委員 選択 526 : ◯大塚委員長 選択 527 : ◯堀川公園緑地課長 選択 528 : ◯大塚委員長 選択 529 : ◯木内委員 選択 530 : ◯大塚委員長 選択 531 : ◯堀川公園緑地課長 選択 532 : ◯大塚委員長 選択 533 : ◯木内委員 選択 534 : ◯大塚委員長 選択 535 : ◯堀川公園緑地課長 選択 536 : ◯大塚委員長 選択 537 : ◯木内委員 選択 538 : ◯大塚委員長 選択 539 : ◯内藤委員 選択 540 : ◯大塚委員長 選択 541 : ◯石原都市計画課長 選択 542 : ◯大塚委員長 選択 543 : ◯内藤委員 選択 544 : ◯大塚委員長 選択 545 : ◯石原都市計画課長 選択 546 : ◯大塚委員長 選択 547 : ◯内藤委員 選択 548 : ◯大塚委員長 選択 549 : ◯坂本住宅課長 選択 550 : ◯大塚委員長 選択 551 : ◯内藤委員 選択 552 : ◯大塚委員長 選択 553 : ◯坂本住宅課長 選択 554 : ◯大塚委員長 選択 555 : ◯内藤委員 選択 556 : ◯大塚委員長 選択 557 : ◯坂本住宅課長 選択 558 : ◯大塚委員長 選択 559 : ◯内藤委員 選択 560 : ◯大塚委員長 選択 561 : ◯佐野建築指導課長 選択 562 : ◯大塚委員長 選択 563 : ◯内藤委員 選択 564 : ◯大塚委員長 選択 565 : ◯佐野建築指導課長 選択 566 : ◯大塚委員長 選択 567 : ◯内藤委員 選択 568 : ◯大塚委員長 選択 569 : ◯根津まち開発室長 選択 570 : ◯大塚委員長 選択 571 : ◯内藤委員 選択 572 : ◯大塚委員長 選択 573 : ◯小沢(宏)委員 選択 574 : ◯大塚委員長 選択 575 : ◯佐野建築指導課長 選択 576 : ◯大塚委員長 選択 577 : ◯小沢(宏)委員 選択 578 : ◯大塚委員長 選択 579 : ◯佐野建築指導課長 選択 580 : ◯大塚委員長 選択 581 : ◯小沢(宏)委員 選択 582 : ◯大塚委員長 選択 583 : ◯佐野建築指導課長 選択 584 : ◯大塚委員長 選択 585 : ◯小沢(宏)委員 選択 586 : ◯大塚委員長 選択 587 : ◯佐野建築指導課長 選択 588 : ◯大塚委員長 選択 589 : ◯小沢(宏)委員 選択 590 : ◯大塚委員長 選択 591 : ◯鮫田委員 選択 592 : ◯大塚委員長 選択 593 : ◯貴家道路河川課長 選択 594 : ◯大塚委員長 選択 595 : ◯鮫田委員 選択 596 : ◯大塚委員長 選択 597 : ◯貴家道路河川課長 選択 598 : ◯大塚委員長 選択 599 : ◯鮫田委員 選択 600 : ◯大塚委員長 選択 601 : ◯貴家道路河川課長 選択 602 : ◯大塚委員長 選択 603 : ◯鮫田委員 選択 604 : ◯大塚委員長 選択 605 : ◯石原都市計画課長 選択 606 : ◯大塚委員長 選択 607 : ◯鮫田委員 選択 608 : ◯大塚委員長 選択 609 : ◯金丸委員 選択 610 : ◯大塚委員長 選択 611 : ◯田中空き家対策課長 選択 612 : ◯大塚委員長 選択 613 : ◯金丸委員 選択 614 : ◯大塚委員長 選択 615 : ◯田中空き家対策課長 選択 616 : ◯大塚委員長 選択 617 : ◯金丸委員 選択 618 : ◯大塚委員長 選択 619 : ◯田中空き家対策課長 選択 620 : ◯大塚委員長 選択 621 : ◯金丸委員 選択 622 : ◯大塚委員長 選択 623 : ◯有賀企画財政室長 選択 624 : ◯大塚委員長 選択 625 : ◯内藤委員 選択 626 : ◯大塚委員長 選択 627 : ◯田中空き家対策課長 選択 628 : ◯大塚委員長 選択 629 : ◯金丸委員 選択 630 : ◯大塚委員長 選択 631 : ◯秋山建設部長 選択 632 : ◯大塚委員長 ↑ 発言者の先頭へ 本文 ↓ 最初のヒットへ (全 0 ヒット) 1:              平成30年度 予算特別委員会記録 1 日  時  平成30年3月16日(金)午前10時00分 2 場  所  議会会議室 本庁舎10階 3 出席委員  委員長 大塚 義久君     副委員長 中村 明彦君             廣瀬 集一君          岡  政吉君             小澤  浩君          末木 咲子君             鮫田 光一君          金丸 三郎君             清水  仁君          天野  一君             小沢 宏至君          兵道 顕司君             植田 年美君          内藤 司朗君             木内 直子君          神山 玄太君 4 欠席委員  な し 5 当局出席者    企画部長      中村 好伸君     市民部長      塚原  工君
       環境部長      飯田 正俊君     産業部長      小林 和生君    建設部長      秋山 益貴君                               ほか関係室長及び課長 6 事務局   議会事務局長   古屋 昭仁君  議会事務総室長  神宮司秀樹君         議事調査課長   深澤 健二君  議事調査課長補佐 望月 正文君         議事調査課長補佐 橘田 善弘君  議事調査係長   小林 陽子君         議事調査係長   宮崎 真二君  議事調査係主任  清水 和美君         総務課長補佐   植松 泰人君 7 議  題  1 一般会計歳出            第5款 労働費            第6款 農林水産業費            第7款 商工費         2 農業集落排水事業特別会計         3 地方卸売市場事業会計         4 一般会計歳出            第8款 土木費 2:                午前10時00分 開 議 ◯大塚委員長 ただいまから、平成30年度予算特別委員会を開きます。  報告事項を申し上げます。本日の審査を傍聴したい旨の申し出がありましたので、傍聴を許可いたしました。御了承願います。  以上で報告を終わります。  本日の日程は、一般会計歳出第5款労働費、第6款農林水産業費、第7款商工費、農業集落排水事業特別会計、地方卸売市場事業会計及び一般会計歳出第8款土木費の審査であります。  ここで、各委員に申し上げます。御質問される際は、最初にどこの所管への質問かわかるよう、できるだけ款項目等をお示しいただき、審査が円滑に進むよう委員の皆様の御協力をお願いいたします。  また、当局に申し上げます。質問に対しては、円滑に答弁が行えるよう努めていただくとともに、答弁の内容も簡潔で的を射たものとしていただくよう御協力をお願いいたします。  なお、3月31日をもって退職されます建設部長には、所管する予算の審査が終わりましたところで、挨拶をお願いしたいと思います。御了承願います。  最初に、一般会計歳出第5款労働費の審査に入ります。  当局から説明を求めます。  樋口産業総室長。 3: ◯樋口産業総室長 改めまして、おはようございます。よろしくお願いします。  5款労働費について御説明申し上げます。  平成30年度予算に関する説明書(一般会計)の102ページ、103ページをお開きください。  5款1項1目労働諸費につきましては、説明欄記載の一般職給与費のほか、労働福祉事業費、雇用促進対策事業費など、雇用対策や勤労者への支援などに要する経費であります。前年度予算と比較して7,790万円余の減となっておりますが、勤労者融資に係る預託金の減によるものであります。  主な節について御説明申し上げます。  2節給料から4節共済費につきましては、職員3名に係る給与費であります。  104ページ、105ページをお開きください。  8節報償費につきましては、甲府市就職応援サイト及び高校1年生・2年生を対象とした地場産業を紹介する事業の取材レポーター及びカメラマンへの報償、労働行政推進懇話会委員への報償などであります。  11節需用費につきましては、はたらく者のサポートガイドに係る印刷製本費及び各事業に係る消耗品費等であります。  13節委託料につきましては、甲府市就職応援合同企業説明会の運営に係る委託費のほか、市民いこいの里及び勤労者福祉センターの指定管理料であります。  19節負担金補助及び交付金につきましては、中巨摩地区広域事務組合負担金、並びに甲府市シルバー人材センター及び甲府市勤労者福祉サービスセンターへの補助金などであります。  21節貸付金につきましては、平成26年度までに貸し付けた勤労者住宅資金及び勤労者生活安定資金の見込残高に係る預託金であります。  以上で、5款労働費についての説明を終わります。御審査のほど、よろしくお願い申し上げます。 4: ◯大塚委員長 以上で説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ここで確認のためでありますが、この款につきまして質疑のある委員は挙手をお願いいたします。                   (要望を聴取) 5: ◯大塚委員長 内藤委員。 6: ◯内藤委員 それでは、まず11節需要費のところのはたらく者のサポートガイドについてお伺いいたします。  まず、平成30年版の主な改定点はどんなところか、また、どんな工夫をされたでしょうか。 7: ◯大塚委員長 伊藤雇用創生課長。 8: ◯伊藤雇用創生課長 これまでと同様に、労働相談で多い内容に加えまして、今年度は新たに無期労働契約の転換に関すること、また、社会保険の適用拡大などを掲載するとともに、これまで御指摘を受けておりましたブラックバイトにつきましては、公式に使用する言葉ではないことから、控えてまいりましたけれども、県外の市におきまして使用している例もございましたので、いわゆるブラックバイトという形で掲載をしたところでございます。  また、はたらく者のサポートガイドをつくって終わるだけではなく、日常的に利用をしてもらいたいという思いを込めまして、巻末にカレンダーをつけ、そのカレンダーに労働相談日を入れ、労働相談の利用の促進を図ったところでございます。  以上でございます。 9: ◯大塚委員長 内藤委員。 10: ◯内藤委員 今御説明のとおり、大分改善されたと思います。何年かのものを持ってまいりましたけれども、最低賃金が変わりますから、毎年中身も変わっていく、少なくともその部分は変わっていくわけですけれども、最低賃金の金額と、あと、表紙を変えましたというだけのときもありましたけれども、今回は本当に分量もかなり多くなったり、今説明のありました無期転換ルール、そして、また、ブラックバイトも表紙のほうにね、わかりやすく、中をあけてみようかというような工夫がされて、非常に改善されていると思います。  発行部数とか、活用はどんなふうに考えていますか。 11: ◯大塚委員長 伊藤雇用創生課長。 12: ◯伊藤雇用創生課長 平成28年度、平成29年度、1,600部、平成30年度も1,600部を予定しております。 13: ◯大塚委員長 内藤委員。 14: ◯内藤委員 あと、活用ですね、どういうところに置くとか。 15: ◯大塚委員長 伊藤雇用創生課長。 16: ◯伊藤雇用創生課長 高校、それから、本市の窓口等に配付をしているところでございます。 17: ◯大塚委員長 内藤委員。 18: ◯内藤委員 かつては労政課という名称でしたが、雇用創生課に変わったときに、労政課という名前がなくなることによって労働行政が後退するのではないかというような懸念もしておりましたけれども、労働行政のほうも引き続きしっかりやっていただいているということで、本当に今後も労働行政で後退のないようお願いしたいと思います。  それでは、続きまして、甲府市就職応援サイトの件です。8節報償費に関連しますけれども、平成30年度はどのような取り組みをしていくでしょうか。 19: ◯大塚委員長 伊藤雇用創生課長。 20: ◯伊藤雇用創生課長 甲府市就職応援サイトにつきましては、市内の企業で働きます従業員にスポットを当てまして、市内で働く人たちの魅力を発信することで、求職者の方に市内の企業で働くことへの関心を持っていただけるように開設をしたものでございます。  今後につきましては、現在産業部で構築中の甲府市産業支援サイトに統合いたしまして、市内企業の持つ技術、技能、それから、引き続き働く人にも焦点を当てまして、地場産業で働くことの魅力を効果的に発信し、市内の企業の周知を図っていきたいと考えています。 21: ◯大塚委員長 内藤委員。 22: ◯内藤委員 県内の大学の就職課にお伺いいたしまして、いろいろと就職事情も聞いてまいりました。その中で、就職課の職員の方がおっしゃっていたのが、企業の情報発信、これがやはり甲府市内の企業は、県内の企業はちょっと弱いのではないかということで、学生さんが就職先をいろいろと自分で選ぶ際に、どうしてもやはり首都圏の就職のいろいろなサイトのほうが、要は、自分の求めている企業に対する情報が非常にかみ合っているというようなことから、山梨県内、市内の企業をもう少しその辺を工夫して、学生さんに魅力をアピールしたらどうかというような話を伺いました。  この甲府市就職応援サイトも1つ、働く若い人たちへのインタビューを通して、企業の魅力なんかを知る本当によい機会だと思います。今の甲府市産業支援サイト、7款のほうになりますけれども、こちらとの統合も考えておられるということで、いずれにしろ、やはりそういった企業の魅力発信ということが県内、市内での就職につながればなんていうことで、期待を申し上げるところであります。  以上で終わります。 23: ◯大塚委員長 神山委員。 24: ◯神山委員 では、質問をさせていただきたいと思います。  新規事業もありますので、この地場産業紹介事業、高校生に対して地域の仕事を紹介していくという、この新年度の新事業について、詳細をお聞きしたいと思います。説明では高校1年生・2年生に対して市内企業の紹介ということですけれども、具体的にどのような手段を使って、どのような方法で、高校1年生・2年生という対象はどうなのか、詳細を御説明ください。 25: ◯大塚委員長 伊藤雇用創生課長。 26: ◯伊藤雇用創生課長 若い方たちに地元の企業へ就職していただくこと、非常に重要なことであると思います。昨年私どもで5月に中学校3校にキャリア教育ということで訪問いたしました。そのときにアンケートをとりましたところ、約44%の中学生が既に県外で働きたいと、そういう結果が出ております。またことし2月に行いました市長と、大学生、地元で働く若い方との意見交換会におきましては「山梨にはやりたいことを実現できる場がなく、東京のほうがやりたいことを実現できる環境がある。」また「東京には刺激があるし、自分の能力を生かせる場がありそう、でも、内心地元で頑張りたい若者は多いはずだ。」と、こんな意見を伺ったところでございます。  こういった意見を分析する中で、山梨県では職種の幅が狭いことなどが影響し、若者が自己実現ができる場が少ないと感じている一方、地元で頑張りたい、貢献したいという潜在的なニーズは存在しているというふうに思っております。  こうしたことから、企業、学生が共同して事業に参加する、こうふフューチャーサーチ普及促進事業を初めとします企業と学生が接点を持つ事業や、企業の情報発信が重要であると考えています。そのような中で、新年度には就職期を迎えます前の高校1年生を対象に、市内企業を知っていただき、市内企業で働く魅力を実感していただくことで、経営者等による地場産業を紹介する説明会を実施いたしまして、若いうちから市内企業への就業意識の醸成を図っていきたいと思っています。そのようなことにより、結果的に若者は地元に定着をしていくというふうに考えてございます。  具体的な方策につきましては、会社の方、市内企業の方、それから、高校1年生・2年生等、いろいろな意見交換というふうな形でやっていきたいなと考えています。そうしたことで、小中学校生にはキャリア教育、それから、高校1年生・2年生には今回の新規事業、高校3年生や大学生等につきましては甲府市就職応援合同企業説明会ということで、切れ目のない雇用策を実施していきたいと考えています。  以上でございます。 27: ◯大塚委員長 神山委員。 28: ◯神山委員 ありがとうございました。非常にしっかり、何ですかね、その時々の小中学生にはキャリア教育だと、この新規事業でこれまであった仕組みの間を埋めていただくような形で、直接経営者と触れるきっかけをつくって、意見交換することで、より将来のキャリアプランニングを明確に持ってもらう場にもつながっていくだろうし、当然市内の業種を知ってもらう、仕事を知ってもらう、企業を知ってもらういい機会にもなると思いますので、非常に期待をしたいと思います。  また、これまでの取り組みの中から、中学生の約44%が県外で働きたいという現状があるという分析点から、しかしながら、潜在的に地元で働きたいんだというニーズがあるけれども、それには応え切れていない状況がある、だから、こういう事業をするんだというところは非常に期待が持てるところです。  もう1点だけ、そのような意見交換の場ということで今説明をいただいたわけですけれども、それを新たに企画的に、イベント的にそういう場を設けるのか、それとも、高校に出向いていって、その高校の授業や課外授業の中でそういう場を設けるのか、その点はいかがでしょうか。 29: ◯大塚委員長 伊藤雇用創生課長。 30: ◯伊藤雇用創生課長 この事業の実施に当たりまして、学校等と打ち合わせを行いました。その中で、やはり授業の一環ということではできないということで、今考えておりますのは、夏休みなどを利用して行うということで進めております。 31: ◯大塚委員長 神山委員。 32: ◯神山委員 わかりました。ぜひとも周知をしていただくというところが重要で、工業高校や商業高校などを卒業したら働こうと思っている子たちは仕事というのがリアルかもしれないですけれども、普通高校でとりあえず大学に行こうと思っている子たちに仕事の話を聞いてくださいと、なかなかまだリアルに受けとめられないかもしれないので、しかしながら、県外の大学に行く、目指しているというような学生にこそ聞いてもらいたい部分も当然あります。当然商業、工業で地元で働きたいという人には直接的な刺激にはなると思います。それは当たり前のこととして、でも、大学進学を目指しているんだけれども、その先地元でという希望に応えてもらえるようにしてもらいたいので、ぜひとも周知徹底をしていただいて、そのような場があるんだよ、じゃあ、参加してみようというふうになるようにしてもらえればいいかなと思いますので、この点は期待をして、新年度確認をしていきたいと思います。  あとは、甲府市就職応援合同企業説明会ですけれども、これまで2年にわたって2度開催をしていただきました。年を経るにつれて定着をしていくとも思いますけれども、新年度の取り組み、お考えなどをお聞かせください。 33: ◯大塚委員長 伊藤雇用創生課長。 34: ◯伊藤雇用創生課長 これまで2年、参加者がほぼ200名、それから、その中で内定をした方が32名という数字が出ております。新年度につきましては、山梨学院大学と包括的連携協定を締結いたしましたので、現在山梨学院大学との協議を進めておりまして、より多くの学生さんに参加いただけるように取り組んでいきたいなと考えています。 35: ◯大塚委員長 神山委員。 36: ◯神山委員 これも継続がしっかり定着していくということですので、どんどんどんどん続けていっていただきたいと思います。参加する企業さん側としても、お金がかからないわけですから、非常に出やすいと思いますし、甲府市が開催しているということの安心感で学生も来てくれると思います。  今御報告いただきましたけれども、大体参加者200名で32名の内定ということは約15%のマッチング、それだけ企業、地元就職を後押ししたという、大きな実績だと思いますので、引き続き継続して取り組みを進めていっていただきたいと思います。  では、最後に1点だけ、全体的に雇用創出に向けた平成30年度の取り組みということを聞きたいと思います。ここではマーケティングとか、そういうことは聞きませんので、全体的な取り組みをお聞かせいただければと思います。  とはいえ、今回の新規事業の部分で、これまでも小中学校ではキャリア教育をしてきていただいたとか、今市内の雇用状況がどうなっているかということで、今回この新規事業の地場産業の紹介事業を進めるというようなことがあったわけですけれども、ぜひとも、何というんですかね、就職をしようと思ったときに、何をきっかけで選ぶか、例えば、同じ仕事があったときに、それが山梨県にある、東京都にある、宮城県仙台市にある、ニューヨーク市にあるとなったときに、じゃあ、東京都かなとか、仙台市かなとなるときには、きっと仕事の部分だけではないと思うんで、選択する要因というか、きっかけは、そうなったときに、じゃあ、同じ仕事だけれどもお給料がいいというのを選んで、山梨県へ来る人もいるかもしれない、そこは今定例会本会議で話をした生産性の向上で、労働環境をよくするというのはどうかななど、そういう話もありますし、先ほど伊藤雇用創生課長の答弁からありましたけれども、東京には刺激があると、そういうような、働くとか、仕事とか、雇用環境ではない部分を捉えて、その仕事、働く場所というのを選択するということも当然あると思うんです。  平成30年度ぜひ、山梨県、甲府市で雇用をつくっていくということ、その取り組みを進めていく研究をしていく中で、庁内横断的にいろいろな検討してもらいたいと思います。働こうと思ったけれども、保育園がなくて働けないなど、いろいろあると思うので、ぜひとも広い視点で雇用創出ということを平成30年度考えていただきたいなと思うんですけれども、いかがでしょうか。 37: ◯大塚委員長 伊藤雇用創生課長。
    38: ◯伊藤雇用創生課長 働く環境につきましては、求職者側ばかりではなく、やはり企業側にもそれなりの意識を持っていただくことが必要だと思っています。今国でも働き方改革ということで進めておりますけれども、なかなか市内の中小企業でありますとか、小規模企業だとなかなか働き方改革というところに手をつけづらいということはあるかと思いますけれども、そうは申しましても、人手不足という状況が続いておりますので、企業側にも何らかの啓発をしていきたいと考えています。 39: ◯大塚委員長 神山委員。 40: ◯神山委員 ありがとうございました。最後、企業とのコミュニケーションを密にお願いしますと言おうと思ったんですけれども、あわせて、市役所内のコミュニケーションも、保育が必要だとか、あとは、刺激的なまち、これは、都市計画につながるかもしれないし、まちづくり全般につながるかもしれないし、庁内においても広い視野で、雇用づくりだけではなくて、ネットワークをもって、当然企業とのネットワークももってやっていっていただきたいと思います。毎年毎年さまざまな取り組みを進めていただいて、非常に期待が持てますし、仕事をつくるって、口で言えば簡単ですけれども、難しいなと思いながらも発言していますので、期待をしながら平成30年度も状況を見ていきたいと思います。  では、以上です。 41: ◯大塚委員長 ほかに質問はありませんか。                (「なし」と呼ぶ者あり) 42: ◯大塚委員長 以上をもって、一般会計歳出第5款労働費の審査を終了いたします。  次に、一般会計歳出第6款農林水産業費の審査に入ります。  当局から説明を求めます。  樋口産業総室長。 43: ◯樋口産業総室長 それでは、6款農林水産業費につきまして御説明申し上げます。  平成30年度予算に関する説明書(一般会計)の104ページ、105ページをお開きください。  この6款につきましては、農業委員会所管分を含んでおりますが、一括して御説明申し上げます。  なお、各目の説明におきましては、主な節につきまして、その内容を御説明させていただきます。  6款1項1目農業委員会費につきましては、農業委員と農地利用最適化推進委員の特別職給与費及び一般職給与費のほか、農業委員会費に要する経費であります。対前年度比209万4,000円の減でありますが、主な要因は、一般職給与費の減によるものであります。  1節報酬は、農業委員19名、農地利用最適化推進委員19名及び嘱託職員1名の報酬であります。  8節報償費は、農地銀行推進員、農地利用状況調査の調査員への報償費等であります。  11節需用費は、農地利用状況調査に係るもののほか、事務執行に伴う消耗品、年2回の農業委員会だより発行に伴う印刷製本費等の経費であります。  106ページ、107ページをお開きください。  2目農業総務費につきましては、一般職給与費のほか、農政普及事業に要する経費であります。前年度比4,161万円の増でありますが、主な要因は、職員給与費の増によるものであります。  3目農業振興費につきましては、説明欄記載の農業振興地域管理事業等に要する経費であります。前年度比327万7,000円の減でありますが、主な要因は、農業経営基盤強化促進対策事業費及び右左口の里維持管理事業費の減によるものであります。  13節委託料につきましては、(仮称)甲府市農業振興計画策定業務及び農業体験婚活ツアー委託料等であります。  19節負担金補助及び交付金につきましては、有害鳥獣対策に係る補助金のほか、農林業まつり実行委員会補助金、農業次世代人材投資基金等であります。  4目農業指導費につきましては、新規就農者等への技術指導などを行う指導普及事業に要する経費であります。  108ページ、109ページをお開きください。  19節負担金補助及び交付金につきましては、農業用廃プラスチック処理に係る負担金等であります。  5目農地費につきましては、説明欄記載の地域整備事業費等に要する経費であります。前年度比3,297万4,000円の増でありますが、主な要因は、農業施設等管理事業費における工事請負費の増及び農業施設等整備事業費における工事請負費の増などによるものであります。  13節委託料につきましては、農業施設整備に係る測量設計業務及び各種農業施設保守点検業務等に係る委託料であります。  15節工事請負費につきましては、農道改良工事、水路改良工事、玉諸排水機場ポンプ改修工事等の農業施設補修に要する経費であります。  19節負担金補助及び交付金につきましては、県営農地環境整備事業負担金、笛吹沿岸土地改良事業負担金、小曲土地改良区施設管理補助金等であります。  28節操出金につきましては、農業集落排水事業特別会計への操出金であります。  6目農業センター費につきましては、農業センター管理に要する経費であります。前年度比296万3,000円の減でありますが、主な要因は、嘱託職員報酬の減によるものであります。  110ページ、111ページをお開きください。  続きまして、6款2項林業費につきまして御説明申し上げます。  1目林業総務費につきましては、一般職7名分の給与費であります。  2目林業振興費につきましては、説明欄記載の森づくり推進事業費等に要する経費であります。前年度比291万5,000円の減でありますが、主な要因は、既設林道維持管理事業費における工事請負費の減などによるものであります。  13節委託料につきましては、市有林の造林事業、林地台帳整備事業、松くい虫防除事業、林道の維持管理業務、甲府名山の募集チラシ作成配布に係る委託料であります。  15節工事請負費につきましては、小規模治山工事、既設林道維持補修工事等に要する費用であります。  112ページ、113ページをお開きください。  16節負担金補助及び交付金につきましては、松くい虫被害対策事業負担金、甲府市森林整備事業補助金及び特定鳥獣適正管理事業費補助金等であります。  続きまして、6款3項地方卸売市場費につきまして説明いたします。  1目地方卸売市場費につきましては、地方卸売市場事業会計への操出金であります。  以上で、6款農林水産業費の説明を終わります。御審査のほどよろしくお願いいたします。 44: ◯大塚委員長 以上で説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ここで確認のためでありますが、この款につきまして質疑のある委員は挙手をお願いいたします。                   (要望を聴取) 45: ◯大塚委員長 末木委員。 46: ◯末木委員 6款1項3目の農業経営基盤強化促進対策事業費について、この中の甲府ブランドの認定商品、農業部門の事業費を教えていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 47: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 48: ◯保坂農政課長 ただいまの御質問のありました甲府ブランド関係の事業費でございますけれども、6款1項3目の農業振興費のうち、農業経営基盤強化促進対策事業の中にございます。甲府ブランドの認証委員の報償費を初めといたしまして、旅費、委託料など合わせまして、87万224円になります。  以上です。 49: ◯大塚委員長 末木委員。 50: ◯末木委員 ありがとうございました。最近市民の皆さんからこのブランド商品のことをとてもいい商品だということをよく聞いております。その内容をお示しいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。 51: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 52: ◯保坂農政課長 甲府ブランドの内容につきましては、農政課は農林産物部門を担当しております。甲府市が誇れるすぐれた農産物、また、加工品等を5つのカテゴリに分類いたしまして甲府市が認定をしておるということでございます。その5つのカテゴリでございますけれども、1つが特選、これにつきましては、系統出荷等の中、光センサー、糖度計等を使いまして、より厳格に品質を管理されているというブドウ、スモモ等でございます。  それから、2番目に巧になります。こちらにつきましては、個人出荷の農家において卓越した熟練の技術により生み出される逸品。  それから、3番目に伝承になりますけれども、伝承につきましては、甲府市にしかない伝統的なものということでございます。  それで、あと4番目が特産になります。特産につきましては、既に産地化をされて、市場等で評価も高いという、全国で広く取引をされているものということでございます。  最後、振興になりますけれども、集落営農等により地域振興に直結した取り組みによって生まれるすぐれた農産物という、以上の5つのカテゴリに分けまして、認定をしております。  以上です。 53: ◯大塚委員長 末木委員。 54: ◯末木委員 商品の名前を教えていただきたいと思います。 55: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 56: ◯保坂農政課長 商品名ですけれども、平成27年からこの認定を行っておりまして、まず、甲州地どりがございます。それから、甲州信玄豚、ちぢみほうれんそう、くいしき味噌、平成28年になりまして、スイートコーンでございますけれども、ミルフィーユ、しあわせコーン、きみひめ、そして、シャインマスカットということになります。平成29年度につきましては、同じくミルフィーユでございますけれども、ミルフィーユは事業所がちょっと違いますので、新たにJA甲府市直売所獲れたてLandから出たものでございます。あと、きみひめ、なつっこといいまして、モモになります。これが中道の農産物加工直売所から出てまいりました。あとは、巧で同じくなつっこになりますけれども、個人で中道地区の柿嶋美保子さんが出されたものでございます。それから、もう1つ巧がございまして、これにつきましては、シャインマスカットで河野 功さんが出されまして、認定をさせていただいております。  以上です。 57: ◯大塚委員長 末木委員。 58: ◯末木委員 どれもこれもよく存じている商品で、それが今世界に向けて発信しているということもお聞きしております。私この約87万円という事業費を聞いてちょっと驚きました。結構皆さん周知しているので、この金額で頑張ってくださっているということをとてもうれしく思います。ぜひこれからもよろしくお願いしたいと思います。どうもありがとうございました。 59: ◯大塚委員長 岡委員。 60: ◯岡委員 6款1項3目で2つばかりありますけれども、まず右左口の里維持管理事業費についてお聞きをいたしたいと思います。  右左口の里はバーベキュー施設とか釣り堀、バンガローなど、自然体験が行え、子どもたちから大人まで1日遊べるというふうに、大変楽しめる施設だと思っております。また、地域の歴史とか、右左口町出身の歌人の山崎方代に関する資料が展示された民芸館も併設されているんですね。非常に甲府市民、また、市外、県外の皆さんが利用されるんです。  そこで、何点かお聞きをしたいと思いますけれども、まず1点目として、ここ数年の施設の利用状況と平成30年度の利用見込みについてお聞かせいただきたいと思います。 61: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 62: ◯保坂農政課長 御質問のありましたここ数年の利用状況でございますけれども、現在指定管理者は株式会社えべしにかわりましてことし4年目になります。この施設につきましては、屋外の施設ということでございまして、集客の際に天候等により利用人数の変動がやはりございます。最近の状況については、ほぼ横ばいというふうに私どもは考えております。  しかしながら、やはり先ほど言いました平成29年度に関しましては、7月から9月の間に異常気象といいますか、天候不順、その後、台風もございまして、そういう関係もありまして、施設の予約のキャンセルが結構出てしまったと聞いております。  平成30年度の見込みでございますけれども、今お話ししました天候の不安要素もございますが、通常に天候等も推移をしていけば、あの周辺は花見の時期も、桜の木もございますし、夏休み等のイベント等を開催もいたしますので、利用率を高めていくということになりますと、平年並み以上の集客は見込んでおります。  以上でございます。 63: ◯大塚委員長 岡委員。 64: ◯岡委員 具体的な数字が欲しかったなと思う、また後で聞かせていただくということで、今回はいいでしょう。  次に、指定管理ということは御承知しております。集客に対する努力ということはされているのかなと考えておりますけれども、楽しんでいただくためにどのようなPR、例えば、子どもクラブなどの団体に対するPRや、自治会といったところへのPRがされておるのかなとも思っていますけれども、いかがでしょうか、お聞きしたい。 65: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 66: ◯保坂農政課長 現在右左口の里におきましては、インターネットによる情報の発信やパンフレット等を作成して、人が集まる場所へ配布をしているということ、また、旅の情報紙等に掲載をしたり、インターネット環境をよくするというようなことの中でWi-Fiの設置もしておりまして、利用客の情報の拡散等が可能な限りPRに努めているというのが現状でございます。  また、おっしゃいますとおり、子どもクラブやスポーツ少年団等に、レクリエーションの場としても使われていくとは考えております。現在もそういった顧客も多くなっていくという状況もございますので、より一層そういった市民会議や甲府市体育協会などに働きかけをしまして、集客に努めてまいりたいと考えております。  以上です。 67: ◯大塚委員長 岡委員。 68: ◯岡委員 黒平町などの施設とは違って、非常に山城地区、中道地区、山城地区は1万6,000人からの住民がいて、1つのまちを形成しているくらいですから、その本当に近くなんですね、十二、三分あれば行ってしまうというようなところ。中道往還など、そのほかもいろいろあるわけですので、十分にそういうところをPRして、集客できればと思っていますので、お願いいたします。 69: ◯大塚委員長 先ほどの具体的な数字が出るというので。  保坂農政課長。 70: ◯保坂農政課長 済みません、先ほどありました具体的な利用人数でございますけれども、平成28年度につきましては1万5,077人、平成29年度につきましては、1月現在ということになりますが、1万2,741人でございます。 71: ◯大塚委員長 岡委員。 72: ◯岡委員 ありがとうございました。結構人数的には多い人たちが入っていると思いますけれども、非常に場所的にね、いい場所なんですよ。そういうことも考えて、まだまだ集客できる状況だと思いますので、よろしくお願いしたい。  次に、施設を継続的に健全に維持していく、このためには、経営感覚はとても重要であると考えております。そこで、その施設については施設利用料をいただく中で運営をされておりますが、利用料収入で施設運営は賄えているのかなと思っていますが、また、新年度予算の中に25万9,000円が盛り込まれておりますけれども、その辺の内容についてお聞かせいただければと思います。 73: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 74: ◯保坂農政課長 現状の管理運営方法による集客数の場合、ことしの収支につきましては少し赤字になるというふうには考えております。しかしながら、今も潜在的な施設の持つ能力もございます。経営感覚にすぐれた指定管理者というものが最大限に効用を発揮していただければ、経費の削減に努めた経営を行うことで収支のバランスはとれるんではないかなと考えております。  また、平成30年度の予算につきましては、指定管理選定委員の報償費及びバーベキュー施設の塗装費用、AEDの賃借料となってございます。  以上です。 75: ◯大塚委員長 岡委員。 76: ◯岡委員 赤字の見込みということですけれども、先ほども話をしましたので、場所的に非常にいいのでね、頑張っていただきたいと考えております。  最後になりますが、開設年度が昭和60年ということで、施設の老朽化も進んでいるとは思いますけれども、子どもたちは数多く遊びに来ていただける施設なので、安全で安心した、そして、楽しく過ごせるような、そういう施設設備を整備していただきたい。  今塗装料なんかもこの中に入っているようでありますけれども、今後の施設整備の計画や考え方などお聞かせいただけますか。
    77: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 78: ◯保坂農政課長 右左口の里には、バンガローやバーベキュー棟、池等もございます。今年度は特に老朽化が激しくて、ここ3年ほど手をつけておるんですけれども、バーベキュー棟の屋根、これを全面に行いました。そして、平成30年度につきましては、あと、バーベキュー棟の柱の鉄骨部分を少し塗装しようということで、バーベキュー棟の部分につきましてはそこで完了をする予定になっております。  いずれにいたしましても、人が集まるところということでございますので、安全面とか、そういったものを優先に考えていきまして、費用対効果もございますけれども、施設の整備は行ってまいりたいと考えております。  以上です。 79: ◯大塚委員長 岡委員。 80: ◯岡委員 この25万9,000円の予算が管理費ということで計上していますけれども、もう少ししっかりそこの管理をするためには、しっかりと予算も必要ですので、しっかりとってやっていってほしいと思います。  私も2回ほどそこを見に行ったんですね、どんな状況であるかと。非常に真っ暗なんですよ。なぜかと言うと、ヒノキが多くなって、全然日が入らない。やはり透かして、もうちょっと下も、上へ上っていく道路もしっかりしておかないとお年寄りは危ないということも考えますし、下のトイレも何か使われていない状況、非常にいいトイレでね、まだまだ、ところが、全然使われていない状況ということも考え合わせて、そこを倉庫にするとか、また、もうちょっと再度トイレにということも、駐車場のところね、考えていけばいいかなとも思っていますけれども、いずれにしろ、非常にいい場所ですから、しっかりとお願いをしたいと思います。また前の指定管理者以上に今回の指定管理者は一生懸命頑張っているようですので、一緒に経営について努力をしていただきたいと思います。ありがとうございました。  次に、6款2項2目、私が昨年9月定例会で質問させていただきました甲府名山の選定については、新年度予算で61万6,000円ということで計上されております。この61万6,000円の積算項目をひとつ教えていただきたい、簡単に言えばスケジュールとか、または、選考委員会を設置すると思いますけれども、選考委員会の内容などについてお答えをいただきたいと思います。 81: ◯大塚委員長 樋口産業総室長。 82: ◯樋口産業総室長 まず、61万6,000円の内容でございますが、選定委員会委員報酬、それと、募集チラシ、ポスターの作成、そのチラシの配布委託、その3項目になっております。  スケジュールでございますが、まず5月、6月ぐらいまでに選定委員会を設置しまして、募集方法等を決定し、7月以降に募集を行い、その募集後にまた選定委員会を開催し、できれば12月中に決定してまいりたいと考えております。  選定委員につきましては、甲府市自治会連合会や山梨県山岳連盟など、関係団体から推薦をいただくとともに、市民公募も行っていきたいと考えております。  以上です。 83: ◯大塚委員長 岡委員。 84: ◯岡委員 委員報酬はわかりました。スケジュール内容について、5月、6月までに選定委員会を設置すると。委員選定については、先ほども言われましたとおり、山岳連盟とか、甲府市連合会自治会とか、また、一般公募ということで御理解をいたしました。  12月ぐらいには決めていきたいというスケジュールだそうでございますけれども、この内容について、ちょっと話を聞いたら、第4回山の日記念全国大会が行われるようですね。2019年8月11日、8月11日は山の日ですけれども、そこで甲府市でこれに応募をしたということで取り上げていただいたようでございますけれども、そのことも予定に入れながら、できるだけ甲府名山選定をしていっていただければありがたいかなと思っています。  この甲府名山選定の内容について、私の思いがここに予算化されたんですけれども、あまりに高い二千何百メートルという、言うなれば、奥山、瑞牆山ということでなくて、この甲府のまちが見下ろせるような里山、ここからいいますと、愛宕山、夢見山、善光寺山、板垣山、また、大洞峡、日蔭山など、そういう山をできるだけ選考委員会が設置させましたら、行政の意見としてひとつお願いをしたいと思っております。  以上であります。ありがとうございました。 85: ◯大塚委員長 創政こうふの小沢(宏)委員。 86: ◯小沢(宏)委員 6款2項2目森林づくり推進事業に、林地台帳整備事業の455万円予算が組まれておりますが、まず、基本的なところで、どの範囲、土地ですね、どの範囲を対象として台帳整備をするのか、また、これは単年度で終了するものなんでしょうか。 87: ◯大塚委員長 樋口産業総室長。 88: ◯樋口産業総室長 林地台帳整備につきましては、甲府市の森林、林地全体に係る整備でございます。こちらは委託料でございまして、基本的には既存森林のGISを改修するシステム整備と、地図データを整備するなどの予定でございます。 89: ◯大塚委員長 小沢(宏)委員。 90: ◯小沢(宏)委員 今までの台帳もあるかと思います。今回地図データを整備するということで、平成30年度に土地所有者、あと、境界に関する情報の整備とあるんですが、これを単年度で境界まで確定するということでよろしいんですか。 91: ◯大塚委員長 樋口産業総室長。 92: ◯樋口産業総室長 基本的には登記簿上の所有者の住所、氏名、届出年月日、あるいは、森林経営計画の認定状況などを台帳に記載していくという予定でございます。 93: ◯大塚委員長 小沢(宏)委員。 94: ◯小沢(宏)委員 今この台帳を整備する目的ですね、何かいろいろと森林環境税などあるかと思うんですが、それにあわせてのこの整備ということなんでしょうか。今回整備する目的をお教え願います。 95: ◯大塚委員長 樋口産業総室長。 96: ◯樋口産業総室長 森林所有者の所在が不明な森林や林地が多いということで、不明確な森林が同化してきているため、森林整備を進めていく上で支障になっておりますので、台帳情報とそれに対応する地図情報等を一体的に整備するものでございます。 97: ◯大塚委員長 小沢(宏)委員。 98: ◯小沢(宏)委員 では、現場のほうでは境界の、ここに書いてある確認まではされないということでよろしいでしょうか。 99: ◯大塚委員長 樋口産業総室長。 100: ◯樋口産業総室長 そのとおりです。 101: ◯大塚委員長 小沢(宏)委員。 102: ◯小沢(宏)委員 私もかつて山林に入って境界の確認をしたことがあるんですが、とても簡単にできる代物ではないので、ちなみに山林としてある筆数、所有者数、どちらでも結構なんですが、お教え願います。 103: ◯大塚委員長 樋口産業総室長。 104: ◯樋口産業総室長 今手元に資料がありませんので、少し時間をください。 105: ◯大塚委員長 小沢(宏)委員、それでよろしいですか。 106: ◯小沢(宏)委員 了解いたしました。先ほども言いましたように、非常に境界まで確定となると苦労されると思いますが、頑張ってくださいとエールを送らせていただきます。  以上です。 107: ◯大塚委員長 金丸委員。 108: ◯金丸委員 それでは、第6款農林水産業費について質問をさせていただきます。実は今回この予算特別委員会で、この6款で小林正実農林振興室長と最後の農政論議をして卒業してもらおうと、密かに私は思っておりまして、楽しみにしておったんですが、ちょっと体調不良だということで、お元気だということは聞いておりますから安心しておりますけれども、1日も早く回復して、退職してしまうんだけれども、本当は退職辞令の日までには戻ってこられればいいなと、強く願っています。  実は、何を6款で議論したかったかというと、ちょうど5年前もそうだったんですが、当時の関野 登農林振興室長と、卒業に当たって、我が市の農政は今後どうあるべきだということを、予算に絡めながら論議をさせていただきました。当時は皆さんも御存じのとおり、TPPの論議が華やかなころでして、今よりもっと切羽詰まったような状況が業界では続いていたと。  そうした中で、当時もそうなんですが、今回も我が市の一般会計予算の歳出合計が約760億円か、このうち農林水産業費が約8億3,500万円、ここから6款3項の地方卸売市場費という約8,000万円を引くとすれば、純粋な6款における農林水産業に関するいわゆる金額というのは、全体の本当に約1%、これは実は5年前も変わっていないんですね。当時は、私は我が市が当時の中道町、上九一色村を合併していただいてしばらくたったころでしたから、果たしてこれが妥当な予算かどうかということを質問した経過があるんです。  私はいつも思うんですけれども、わかりやすく言うと、国のGDPとかGNPがあるんだけれども、市内における、言うなれば、産業別のいわゆるGDPということを考えたときに、あまりにもやはりこの約1%、予算、考えたときにですよ、予算に対して約1%しかこれがないという、組まれていないというのは、やはり寂しいなと思うんです。日本は確かに今から人口減少するけれども、食品輸入国家である我が国は、世界的にはどんどん人口が増加するわけですから、食料的には非常に厳しい状況が近未来に来るだろうと私は考えているんですね。  そこで、この6款における、言うなれば、割合という中で、細かくいろいろ計算してみようと思ったんですが、まず大きな質問をしますけれども、6款における、これ3項は外しても構わないんだけれども、1項、2項において、この中はどのくらいの、まず、人件費等の義務的経費がかかってしまっているのか、この約7億5,000万円のうち、おおまかで結構ですから、そこから質問したいと思っています。平成30年度予算に関してですよ。 109: ◯中村副委員長 金丸委員。 110: ◯金丸委員 今計算なさっているようですから、それはまた後で私におおよそ教えてくだされば結構です。時間がかかりそうですからね。  それで、恐らくこの6款における義務的経費は、結構率多いと思うんです。なぜかというと、人がたくさんかかわっていることが多いから。それに加えて、事業経費というのはどうしても少なくなってしまうと。だけれども、私はそれは仕方がないと思っていますから、別にそれは問題にするわけじゃない。  だけれども、先ほど少し触れたように、我が市にとっての市内における産業別の市内GDPみたいなものが低かったとしてもね、やはり農林業を守っていかなきゃいけないというのが私のまず個人的な見解なんです。だから、来年度に向かっても、この6款に携わる人たちはやはり頑張ってくれなきゃ困るんだという思いを私は強く思っていますから、やはり農政課長と農地再生課長がそういった専門職のお二人にこの辺について、平成30年度予算に関してこんなことを考えていますという強い思いがあったら御教示いただきたい。 111: ◯中村副委員長 保坂農政課長。 112: ◯保坂農政課長 ただいまの農政の今後の行く末を案じていただきまして、本当にありがとうございます。平成30年度の予算につきましては、特に際立ったものという部分につきましては、農業施設の長寿命化を今後図っていかなければいけないということの中で、玉諸排水機場の排水ポンプの予算を計上させていただきました。この辺が今から今後長寿命化を図るために財政的な部分の負担がふえるのではないかということでございますが、玉諸の排水機場を初めとして、今後施設の長寿命化を図りたいと考えております。  それとあわせまして、現在甲府市農業振興計画を策定中でございます。今年度4月から策定しておるわけでございますけれども、この調査に際しまして、農家さんの意見とか、地元におりまして意見を聴取したり、アンケートもとっているというような状況もございます。私のほうで今まだ最終的な結果は出ておらないわけでございますけれども、意外に農家の方が、やめるとかいう方もいらっしゃるのですが、まだまだやっていきたい方は相当数いるということを実感しております。そういう方々の、要は、生産の基盤整備など、そういったものも今後していかなければならないですし、リニア中央新幹線とか、そういう開発の部分もございまして、どうしても農地は少なくなるという状況もありますが、面積が少ない中でそれなりの農業というものが、今は集約化ができる農業もございますから、そういったものに誘導するためには、やはり農業予算は今後、私どもといたしましては、増額させていただきたいとは思っております。  ですから、先ほど言いました長寿命化も長いスパンになりますけれども、今の状況、それから、世界の状況等も、TPPの状況等もございますので、そういった状況を見据えた中で、甲府市農業振興計画もできますので、本当に計画的な部分の中で事業を展開してまいりたいとは考えております。  以上です。 113: ◯大塚委員長 林野農地再生担当課長。 114: ◯林野農地再生担当課長 農地再生担当としますと、平成30年度予算につきましては、実質計上はしておりませんけれども、農地再生ということで、平成29年度、まだ年度は終わっていないんですけれども、実質耕作放棄地に関するところの調査をさせていただきました。調査につきましては、農業委員会との整合を図る中で、数値等は現在出しておりますけれども、平成30年度に向かいましては、やはり耕作放棄地の解消、それも解消できるところをまず中心に解消していきたいということで、平成30年9月を目途に作成を予定しております甲府市農業振興計画の中に再生の関係なども折り込んでいった中での計画策定ということにさせていただきたいという形で、平成30年度は考えております。  以上です。 115: ◯大塚委員長 金丸委員。 116: ◯金丸委員 本当に私もあまり農林業に関してはよくわからないんだけれども、少なくとも食料ということに置きかえると非常に大事なものだと思っていますので、ぜひ頑張っていただきたいと思います。  では、結びに、実はいよいよ細かいことを1点だけお聞きさせていただきたいと思います。6款1項1目の農業委員会費について、これも今年度、平成29年度の初めだったかな、記憶にあると、農業委員会のいわゆる改変というか、組織がえがありまして、農業委員さんが減員された。それに伴って、もう1つ別に役職が生まれたと、その辺について、平成30年度においてはそういった大きな改変とかあるのか、あるいは、どういう方向でやっていくのかということがあったらお示しをいただきたいと思います。 117: ◯大塚委員長 青木農業委員会事務局長。 118: ◯青木農業委員会事務局長 昨年の農業委員の改選におきましては、農業委員がもともと38名であったものが、農業委員が19名に減員されました。また、それに合わせまして、制度改正に伴い、農地利用最適化推進委員を農業委員会で委嘱しなさいということになって、甲府市の場合は19名を委嘱させていただき、農地利用最適化推進委員と合計で38名の体制で今現在農業委員会が組織をされております。  農業委員及び農地利用最適化推進委員の任期につきましては、3年ということに決められておりますので、平成30年度、あるいは、平成31年度については今までの体制で農業委員会が運営されるということになっております。 119: ◯大塚委員長 金丸委員。 120: ◯金丸委員 了解です。終わります。 121: ◯大塚委員長 金丸委員、先ほどの6項の人件費の算出ができたそうです。 122: ◯金丸委員 それについてはお願いします。 123: ◯大塚委員長 樋口産業総室長。 124: ◯樋口産業総室長 先ほどは済みませんでした。6款の人件費を算出しましたので申し上げます。まず、6款の人件費につきましては、3億4,526万7,000円、全体の予算につきましては、市場繰出金を除いて、7億5,531万4,000円でございますので、人件費の割合は45.7%でございます。  もう1点、私が説明をする際に、林業振興費の中で、19節負担金補助及び交付金を16節と申し上げてしまいました。訂正させていただきます。  以上です。 125: ◯大塚委員長 金丸委員。 126: ◯金丸委員 45.7%という数字は、正直言って皆さん誰もが「すごい人件費かかっちゃってるじゃん」と思うんです。でも、私は、きょう話ししてきたように、農林業費に関してね、もうとにかくお金がかかってもしっかりね、そこに人を配置して、そして、我が市の、いうなれば、産業でいくら小さくなっちゃったとしても、しっかり守っていくべきだという考えを持っておりますので、今後も引き続き努力することを担当部局長、職員にはお願いをして、質問を終わります。  以上です。 127: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 128: ◯清水(仁)委員 6款3項1目の繰出金のことでお聞きをしたいんですけれども、よろしいでしょうか。この繰出金は、総務省からの地方公営企業繰出金についての通知の中で、繰り出せる金額は重々承知をしておりますけれども、これ30%が国からの基準の中であればいいということでありますけれども、本年度のこの繰出金、112ページのこの8,040万円が、前年の繰出金と比較しますと、309万円の増額になっておりますけれども、この繰出金の基準値内ということでよろしいでしょうか。 129: ◯大塚委員長 上田市場経営室長。 130: ◯上田市場経営室長 甲府市地方卸売市場に一般会計から繰り出される金額につきましては、毎年度総務省より通知される地方公営企業への繰出基準に基づくもので、今回の309万円の増につきましては、この基準に基づく企業債元金の償還に充てる増額でございます。 131: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 132: ◯清水(仁)委員 基準値内であればオーケーとさせていただきます。また、その8,040万円の金額に関しましては、後ほど市場事業会計で、どこのところに当たるかはお聞きをさせていただきます。今はこれがこの項目で基準値に該当するか、オーバーしていないかということだけを確認させていただきました。ありがとうございました。  以上です。 133: ◯大塚委員長 樋口産業総室長より、訂正したい旨の申し出がありますので、これを許します。  樋口産業総室長。 134: ◯樋口産業総室長 済みません、先ほどの森林の筆数等でございますが、筆数は1万564筆、所有者数ですが、今現在把握しているのは1990年のデータでございまして、1,216戸というところしかわかっておりません。  以上です。 135: ◯大塚委員長 小沢(宏)委員。 136: ◯小沢(宏)委員 あくまでも机上での整備ということで、現地には一切行かないということだと思います。この費用だとしたらね。わかりました。どうもありがとうございます。 137: ◯大塚委員長 植田委員。 138: ◯植田委員 6款1項1目農業委員会費の中で農業委員会だよりを発行していただいていると思います。その発行部数と金額を教えていただきたいです。 139: ◯大塚委員長 青木農業委員会事務局長。 140: ◯青木農業委員会事務局長 農業委員会だよりにつきましては、年に2回発行しております。1回の発行部数が4,900部となっておりまして、1回の印刷製本費が34万9,272円を予定しております。 141: ◯大塚委員長 植田委員。 142: ◯植田委員 この農業委員会だより、大変それぞれの農業生産者さんの写真が載ったり、身近に感じられるすばらしい広報誌だと思っております。  それで、ことしの秋から、これはJAさんまた、JA共済さんが中心になって活動をされるとは思うんですけれども、ことしの秋から農業者保険という新しい制度が国で、昨年の暮れでしたでしょうか、補正予算で組まれまして、農業者さんにとっては、今まで果樹とか水稲でしたら共済があって、自然災害で収穫がなかった年ですとか、また、価格が暴落したときなどに大変味方になった制度だと思っております。それが来年度から、平成31年度からだと思いますけれども、実質的にはその保険制度が始まるということで、国からもお金が出ますし、また、掛け捨てではない部分もあったりしまして、農業者さん、生産者さん一人一人にとってみれば、いよいよ、蔬菜、果樹、また、水稲以外のところでも価格暴落や災害で収穫がなくて、いよいよ生産者さんが生活ができなくなるということが防げるようないい制度が始まると伺っております。  これに関しましては、公明党が国レベルでも力を入れて推進していったところでございますので、甲府市におきましても、この秋から始まる募集の周知をこの農業委員会だよりなどを使って行う予定はあるのかどうかというところをお尋ねしたいと思いますが、いかがでしょうか。 143: ◯大塚委員長 青木農業委員会事務局長。 144: ◯青木農業委員会事務局長 国で始めました新しい農業災害補償につきましては、今月農業委員会だよりの今年度の第2号を発行いたしましたが、その中でも、あまり詳しくまではいきませんが、御紹介をしております。 145: ◯大塚委員長 植田委員。
    146: ◯植田委員 早速ありがとうございます。このことの制度の周知というのがとても大事だと思っています。JAさんからはもちろん、そのお知らせはJAに参加されている皆さんはお知らせを手に入れることができると思いますが、最近はJAにかかわらず生産物を首都圏に出す、出荷されたりされている方たちも多いと聞いております。そういう皆さんにもぜひこの農業委員会だよりを通じて、そのツールでお知らせできるんではないかなと思っております。  それと、この農業委員会だよりというのは、私も昨年の7月までは参加させていただいておりましたので、大変参考にさせていただいた経緯がございます。建議書の内容ですとか、また、活躍される地元の農業者さんのことを間近に感じられて、いいツールだと思っておりますけれども、今のようなことで、もう早速取りかかっていただいていることには、本当に心から感謝申し上げます。  ただ1点、これに関しては、青色申告をされている農業者さんでなければこのことには参画できないということを、この共済に加われないということを伺っておりますので、この辺のお知らせなどは農業者さん一軒一軒がそれぞれ青色申告をされていないところも多いのではないかと思いますが、いかがでしょうか、そのお知らせに関してはこの農業委員会だよりの中に入る可能性はあるんでしょうか。 147: ◯大塚委員長 青木農業委員会事務局長。 148: ◯青木農業委員会事務局長 農業委員会だよりにつきましては、どうしても紙面の関係がありまして、あと、伝えなければならない情報もたくさんございますので、恐らくJA共済さんが始めるその新しい事業につきましては、JA共済さんのほうで細かく農業者の方に周知をしていただけるのではないかということで、今のところ今後の農業委員会だよりでそれを取り上げていくということは未定ということになっております。 149: ◯大塚委員長 植田委員。 150: ◯植田委員 承知いたしました。また、そうやって農業者さんを守る国の制度もできてきたわけなので、今回の制度は画期的な制度だと思っております。ぜひまた広く周知をしていただければと思います。  次に、3款1項6目農業センター費についてお尋ねいたします。今年度予算額863万2,000円、先ほども人権費ですとか、そちらのほうの需要が多いのかなという感はいたしましたが、農業センター、とても活躍していただいていて、岡委員さんや私の住む山城地区に所在するものですから、私たちはしょっちゅう目にするというところがございまして、いろいろ頑張っていただいているということを実感いたしますが、なかなか市民の皆様にはこの活躍ぶりが、農業機械の貸し出しですとか、また、新しい生産の鍵になるようなものを発信されているというようなことが、なかなか行き届かない、行き渡ってはいないのかなと、農業に携わらない方にはあまり知られていないのかなと、ちょっと残念に思っていたところですが、昨年は青パパイヤですね、大変盛り上がりました。ことしの目玉は何か考えていらっしゃるんでしたら教えていただきたいと思いますが、いかがでしょうか。 151: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 152: ◯保坂農政課長 ただいまのお話のありました、農業センターで平成28年から青パパイヤのほうの栽培、普及等をいろいろ行ってまいりました。来年度の目玉ということにやはりなりますけれども、引き続き青パパイヤにつきましては、昨年農家さんに栽培の調査を依頼いたしまして、データを収集してきたわけでございますけれども、苗や栽培によって大分状況が変わってくるという状況がございまして、やはりもう1年度その辺を突っ込んで栽培をしなければならないのかなと考えておりますので、そこを中心に、あと、既に今年度の状況の中から、個々の農家でも大きく取り入れていこうという動きがありまして、苗を用意するという情報も聞いておりますので、その辺は栽培と販売の部分も含めて、どんな形で応援ができるかなということを現在検討している状況でございます。  以上です。 153: ◯大塚委員長 植田委員。 154: ◯植田委員 ヨーロッパ野菜なんかも手がけ始めたということも情報をいただきました。何かと首都圏に近い甲府市の生産者さんというのは、そういう部分では、アイデアさえ当たればいい時代が来たんではないかというふうに思っております。今後に期待したいと思います。ありがとうございました。 155: ◯大塚委員長 神山委員。 156: ◯神山委員 では、2点質問をします。6款1項3目で、先ほども答弁の中で少し触れられてはいましたけれども、内容についてということで、平成30年度で策定をする甲府市農業振興計画についてです。平成29年9月定例会本会議で小林産業部長から農業体験に向けた取り組みも計画の中に盛り込んでいただけるというような形で御答弁をいただきましたけれども、その点も踏まえて、平成30年度、この計画策定に向けての取り組みを御報告いただきたいと思います。 157: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 158: ◯保坂農政課長 甲府市農業振興計画につきましては、本年度4月当初準備も入れまして、現在策定中でございます。基本的には農家さんの意見を聞くということもございますので、地域の状況を把握するための調査を行っております。また、キーパーソンとなる農業者も何人かいらっしゃいますので、そういう方々の栽培状況や経営状況といったことを聞き取りの調査を個々に行いまして、こちらも甲府市農業振興計画の中に反映していくようなことになろうかと思います。  それからもう1つ、今回はアンケート調査を実施させていただきました。平成29年11月になりますけれども、1,974人を対象にアンケートを依頼しまして、回収につきましては1,354人、回収率は約68.6%ということで、調査に関しましては非常に高い数字が出てまいります。そういう細かいデータ等を分析していきますと、結構細かい部分がやはり出てまいると思います。そういった部分を甲府市農業振興計画の基本的な考え方に載せていこうと考えておりまして、平成30年9月を目途に現在進行中でございます。  あと、平成30年度の収穫体験につきましては、ちょっと基盤強化の担い手に関係するところに載せてありますけれども、農業体験の婚活ツアーというような名目で、ちょっと事業をやってみようかなと、これも農家さんの意見から出たものを直接入れ込んだものでございます。そういったちょっと大小取り混ぜながら、農業振興の支援、応援を今後もしてまいりたいと考えております。  以上です。 159: ◯大塚委員長 神山委員。 160: ◯神山委員 さまざまな現場の声を聞きながらとか、アンケート、非常に高い回収率だなと思って、それだけやはりアンケートの対象となった方たちの意識も高いんだろうなということを今お聞きして感じました。また、その声を踏まえて、ひとまずは婚活というのも、若い人たち向けの取り組みができるところからというところも大変期待ができると思います。本当に現場に寄り添って、地に足が着いた計画、まさに農業だけに。ということで、非常に期待ができるんではないかと思います。  国の方針で農業次世代人材資金ということで、就農した人に対しては手厚いものがあったんですけれども、覚悟を決めて就農に来るまでの取り組み、ぜひサポートしてもらいたいということを本会議で提言をさせていただいたところです。そこについても計画の中でのお考えが、現在のものがありましたらぜひお聞きをしたいと思います。 161: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 162: ◯保坂農政課長 お話がありましたとおり、支援策につきましては、本当にいろいろな角度からやはり支援をしていかなければならないと考えておりますので、例えば、1つだめだったからもうおしまいとは考えておりません。私ども、とにかくやってみてそれが農家さんの方に反映できるようなもの、そういったものを予算化していきたいとは考えております。最初のサポートにつきましては、通常のワンストップ窓口等がございまして、就農コンシェルジュ的な窓口になりますけれども、そこからいろいろな状況が、個々の状況が違いますので、そういった方々に集中的に、この方は技術的なこととか、そういった部分をはっきり明確にしていって、もっと寄り添っていった中での支援活動をしてまいりたいと考えております。  以上です。 163: ◯大塚委員長 神山委員。 164: ◯神山委員 ぜひよろしくお願いします。非常に期待ができると思っています。研修の資金のところまでたどりつけば、しっかり地域に定着していっていただけるのかなと思いますので、その覚悟を決めるまでのサポートをぜひお願いしたいと思います。  また、そういうふうにしてワンストップの窓口で相談に乗っていただける、これも本会議のときに答弁をいただいた部分というのもあると思いますけれども、そうすると、やはり現場で、何というんですかね、農業指導ができるとか、地域のことを教えてあげるところにつなぐという、その事務的なサポートは非常に重要だなと思いますので、計画の中でもその視点もぜひ持ちながら、構築していっていただきたいと思います。  あともう1点は、6款1項5目、先ほども農地のことが出ていました。1点だけ伺います。今後リニア駅ができていくというところで、先ほどもちょっと答弁の中で触れられていたですけれども、農地の上に駅ができていくということですので、その代替地について、農政課で、もしくは、農業を担当している産業部のほうで、平成30年度、どのような取り組みをしていくか、平成30年度を経て、リニア中央新幹線開業に向けてどのような取り組みをしていくか、現状を教えていただきたいと思います。 165: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 166: ◯保坂農政課長 本当に優良農地が大きな開発でなくなっていくという状況がございまして、そこに営農を継続している農業者、認定農業者の方々もいらっしゃいます。私たちが一貫して言い続けることは、継続をしていく農家さんが将来にわたって希望どおりに継続をしていけるような状況をつくっていくというのがやはり基本であるとは考えております。  現在直接代替地の話は私どものには届いておりませんが、現在農業委員会の農地銀行活動もございますし、代替となる農地等の情報等も、そういったお話がありましたらば随時お伝えしたいなとは考えております。  以上です。 167: ◯大塚委員長 青木農業委員会事務局長。 168: ◯青木農業委員会事務局長 今後、リニア中央新幹線開業と、新山梨環状道路開通で相当の優良農地が減るということがもう明らかになっておりまして、農業委員会にも農家から、何とか優良農地を代替地としてもらうことができないかという要望が寄せられてはおります。ただし、代替地の選定につきましては、用地担当が行いますので、農業委員会につきましては、どこに優良な代替地があるというか、出してもいいよという方を、そういう情報を収集して、そちらのほうに提供するということを今現在やっております。 169: ◯大塚委員長 神山委員。 170: ◯神山委員 わかりました。農政を担当していく立場からは、しっかり、建設用地に当たってしまう方たちにとっては、将来にわたって続けていけるように、しっかり寄り添っていくんだという思いをお聞きできましたし、また、農業委員会からは、具体的に、用地担当が行っていくということに、その部分に対してのしっかりした専門的な情報であるとか、どこの土地だったらここの代替地に当たるんだということを情報提供している、さまざまな視点からサポートしていただけるんだということが確認できました。しっかりこのまま平成30年以降も、しっかり寄り添っていただいて、甲府市の農業が持続可能であるような体制が継続していけばありがたいなと思いますので、その点が確認できたので、質問は以上にしたいと思います。 171: ◯大塚委員長 以上をもって、一般会計歳出第6款農林水産業費の審査を終了いたします。  7款に入る前に、昨日の一般会計歳出第4款衛生費の審査において、清水(仁)委員より資料要求がありました資料につきまして、当局で準備ができたとのことでありますので、書記より配付させます。                   (資料配付) 172: ◯大塚委員長 ただいま配付いたしました資料について、当局より発言したい旨の申し出がありますので、これを許します。  小田切処理課長。 173: ◯小田切処理課長 昨日、一般会計歳出の4款衛生費のうち最終処分場建設事業費に関する清水(仁)委員の質問に対しまして、資料を用意しましたので御説明いたします。お手元の一般廃棄物処分場建設事業費市町村別負担金をごらんください。  山梨県市町村総合事務組合が事業主体となりまして、山梨県環境整備事業団に委託して整備が進められております。一般廃棄物最終処分場、愛称、かいのくにエコパークの建設事業費に係ります県内の市町村別負担金を示した一覧でございます。  平成24年度から平成29年度は実績額でございまして、平成30年度は見込額になります。  右端に建設期間中の類型負担額を記載してあります。各年度の負担金の内訳は、事業費が各市町村の搬入見込み量に基づく割合で算出され、事務費は一律2万円となっております。  建設期間累計額は、本市が3億1,744万4,000円、続いて、南アルプス市、甲斐市、上野原市の順となっております。搬入見込量がない4市につきましては、事業費負担は発生しておりません。  平成30年12月からの操業開始に向けて、建設事業は予定どおり進捗している旨の報告を受けているところです。  また、平成30年度見込額につきましては、2月13日に開催されました平成29年度第2回一般廃棄物最終処分場運営協議会におきまして、山梨県市町村総合事務組合から報告のあった最新の事業費見込みで算出をしておりますことから、本市が予算計上しました金額を若干下回る見込額となっておりますので、御承知いただきたいと思います。  なお、建設事業費のほか、埋め立て期間中の管理経費や埋め立て完了後の管理経費も含めた総事業費につきましては、現時点で約127億円と見込まれており、国の交付金と特定財源を除いた市町村の実質負担額は約97億円が見込まれているものであります。  説明は以上であります。よろしくお願いします。 174: ◯大塚委員長 このことについて、清水(仁)委員、よろしいでしょうか。  清水(仁)委員。 175: ◯清水(仁)委員 こういった資料が出てきまして、平成30年度が5,800万円余、ずっと平成24年から負担金があるわけでありますけれども、その合計が甲府市の場合は約3億1,700万円、これを甲府市が負担する額と、この最終処分場を建設するにつけての建設事業というのは、これを充当するということでよろしいんでしょうか。 176: ◯大塚委員長 小田切処理課長。 177: ◯小田切処理課長 お示ししました市町村別負担金は、建設期間中の累計負担額ということになります。  以上です。 178: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 179: ◯清水(仁)委員 そうすると、まだはっきりとした金額じゃないんだけれども、これからまだこの金額が変わってくるということでいいのかな。 180: ◯大塚委員長 小田切処理課長。 181: ◯小田切処理課長 平成30年度は見込額でほぼこのような金額になると思いますけれども、建設事業の負担金、期間の累計負担額というものはこんな形になっていきます。  以上です。 182: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 183: ◯清水(仁)委員 実は私がこれを昨日の4款で聞いたというのは、恐らく甲府市の負担が多くなると思っておりました。これは搬入量の中で決めていく事業というようなことで聞いておりましたから、恐らく建設に対する最終処分場の金額はものすごく莫大な金額でありますし、その中で甲府市の負担する金額がどのくらいかということを聞いたんですね。  それをなぜ聞いたかというと、やはり甲府市が一番多くなることは重々承知しておりましたけれども、この甲府市が一番多くなるということは何が原因かというと、ごみの量が多いということですね。それに、環境部の職員の皆さん方はいろいろな角度からごみ減量に努力はしていることは認めているんだけれども、そういう努力している結果がなかなかつながってこなくて、こういった建設をするときに甲府市の負担が多くなるんじゃないかなということを、僕は見込みで感じたんですね。それで、一生懸命努力している職員の皆さん方に、さらにまたこの努力をしていきながら、ごみ減量に携わっていただきたいというような意味で質問したわけでありまして、決してこの数値的なことがどうのこうのじゃなくて、これはもう出ている予算ですから、賛成をするわけでありますけれども、一般的な中でこの負担金が甲府市は多い理由には、市民の皆様のごみの意識が高まるよう、もう少し頑張ってほしいな、こういうふうなことで聞いたわけであります。  今資料をいただきましたけれども、ちょっと金額的な数字が今出されて、最終処分場建設事業費の中に全部金額が入ったときの合計がまだ合うか合わないかわかりませんけれども、また後ほど私なりにこれ見させていただいて、常任委員会の中でまた聞いてみたいなということにさせていただきます。いずれにしましても、この数値的なことに関しまして、また勉強させていただきます。 184: ◯大塚委員長 小田切処理課長。 185: ◯小田切処理課長 少しわかりづらかったかと思います。国の交付金等特定財源を除いた市町村の実質負担額は約97億円見込まれているものでありますが、トン当たりに換算しますと、2万6,473円となりますので、本市の搬入見込量、そこの市町村別負担金の甲府市の部分を見ていただければ、搬入見込量が10万4,664トンということになります。約27億円程度が見込まれるというものであります。  以上です。 186: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 187: ◯清水(仁)委員 ありがとうございました。私本当は約97億円という中で、甲府市が50億円ぐらいいくんじゃないかなという負担を考えていたんですね。今小田切処理課長の答弁で、甲府市の負担が27億円ぐらいで済むというようなことであれば、このまましっかりと環境的な問題に取り組んでほしいと思います。  以上です。 188: ◯大塚委員長 よろしいですね。御苦労さまでした。  次に、一般会計歳出第7款商工費の審査に入ります。  当局から説明を求めます。  櫻林観光商工室長。 189: ◯櫻林観光商工室長 それでは、7款商工費につきまして御説明いたします。  平成30年度予算に関する説明書(一般会計)の112ページ、113ページをお開きください。  商工費につきましては、企画部及び市民部の所管分を含んでおりますが、一括して御説明申し上げます。  なお、各目の説明におきましては、主な節につきまして、その内容を御説明させていただきます。  7款1項1目商工総務費につきましては、職員23名に係る給与費などであります。  2目商工業振興費につきましては、説明欄記載の甲府市中小企業・小規模企業振興推進委員会委員15名に係る特別職給与費、一般管理費、商工業推進事業、融資対策事業、地場産業振興対策事業、中心市街地商業等活性化事業、産業立地等推進事業に要する経費であります。  前年比5,900万円余の減となっておりますが、21節貸付金における融資残高に係る預託金の減が主な要因であります。  13節委託料につきましては、(仮称)甲府市産業振興ビジョン策定業務、発酵食品・ジュエリークラフトイベント開催業務、産業支援サイト運用保守業務、甲府ジュエリー海外販路開拓事業、経営者・後継者育成セミナー等開催業務、「甲府のワイン」ブランド化事業プロモーション業務、南部工業団地における地盤沈下測量業務、産業立地支援情報収集業務などに要する経費であります。  19節負担金補助及び交付金につきましては、小規模企業者小口資金の利用者への信用保証料補助並びに利子補給金、地場産業や伝統産業の振興・育成を図るための各種補助金、食品展示会等出店事業補助金、リノベーションまちづくり推進委員会補助金、産業集積促進助成金などであります。  21節貸付金につきましては、甲府市中小企業振興融資制度における中小資金に係る取り扱い金融機関への預託金であります。  114ページ、115ページをお開きください。  3目観光費につきましては、説明欄記載の観光施設整備事業、観光振興事業、観光開発事業、まつり推進事業に要する経費であります。前年度比880万円余の減となっておりますが、昇仙峡天神森トイレリニューアル工事の減などが主な要因であります。  11節需用費につきましては、観光パンフレットの増刷に係る印刷製本費、甲府市総合案内所や公衆トイレの光熱水費等であります。  12節役務費につきましては、観光パンフレット発送に係る郵便料、インバウンド向けメディアへの広告料等であります。  13節委託料につきましては、観光ガイドブック特別編集業務、KOFU戦国BASARAイベントプロモーション業務、観光案内所運営業務、公衆トイレの清掃・管理業務、レンタサイクル運営業務等の委託料であります。  19節負担金補助及び交付金につきましては、着地型観光支援事業費補助金、小江戸甲府の夏祭り実行委員会補助金、甲府市観光協会補助金、やまなし観光推進機構負担金等であります。  次に、企画部の所管となります4目南北地域振興費につきまして御説明申し上げます。  この予算は、説明欄記載の南北地域振興事業、マウントピア黒平管理事業及び創作の森おびな事業に要する経費であります。前年度比3,896万円余の増となっておりますのは、主に老朽化した堂の山青少年キャンプ場をリニューアルし、地域振興施設としてオープンする創作の森おびなに係る事業費が新たに発生したことが主な要因であります。  8節報償費につきましては、南北地域おこし協力隊隊員報償費等であります。  13節委託料につきましては、創作の森おびな指定管理料、地域振興事業委託料、マウントピア黒平の指定管理料、南北地域おこし協力隊支援機関業務委託料であります。  最後に、市民部の所管となります5目消費者対策費につきまして御説明申し上げます。  この予算は、自立した消費者の育成や啓発のための経費及び計量法に基づきますはかりの定期検査などに要する経費であります。  1節報酬につきましては、消費生活相談員4名と嘱託職員1名の報酬であります。
     11節需用費につきましては、消費者啓発用品等消耗品費等であります。  116ページ、117ページをお開きください。  13節委託料につきましては、消費者問題弁護士法律相談業務、消費者安全確保地域協議会サポーター研修業務等委託料であります。  以上で、7款商工費の説明を終わります。御審査のほど、よろしくお願い申し上げます。 190: ◯大塚委員長 以上で説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ここで確認のためでありますが、この款につきまして質疑のある委員は挙手をお願いいたします。                   (要望を聴取) 191: ◯大塚委員長 わかりました。続きは午後からにしたいと思います。発言の順番は、先ほどと同じに最大会派からとさせてもらいますので、よろしくお願いいたします。  それでは、ここで暫時休憩といたします。再開は午後1時といたしますので、よろしくお願いいたします。                午前11時53分 休 憩         ─────────────・─────────────                午後 1時00分 再開議 192: ◯大塚委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。  一般会計歳出第7款商工費の質疑に入ります。  末木委員。 193: ◯末木委員 それでは、7款1項4目の創作の森おびな事業費についてお伺いいたします。  この創作の森おびな事業費4,119万1,000円の内訳をお示しください。 194: ◯大塚委員長 依田地域振興課長。 195: ◯依田地域振興課長 創作の森おびな事業費について、内訳を申し上げさせていただきます。  まず、事業費内訳の内容、施設利用に係る申請書等の事業費及び郵便料が12万円余でございます。また委託料につきましては、総額で4,102万4,000円。主な内訳としましては、施設運営に係る指定管理料が754万円余。地域振興事業委託料が3,240万円。あとは、施設周知のパンフレット等作成の60万円が主なものでございます。また最後に使用料及び賃借料につきまして、AEDの賃借料が4万6,000円。計4,119万1,000円でございます。  以上です。 196: ◯大塚委員長 末木委員。 197: ◯末木委員 委託料の中で指定管理費やポスターなど、この金額はよくわかるんですが、3,240万円の、この地域振興事業はどんなような内容なのか、お示しください。 198: ◯大塚委員長 依田地域振興課長。 199: ◯依田地域振興課長 まず、この創作の森おびなにつきましては、北部振興という一面もありますが、豊かな自然を活用する中で、創作活動や自然体験等の場を提供するということによって交流人口をふやすとともに、地域の振興に寄与するという目的で設置されたものでございます。  また施設運営に関しましては、やはり稼ぐ施設ということで、指定管理者におきましても自主事業は実施していきますが、交流人口をふやしていくためには、さまざまなプログラムコンテンツが必要だと思っております。そうしたところに、やはり一番大事なこととしては、交流人口をふやす方法になると思いますが。そうすると首都圏からの交流人口をふやすという手だてが必要ではないかと我々は考えておりまして、そのために、例えば東京圏の若年層を特にターゲットとしておりますが、その方々をこちらに、いかに寄せていくかということが大事だと思っておりまして、そのために、そのようなノウハウを持った方々といろいろな連携をしながら、新しいプログラムをつくる中で、地元だけではできないような事業をつくっていきたいと思っておりまして、それが1つの方法として考えております。  また都会から若年層を呼んでいくためには、いろいろ情報発信をしていかなければいけないということもあります。そうしたときに、まず流行の発信拠点である東京都渋谷区内のエリアですが、コミュニティラジオを中心とした「渋谷のラジオ」というハブを使いまして、そちらから、例えば甲府市のプロモーションも含めましてですけれども、市内の魅力を発信するようなことも進めていきたいと思っております。  そうしたことをすることによって、なるべく交流人口を。拠点は北部地域の創作の森おびなになりますが、甲府市に交流人口をふやしていく方法の1つの手段として、この委託料を計上させていただいておりまして、これを続けることによって稼ぐ施設にしていきたいと思っておりまして、今回計上させていただいたところでございます。  以上です。 200: ◯大塚委員長 末木委員。 201: ◯末木委員 地方創生を本市でも、いろいろな取り組みをしていただいたこと、感謝申し上げます。  この千代田地区は、本当にすばらしい自然がいっぱいあります。高低差の中の山々の美しさとか、あと昇仙峡も、昨年の秋は随分たくさんの方が見えたということで、この場所に、このようなすばらしい施設ができること、大変うれしいと思います。ぜひ稼ぐ甲府市を目指して頑張っていただきたいと思います。  1点だけ、ちょっと要望させていただいて終わらせていただきます。岡山県倉敷市は京都府に修学旅行の人気が移り観光がすごく低迷したときに、ラジオ番組、テレビ番組に一生懸命、職員の方たちが手紙を書いたり、はがきを書いたというのを伺っています。そしてPR活動をしていったと。ぜひ今回のこの交流でノウハウを覚えていただき、頑張って情報発信をしていただきたいと思います。  質問を終わらせていただきます。どうもありがとうございました。 202: ◯大塚委員長 鮫田委員。 203: ◯鮫田委員 7款1項3目観光費、小江戸甲府の夏祭りの関係ですけれども、お願いいたします。今年度2回目を行いまして、私、1年前、経済建設委員会で質問したことがあるんですけれども。ここで、この事業のメーンの事業を受けた業者さんからの報告書は出るんですかということを以前お伺いしたことがあったんですけれども。その当時は、まだなかったんですけれども、その後、報告書というのは出ているんでしょうか。  平成30年度の予算を審査するに当たって、その報告というのが大変大事なことだなと思いますので、そこをお伺いいたします。 204: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 205: ◯里吉観光課長 小江戸甲府の夏祭り開催後、受託業者から報告を受けておりまして、それをもとに私どもで全体の総括をしております。  以上です。 206: ◯大塚委員長 鮫田委員。 207: ◯鮫田委員 平成30年度の、また内容を検討するに当たって、業者さんからの報告だったり、甲府市で考えたことの中で、来年度も何か変更していくような、よりよい事業にしていくために検討していくようなことがありましたら教えていただきたいと思います。 208: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 209: ◯里吉観光課長 今年度2回目の小江戸甲府の夏祭りを実施させていただきましたが、その際にも甲府市議会議員の皆様初め、多くの皆様に御支援をいただいて、開催ができたところでございます。周知につきましても、さまざまな取り組みをしたり、口コミで広げていただいたりということで、最終的には3万1,000人を超える来場者を得ることができました。  そうした中で、初回の開催のときに、会場の一体感であるとか、時間の延長であるとか、そういった課題がございますので、そういった課題を解決すべく企画を練って、会場につきましては甲府駅北口のよっちゃばれ広場から山梨県庁の噴水広場を活用し、メーン会場の甲府城と一体感を持つような会場の設定をすることができました。また、お祭りの余韻に浸るような時間が必要だということに関しましては、時間を1時間延長しまして、最後に花火を打ち上げることで、多くの皆様に高い評価をいただいたところでございます。  来年度に向けましては、小江戸甲府の夏祭りという名前にふさわしいよう、歴史的、文化的な要素をさらに盛り込めるようにすることが1つ課題であること、またメーン会場のところの活用については、最後のメーンイベントに向けて非常に多くの皆様が来場していただいて、いっぱいになることから、そこの活用が大きな課題であると考えていまして、3回目に向けて、そういった課題を解決しながら、また多くの皆様に来場いただけるように企画を練っていきたいと考えております。 210: ◯大塚委員長 鮫田委員。 211: ◯鮫田委員 歴史、文化も盛り込んでということ。開府500年のプレ的な位置づけもあるのかなと思いますけれども。あと時間の延長、会場のさらなる一体感ですけれども、最後のメーンで混み合い過ぎるというところでしょうか。今年度におきましては、ちょうど雨も降ったりとかというのがあったのかなと思うんですけれども。最後はすごい人数だったと聞いていますですけれども。今後そういったことを検討されていくということですけれども、1時間延長されるということですけれども、中心街の活性化にとっても意味もあることになるのかなと思いますので、ぜひ中心街もよく巻き込んだ中で、また来年度も検討をしていただきたいのと、開府500年ということで、市民の方にどれだけ、その開府500年というところの賛同を得て、一緒になって開催できるかというところも非常に重要になってくるのかなと思いますので、ぜひ、そういったところを注力していっていただきたいと思います。  また、もう1点ありまして、昨年度も、イベントがすごく多くて、子ども向けのイベントなどで料金かかるのか、かからないのか、よくわからないような状況だったかなというところもありますので、市民の方にわかりやすいような情報発信を心がけていただけるようなところを気にしていただいて、検討を進めていっていただきたいと思います。この件は、これで終わります。  もう1点、7款1項5目消費者対策費、消費生活センター事業費についてです。ちょっと私びっくりしたんですけれども、予算が311万7,000円減額になっているということで、消費生活相談員さんが減ってしまうのかなということを危惧したんですけれども、そちらの減額のところについて御説明をいただきたいと思います。 212: ◯大塚委員長 輿石市民協働室長。 213: ◯輿石市民協働室長 鮫田委員の御指摘いただきました消費者対策費の予算額の減額、約311万円という大きな金額が、平成30年度マイナスで予算を計上させていただきました。この減額となった一番の大きな要因につきましては、山梨県より交付されております平成30年度の山梨県消費者行政活性化交付金の補助金の内示額が、昨年度の予算額と比較をして大きく減額になった。これも国自体が補助金のほうを見直したということで、甲府市だけではなくて一律に約2割、山梨県、2割ほどカットになっているような状況でございます。その中で必要な消費生活相談員の人件費等は確保しつつ、消耗品等を減額したというような、そんな状況でございます。 214: ◯大塚委員長 鮫田委員。 215: ◯鮫田委員 じゃあ、消費生活相談員さんの数も変わらないで、弁護士さん等に御協力いただいているところの費用等にかかわる体制は変わらないということでよろしいんでしょうか。 216: ◯大塚委員長 輿石市民協働室長。 217: ◯輿石市民協働室長 はい。消費生活相談員につきましては、平成29年度に1名増員をいたしまして、現在4名体制で相談業務に当たっております。平成30年度も4名体制を維持しながら、また困難な案件等につきましては弁護士相談、そういったものも同じように行いながら、平成30年度もする予定でございます。  予算額的には、逆に報酬は14万8,000円ほどふえておりますし、また弁護士相談の費用も、委託料で執行しておりますが、前年度と同額の予算を計上しているところでございます。 218: ◯大塚委員長 鮫田委員。 219: ◯鮫田委員 わかりました。ほっといたしました。  近年、相談の種類も件数も伸びているかと思うんですけれども、近年の状況を踏まえて来年度の見込みをお示しいただきたいと思います。 220: ◯大塚委員長 輿石市民協働室長。 221: ◯輿石市民協働室長 御指摘いただきました消費生活相談員への相談件数でございますが、平成28年度は1,428件という相談件数でございましたが、平成29年の2月末の段階で1,444件ということで、既に2月末の時点で平成28年度を上回っておりますので、平成30年度も同じようにふえていくのかなとは考えておりますが、出前講座などで予防効果や、消費者教育を進める中で、できるだけ相談件数が少なくなるように、充実した相談体制がとれるようにしていきたいとも考えております。  以上でございます。 222: ◯大塚委員長 鮫田委員。 223: ◯鮫田委員 本当に、この件数がふえるだけでもなんですけれども、種類もインターネットの関係など、さまざまな課題もふえていくと思いますので、同じ予算規模ですけれども、予防というところに力を入れていく。また、その次の年に向けて活動として、体制の強化を、ぜひ平成30年度で検討していっていただきたいということと、個人情報というところがしっかり守れるような体制ですね。今、本当に、ほかの部署と一緒のところにあるような状況と、あとは別室であっても狭い、窓もないような過酷な状況のような感じも受けますので、そういったところも強化を検討していっていただきたいと思います。  以上です。ありがとうございます。 224: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 225: ◯清水(仁)委員 7款1項3目の観光費のところで2点ほどお聞きしますけれども。新年度の中で、甲府大好きまつりという言葉がなかなか出てこなく、また文言としても載っていないし、その甲府大好きまつりは、この観光課のまつり推進事業の中で、どんな位置づけをされていますか。 226: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 227: ◯里吉観光課長 甲府大好きまつりにつきましては、まつり推進事業の中で、19節の負担金補助及び交付金の中で、700万円の甲府大好きまつり実行委員会への補助を計上しているところでございます。 228: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 229: ◯清水(仁)委員 これ、前からも言っておりますけれども、この甲府大好きまつりは、基本的に中心市街地活性化という目的の中で行っていることだと思いますけれども、目的と手段というところが、ちょっと違っているんじゃないかなと思いまして。また来年度は、その甲府大好きまつりは、どこで開催するか教えていただけますか。 230: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 231: ◯里吉観光課長 去る2月に甲府大好きまつり実行委員会の総会を開催しまして、そこで来年度も10月に小瀬スポーツ公園で開催する方向性を確認いただいたところでございます。 232: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 233: ◯清水(仁)委員 今、僕が言った目的ということと手段ということでありますと、小瀬スポーツ公園での開催が中心市街地活性化に当てはまるのか、当てはまらないのか。その辺の見解は、どのようなお思いでしょうか。 234: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 235: ◯里吉観光課長 昨年、小瀬スポーツ公園で開催をして2回目になりますが、それ以前につきましては、この市役所周辺、城東通り周辺で行っておりましたので、祭りの開催の効果を中心市街地のほうに波及できるように、私どもも努めてまいりました。祭りのコンセプトが市民祭りということで、平成27年に検討委員会で、開府500年に向けて魅力的な甲府大好きまつりにしていくという検討の中で、秋の開催、また甲府大好きまつりを広く、さまざまな世代の方が楽しめるイベントとして、小瀬スポーツ公園での開催を検討し、総会に諮って2回小瀬スポーツ公園で開催をさせていただいたところでございます。 236: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 237: ◯清水(仁)委員 市民祭りがコンセプトということでありますけれども、来年度が、たしか平成元年から始まったから、30回目を迎えると思いますね。私どもは30回を迎えるに当たって、大好きまつりをもっと検討された中で、新年度予算の中に組み込んでくるのかなという思いがあったんだけど、今の答弁を聞きますと全く、この言葉がいいかどうかわからないんだけれども、期待外れの甲府大好きまつりが実行的に行われるということで、先ほどから言っている目的と手段が全く違うという方向性でありますから。今、里吉観光課長の答弁が、そういう答弁でありましたから、既に決定しているという状況でありますよね。2月に決定されたということで、小瀬スポーツ公園はもう変えることできないと思いますけれども、できるのであれば大幅な、この甲府大好きまつりの全ての企画等々を変えていかれるような考えを持ってもらいたい。これ要望でなくて、持ってもらいたいということを強くお願いをさせていただきます。  この件については、後ほどまた金丸委員のほうで話があると思いますけれども。じゃあ、甲府大好きまつりはわかりました。30回目を迎えるけれども、今までどおりと同じ形で実施するということですね。  じゃあ次に、今、小江戸甲府の夏祭りの話が鮫田委員からありましたけれども、小江戸甲府の夏祭りが、これ、すごく好評ということで、この小江戸甲府の夏祭りと甲府大好きまつりをコラボした中でのお祭りというのは考えていくことは、もう新年度の予算の中ではできないと考えていいんですね。 238: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 239: ◯里吉観光課長 これまでも経済建設委員会などで、小江戸甲府の夏祭りと甲府大好きまつりを一体にした祭りができないかというような御提案をいただいたところでございます。私ども観光課としましても、市民祭りとしての甲府大好きまつりの市民参加の要素を小江戸甲府の夏祭りに入れられないかなどを検討した経過もございます。私どもが小江戸甲府の夏祭りを、山の日を中心に、県外から人を呼べるというコンセプトで行っており、夜がメーンのお祭りでありますので、夜は周辺で、例えば市民参加の要素を入れて踊りをするとかではなくて、メーン会場のほうに集客をしていきたいと考えております。  また、平成27年度に行いました甲府大好きまつり検討委員会の中でも、開催の時期につきましては、夏の果物等の繁忙期ではなく、秋にという経過がございましたので、そういったことを踏まえますと、すぐに甲府大好きまつりと小江戸甲府の夏祭りを一体にするというところは、平成30年度に向けては考えておりませんで、開府500年に向けて、どういう形がいいのか、また検討していきたいと考えております。 240: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 241: ◯清水(仁)委員 今回そういうわけにはいかないと思いますから、次に向けて、そういった考え方を、ぜひ実践をされていかれるような努力をしてほしいと思います。  今、答弁の中に、小江戸甲府の夏祭り、県外という言葉が2回ほど入りました。この小江戸甲府の夏祭りで、この予算に対して質問したのは、来年度のこの予算だと小江戸甲府の夏祭りはちょっと無理かもしれないけれども、今、里吉観光課長の答弁で県外ということであれば、この小江戸甲府の夏祭りというものは、今言われた県外を中心にやって、そして時間外を、先ほど鮫田委員の答弁でありましたけれども、時間外も考えていくということでありますから、これを、もし小江戸甲府の夏祭りを甲府大好きまつりとコラボして、1日一晩でなくて、甲府市の大きなイベントの最大イベントとして、信玄公祭り以上のお祭りにするには、2日間ぐらいを開催する予定の、ほかにないぐらいの甲府市としてのお祭りにしていくべきだと思いますけれども。これは、そういうふうにしたいという思いだけなんですが、そんな私の思いに対して、何か見解的に、もし答弁があれば、お願いしたいんですけれども。 242: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 243: ◯里吉観光課長 初年度開催したときは1万8,000人を超える人。それを2万人の目標にしまして、今年度につきましては3万1,000人を超える方に来場いただきました。来年度につきましても、さらに多くの来場者を得るためには、内容についても充実をしていきたいですし、今後につきましても拡大ができるような企画を実施できるよう、念頭に置きながら検討してまいりたいと考えております。 244: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 245: ◯清水(仁)委員 わかりました。1万3,000人ぐらい多くふえているということでありまして、また県外の観光客も来られるような体制。私、先ほど言った、甲府市の大きなお祭りの1つに組み込んで、できれば2日間ぐらいを開催するようなお祭りで考えてほしいと思います。  じゃあ、この問題は終わりまして、もう1点、また観光課に最後の質問ですけれども、観光課として昇仙峡の観光というものは、どんなふうに、新年度予算の中で計上してあるのか。済みません、どんなふうなことをするのか。そのことが、もしわかりましたら、お示しください。 246: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 247: ◯里吉観光課長 昇仙峡につきましては、渓谷美日本一という称号を得ているように、甲府市にとっても重要な観光資源であります。そういった中で、昇仙峡の単独の予算ではございませんが、新たに観光ガイドブックの特別編集を600万円計上しておりますが、その中でも昇仙峡をPRするとともに、昇仙峡の広域周遊ルートで、昇仙峡と湯村温泉を位置づけて、海外からのインバウンドを呼べるような事業を実施しうる、関東観光広域連携事業推進協議会の負担金60万円。また昨年、着地型観光支援事業補助金ということで、昇仙峡魅力づくり協議会が申請をしまして、昇仙峡のアクティビティーということを実施されました。新年度につきましても申請し、審査を経た上でということになりますけれども、そういった補助金も計上しているところでございます。  それ以外につきましては、昇仙峡にあります観光のトイレの維持管理費などが計上してあるところでございます。また、それらに入りませんけれども、さまざまな県外へのキャンペーン、そういったところでも、昇仙峡もPRできるように努めていきたいと考えております。 248: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 249: ◯清水(仁)委員 湯村温泉との提携ということも一番重要な要素になってくると思います。現に湯村温泉も以前と違いまして、大分、組合員の皆さん方の力の入れようが、ちょっと今までと違った中でありますから、そこで協力体制をとりながら、本当に魅力のある昇仙峡を再度盛り返すような形の観光課としての取り組みをしていただきたいと思います。いろいろな関東地方の広域とかから広げていると思うんですけれども、さらにさらに昇仙峡を広めていく努力をしてほしいと思います。  それには我々甲府市議会議員たちも、それに準じてしていかなければならないことは重々承知しておりますから、一生懸命お互いに努力していく、昇仙峡の魅力をつかんでいきたいなと思っております。そしてまた、先ほど話がありました創作の森おびなですかね。これもできることでありますから、それともコラボした中での昇仙峡というものを、もっともっとPRしていっていただけたら大変ありがたいなと思っています。そんなような考え方で、ぜひ進めてほしいと思います。
     以上です。 250: ◯大塚委員長 天野委員。 251: ◯天野委員 私も1項4目の南北地域振興費の中の創作の森おびなということで、さっき末木委員が質問してくれたので、違う点で質問させていただきます。事業費内訳、事業内容は確認させていただきました。目的も確認させていただきました。交流人口の増加ということがメーンの目的だと思いますが、年間どれぐらいの利用者数を見込んでいるか、お聞かせください。 252: ◯大塚委員長 依田地域振興課長。 253: ◯依田地域振興課長 目標値という、交流人口何人という数字は持ち合わせておりませんが、こちらの施設を使っていく中で、先日の総務委員会でも答弁させていただいたんですが、やはり10%程度、まず稼働率を上げていくということを考えております。その中で事業、先ほど答弁した交流人口とか、そういう方々の事業自体にも収入が出てきますので、そういうものも狙っていきますが、その人数というのは、定かなものはないですが、稼働率として、その程度を見込んでおります。  以上です。 254: ◯大塚委員長 天野委員。 255: ◯天野委員 了解しました。以前は甲府市堂の山青少年キャンプ場ということで、私も子どもクラブで利用したことがありまして、以前は青少年係が窓口でしたが、今度は、じゃあ地域振興課が窓口になるということで、ここ、市内の子どもクラブやボーイスカウト等の団体も使えるということでよろしいでしょうか。何か名称が創作の森って、敷居が高いような気がして、申し込みづらいかなと思うんですけれども、その辺はいかがですか。 256: ◯大塚委員長 依田地域振興課長。 257: ◯依田地域振興課長 天野委員御心配されるかもしれませんが、それよりももっと広く。今までは青少年に限られたものが、もっと広くなるということですので、その辺は御心配いただかなくて大丈夫でございます。  以上です。 258: ◯大塚委員長 天野委員。 259: ◯天野委員 はい、承知しました。  この事業を通して、交流人口の増加とか人材育成、また北部地域の振興に、さらには移住・定住につながるようなことを期待しております。毎年、夏休みになると、甲府市の子どもクラブのキャンプというのがありまして、大体60名ぐらいが参加しておりまして、ここ数年、甲府市堂の山青少年キャンプ場の老朽化ということで、山梨立県民の森、山梨県立武田の杜を使っているんですけれども、ぜひ、そちらにも声をかけていただいて、新しい施設ができるから使ってくださいということの声かけをぜひお願いしたいと思います。すばらしい施設ができると思いますので、しっかり周知を行って、多くの市民、県民じゃなくて、県外の皆さんが、ここを使っていただけるように要望しまして終わりたいと思います。ありがとうございました。 260: ◯大塚委員長 金丸委員。 261: ◯金丸委員 それでは、7款商工費1項商工費2目商工業振興費と3目観光費についてのみ質問をさせていただきます。  質問を始める前に、皆さんも、それぞれ担当という立場、私も予算特別委員会の委員という立場で質問をさせていただきたいと思いますので、個人的には何の問題もございませんので、お許しをいただきたいと思います。  それでは、最初に、順番逆になりますが、3目観光費から参りたいと思います。先ほど我が政策集団、創政こうふの清水(仁)委員からも質問がありましたけれども、今回もお祭りのことでございます。お祭り。夏祭りじゃないですよ。市民祭りですね。今まで、このことについては、もう担当課の皆さんと担当課長とは、本当にいろいろな機会に、この2年間にわたってディスカッションをさせていただきました。しかし、ことしも、この平成30年度に向けての予算に関する説明書の中には、まつり推進事業費3,280万円がありますが、この中に含まれてしまっているだろうということですね。  それで、もう具体的な数字言ってもしようがないから言いますけれども、私が最初に聞きたいことは、先ほど清水(仁)委員も十分触れてくれたんだけれども、こういった議員や委員が、本会議や委員会で言ったことは、全くと言っていいぐらい、予算編成というか、その前に予算をヒアリングするときに、その前の段階で、部課内と言ったらいいかな、部内、室内、あるいは課内で、しっかり検討されて、こういう予算を編成してきたのかどうか。まず、そこを1点お聞かせいただきたいと思います。 262: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 263: ◯里吉観光課長 金丸委員からも、これまで経済建設委員会におきまして、甲府大好きまつりの所管について、応援も含めて厳しい意見をいただいてきております。そういった意見を部内でもしっかりと受けとめて、どういう形でやっていくのか協議をしました。そして、市民祭りという位置づけのもと、市民部とも協議をしましたし、組織として仕事の割り振りを決める人事課にも投げかけてきたところでございます。そういった中で、市民部におきましては、平成30年度において、私どもの置かれた状況や、金丸委員からいただいた意見、そういったものも理解はしていただいているところでございます。しかしながら、平成30年度以降に向けて新たな事業があるということで、甲府大好きまつりをそのままの体制で受けることは難しいという協議がされました。しかしながら、継続して協議をしていくということになっております。  人事課におきましては、例えば、その甲府大好きまつりという業務を移したときに、観光課も今の状況で、これまでも指摘いただいたように、やるべきことがたくさんございますので、そういったものをやっていくための人員として、人員が減になってしまうのは難しいと。観光課は減らないけれども、例えば市民部のほうで人をふやすという面では、事務効率的にも組織配置しても難しいという御意見をいただいております。  そうしたことから、現状も7款のほうで甲府大好きまつりの補助金を700万円計上したところでございます。  以上でございます。 264: ◯大塚委員長 金丸委員。 265: ◯金丸委員 担当課長として努力したことは十分伝わってまいります。しかし、我が市の商工費の、この3目の観光費の中に入れたということについて、私は正直なところ、全く納得ができていない。そうやって担当課が努力したという経緯を今聞いても、今回、この質問をするについて、いろいろな資料を見せてもらって、予算書と一緒に出てきた平成29年度定期監査・行政監査報告書、ここの40ページ。皆さん持っていますかね。これ読むのも面倒くさいから、これを見ながら説明したほうがいいんだけど。これは今回一緒にもらったものですよね。それを準備している間に。  去年の平成29年3月定例会でも、どなたかの質問に答えて、当時の産業部長が観光政策という中で、小澤(浩)議員の観光政策にかかわる質問の中で、お祭りについては春の信玄公祭りと小江戸甲府の夏祭りの話はしたけれども、全く、この甲府大好きまつりには触れていなかったということを指摘したことが過去にもあるけれども、また同じことが繰り返されて、この40ページ。今、みんな見ていますか。ここにも書いてあるとおり、まつり推進事業については、信玄公祭りにおいて何がし、小江戸甲府の夏祭りについて何がしと。どこにも甲府大好きまつりのことは触れられていないということは、観光課そのものが、先ほどの経過を聞いているからだけど、これに対して、もうやる必要もないというふうに僕は理解をしてしまうんだけど。それはなぜ、そうやったにもかかわらず、結果として、予算編成のときに考慮されなかったのか。これ櫻林観光商工室長、何か答弁ありますか。 266: ◯大塚委員長 櫻林観光商工室長。 267: ◯櫻林観光商工室長 ただいまの金丸委員の御指摘のとおり、ここには甲府大好きまつりの掲載はございません。私も今のセクションについてからですが、やはり過去の議事録等見る中で、甲府大好きまつりのあり方自体は検討していかなければいけないということは十分承知しております。これまでも、里吉観光課長も含め、産業部内でも甲府大好きまつりのあり方について検討してまいりました。それから、先ほど里吉観光課長が申し上げましたように、産業部ばかりでなく、庁内の総務セクション、市民セクション、そういったところとも今、協議をしているところでございます。ただ、まだ合意形成に至っていないというか、庁内ばかりでなく市民の皆様にも合意形成をしていく必要があるかと思います。そういったところで、まだ継続して庁内で審議をしているという状況でございまして、ここには掲載はございませんが、甲府大好きまつりについて観光課で、あえて掲載していないというわけではございませんが、今、庁内でも、そういった継続的に祭りのあり方自体を考えている最中ということで御理解いただきたいと思います。 268: ◯大塚委員長 金丸委員。 269: ◯金丸委員 私はどうしても、やっぱり納得できないんですよ。だから、本来なら、これは保留にさせちゃって、そしてなおかつ、地方自治法によって予算の組みかえ、あるいは増額ということができますから、議会では、議員はね。したいところなんですよ。今、まだ継続という言葉が出てきたんだけど、上司の最大責任者の小林産業部長、ちょっといいですか。部長に、いわゆる庁議というか、庁内連絡会議があったりするのか、私にはわからないけれども、そうした中で、真剣にこれを議論してくださいましたか、この問題について。あるいは俎上に上げてくれましたか。この甲府大好きまつりのあり方について。産業部長として。 270: ◯大塚委員長 小林産業部長。 271: ◯小林産業部長 このあり方について、今、里吉課長、櫻林観光商工室長が申したとおりでありまして、市民部との協議の中で、塚原市民部長も一緒になって入って協議をしております。今現在において、冒頭、里吉観光課長申しましたが、受けられる部署がないというのが一番大きなネックでございまして、そのノウハウがずっと観光課で所管していたと。祭り自体の性格といいますか、も変わってきていることは、るる説明してきておりますが、現在、要は丸投げでやれればいいんですけれども、経費を非常に安く抑えて運営をするために職員が扱っていますと。ですから、今できることは、要はノウハウを、それを継承することができないのであれば、それは業者に、これは今からの財政協議もあるんですけれども、経費がかなりの負担になってしまうんですが、そういったことで、それも少しずつアウトソーシングしながら観光課の負担を減らしていくことも1個の方策だろうということと、やはり祭りが、市長もよく、春の信玄公祭りから、小江戸甲府の夏祭りから、市民祭り、甲府大好きまつりということの中で、お祭り自体が非常に認知度が高まってきていることは、また事実です。小瀬スポーツ公園に移っても、多くの市民の方が来ていただいていますと。そういった中で、甲府市農林業まつりと一緒にすることで、また相乗効果が生まれてきていることも事実です。  ですから、この祭りを、どんなふうな形で持っていくのか。それはもちろん本市としても考えなきゃならんと思いますけれども、そういったことも踏まえて、今ここですぐ、どこがということが、まだ結論が出ない状況でありますので、また継続的に関係部と協議をしていきたいと考えております。  以上です。 272: ◯大塚委員長 金丸委員。 273: ◯金丸委員 私の感覚からすると、今の答弁は全く詭弁としか言いようがない。鋭い言い方だけど、厳しい言い方だけれども。ノウハウがないからできないとか、あるいは丸投げ云々という答弁があったけれども、現実に我が市の甲府大好きまつりが、平成元年の最初から私はかかわっていましたから。その前の昭和50年代の終わりの市民部じゃなくて社会部が当時やった、初めて市民祭りをやったときからの歴史的な経過も、私はかかわっている団体にいたから、よくわかっているんですよ。最初は、言うなれば社会部というところがあって、当時、一生懸命手づくりでやったんだと。それが、こういう形で現在は産業部の観光課に来ているんだと。だから、ノウハウなんてものは、僕に言わせれば、どこにだって、最初はどこもないわけ。でも現に、歴史的から言ったらば、その前に社会部なりがスタートした事実があるわけじゃないですか。  それからもう1個、丸投げ云々とさっきおっしゃったけれども、夏の小江戸甲府の夏祭りをやったときに、最初、やっぱり何のノウハウもなかったじゃないですか。まだ2年前の話でしょう。それだって、ちゃんと業者を入れて、丸投げとは言わないけれども、広告代理店みたいなものを入れて、やったじゃないですか。そうじゃなかったですか。ノウハウ持っていましたか、その当時。持っていないですよね、誰も。だから、そんなことを言うんだったら、私とすれば、はっきり言って、この特別委員会なり本市議会を本当にばかにしているんだなという思いしか、私には思えない。  だから、最初にこう言ったでしょう。皆さんも立場、僕も立場で話すんだと。だけど、こういうせっかく議論をしてもちっとも要は本市議会の声を聞かないで、数も今言ったように、本当に去年の、甲府大好きまつりの終盤、ビートtoビートやっているとき盛り上がっていましたか、あの雨の中で。確かに甲府市農林業まつりの朝は盛り上がったと私も思いましたよ。だけど、数だって、とてもじゃないけれども、これが盛り上がりなんて、皆さんがお得意のにぎわいの創出なんてことは、僕は本当にあったかどうか。むしろ、何かの席でも言ったんだけど、涙が出てくるぐらいかわいそうだったと、あの寒い中で。ほとんどの中心街の商店の人たちが今、何も言わないから、商店街、中心街の活性化なんていうことともかかわりがないようにしてしまっているし、観光客が思ったほど来たなんてことも思えないし。だから、明らかにそこで、今の皆さんと僕との見解は、もう違っているんだなと思うわけです。  だけど私は、まだ、あくまでも予算審査だから。だから、先ほどどなたか言った継続で、まだ考えているというところに一縷の望みを持って、予算に対して反対もしなきゃ、きょう、こんなもの保留だとも言わないし反対もしない。組みかえ動議も出すわけじゃないし。だけども、やっぱりこういうところでそれぞれの議員が言ったことをしっかり考えながら、担当部としていかなければ、私は何のためにいつも言うように委員会があったり議会があったり。議員なんか要らないじゃないかと。議員が本当に何騒いでいるんだ程度ぐらいしか思っていないんだったらば、私は、それは違うと思うんですよ。だから、ぜひそういったことを考えながら、やっぱり物事を進めていただきたいと私は強く思いますが、私が言っていることは間違いでしょうかね、小林産業部長。 274: ◯大塚委員長 小林産業部長。 275: ◯小林産業部長 改めまして、昨年度来、継続で協議をする場が設けられておりますので、本委員会の意見も踏まえて、精力的に協議をしてまいりたいと思っております。  以上です。 276: ◯大塚委員長 金丸委員。 277: ◯金丸委員 じゃあ、とにかく今の小林産業部長の答弁を私も信じますから、ぜひ引き続き、多くの市民が納得できたり、ここにいる議員が納得できたり、議会が納得できたりすることを期待して、この質問を終わります。  続いて、今度は戻って7款1項商工費2目商工業振興費。  ここも、今までさんざん議論してきたところでございまして、特に中心市街地を中心としたもろもろの補助金とかというものについて、議論を何年もしてきたつもりでいます。費用対効果から言ったらば、きょうは具体的に数字を出しませんけれども本当に効果があったのか。この私が参画した二十数年の間に、毎年毎年、本当に多くの予算を投じてきたのにもかかわらず、人口はどんどん減少する、それから中心街の人通りも減る。少なくとも我が市の中心街が活性化したとはとても思えない。これが今皆さんの恐らく現実だと思っています。  そうした中で、来年度も、ここに予算として、中心市街地商業等活性化事業費2,200万円というものは載っております。最初に、この中心市街地商業等活性化推進事業2,200万円の内訳の主なものを再度説明していただきたいと思います。 278: ◯大塚委員長 櫻林観光商工室長。 279: ◯櫻林観光商工室長 中心市街地商業等活性化事業費2,233万5,000円の主なものでございますが、平成28年度から重点的に取り組んでおりますリノベーションまちづくり関係の予算が主なものとなります。甲府リノベーションまちづくり事業推進委員会補助金が、平成30年度は80万円となっております。前年が600万円でしたので、大幅に減っているんですが、平成28年度から甲府リノベーションまちづくり事業に取り組みまして、当時、甲府リノベーションまちづくり構想を策定いたしました。その年にスクールを開催いたしました。今年度もスクールを開催いたしました。スクールは2年間続けて開催してまいりましたが、平成30年度につきましては、このスクールを見直しまして、より実事業化を図るためには、今、甲府リノベーションまちづくり事業推進委員会ですとか、甲府リノベーションまちづくり構想策定委員会ですとか、その知り合いの方々ですとか、個別にリノベーション物件をつくってやっているという状況が出てきています。ある一角に集中的にリノベーションが進んでいたりとか、ぽつんぽつんと、その推進委員会のもの、あるいは知り合いの方がマスターリースするような形で進めるとか、幾つか、そういった新たな動きが見られているところがございます。そういったものを、より加速させていくほうがいいのではないかということで、スクールの開催を見送ることとし、例えばLLCまちづくり甲府と連携しまして、空き物件見学会みたいなものをやっていますが、それをやることで実際にリノベーションに結びついているというケースが、これまでも何件か出てきております。そういったところで、リノベーションのやり方を見直す中で実事業化を図っていきたいということで、そこは大きく事業費が変更になったところでございます。  それから、小グループ自主的取組支援事業というものがございます。まちゼミの開催ですとか、まちの方々の自主的な動きに対しまして補助する制度になっています。まちゼミに限らず、幾つか提案されて、外部の方もいる中での審査会を通してやっていくものになっています。そういったところに小グループ自主的取組支援事業に500万円ほど計上しております。あとは空き店舗活用事業の補助金が、こちらも600万円ほど計上しております。  そういったところが主な事業費になっております。 280: ◯大塚委員長 金丸委員。 281: ◯金丸委員 具体的なことを今お聞かせいただきまして、本当にそれで中心市街地が活性化するのかな、あるいは人もたくさん集まって、にぎわいが創出できるのかな。私は大変疑問に思うわけです。今さら、この理由は言わないけれどもね。こういうことをしても、要は、そのときのイベント的なものは、決して失敗とは私も言わない。それから、それにかかわった人たち、その人たちの自己満足、これも否定もしない。だけど、市民の税金を使う以上は、それが特定のグループや特定の人だけじゃなくて、本当に市民のためになるようなことであるならば、私も何も言わない。確かにリノベーションといって、中心街のリノベーションしようとかいって、あるいは我が市が、要すれば、最初にお手伝いしたアンテナショップ的なものが、今や共同経営らしいけれども、お店をつくった方たちもいるということも十分承知している。  だけども、果たして、そういったことをしてきても、もう1回繰り返すと、我が市の人口がふえたとか、中心街のにぎわいが戻ったとか、そんなこと、全くと言っていいぐらい、誰も、こうなりましたなんて、はっきり言える人はいないと思うんですね。  私は、みずからが事業を小さいながらも経営しているし、比較的に中心街に夜いることが多いから、肌でわかると自分では思っているんだけれども。要は、ああ、また予算を使うために、また何かやってるわなという程度にしか、私には思えない。  だから、皆さん口に出さないけれども、本当に、この商工業振興費の中で、中心市街地商業等活性化事業や、そういったものが効果を生んでいるか、さっき言った費用対効果はできているのか、リノベーションできたのかといったら、私は違うと思っているんですよ。だから、立場立場で言うわけですね。  だから、そういったことを、もう思い切って整理というか、なくしちゃうぐらいのことを考えてもいいと思っているんですね。だから、そこにいる櫻林観光商工室長さんの立場、あるいは担当課長さんの立場だったら、これはもう何かしなきゃいけないことは十分承知しているんですよ。さっきの里吉観光課長さんの苦しい答弁と一緒ですよ。  だから、そういったことを目に見える形で事業の成果が生まれるならば、あらゆるものをスクラップ・アンド・ビルドしていけばいいんだろうけれども、そうでないなら、私は、もう本当にこの辺について真剣に考えたほうがいいと思っています。  だから、先日も、ある、一部上場企業と言ったほうがいいな。もっと具体的に言いましょうね。20年ぐらい前まで、株式会社くろがねやの社長までなった久田宗弘さんという人が、DCMホールディングス株式会社という会社の社長になられて、何年かぶりかに甲府市に来られて、その方に僕が直接聞かせてもらった。今からもう、言うなれば、地方都市における商業の集積なんてことは、とても難しくて、地方デパートから、まずどんどん淘汰されていくでしょうと。うちのような会社でさえも、やっと最近、株式会社ケーヨーを吸収して、その前に株式会社くろがねやさんを吸収して、みんなグループ会社になっているんだけど、6社で、やっとホームセンターの20%ちょっとを押さえることができたから、やっと息がついたといって、久々に山梨県に来たというところから始まったんだけど。  いずれにしても、そういう上場企業でさえも非常に厳しい中において、この地方都市の限られた地域を、どうすれば活性化できるかなんていうことは、どんどん人口がふえているところでは別ですよ、あり得ない。だから、とにかく、せっかく観光商工室長さんでいるのであれば、やはり本当に思い切った。思い切ったと言うと自画自賛になるからあれなんだけど、夜に特化しろとか、そんなふうな形で物事を考えていったほうが、私はいいと思っています。  そして今回、中心市街地に新しく官民一体でつくりましたマンション、デュオヒルズ甲府というのが、もうすぐ居住開始になると思うんだけれども。恐らく、それには全然、今回の予算は関係ないからいいんだけれども。果たして、そんなものができても、本当に春日通りが人であふれんばかりになるなんてことは、誰も思っていないと思うんですよ。  そういう意味で、ぜひ平成30年度中に、同じポジションにいるかどうかは別にして、やはり、しっかりと観光商工室内で、このことを検討して、いろいろなことを考えたほうがいいと思うのですが、いかがでしょうか。 282: ◯大塚委員長 櫻林観光商工室長。 283: ◯櫻林観光商工室長 いろいろ御指摘ありがとうございます。中心市街地の商業の活性化という事業ということで進めておるところでございます。やはり甲府の中心市街地、これまでも空き店舗調査等を行う中で、業種の転換が大分進んできております。金丸委員がおっしゃるとおり、夜のまちというか、夜の飲食店が非常にふえています。特に岡島百貨店の以南のほうですと、83%が飲食店で、夜のお店というような形にもなってきています。なかなか物販で今やっていくのは非常に厳しい状況なのかなという感じもします。ただ、空き店舗の活用事業等によって、昼間あける店舗も実際出てきております。そういったものが少しずつ少しずつ入ってくることで、空き店舗の数も167軒ぐらいまで落ちてきています。かつて250軒とか、280軒とか、大分あった空き店舗が、160軒台まで落ちてきています。そういったことで、今度は入る店舗を探していくのが、かえって難しいのかなと。甲府駅前から市役所にかけては、ほとんどの店舗が、1階の路面店なんかは新しくされたりとか、飲食店が大分ふえてきている状況です。サービス系の業種はなくなってきている状況です。ただ、こういった飲食がふえることで、人のにぎわいが、ぜひ戻ってきていただければと考えております。  甲府の中心市街地、これから人口減少が危惧される中にあって、やはりコンパクトなまちづくりというものは、どうしても行政運営の中でやっていかなければいけないのではないかとも考えております。そういったところで、ここの中心を何とか守っていく必要があるのかなとも考えております。そんなことで、商業等活性化事業に取り組んでいければと考えております。  以上です。 284: ◯大塚委員長 金丸委員。 285: ◯金丸委員 先ほど来、3目の観光費と2目の商工業振興費に質問させていただきました。いずれにしても立場ですから皆さんも。僕も立場ですから、お話ししてきましたけれども、ぜひ持てる力を最大限発揮して、しっかりと、それなりの成果を残して、早く昇進して、他部署で、活躍されることを強くお願いして、質問を終わります。  以上です。 286: ◯大塚委員長 兵道委員。 287: ◯兵道委員 それでは、商工業の振興と、あと観光についてということで、お聞きをしていきたいと思います。最初に商工業振興についてでございますけれども。市長の所信表明にもございましたけれども、私は総括質問の中で、甲府市へ帰ってきたくても、なかなかいい企業が見つからないとか、そんな声も聞くと。果たして、そうなんだろうかと。先ほどの労働費の部分で、若者に対する地場産業の魅力を伝えるとか、市内企業にはこんなものがあるよというような取り組みをされているということを伺って、じゃあ一方の企業関係はどうなのかということで、ちょっと進めていきたいなと思いますが。  最初に企業誘致ですね。市長の所信表明で「本市に立地を希望する企業への情報提供を行うとともに、甲府市産業活性化支援条例などの支援策を有効に活用することにより、活力ある産業集積の促進や雇用機会の拡大に努めてまいります」ということを述べられておりますが、企業誘致の現状、それからそれを踏まえて平成30年度、どんなような方針で取り組みを進めるのかということをお聞きしたいと思います。 288: ◯大塚委員長 土橋産業立地課長。 289: ◯土橋産業立地課長 初めに、企業立地の現状について述べさせていただきます。今年度、企業立地に関する相談につきましては、延べで33件の相談がありました。昨年度は35件でありました。結果という言い方が正しいかどうかわかりませんが、今年度、甲府市産業集積促進助成金交付要綱に基づく立地事業等の認定を1件、甲府市産業活性化支援条例に関する事業認定を1件行いました。また、この2年間の相談企業のうち、まだこの支援条例等の活用には至っておりませんけれども、新たな事業用地を取得した企業が2社、オフィスビルの一角を賃借した企業が1社あります。  以上であります。 290: ◯大塚委員長 兵道委員。 291: ◯兵道委員 着々と企業誘致も実績を上げているということで、少しでも多くの企業が、この甲府市に、土橋産業立地課長さんの呼びかけに応じてやってくるということと、平成30年度も、どんどん期待をしていきたいなと思っております。  また、今定例会本会議の中でも、いずれ国のものづくり補助金を活用して設備投資を行った企業に対するいろいろな支援策、これからも用意をされるということで、圧倒的に数が多い中小企業の方々、いかにして甲府市でどんどん、どんどん、こうした中小企業が発展していかなければならないのかということを考えたときに、必要な支援策を甲府市としても、あらゆる手だてを講じてやっていくべきだということで、1つは市外から企業を引っ張ってくるということと、あと2番目にお聞きしたいのが融資の事業でございますね。その中でも市内で創業する、起業する方々への融資等についてもメニューがあると思っておりますが、現状、こうした創業支援に対する実績、それと今後の見通しについて、お伺いをしたいと思います。 292: ◯大塚委員長 櫻林観光商工室長。 293: ◯櫻林観光商工室長 平成29年度にそれまでの中小企業従業員独立開業資金というものを見直しまして、創業支援資金というものを創設させていただきました。認定特定創業支援事業のセミナー等を受けた方につきましては利子補給するような制度になっているんですが、残念ながら、まだ今年度は2件ということで、まだ件数的には少ない状況でございます。  ただ、平成30年度に向けてでございますが、この創業支援資金も、やはり周知が必要だなということもございますので、金融機関の支店全部をめぐるような形で宣伝をさせていただいたんですが、金融機関独自に、また創業系のプロパー融資みたいなものを持っていたりするので、なかなか本市の制度融資の紹介ができていないのかなというところもございましたが、利子補給という制度がございますので、そういったところをぜひ活用していただきたいということで、平成30年度、さらに金融機関に対しまして周知をして、より創業支援資金の借りる方ができてくるような形で進めていきたいと考えております。  以上です。 294: ◯大塚委員長 兵道委員。 295: ◯兵道委員 結構、利子補給等もあるということになれば、非常にメリットのある有利な制度だと思っておりますので、今御説明あったとおり、周知が、まだまだ途上段階だということでございますので、ぜひとも、これからの景気動向眺めた場合に、そうしたいろいろな有利な制度を活用しながら事業を興したり、あるいは拡大したりという動きが甲府市においてどんどん、どんどん出てくれば、甲府市ももっともっと若者にとって魅力のある働く場所があるよということにつながると信じております。  そうして生まれたことを今度、的確に若い人たちに情報提供して、つなげてマッチングをしていくということを考えれば、これから、ある程度希望が持てる甲府市の商工業施策になるかなと思っておりますので、ぜひとも現状の制度、よりよい制度になりますように御努力をいただくとともに、しっかりと世間にお伝えをして、1人でも多くの方が、起業者の方が、この制度を利用すると。それによって甲府市の中小企業の底上げを図っていっていただきたいと、このように希望をいたしまして、状況はわかりましたので、しっかり平成30年度取り組んでいただきたいということをお願いしたいと思います。  もう1点、商工業の関係ですね。新年度の新規事業で、食品展示会等出展事業費補助金ということで100万円予定をされていると。内容を見ますと、市場開拓や販路拡大を図ることを目的とした食品展示会等への出展経費に対する補助金ということで、市長の所信表明の中にも、市内中小企業の市場開拓に対する支援を行うなど「稼ぐ・稼げる」まちを推進してまいるということの1つの政策として、この新年度の補助金が新規に盛り込まれたと思いますが、その内容やどういう方法をとるのかといった概要について、お示しいただきたいと思います。 296: ◯大塚委員長 櫻林観光商工室長。 297: ◯櫻林観光商工室長 平成30年度に新たに予算計上させていただきました食品展示会出展支援事業の補助金につきましては、予算規模100万円を予定しております。これにつきましては、今それぞれ中小企業、小さな企業も含めて回っているんですが、やはり食品系の企業さんでも、販路開拓ですとか、またふるさと応援宣言等もしておりますが、ああいったところで新規に名物を使ったものを開発する事業者さんだとか、そういった事業者さんのお話を聞いていく中で、これまで、例えばFOODEX JAPANですとか、スーパーマーケット・トレードショーですとか、実際に首都圏のほうで販路拡大やバイヤーとの紹介、マッチングするような展示会に出展しているようなところがございまして、そういったところが出展に当たって、今まで何ら補助がなかったと。ただ、工業系の出展に関しましては、財団法人やまなし産業支援機構で補助があったと。そういったお話を聞く中で、甲府市中小企業・小規模企業振興条例にも販路拡大の促進などもございますので、あえて今回、新規事業ということで、食品に限ったものを本市として支援していきたいということで計上させていただきました。  以上です。 298: ◯大塚委員長 兵道委員。 299: ◯兵道委員 これは甲府市独自のものということですよね。こんなような手だてを講じて、今後ますます、この甲府市の商工業が本当に飛躍的に発展されることを非常に期待申し上げたいと思います。ありがとうございました。  あと観光についてですけれども、何点かお聞きをしたいと思いますが。まず先ほど里吉観光課長さんから、観光ガイドブックの特別編集600万円計上して、その中に昇仙峡のPRも盛り込むといったような御答弁ございましたけれども、そもそも、この観光ガイドブックの特別編集について、その概要等御説明をお願いしたいと思います。 300: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 301: ◯里吉観光課長 私ども今後、開府500年、東京オリンピック・パラリンピック、また信玄公生誕500年など、さまざまな好機を活用して、多くの方々を県外から呼びたいと。それについては民間の活力を活用したいということで、昨年4月に株式会社JTBパブリッシング、甲府市観光協会と三者で連携協定を結んだところでございます。その株式会社JTBパブリッシングが発行しております人気のガイドブックるるぶのブランドを活用しまして、甲府市の地域資源をPRするために、甲府市に特化した特別編集版を作成してまいりたいと考えております。  以上でございます。 302: ◯大塚委員長 兵道委員。 303: ◯兵道委員 現状にある甲府市の資源を総合的に編集するという状況です。この一方で、やはり新規事業の中で地域おこし企業人発案事業といったものが計上されておると思いますが。こちらについては、私の理解からいきますと、こういった方々によって、甲府市の資源の発掘を、新たな魅力を発掘してもらうような事業だと思うんですが、その概要をお話しいただきたいと思います。 304: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 305: ◯里吉観光課長 昨年の10月に、総務省のプログラムであります地域おこし企業人として、包括連携協定を結んでおります株式会社JTBパブリッシングから1名出向をしてきていただいております。その具体的な事業としましては、本市の地域資源であるワインと、本市に、県内他市に比べて飲食店が集積していると、そういう強みを掛け合わせて、多くのところでワインが飲めるというところを軸にしたプロモーションを行っていくことにしております。
    306: ◯大塚委員長 兵道委員。 307: ◯兵道委員 まさにタイムリーな内容だと思っております。まだまだこういった魅力的な資源、まだ埋もれていると思っておりまして、こういった事業を活用する中で、どんどん、どんどん甲府市の資源を発掘して、このガイドブックに、多くの新たに発掘された甲府市の資源が盛り込まれればいいなと思っておりますので、ぜひ期待をしております。よろしくお願いします。  あと、やはり新規の事業で、旅行メディア広告事業ということで、外国人旅行客を対象とした、ウエブや紙媒体による情報発信、これに係る経費だと前に御説明があるんですが、これについて教えていただきたいと思います。 308: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 309: ◯里吉観光課長 急増いたします訪日外国人の、中でも個人旅行客をターゲットとしまして、日本に旅行を決める旅前での情報発信、また日本に到着してからのプラン立案に向けての旅中での情報発信を効果的に行うために、日本に特化したフリーペーパーに広告記事を出すとともに、ウエブ上でのプロモーションも連動し、訪日外国人の誘客に努めてまいりたいという内容でございます。 310: ◯大塚委員長 兵道委員。 311: ◯兵道委員 ウエブとか全世界、あらゆるところで見れるということでございます。紙媒体、フリーペーパーのほうなんですが、どういう形で配布をするのかというところなんですが、その辺はいかがでしょうか。 312: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 313: ◯里吉観光課長 日本あるいは山梨県、甲府市に旅行先を決める前の段階では、中華人民共和国や東南アジア、欧米などの海外旅行博、また日本に着いてから旅行プランをさらに練る場合の場所としましては、空港あるいはインバウンド向けの旅行会社の店舗、外国人の客が多い商業施設において配布してまいりたいと考えております。 314: ◯大塚委員長 兵道委員。 315: ◯兵道委員 ありがとうございました。現状考え得る手だてを講じているなと思っております。  インバウンドですけれども、今、国のほうで2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、何千万人ものインバウンド、目標値、掲げているところでございますけれども、そもそも甲府市にとって、こうした訪日外国人、訪甲外国人ですか、これ何人ぐらい呼び込もうといったような目標値というのは、そもそもお持ちなのか、ちょっと確認をしていきたいと思います。 316: ◯大塚委員長 里吉観光課長。 317: ◯里吉観光課長 これまで訪日外国人の統計につきましては、外国人の宿泊の統計を持っております。平成29年の1月から12月までの外国人の宿泊者数につきましては、3万2,518人と、昨年に比べ約98%増加したところでございます。こちらをさらにふやして、3万5,000人以上に、まずはしていくことを目標にしていきたいと考えております。 318: ◯大塚委員長 兵道委員。 319: ◯兵道委員 しっかりとした実績をもとに目標値を掲げられていると。そのためのいろいろな、こうした広告事業とか、そういったもので、外国人の方々に対しても甲府市の魅力を発信していくという状況、わかりました。引き続き、2020年東京オリンピック・パラリンピック、さらには来年、いよいよ開府500年ということで、間近に迫っている、こういったものに対して、やはり興味を持って外国の方、訪れるかと思っておりますので、新年度しっかり、こうした事業を使いまして、取り組みをお願いしたいと思います。  以上で終了します。ありがとうございました。 320: ◯大塚委員長 植田委員。 321: ◯植田委員 7款1項5目の中の消費生活センター事業費のことで質問をさせていただきます。先ほど減額になった300万円余の金額に関しては、国また県からの補助金が減額されたということで、事業がまた縮小されてしまうのかなと思うところもありましたけれども、消費生活相談員さんの人数とかは現状のまま、またさらに新年度を迎えていただけるということで安心もしたところなんですが、高齢者を狙った消費者トラブルの被害相談というのはふえていると、本市ホームページの消費生活センターのページでも拝見いたしました。それでシフトが、地域で見守りという形にシフトを変えられるのかなと思っておりますが、今年度、消費者安全確保地域協議会サポーター研修事業ということで47万1,000円が計上されていると確認しておりますが、この内容を詳しく教えていただいてもいいでしょうか。 322: ◯大塚委員長 輿石市民協働室長。 323: ◯輿石市民協働室長 平成30年度新たに実施します甲府市消費者安全確保地域協議会の委員さんを対象とした見守りサポーター養成講座というのを開催する予定でございます。これはおおむね50名を考えておりまして、見守りサポーターの役割、詐欺等の現状についての講演会、弁護士さん等から実際の法令の活用など、そういった講演型の、またワークショップ的な講座を考えております。それで50名、一応ことしは考えておるんですが、その修了者には修了証書をお渡しして、またメールマガジン等配信しながら、最新の情報をお渡しして、地域での高齢者の見守りを行っていくネットワークを広げていきたいと、そういった事業でございます。 324: ◯大塚委員長 植田委員。 325: ◯植田委員 その研修をとり行っていただいてからの活動になってくるかなと思うんですけれども、本市ホームページの中では、地域の取り組みの紹介というところでは、現在情報はありませんと書いてありまして、ここが埋まっていくのかなと。やはり活動の状況などを掌握していただいて、また発信していただけるんでしょうか。 326: ◯大塚委員長 輿石市民協働室長。 327: ◯輿石市民協働室長 これにつきましては、平成29年度に、3回の消費者安全確保地域協議会を開催いたしました。また平成30年度も同じく3回のための予算を計上しておるわけでございますが、先日行いました第3回消費者安全確保地域協議会の中で、各団体の活動を本市ホームページに載せたいということで、今、原稿をつくっているところでございます。ですから、本市ホームページにも近々アップするような予定でおりますので、よろしくお願いしたいと思います。 328: ◯大塚委員長 植田委員。 329: ◯植田委員 そこにも期待していきたいと思いますが。平成29年9月定例会本会議で、高齢者の詐欺にかかわるところ、特にアポ電または電話詐欺と言われるようなものに予防するというか、防止するといいますか、市民の財産また生命を守るために施策を考えていただきたいということで、大月市ですとか、韮崎市ですとかの電話自体に、いろいろな工夫をして、また、さらにはナンバーディスプレーができて、また知らない非通知からの電話は着信できないようにするという電話機に補助金をつけるような考えはどうかということを提案もさせていただいた経緯がございますが、やはり確かに、この地域で見守るということも大変重要なことだと思っております。また、平成29年度において、こちらの部局で開催された落語で学ぶというようなことですとか、参加させていただいて、いいイベントをされているということも確認しておりますけれども、それでも、やはり、そういうところに参加しない、また御家庭だけで生活されている高齢者世帯、またはひとり世帯。一生懸命節約に節約を重ねて財を重ねたものを一瞬のにうちに、純粋な中で、だまされないと思っていてもだまされてしまって、その財産を失ってしまうという市民の方がいることは、ほぼ、ここ近日中の新聞紙面でも確認しております。報道の中でも確認しております。こういうところに対する次の手の打ち方というか、取り組みの仕方というのは、何かお考えになっていただいたんでしょうか。 330: ◯大塚委員長 輿石市民協働室長。 331: ◯輿石市民協働室長 植田委員からも電話の着信拒否をするような機器の導入ということで提案をいただきまして、私どもでも市内、県内の状況、また全国の類似都市の状況も調べまして、実施していきたいなと考えておったわけなんですが、非常に補助金のお金もかかる事業でございますので、それに見合う補助金の確保ができなかったということで、今、断念をしたというような経過もございます。また新たに国のほうで今度、消費者行政強化交付金という、2分の1という補助金でございますそういったものも近々出てくるような。山梨県では平成30年度やりませんけれども、いずれ、そういったものも見込みとしては可能性もあると聞いておりますので、そういった中で、また今後検討してまいりたいと考えております。 332: ◯大塚委員長 植田委員。 333: ◯植田委員 ぜひ、また調査・研究していただきたいと思います。そしてまた、そういう形で、高齢者がお集まりになるようなところには、こういう電話機のコマーシャルをするわけではありませんけれども、一般的にも、そんなに驚くほど高くはなくて、電話を買いかえたら、こういう安全も確保できるよという形で、皆さんに、そんなこともアナウンスしていただければありがたいかなと思って期待しております。  ありがとうございました。以上です。 334: ◯大塚委員長 神山委員。 335: ◯神山委員 では、まずは7款1項3目観光費。兵道委員も今質問されましたので、そこに重複しないように、私も今回、新規事業ということで受けとめがあったので、やりとりさせていただきたいと思います。観光ガイドブック特別編集事業、あわせて旅行メディア広告事業についての概要はわかりました。やっぱりフリーペーパーとなると、非常に外国人という広いターゲットに対して、この事業費だと、そんな枚数も印刷できないだろうし、本当に大海に紙をまくような感じなのかなという受けとめを持ったところです。  今回の事業費ということであれば、フリーペーパーに掲載ということですけれども、例えば僕たちが外国に行くときに何を見るかといえば、僕は、地球の歩き方を必ず買います。るるぶという方もいるだろうし、あとはまっぷるなど、いろいろあると思うんですけれども、じゃあ外国人が何を見るのかというところに情報提供するのがいいのかなと思うわけです。  そうなったときに、例えば、よくインバウンド関係の仕事をしている仲間とかと話をすると、外国人は、ロンリープラネットという旅行雑誌を見るんだと。それを見てくる人がいる。だとすると、日本版を見ると、甲府市が書いていなくて、富士山の次は松本市になっていて、甲府市は通過されてしまうんだというような話があるわけですけれども。例えばメディア広告を打つのであれば、そういう需要があるものに対しての営業をかけて掲載をしてもらうとか、そういう方向に予算を持っていくと非常に有効的かなと思うんですけれども、いかがでしょうか。 336: ◯中村副委員長 里吉観光課長。 337: ◯里吉観光課長 今、神山委員から御指摘いただきましたロンリープラネットにつきましては、外国人の多くの旅行者が手にとるものだという認識はしております。私どもも甲府の文字がロンリープラネットに載ればということで、いろいろな考えはしたことがございます。そのロンリープラネットの発行元は、やはり、そういった要望を持つ自治体や観光施設、そういったものはたくさんあるということで、直接接することができないというようなことも聞いております。ですので、今回はフリーペーパーという形ですけれども、効果的なメディアをさまざま使ったり、検証したりしながら、情報発信をしていきたいと考えております。 338: ◯中村副委員長 神山委員。 339: ◯神山委員 ぜひとも効果的な情報発信をお願いしたいと思います。  もう1点、それでウエブというところもありました。実際、そうやって地球の歩き方を買って海外に行って、もしくはるるぶでもいいですけれども、海外に行って、ああ、ここ、おいしそうだなと思って、お店へ行くと、日本人ばかりみたいな。結局、日本のガイドブック見て行くので日本人ばかりで、ああ、何だ、せっかく外国に来たのになと思ったときに、じゃあ次に何を頼るかといったら、絶対見るのは、グーグル先生を見るんだと思うんです。グーグル検索でひっかかるというのも大事ですし、あと今は、グーグルマップです。マップで位置情報がわかるときに、例えば大韓民国に行ったら、じゃあ焼き肉とか。当然、日本語の携帯端末持っていくから、日本語で検索して出るわけです。そうなったときに、ウエブの展開としたときに、グーグルマップに今いろいろ投稿ができるわけですから、そこに対して英語での説明などが丁寧にあれば、よりインバウンド事業に応えられるようになると思うんですけれども、新年度、そういう考えはいかがでしょうか。 340: ◯中村副委員長 里吉観光課長。 341: ◯里吉観光課長 今、神山委員が言われたように、グーグルのマップに市内のお店を掲載していくということは非常に重要なことで、効果があることだと考えています。特にお金のかかるということでもございませんし、それぞれ登録するということを普及するようなことも検討してまいりたいと考えておりますし、口コミということが非常に外国人にとっては大きな選択の要素の1つでありますので、そういったものも調査・研究してまいりたいと考えております。 342: ◯大塚委員長 神山委員。 343: ◯神山委員 ぜひともお願いします。あと観光ガイドブックるるぶで、例えば県外に行って、ホテルなど泊まったりすると、置いてあるのをとりますし、あと私たちが行政視察に行ったときに、そういうのを発行している自治体であれば、封筒に入れて置いていただいて、非常にわかりやすく書かれているので、そこは非常に期待するところですので、新年度取り組みを進めていただければと思います。  じゃあ観光は以上にします。ぜひ平成30年度、さまざまな視点で取り組みを進めていただきたいと思います。  あとは2目です。まず簡単なところから。地場産業振興対策事業でワインのブランド化ということで先日、甲府のスパークリングワインをおいしくいただきました。これまでも本会議とか、あと総括質問でも出てきているので、ちょっと違う視点というか、取り組みを確認していきたいと思いますけれども。平成30年度も予算が計上されております。まず、その内容を説明してください。 344: ◯中村副委員長 櫻林観光商工室長。 345: ◯櫻林観光商工室長 平成30年度の「甲府のワイン」ブランド化支援事業に関しましてですが、総額で613万9,000円を予算要求させていただいています。内訳としまして、ワインの購入費で280万円、ブランド化支援に係る補助金が175万円、PRなどプロモーションに係る経費で153万円、それ以外、ワインの酵母培養管理手数料5万円、全体で613万円となっています。 346: ◯中村副委員長 神山委員。 347: ◯神山委員 本当に先日いただきまして、こんな言い方あれですけれども、すごく思ったよりおいしかったというのが感想です。すごく失礼な言い方ですけれども。甲州ぶどうを使ったので、本当にグラスの中の香りは、ブドウの甘みがしっかり出てくるワインでした。でも、口に入れたときには、そういう甘みは当然出てこず、しっかりとした、すっきりとした飲み口で、あっ、甲州ぶどうおいしいなあというワインでした。あとガス充填のスパークリングなので、非常に強い炭酸を感じるんですけれども、食事には合うなという感じでした。  何が言いたいかというと、そんなおいしいワインをしっかりブランド化。ワインを発祥のまち甲府としてつくって、甲府という名前をつけたワインとして出す。これは非常にお土産とかPRにはうってつけだなと感じました。今まで甲府の名前がついたワインというのは当然なかったです。勝沼とかはありましたし、例えば塩尻などもサントリーのワイナリーが出しています。世界的に見れば、白ワインだったらシャブリとかも、都市の名前を使ったワインがたくさんあるので、甲府という名がついたワインが継続的に出荷されていくということは、甲府市民にとっても、自分たちが消費する意味でもいいですし、当然お土産にもなる。今回ブランド化の補助ですので、補助が終わったら事業が終わりということでは当然、結局それじゃ委託でよかったんじゃないかという話になります。なので、しっかりワイナリーが自走していけるように、この予算執行中に、しっかりサポートしていっていただきたいと。補助を将来的になくしても、しっかり、この甲府という名がついたワインが販売されていくように、平成30年度取り組みを進めていただいたら、すごくいいなと思うんですけれども、いかがでしょうか。 348: ◯中村副委員長 櫻林観光商工室長。 349: ◯櫻林観光商工室長 今回、甲府スパークリング甲州2017ということで、甲府の名前が漢字で前面に出ているようなスパークリングワインになっております。この甲府を名乗れるのは、法律の関係もございまして、甲府の4社しか名乗れないと。この4社でつくったものには甲府をつけれると。そういったところで今回、ブドウも酵母もオール甲府ということで、甲府の名前をつけていただいて販売、商品化という形になりましたが、その甲府のワインの補助を出さなくともやっていただけるように、将来的に、このワインが、それぞれのワイナリーでつくれるような形で自走していただければうれしいなとも思っております。その酵母は今、山梨大学で管理をしていただいているんですが、それの培養等は山梨大学でやっていただけるということなので、それを使った形で甲府の4つのワイナリーのいずれかのワイナリーで、将来的には自走できるようにしていきたいなとは考えております。  以上です。 350: ◯中村副委員長 神山委員。 351: ◯神山委員 自走していけるようになってこそ初めて意味のある補助金だということだと思いますし、本当においしかったです。3月3日の会場では売り切れだったですけれども、いろいろウエブを駆使して、どこに置いてあるんだろうと。いろいろな情報も飛び交っていましたので、何本か購入をさせていただけたのでラッキーだなと思っていますけれども、本当においしかったので、ぜひともサポートしていってください。1本当たり250円ぐらいの補助ということだと思います。  そうすると、何かワイナリーの方に聞いたら、これはそこのつくっているワイナリーじゃなくて、一般的にちょっと意見交換をしたときに、250円だとボトル代とラベル代ぐらいは出るから、中身だけ、ちゃんとつくることができる。結構ありがたい補助だと言っていました。  なので、しっかり販路拡大のPRという部分も予算計上してありましたので、販路で売れるところがあれば当然、補助がなくなっても取り組みは進むと思いますので、ぜひとも平成30年度、力強くお願いをしたいと思います。  では、あと、まちづくりの補助金について聞いていきたいと思います。先ほど金丸委員が立場で発言するぞと言っていたので、私も立場で発言をさせていただきまして、ちょっと生意気を言うかもしれませんけれども、立場ということで、お許しをいただきたいと思います。  私は金丸委員と違う受けとめを持っていまして、別に執行部よいしょするつもりはないんですけれども。議員のキャリアも、僕はまだ7年なのであれですけれども、僕は今は7年前と比べて、すごくまちなかが楽しいなと受けとめを持っています。先ほど中心市街地を本当に活性化するのかというような発言もあったと思うんですけれども、本当に活性化していくために、今アウトプットしているものをしっかり波及して、アウトカムとしての活性化をつくっていくという段階かなと思っています。7年間の議員活動の間で見てくると、ああ、あそこにもあの店がふえたとか、この店がふえたというのは実感として持っていますし、最初のころ、じゃあまちに飲みに行こうよと仲間と行ったときに、行く店は限られていたなと思うんですけれども、今は逆に多くて、最近来なくなったねと、よく行っていたお店で言われるぐらい、まちが、人が集まって、回遊できる場所はふえてきているなと感じています。  具体的にいろいろ聞いていきたいと思うんですけれども、例えばリノベーションまちづくりです。先ほども出てきていましたけれども、リノベーションまちづくりをやってみて、そのときに、すぐに成果は出ませんでしたけれども、紅梅通りにある昔は老舗のウナギ屋だったところを、そのフィールドとしてやった後に、その取り組みのきっかけで人間関係ができて、今、新しいお店が入ったと。その新しいお店は、ぐるめ横丁にあったお店が移転をしてきたんだけれども、しかしながら、そこが出た後のぐるめ横丁にも新しいお店が入って、ちゃんと回遊しているなと。あとリノベーションまちづくりで使った、その紅梅通りをもっと東に行ったところの店舗も、この前、改装工事が終わって、また新しいお店が入ったと。まだ僕、そこのお店に行っていないので、どういうお店かというのまでは話はできませんけれども、まあ、回っているなと。  もう一つ、これは甲府リノベーションまちづくり事業かと思いますけれども、空き店舗見学会。空き店舗見学会で参加した人がオリオンイーストでお店を開業するとか、非常にこういう点では効果が出てきているなと感じます。  このリノベーション。いろいろ調べていまして、リフォームと違うとか、リノベーションて何かって、結局、きれいにすることであることは確かだと思うんですけれども、その先の意識の変化とかまでつながるのがリノベーションだろうと思うんです。お店をリフォームして、きれいになったから入店する。それはそれでいいんですけれども、それはそのお店がもうかるだけの話ですけれども、リノベーションは、そこで何かを創発的に起こしていくという部分、意識の変化につながっていく。だから、このリノベーションのまちづくりというのは、これまでの既存のストックをしっかり使いながら新しい息吹を生んでいくと、僕は非常に期待をしています。  甲府リノベーションまちづくりのフィールドにはなっていないと思うんですけれども、例えば柳小路。これまで目を向けてこなかったと言ってもあれかもしれませんけれども、しかしながら、ここにきて、今3店舗、新しいお店ができてきているとか、新しい息吹ができてきていると思います。なので、私は、まちが、人が、また戻ってくる、まだまだかもしれないですけれども、過渡期で、いい循環は起こっていると思います。  ということで、質問する内容は、すごく小さい話になりますけれども、新年度の甲府リノベーションまちづくり、どういう取り組みを進めていきますか。予算の額は80万円ということでお聞きをしましたけれども、内容をお聞かせください。 352: ◯中村副委員長 櫻林観光商工室長。 353: ◯櫻林観光商工室長 平成30年度の甲府リノベーションまちづくりの取り組みにつきまして、ここは今の流れの中で、甲府リノベーションまちづくり推進委員会というものをことし設置しました。全て民間の方による委員会です。その委員会が今年度、スクール等も開催した形にはなっています。その委員会を後押しするような形で、LLCまちづくり甲府が事務局のような形をとっています。LLCまちづくり甲府と空き物件見学会にもその推進委員会の委員も一緒に参加したりとか、そんなような形もとっているんですが、その空き物件見学会を通して、実際にそこに来られる方が、もうお店をあけたいという方が多いので。スクールだと、やはり学生さんですとか、県外の方ですとか、そういった方々が入ってきて、ユニットをつくってやるんですけれども、なかなか提案事業をそのまま実事業化にしていくのは難しいなと。そういうことであれば、実際にその空き物件見学会をさらにブラッシュアップするような形で何らか進めていければいいなとも考えていますし。空き物件見学会に提案する物件自体も、オーナーさんの理解をいただかなければならないというのもございまして。リノベーションをかけるようなものも出てきますので。オーナーさんに対する理解を得るための何らかの仕掛けを考えていかなければいけないとは考えています。  そういったことで、まだ詳細は検討していかなければならないんですが、空き物件見学会に重点を置く中で、オーナーさんに働きかける何らかの仕組みを考えていきたいとは考えております。  以上です。 354: ◯中村副委員長 神山委員。 355: ◯神山委員 本当に実績も出てきている空き店舗見学会で、そうやって店を出したいという人が来てくれることは、もう今度で16回と回数を重ねてきていると思いますけれども、先ほど5款でやった甲府市就職応援合同企業説明会と一緒で、回数を重ねることで信頼をかち得るとか、評判が広がっていくということもあるので、ぜひとも実績につなげていっていただきたいと思います。  まちを歩けば、錦小路でも今、空き店舗になったところが工事中になっていて、そういうところにも新しく入居するんだなとか、あと款が変わりますけれども、8款のところで、春日通りとか、裏春日通りとか、道路をきれいにするだけでまちの雰囲気変わります。まちづくり、まちの活性化というのは非常にその総合力だと思うので、継続して行っていっていただきたいなと思いますし、この間、中心市街地活性化の事業費、詳細までは見ていないので一概には言えないのかもしれませんけれども、平成28年度4,600万円、平成29年度3,200万円、今年度2,200万円。非常に減額されてきている中で、費用対効果という言い方だとちょっと簡単過ぎる表現かもしれないですけれども、何に投資することが重要なのかということを選択して行ってきていただいている成果なのかなとも思いますので、今後が楽しみだなというところが感想です。  過去、まだ宮島市長の時代に、活性化とは何だみたいな、非常に生意気な議論を本会議でやって、あれは楽しかったなと思ったんですけれども、そのときに僕は必要とされる状態なんじゃないかなと言いました。いろいろな必要とされる状態があると思うので、それをいろいろなところでつくっていくということが、中心だけじゃなくて活性化につながるのかなと。デュオヒルズ甲府できますし、甲府駅北口でも今3つマンションができている。あそこも徒歩圏で全然まちなかに行けるところだから、その波及効果もあると思います。ということで非常に期待をしています。  それでオーナーへの働きかけという話が先ほど櫻林観光商工室長からありましたけれども、まさに、それこそリノベーションまちづくりの成功がオーナーへのインパクトになるんだと。ああ、あそこの、あの古い物件が、こんなに格好よくなって、人が集まって、オーナーとしてもお金が回っているということは、それは実際貸して利益になるということはいいことなので、じゃあ、うちもやってみようという成功体験の伝播になると思うので、リノベーションまちづくりの成功がオーナーへの強い説得になっていくと思いますから、期待をします。  あとは、さまざまなことを商店街活性化ということでやってきていると思いますけれども、結局、消費者がいてこそ初めての中心街の活性化だと思います。この間も、そういう議論をやってきたわけですけれども、その人を中心街に呼び込むということを商工課としてどういう取り組みができていくか。今みたいにリノベーションのまちづくりの取り組みというのは、それは伝播していきます。小グループ自主的取組支援事業で、さまざまな取り組み。これはアウトプット。アウトカムとしての活性化を実現するために、人を中心街に来てもらうというところに対して何か取り組みをしていく、もしくは、こういうことをするとそうなるよというようなことでもいいですけれども、平成30年度の取り組みの考えをお聞きしたいと思います。 356: ◯大塚委員長 櫻林観光商工室長。 357: ◯櫻林観光商工室長 中心街活性化に取り込んでいくということは非常に難しいことだとは思います。ただ、昼夜間人口というものが甲府市は非常に高いと言われています。例えば午後4時前後のココリの周辺ですとか、物すごい自転車が周辺に置いてあります。あそこの2階に高校生がたくさん来ています。ああいう子どもたちが、ココリだけに集中するのではなく、やはり魅力ある店舗がないとまちに出てもらえないのかもしれませんが、飲食で出ていただくとか、何らかの形でまちを回遊していただく仕組みが必要なのかなとは考えています。特に新年度の予算の中にまちの回遊のための予算というものはございませんが、ああいう人が大勢集まっている、働いている方もいらっしゃる、その方々がまちに出る仕組みというものを、何か商工だけではなく、いろいろなところで考えていかなければいけないのかなとは思っております。 358: ◯大塚委員長 神山委員。 359: ◯神山委員 取り組みの状況はわかりました。今、最後に言っていただいた、本当に商工だけではなくというところが重要だと思います。本当に子育て中の仲間とかと話をすると、ベビーカー押しにくいと言われてしまう。そうすると今、さっきも言ったですけれども、道路をきれいにするということだけでも、あの喫茶店に行きたいんだけど子どもが一緒だというのが改善できるようになっていくと思いますし、おむつかえるトイレが実はないみたいなことになったときに、例えば、じゃあ何か子育てのところと一緒になって、そういうところクリアできないかとか、本当に商工という視点だけじゃなくて広い視点で、平成30年度も取り組みをしていっていただきたいと思います。私は非常に今後が楽しみだなと思っておりますので、よろしくお願いいたします。  以上です。 360: ◯大塚委員長 内藤委員。 361: ◯内藤委員 最初、(仮称)甲府市産業振興ビジョン。(仮称)甲府市産業振興ビジョンにつきまして、まずイメージなんですけれども、これまでの例えば甲府市商工業振興指針を発展させていくようなイメージでよいのか。あと、平成30年度のそのスケジュール。平成30年度中にここまでやりたいみたいなスケジュールがありましたら教えていただきたいと思います。 362: ◯大塚委員長 樋口産業総室長。 363: ◯樋口産業総室長 (仮称)甲府市産業振興ビジョンについてでございますが、甲府市商工業振興指針を変えるというものではございませんで、産業部におきましては各課が、いろいろな分野に特化した計画等を策定したり、また今、取り組んでいるところでございますが「稼ぐ・稼げる」産業を目指して、産業全体の底上げを図るためにはどんなことをしたらいいかということで、産業分野全体の進むべき方向性や目標、あるいは重点的に取り組む施策等を定めていきたいと考えております。  またスケジュールでございますが、4月に入りまして本ビジョンの策定支援をいただける委託業者等の募集に入り、5月までに選定しまして、策定のための委員会を立ち上げ、その結果を取りまとめて年度内に策定をしていきたいと考えております。  以上です。 364: ◯大塚委員長 内藤委員。 365: ◯内藤委員 樋口産業総室長もおられたと思いますけれども、かつて甲府市商工業振興協議会の議論の中で、甲府市商工業振興指針をめぐりまして、これからは、例えば6次産業化、そして観光業とのコラボ、この辺も含めて、商工業だけじゃなくて、やはりそういった6次産業化、そういう視点を入れていかなければならないんじゃないかというような議論が行われてきております。そんな議論を踏まえてのビジョンというイメージなのかな。 366: ◯大塚委員長 樋口産業総室長。 367: ◯樋口産業総室長 私も商工課にいたことがございますので。甲府市商工業振興指針は確かに観光であるとか、そういった産業も含めないと商工業の発展はないということで、たしかつくってきた経緯がございます。そこも含める中で、産業分野だけではなくて、先ほど来出ていると思いますけれども、他部署においても関係するところはございます。そういったところとも一緒に協議・連携しながら、産業の振興はやっていかなければいけないと考えております。 368: ◯大塚委員長 内藤委員。 369: ◯内藤委員 じゃあ、まだ私のほうが追いつけないです。その甲府市商工業振興協議会の中で1つ、またやりとりがありまして、甲府市商工業振興指針、指針はつくるんだけれども、実際、誰が進めていくのか、はっきりしない部分があるということから、例えば甲府市中小企業・小規模企業振興条例をつくることによって、行政、大学、市民、事業者、金融機関、それぞれの役割、責務を定めたことによって、そういった当時の議論も進められていくと思います。  それと今度の(仮称)甲府市産業振興ビジョンとの関係、ちょっと無理っぽいかな。じゃあ、質問変えます。  山梨県で、やはり産業振興ビジョンという名称のものをつくっております。これとの関係は、どんなふうになっていくんでしょうか。 370: ◯大塚委員長 樋口産業総室長。 371: ◯樋口産業総室長 やはり山梨県でもつくっておりますので、そういったところも見据えて今後策定はしていかなければいけないと考えておりますが、甲府市におきましては、農業部門であったり、林業部門であったり、多岐にわたる部分が産業部にはあります。そういったところもカバーしながら(仮称)甲府市産業振興ビジョンをつくっていきたいと考えております。 372: ◯大塚委員長 内藤委員。 373: ◯内藤委員 ぜひ山梨県の産業振興ビジョンを、そのまま甲府市に落とし込むということで終わらないように、よいものをつくっていただきたいと思います。  それでは7款1項5目消費者対策費。鮫田委員、植田委員が聞いておりますので、重複しないようにいたします。私も、やはり減額が気になりました。国の補助金、補助制度の見直しということですけれども、具体的に何がどう見直されたのでしょうか。
    374: ◯大塚委員長 輿石市民協働室長。 375: ◯輿石市民協働室長 この消費者行政活性化交付金でございますけれども、消費者庁の地方消費者行政推進交付金を財源としております。これは平成30年度地方消費者行政推進交付金にかかわる消費者庁の予算が減額になったことから、本市への補助金の内示が減ったという状況であります。 376: ◯大塚委員長 内藤委員。 377: ◯内藤委員 具体的には11節事業費、13節委託費が減額になっております。この減額で、こんなことができなくなってしまった、こういうところを削らなきゃいけないというのは、具体的にどんなところでしょうか。 378: ◯大塚委員長 輿石市民協働室長。 379: ◯輿石市民協働室長 昨年度との比較で申しますと、新規の事業なんかもありますので、一概に昨年度との比較もできないわけでございますけれども、11節の事業費でございますと、消費者安全確保地域協議会用の周知のための消耗品があった。フラットファイルを出前講座とかそういったときにお配りしていたんですが、そういったものがつくれなくなった。また委託料でございますと、ポータルサイトを平成28年度につくったわけですが、その内容の拡大とか修正を予定していたんですが、その委託料を切ってしまいました。あと、昨年度は備品購入費で、市民に周知するような大判のポスターをつくれる印刷機を買ったわけですけれども、それは平成29年度に買いましたので、来年度なくなったので。そういった形で、人件費等はちゃんと確保していますので、それほど市民に影響があるような削減ではないと考えております。 380: ◯大塚委員長 内藤委員。 381: ◯内藤委員 甲府市消費生活センター、本当に僕らもいろいろ困り事がありますと、甲府市消費生活センターに行くといいよ、神様がたくさんいるよという話をしたり、甲府市消費生活センターに余り合うかどうかわからない相談でも、あそこに持ち込めば、そこから先どこかへつないでくれるよということで、本当にありがたい組織だと思います。実際、未然防止、あるいは回復した金額、平成26年度が3,800万円、平成27年度が2,200万円、平成28年度が2,500万円というような数字も示されていますけれども、この金額以上に非常に大きな役割を果たしていると思います。  そこで、SNSの活用ということで、甲府市消費生活センターから、この春ですと、防災用行政無線ではよく、ほとんど毎日のように電話詐欺なんかについての注意喚起が行われております。甲府市消費生活センターのほうでも、例えばウイルスつきメールが拡散中だとか、架空請求はがきに御注意ください、パソコン操作中に突然警告音が鳴って、すぐ電話するように表示されたとか、あと無料占いサイトの利用料が高額になっちゃうとか、いろいろ、こういう注意喚起のツイートをしていて、これは、防災用行政無線なんかで流れてきても何のことだかわからないようなことも、やっぱり文字で出てくると、よくわかると思います。ただ、残念なのが、フォロワーが10人ということで、これだと、やっぱりいろいろ情報を流す気にもなれないと思うんですね。  そこで、例えば甲府市の公式ツイッター、これのフォロワーは3,587人いますので、そこに拡散してもらって、甲府市消費生活センターもツイッターやっているんだよということを知ってもらうとか。本市ホームページには掲載されていますけれども、そういった公式ツイッターにちょっと乗っかるような形でお知らせするなんていうのも1つ手ではないかと思います。  観光課のツイッター1万2,936件なんですが、観光課のツイッターでこういうこと流しても余りよくないと思いますので、これは観光課の力をかりるというわけにはいかないと思いますけれども、その辺も含めてSNSの活用、これにも力を入れていただきたいというお願いをしまして、終わります。 382: ◯大塚委員長 以上をもって、一般会計歳出第7款商工費の審査を終了いたします。  次に、農業集落排水事業特別会計の審査に入ります。  当局から説明を求めます。  樋口産業総室長。 383: ◯樋口産業総室長 それでは、平成30年度甲府市農業集落排水事業特別会計予算につきまして御説明申し上げます。  平成30年度予算に関する説明書(特別会計)の161ページからになりますので、お開きをいただきたいと思います。  農業集落排水事業は、上九一色地区における農業用水の水質保全と生活環境の改善のための下水道事業でございます。  予算総額は、歳入、歳出とも、前年度に比べ132万5,000円の減となっておりますが、要因といたしましては、事業用器具修繕費の減等によるものでございます。  まず、歳入について説明いたします。  165ページ、166ページをお開きください。  1款1項1目農業集落排水施設使用料につきましては、加入戸数121戸、公共施設等17カ所の使用料であります。  2項1目農業集落排水施設手数料につきましては、督促手数料の存目予算となっております。  2款1項1目利子及び配当金につきましては、説明欄記載のとおりであります。  3款1項1目一般会計繰入金につきましては、一般会計からの繰入金であります。  167ページ、168ページをお開きください。  3款2項1目基金繰入金及び4款2項1目雑入につきましては、いずれも存目予算となっております。  続いて、歳出について説明いたします。  169ページ、170ページをお開きください。  1款1項1目農業集落排水事業費につきましては、電気料等高熱水費や保守点検委託料など、施設の運営及び維持管理に係るものが主なものであります。  2款1項1目元金につきましては、公債費に係る償還元金であります。  2目利子につきましては、公債費に係る償還利子であります。  3款1項1目農業集落排水整備基金費につきましては、基金への積立金でありまして、預金利子を財源としております。  以上で、甲府市農業集落排水事業特別会計予算についての説明を終わります。御審査のほど、よろしくお願いいたします。 384: ◯大塚委員長 以上で説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  質疑はありませんか。 385: ◯大塚委員長 金丸委員。 386: ◯金丸委員 事業の概略について説明してください。 387: ◯大塚委員長 保坂農政課長。 388: ◯保坂農政課長 この施設につきましては、現在地、上九一色地区の梯町にございます。農業用水の浄化保全が目的でございまして、公衆衛生上により生活環境の改善を図るという事業でございます。現在、上九一色地区の人口については244名という中で、この事業を行っております。  以上でございます。 389: ◯大塚委員長 金丸委員。 390: ◯金丸委員 了解しました。 391: ◯大塚委員長 以上をもって、農業集落排水事業特別会計の審査を終了いたします。  それでは、ここで暫時休憩といたします。再開は午後3時半とします。                午後 3時06分 休 憩         ─────────────・─────────────                午後 3時29分 再開議 392: ◯大塚委員長 休憩前に引き続き委員会を再開いたします。  地方卸売市場事業会計の審査に入ります。  当局から説明を求めます。  上田市場経営室長。 393: ◯上田市場経営室長 それでは、議案第11号 平成30年度甲府市地方卸売市場事業会計予算について御説明申し上げます。市場事業会計の予算につきましては、平成30年度甲府市予算書の53ページから54ページ、並びに平成30年度予算に関する説明書(企業会計)の1ページから23ページに基づき御説明すべきところでございますが、お手元へ配付させていただきましたA4版の当初予算説明資料により御説明申し上げます。  資料の1ページ、業務実績の推移をお願いいたします。市場事業会計予算第2条業務の予定量をごらんください。平成30年度における取扱数量は、青果部3万1,118トン、水産物部1万875トン、合計で4万1,993トンを予定しており、取扱金額は、青果部91億4,460万8,000円、水産物部86億1,859万5,000円、合計で177億6,320万3,000円を見込んでおります。  続きまして、資料の2ページ、予算実施計画をお願いいたします。市場事業は、地方公営企業法の財務を適用し、複式簿記による企業会計を採用しております。事業予算は2本立てとなっており、管理運営等に係る予算第3条の収益的収支と、次ページの施設の建設等に係る予算第4条の資本的収支に仕分け、経理を行っております。  予算第3条に定める収益的収入及び支出には、管理運営や維持管理に要する費用と、その財源を計上しています。管理運営、維持管理などに必要となる費用には、支出科目一般管理費、施設管理費、減価償却費、施設建設のために借り入れた企業債の支払い利息などがあります。  これら費用のうち、市場を運営する経費は、施設使用料などとして場内等の事業者に負担していただき、管理に係る営業費用の一部と企業債支払い利息の2分の1を総務省の繰り出し基準に基づく一般会計からの補助金の繰り出しで賄っております。  2ページの収益的収入より、改めて御説明いたします。  第1款の市場事業収益は3億3,569万8,000円、前年度の3億3,044万7,000円に対し、525万1,000円、1.6%の増となりました。  主な増減科目について御説明いたします。  第1項営業収益のうち、1目売上高割使用料は4,440万8,000円、前年度当初予算額とほぼ同額を計上いたしました。  2目施設使用料は1億2,936万3,000円、前年度に比べ495万1,000円、4.0%の増となっております。この増となった要因は、駐車場使用料の増額改定によるものでございます。  3目その他の営業収益は6,694万円と、前年度に比べ145万8,000円、2.1%の減となっております。減となった主な要因は、電気使用料収入が128万円余減収したことによるもので、支出における電気料も100万円余減となっております。  次に、第2項営業外収益のうち、2目他会計補助金につきましては、総務省が示す繰り出し基準に基づき、行政監督費と当年度に支払いを予定している企業債利息の2分の1に当たる額を一般会計より繰り入れるものでございます。  3目長期前受金戻入は、平成26年度の決算より適用された地方公営企業・新会計基準に伴う収益です。固定資産のみなし償却制度が廃止になったことにより、これまで補助金等により取得した固定資産の平成30年度における減価償却費・見合い分を収益化したもので、現金を伴わない収入となります。  4目雑収益814万1,000円の増は、市場外公有地貸し付けに係る収入810万9,000円が主なものとなります。  続きまして、収益的支出について御説明いたします。  第1款の市場事業費用は3億3,073万6,000円、前年度の3億4,194万9,000円に対し、1,121万3,000円、3.3%の減となりました。  主な増減科目について御説明いたします。  第1項営業費用のうち、2目の施設管理費は1億4,656万4,000円と、前年度に比べ593万7,000円、3.9%の減となりました。これは、先ほど収入において説明させていただきました電気使用料が100万円余減したことと、施設修繕料及び委託料の減などによります。  4目の資産減耗費の減1,150万2,000円は、前年度の平成29年度予算へ旧市場管理事務所及び関連施設の基礎及びくい撤去工事費を計上していたことによります。  次に、2項営業外費用のうち、1目支払利息及び企業債取扱諸費は、財務省及び地方公共団体金融機構からの企業債の借り入れ7件に係る支払い利息で、前年度当初予算額に対し45万5,000円、6.1%の減となりました。  2目関係業界補助金は、市場内の環境整備などに係る支出で、前年度と同額を計上しております。  以上、収入より支出を差し引いた収益的収支は、前年度より1,646万4,000円増のプラス496万2,000円となり、黒字での予算執行を予定しております。  3ページをお願いいたします。予算第4条に定める資本的収入及び支出については、資本的収支には、施設の建設、改良に要する費用や、企業債の元金償還金とその財源を計上しているものです。  第1款資本的収入は1,319万5,000円、前年度に比べ756万6,000円、134.4%の増となりました。  第1項出資金1目他会計出資金1,319万4,000円は、総務省の繰り出し基準に基づき、一般会計より企業債償還元金の2分の1に相当する額を繰り入れるものでございます。  続いて、資本的支出について御説明いたします。  第1款資本的支出は1億165万円、前年度に比べ4,921万3,000円の増となりました。  第1項建設改良費第1目施設整備費7,526万円は、高圧変電設備改修工事などに係る工事請負費と、資本勘定支弁職員2名分の人件費などとなります。  第2項企業債償還金2,639万円は、財務省1件、地方公共団体金融機構2件分の元金償還金となり、前年度に対し1,513万3,000円、134.4%の増となりました。  最下段、収入から支出を差し引いた資本的収支において、8,845万5,000円の不足額が生じますが、この不足額につきましては、欄外脚注に記載した補填財源でございます当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額と過年度分損益勘定留保資金により補填してまいります。  以上で、議案第11号 平成30年度甲府市地方卸売市場事業会計予算の説明とさせていただきます。御審査のほど、よろしくお願いいたします。 394: ◯大塚委員長 以上で説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ここで確認のためでありますが、この款につきまして質疑のある委員は挙手をお願いしたいと思います。                   (要望を聴取) 395: ◯大塚委員長 清水委員。 396: ◯清水(仁)委員 午前中に6款のところで操出金の話を聞きまして、8,004万円の、この資料でいきますと、確認ですけれども、2ページの営業外収益の2目の他会計補助金6,720万6,000円と、3ページの第1款の第1目他会計出資金、この合計金額ということでよろしいですか。 397: ◯大塚委員長 芦澤経営管理課長。 398: ◯芦澤経営管理課長 今、清水(仁)委員がおっしゃったとおり、その合計額でございます。 399: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 400: ◯清水(仁)委員 わかりました。ここに平成30年度予算の操出金が充当されているということで、理解させていただきました。  じゃあ、ちょっと視点を変えて話をさせていただきますけれども、この予算概要の中で、本年度、昨年度と比べまして予算が9.64%、金額にして3,800万円が大幅に増額となっておりますけれども、その要因を教えていただけますか。 401: ◯大塚委員長 芦澤経営管理課長。 402: ◯芦澤経営管理課長 全体の予算の増額の要因といたしましては、資本的支出の第1項建設改良費、第2目の施設整備費のものであります。工事費が3,713万1,000円余りふえていますので、それが主な要因であります。 403: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 404: ◯清水(仁)委員 そうしますと、それが施設整備に充当されているというふうなことだと思いますけれども、甲府市地方卸売市場整備計画は年次的に進んでいるとは思いますけれども、平成30年度はその整備計画に基づく以外の整備に充当するということでしょうか。 405: ◯大塚委員長 芦澤経営管理課長。
    406: ◯芦澤経営管理課長 本整備計画に基づくものについては、1件、水産棟の電気の変電設備の改良工事があります。そのほかに今、青果棟の配送センターの防水工事がどうしても平成30年度にはやらなければならない工事という認識で、この整備計画にはない工事であります。  あと、甲府市地方卸売市場経営戦略の施策に基づいて、場外公有地の賃料をこちらの施設整備費に計上してありますので、今申したとおり屋上の防水工事及び本経営戦略の施策に伴う工事が整備計画以外のもので計上してあります。  以上です。 407: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 408: ◯清水(仁)委員 わかりました。当初この整備計画が出ておりますけれども、それ以外に新たに出てきた、そこに充当していくということですね。わかりました。  では、いただいた資料2ページの収益的収入第1款第2項の営業外収益の中で、第4目雑収益1,083万円はもちろん例のにぎわいゾーンとしていたところの貸付料でありますけれども、これは前にも質問して聞くと、老朽化対策というようなよく答弁をいただきましたけれども、それで理解してよろしいんでしょうか。 409: ◯大塚委員長 芦澤経営管理課長。 410: ◯芦澤経営管理課長 当然、本市場としては老朽化に伴っての施設工事もありますけれども、第一の重点的な項目といたしましては、本市場の衛生管理及び温度管理を重点的にやっていきたいと考えております。 411: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 412: ◯清水(仁)委員 市場の衛生管理、それは老朽化対策の中にも入ってくるということですか。              (「入っています」と呼ぶ者あり) 413: ◯清水(仁)委員 わかりました。  この場外公有地約8,000平米を貸すのに1,083万円入ってくるんですけれども、この予算というのは、甲府市地方卸売市場整備計画の後に決まった金額であって、今度はこの金額もその整備計画に入れていくということになると、今までこの整備計画をやってきたそのこと自体が前へ前へ進むというようなことでよろしいんでしょうか。 414: ◯大塚委員長 上田市場経営室長。 415: ◯上田市場経営室長 本整備計画に基づく老朽施設の更新工事に、さらに場外公有地の収益を充てて、本整備計画プラスアルファの、先ほど申しましたが老朽化に伴う衛生管理、またチルドなどの低温管理、そういうものを甲府市地方卸売市場経営戦略における実行部隊の整備部会等と話をしながら、この整備計画の中でまだそのときは考えつかなかったさらなるプラスアルファを行っていこうというのが今回の814万1,000円の増額分となっているところでございます。 416: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 417: ◯清水(仁)委員 わかりました。本市場は本当に老朽化となっておりますけれども、そちらのほうに充当をしていくというようなことで、ぜひしっかりそのにぎわいゾーンとしていたところの賃借料は、有効に老朽化対策に充ててもらいたいと思います。  施設管理費、こちらのほうもよろしいでしょうか。企業会計の。 418: ◯大塚委員長 はい。 419: ◯清水(仁)委員 収益的支出で、第1款第1項第2目の施設管理費がここにありますけれども、このうちの指定管理料はどのぐらいになりますかね。 420: ◯大塚委員長 芦澤経営管理課長。 421: ◯芦澤経営管理課長 指定管理料の金額といたしましては、7,031万9,000円を計上しているところであります。  以上です。 422: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 423: ◯清水(仁)委員 1億4,656万4,000円のうちの約7,000万円が指定管理料ということですね。  としますと、平成30年度予算に関する説明書(企業会計)の13ページの債務負担行為に関する調書に甲府市地方卸売市場指定管理委託料とあるんですけれども、これが平成29年度、平成30年度、平成27年度から平成29年度、平成30年度から平成31年度まで記載してありますね。それの5年間の金額が3億4,833万9,000円。これを割ると約7,000万円になるというようなことで、これは、じゃあ、平成30年度から平成31年度までは指定管理料は、この資料でいくともう決まっているというようなことでよろしいでしょうか。 424: ◯大塚委員長 芦澤経営管理課長。 425: ◯芦澤経営管理課長 はい。この予算書にあるとおり、債務負担行為を組んでおりますので、限度額としては3億4,833万9,000円であります。  以上です。 426: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 427: ◯清水(仁)委員 わかりました。  第2目関係業界補助金についてお聞きしたいんですけど、私、これは以前にも聞いたことがあるんですけれども、この金額1,550万円、今いただいた資料を見てみますと、前年度と変わっていない状況でありますけれども、この1,550万円の内訳を教えてください。 428: ◯大塚委員長 芦澤経営管理課長。 429: ◯芦澤経営管理課長 関係業界補助金の内訳といたしましては、業界環境整備費が900万円、代払機関への補助金が100万円、協会運営費が400万円、消費者感謝デーの補助金として150万円を計上しております。  以上です。 430: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 431: ◯清水(仁)委員 900万円の中をもうちょっと細かく説明できますか。 432: ◯大塚委員長 上田市場経営室長。 433: ◯上田市場経営室長 青果物部の環境整備に600万円、水産物部に300万円、その割合になっております。 434: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 435: ◯清水(仁)委員 この関係業界補助金というは今、青果物部に600万円と水産物部に300万円、これは俗に言ういろんな要らなくなったものの、何といいますかね、段ボールとか木とかそういったものも含むんですね。環境整備ですから。これが年々に売り上げが減っていく中で、この金額が変わっていないというのは、ちょっとこれ、何となくおかしいと思うんですけどね。普通であれば、売り上げが減っているんだから、ここも減ってこなきゃならないですよね。これがずっと前も言ったんだけど、変わっていない。この状況は、私にしてみれば解せない話であって、何でその補助金が下がってこないかなと。その辺のちょっと見解を教えてください。 436: ◯大塚委員長 上田市場経営室長。 437: ◯上田市場経営室長 この環境整備のための900万円につきましては、充てているものは全て甲府市環境センター等へ運んでいる手数料に充当しております。甲府市環境センターがあったときには、本市場分減免ということがありまして、青果物部で言えば600万円で足りていたんですが、今回、笛吹市境川町に移りまして、手数料の減免措置がなくなりました。  ということで、本市場からの補助金というのは青果物部600万円で、変えてはいないんですけれども、かなり処分費が上がりました。ということで、業界とも協議を昨年度より進めたんですが、甲府市からのこの600万円というのをこれ以上、上げることはできませんよということを業界と話し合いました。  それで業界も、ではみずから頑張りますよということで、本市場内の有料のごみ袋を今まで50円だったものを、大体6倍の300円くらいということで、それぞれの業者さんに負担していただいて、業界で手数料の増額分は賄っております。  ごみの処分量も取扱量が少なくなるという部分もあるんですけれども、その辺の手数料の上がった分で業界も努力しているということで御理解願いたいと思っています。 438: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 439: ◯清水(仁)委員 今の上田市場経営室長の説明もわからんではないんだけれども、一般的に考えた場合は、普通どう考えても売り上げが極端に減ってきているのに、ここが変わらないということは、余り好ましくないというふうにとられても仕方ないんですね。  以前には、2代目、3代目の育成とか、あるいはあと場内の衛生管理に相当お金を使っているというふうな話を聞いたんだけど、そちらのほうの金額というのは、平成30年度はどのぐらい充てるつもりなんですか。この1,550万円のうちから、要するに2代目とか3代目の育成ですね、若者育成や場内の衛生管理の費用はどのくらいですか。 440: ◯大塚委員長 上田市場経営室長。 441: ◯上田市場経営室長 こちらの先ほどの600万円と300万円につきましては、やはり先ほど申しましたように、処分料全てに充てるということで、2代目、3代目、後継者の育成等に関する費用というものは、甲府市地方卸売市場協会の市場活性化委員会というところから研修費というようなものを出して、賄っております。 442: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 443: ◯清水(仁)委員 わかりました。このくらいにしますけれども、できるのであれば、ごみが減っているからそのごみのほうはなるべく下げて、今言う2代目、3代目の育成や、あるいは衛生的な駆除には相当お金がかかるとか、あるいはカメラなんかを設置するというような話も聞きましたけれども、そういったことをもうちょっと上乗せしていただいて、できるだけごみの、青果物部と水産物部のほうは減っていることは事実ですから、そこら辺また何か業界のほうと相談しながら、適正な価格で、ここは少なくともできるのであれば、その状況からいうと減っていいところでありますので、よく検討して、また提出してもらえばありがたいと思います。  今、指定管理料が約7,000万円ですね。これには関係業界補助費が1,550万円、約8,500万円というこの金額が指定管理者に流れている金額でありますから、何といいましょうか、業者の方々にも頑張っていただきながら、本市場の運営にできるだけお力添えいただいて、本市場を活性化するように、ぜひお願いしたいと思います。  約8,800平米の土地を今度はお貸しするようになったんですけれども、残っている全体的な市場が、平成30年度は現状で行くんですけれども、何か変わった本市場のあり方というような、方向性か何かはありますか。 444: ◯大塚委員長 上田市場経営室長。 445: ◯上田市場経営室長 清水(仁)委員にも参加していただいている甲府市地方卸売市場運営協議会の中でも確認していただいた部分もあるんですけれども、まず甲府市地方卸売市場経営戦略の営業整備ということで、活性化施策をまず重点的に前期は行っていこうと。  それで、その前期が終了する、また継続的に営業整備との合同部会、市場関係者を含めた中で、今後、取扱量の推移の見込みとか施設規模というものを推計する中で、将来の市場事業と施設規模のあり方について、全市場関係者で協議していくということが確認されております。  また、本運営協議会の委員の皆様におかれましては、その進捗状況を検証していただく中で、また御意見、御助言をいただきたいと考えておるところでございます。 446: ◯大塚委員長 清水(仁)委員。 447: ◯清水(仁)委員 わかりました。  最後ですけど、にぎわいのゾーンがなくなって、市場の活性化が薄れてきている状況の中で、また甲府市地方卸売市場経営戦略をつくりましたけれども、その経営戦略が、したがってすばらしい、また本市場が元へ戻ってくるような、そういった体制づくりにしっかり取り組んでいただければありがたいと思います。  以上です。 448: ◯大塚委員長 政友クラブの小澤 浩君。 449: ◯小澤(浩)委員 よろしくお願いします。先ほど来、話が出ている甲府市地方卸売市場経営戦略についてお伺いいたします。  私も2年ほど、本市場の運営協議会に出席させていただきまして、委員として清水(仁)委員、神山委員と私3人で日本工営株式会社さんといろいろ論議を交わしながら、ことしの2月末にその素案を全部承認しまして、この4月から本経営戦略がスタートすることになりました。それについて質問させていただきます。  施策の概要をさらっと短く、活性化シナリオは2つあって、基本戦略が6つあって、それに対して戦略18項目及び22の行動計画の中で、PDCAサイクルをもってローリング方式で整備部会、営業部会、合同部会で協議をしていくと。それに対しては全て行動計画がしっかりついているというような状況でございます。  それについて、平成30年度、このような取り組みの予算をどのように執行していくのか、まず教えてください。 450: ◯大塚委員長 上田市場経営室長。 451: ◯上田市場経営室長 予算特別委員会でございますので、まず平成30年度の市場事業会計におけるこの経営戦略に係る予算というものは、先ほどの貸付事業からの収入810万9,000円が整備費として計上してございます。  あと、営業関係につきましては、本市場運営協議会委員の協議の報酬、その程度しか載せてございません。なぜかと申しますと、まず4月から全市場関係者によってこの活性化施策の22項目を取り組んでいくということで、営業部門につきましての予算はございません。ただ、平成30年度に向けて、実はもう動き出しております。営業部会におきましては、3月に入りましてJA甲府、JA中巨摩東部と営業部会の組織づくりについて既に協議を始めておりまして、来週におきましてはJAふえふき、JAフルーツとまた組織の設立に向けての協議を予定しているところでございます。  さらに、整備部会におきましては、当初、動きは悪かったんですけれども、水産物部の仲卸業者の皆様全てが、やはり衛生管理、温度管理というのはやっていかなきゃならないということを強く意識していただきまして、先月の2月13日に神奈川県横浜市へ視察に行きました。  また、来週の3月20日には、水産物部仲卸業協同組合理事長を筆頭に水産物部の全ての仲卸業者を率いて、先進市場の衛生管理等の視察に1泊2日で行くということで、その費用は全て仲卸業者の個人が出すということで、非常に前向きに今、取り組んでいただいておりますので、これは平成29年度中の取り組みになりますけれども、もう既に平成30年度に向かって行動指針に基づいて取り組みを進めておりますので、ぜひ御期待願いたいと思います。 452: ◯大塚委員長 小澤(浩)委員。 453: ◯小澤(浩)委員 既に営業部会、整備部会とともに動いているという答弁をいただきました。  それでは、ちょっと視点を変えて、もう一点、この基本戦略の中で、甲府市の総合的な支援というものが記載されています。その支援内容を確認させていただいたところ、ちょっと読みますね。「県内JAとの連携強化による地場産品の市場取扱量拡大や業務需要家等への販路を拡大させる方策を協議していきます。」と書いてあります。  それで今、先ほども既に営業部会でJA甲府から始まり、JA中巨摩東部、JAふえふき、JAフルーツと既に動いていらっしゃっています。そこで、実は本市場運営協議会の中でも副会長にJA甲府の長田理事長が出席もされていまして、非常に今後も連携していきたいという話も聞いています。  それで、JAの組織としまして、平成31年に4つのJAが合併するという話をちょっと聞いております。平成31年というと、来年ですね。そうするとその1年前のことしが交渉するためには非常に大切な時期と思っております。その辺に関して、市場経営室長として何か取り組みがあれば教えてください。 454: ◯大塚委員長 上田市場経営室長。 455: ◯上田市場経営室長 平成31年の2月にJA甲府、またJA中巨摩東部等が合併するということは私ども承知しております。この合併する直前とはなりますが、まだ1年間ございますので、JA甲府の思い、JA中巨摩東部の思いそれぞれを、特産品もありますので、そういうこともお聞きする中で、また合併するそれぞれのJAのすり合わせも私どもやっていかなきゃいけないなという部分もあるんですけれども、私ども、この支援にもあるとおり、お引き合わせと協力はできるんですけれども、やはり商売の世界になりますので、生産者、また本市場の卸業者、あと実需者の関係につきましては、それぞれがみずからのビジネスとして成り立つ形をとっていかなければ成功しませんので、その仲立ち、サポートは甲府市として、開設者としてしっかりやっていきたいと考えています。 456: ◯大塚委員長 小澤(浩)委員。 457: ◯小澤(浩)委員 確認させていただきました。  確かに上田市場経営室長がおっしゃるように、本市場は民間の会社が入っていますので、その辺は非常に難しいかとは思いますけども、卸業者がしっかり協力していただかないと、幾ら市場経営室で頑張ってもなかなかうまくいかない部分もあります。  そういった部分でも、この部会がしっかり動きながら市場経営室と市場関係者とJAがうまく連携していただいて、新たなブランドをしっかり立ち上げて、県内・県外にしっかり発信して本市場の販路拡大に努めていただきたいと思います。  最後に1点、今ちょっと話題になっているフジノスケという山梨県のブランドがあると思います。県産のニジマスと北海道産のキングサーモンを掛け合わせたものと確認しております。そういったブランドが今から全国に発信するという中で、県内唯一の公設市場としてどのように攻めていくのかについてお願いします。 458: ◯大塚委員長 上田市場経営室長。 459: ◯上田市場経営室長 山梨県が今、取り組んでおりますフジノスケにつきましては、今、小澤(浩)委員がおっしゃっていただいたように、キングサーモンとニジマスのハイブリッドということで、この間、テレビとかで試食会もやっておりましたけれども、かなり味みがいいということで評判の魚のようです。  山梨県が県特産品として力を入れている事業でありますし、先般の経営戦略の策定に当たり、本市場としてこのフジノスケを取り扱うことによって、水産物部の取扱量が上がるんじゃないか、積極的に関与していこうということが、水産物部の卸業者・仲卸業者から意見をいただいております。  今後につきましては、県内唯一の公設市場であり、水産物を扱っているのは本市場しかございませんので、山梨県のブランド化や流通化における関与等には積極的に御協力する中で、山梨県とともに県特産品としてその流通を担っていきたいと考えているところでございます。 460: ◯大塚委員長 小澤(浩)委員。 461: ◯小澤(浩)委員 確認できました。先ほど私が冒頭に言いましたけれども、10年間の経営戦略は本当にいいスタートが切れたと思います。  また、JAとも連携ができる旨もありますし、あとフジノスケだったり、いろいろなチャンスがありますので、本当に本市場をしっかり公設市場として見守っていきたいと思っております。  以上で終わります。ありがとうございます。 462: ◯大塚委員長 ほかに質問はありませんか。                (「なし」と呼ぶ者あり) 463: ◯大塚委員長 以上をもって、地方卸売市場事業会計の審査を終了いたします。  次に、一般会計歳出第8款土木費の審査に入ります。  それでは、当局から説明を求めます。  内藤建設総室長。 464: ◯内藤建設総室長 それでは、よろしくお願いいたします。第8款土木費につきまして、御説明申し上げます。
     初めに、平成30年度予算に関する説明書(一般会計)の10ページ、11ページをお願いいたします。  第8款土木費につきましては、当初予算額61億3,953万5,000円、対前年度比マイナス21.77%、17億833万2,000円の減額計上であります。減額となりました主な要因は、甲府駅周辺土地区画整理事業費の減額、これは前年度対比9億207万5,000円の減であり、また北新団地B棟の完成に伴う公営住宅整備事業費の減額、これは前年度比8億4,346万2,000円の減でございますが、これらが主なものであります。  続きまして、116ページ、117ページをお願いいたします。  第8款土木費1項道路橋りょう費につきましては、1目の道路橋りょう総務費から6目の橋りょう維持費までであります。一部に総務部にかかわる予算を含みますが、一括して御説明を申し上げます。  1目道路橋りょう総務費は、一般管理費及び道路用地管理事業費ほか説明欄記載の事業に要する経費でありまして、対前年度比マイナス8.4%、5,681万3,000円の減額計上であります。主な要因は、平成29年度の山梨県の追加補正に伴う地籍調査事業費の減であります。  主な節につきましては、1節報酬は地籍調査事業費の嘱託職員1名分の報酬、2節から4節までは職員60名分の給与費等であります。11節需要費は街路灯などにかかわる光熱水費、自動車修繕に要する経費等であります。  13節委託料は、地籍調査測量業務、市道登記業務及び総務部にかかわります設計積算システム保守業務等の委託料であります。  14節使用料及び賃借料は、補修センターによる道路補修にかかわる建設機械及びダンプトラック、地籍調査事業にかかわる統合型土地情報システム等の借り上げ料などであります。  次に、2目道路維持費は、道路維持管理事業費等に要する経費でありまして、対前年度比9.1%、1,571万1,000円の増額計上であります。主な要因は、道路維持管理業務の道路ストック点検業務にかかわる委託料の増額によるものであります。  主な節につきましては、1節報酬は、道路補修センター嘱託職員4名分の報酬であります。  118ページ、119ページをお願いいたします。  13節委託料は、道路の除草、除雪にかかわる経費、甲府駅北口の市道等に係る指定管理料、道路ストック点検業務等の委託料であります。15節工事請負費は、総点検によるものを含め、道路維持・安全対策工事等であります。16節原材料費は、側溝ぶた、グレーチング、生コン等の補修工事用の材料費であります。  次に、3目道路舗装費は、説明欄記載の市道舗装事業費に要する工事請負費で、地域要望等による市道の舗装補修等でありまして、対前年度比16.6%、734万7,000円の増額計上であります。  5目道路新設改良費は、市道新設改良事業費のほか、説明欄記載の事業に要する経費でありまして、対前年度比マイナス14.6%、1億714万円の減額計上であります。主な要因は、市道新設改良事業費及び春日本通り線外整備事業費の工事請負費の減額などによるものであります。  主な節につきましては、13節委託料は、市道新設改良事業ほか2事業の測量業務委託等にかかわる経費であります。15節工事請負費は、市道新設改良事業ほか6事業にかかわる工事費であります。17節公有財産購入費は、市道新設改良事業等にかかわる道路用地の取得費であります。22節補償補填及び賠償金は、市道新設改良事業等の道路用地取得に伴う物件移転補償費であります。  次に、6目橋りょう維持費は、橋りょう整備事業費ほか、説明欄記載の事業に要する経費でありまして、対前年度比14.5%、2,130万円の増額計上であります。主な要因は、橋りょう長寿命化修繕事業にかかわります委託料の増額によるものであります。  主な節につきましては、13節委託料は、橋りょう点検業務委託等にかかわる経費、15節工事請負費は、橋りょう補修工事にかかわる工事請負費であります。  120ページ、121ページをお願いいたします。  2項河川費1目河川水路費につきましては、一般河川改修事業等にかかわる経費でありまして、対前年度比マイナス39.7%、5,925万2,000円の減額計上であります。主な要因は、測量及び設計業務委託にかかわります委託料の減額によるものであります。  主な節につきましては、2節から4節までは、河川改修業務にかかわります職員3名分の給与費であります。13節委託料は、沼川、四分川、流川の逆水防止樋門管理業務委託等の経費であります。15節工事請負費は、河川・水路改修等の工事に要する経費であります。22節補償補填及び賠償金は、河川改修工事にかかわる移転補償費であります。  続きまして、3項都市計画費につきましては、1目の都市計画総務費から7目の緑化推進費までであります。それでは、一括して御説明を申し上げます。  1目都市計画総務費は、都市計画事務費ほか、説明欄記載の事業に要する経費でありまして、対前年度比マイナス10.9%、2,755万1,000円の減額計上であります。主な要因は、優良建築物等整備事業の完了に伴う負担金補助及び交付金の減額によるものであります。  主な節につきましては、1節報酬は、甲府市空家等対策協議会委員報酬15名分及び都市計画審議会委員7名分の報酬、2節から4節は、職員11名分の給与費であります。13節委託料は、都市計画道路にかかわる予備設計及び立地適正化計画策定業務委託料等であります。  122ページ、123ページをお願いいたします。  19節負担金補助及び交付金は、特定空家等除却費助成金及び空き家改修費補助金等であります。  次に、2目開発指導費につきましては、土地開発指導事業費ほか、説明欄記載の事業にかかわる経費でありまして、対前年度比141.9%、2億3,761万2,000円の増額計上であります。主な要因は、建築物耐震化支援事業に伴います避難路沿道建築物耐震改修費補助金の増額であります。  主な節につきましては、1節報酬は、開発審査会委員等の報酬であります。2節から4節は、職員9名分の給与費であります。13節委託料は、木造住宅耐震診断事業等に伴う委託料であります。  19節負担金補助及び交付金は、建築物耐震化支援事業、沿道建築物耐震診断等にかかわる補助金であります。  次に、3目土地区画整理費につきましては、甲府駅周辺土地区画整理事業費ほか、説明欄記載の事業に要する経費でありまして、対前年度比マイナス28.4%、8億3,066万8,000円の減額計上であります。主な要因は、甲府駅周辺土地区画整理事業費の委託料及び工事請負費の減によるものであります。  主な節につきましては、2節から4節は、職員11名分の給与費であります。13節委託料は、甲府駅周辺土地区画整理事業における古府中環状浅原橋線横沢架道橋整備工事委託等に要する経費であります。  124ページ、125ページをお願いいたします。  15節工事請負費は、甲府駅周辺土地区画整理事業地内の都市計画道路及び区画道路にかかわる工事費であります。22節補償補填及び賠償金は、甲府駅周辺土地区画整理事業に伴います建物移転等の補償費であります。  次に、4目街路事業費につきましては、市単独街路事業費のほか、説明欄記載の事業に要する経費でありまして、対前年度比マイナス9.7%、7,839万8,000円の減額計上であります。主な要因は、和戸町竜王線整備事業費の補償補填及び賠償金等の減額によるものであります。  主な節につきましては、2節から4節は、職員6名分の給与費であります。13節委託料は、和戸町竜王線整備事業費にかかわります埋蔵文化財調査業務委託等に要する経費、15節工事請負費は、和戸町竜王線整備事業費にかかわる道路新設工事等の工事請負費であります。17節公有財産購入費は、和戸町竜王線整備事業費にかかわります事業用地の取得費であります。19節負担金補助及び交付金は、和戸町竜王線整備事業費の城東工区、中央五丁目工区を山梨県が代行して施工する事業費負担金等であります。22節補償補填及び賠償金は、和戸町竜王線整備事業費の事業用地取得に伴う物件移転補償費であります。  126ページ、127ページをお願いいたします。  6目公園費につきましては、動物園整備事業費ほか、説明欄記載の事業に要する経費でありまして、対前年度比1.1%、386万1,000円の増額計上であります。主な要因は、都市計画公園管理事業費にかかわります工事請負費の増額等であります。  主な節につきましては、1節報酬は、動物園窓口業務、遊亀公園内管理業務等にかかわります嘱託職員7名分の報酬であります。2節から4節は、職員23名分の給与費であります。11節需用費は、動物園・都市公園の光熱水費及び飼育動物用の飼料等に要する経費、12節役務費は、都市公園等の樹木の剪定業務手数料などに要する経費、13節委託料は、都市公園の清掃・除草業務及び動物園内の夜間警備、甲府市歴史公園及び甲府駅北口多目的広場の指定管理料等に要する経費、15節工事請負費は、公園施設改修工事等であります。  次に、7目緑化推進費につきましては、圃場管理事業費ほか説明欄記載の事業に要する経費でありまして、対前年度比0.6%、11万円の、ほぼ昨年同額の計上であります。  主な節につきましては、1節報酬は、緑化推進協議会委員10名分及び落合圃場の嘱託職員1名分にかかわる報酬、8節報償費は、緑化ポスターコンクール入賞者表彰賞品及び市民緑化教室の講師への謝礼等であります。12節役務費は、圃場管理及びナデシコ群生地等の維持管理に伴うシルバー人材センターへの派遣手数料などに要する経費、13節委託料は、まちの杜管理業務に要する経費であります。  128ページ、129ページをお開きください。  19節負担金補助及び交付金は、生け垣設置奨励及び事業所等の緑化事業の助成金等であります。  続きまして、4項住宅費でございますが、1目住宅管理費は、市営住宅の維持管理に要する経費でありまして、対前年度比3.1%、901万1,000円の増額計上であります。主な要因は、新設の甲府市市営住宅子育て世帯等応援家賃助成に伴う負担金補助及び交付金の増額によるものであります。  主な節につきましては、1節報酬は、市営住宅使用料の徴収嘱託職員2名分及び市営住宅管理嘱託職員1名分の報酬であります。2節から4節は、職員8名分の給与費、8節報償費は、市営住宅明け渡し訴訟に伴う弁護士費用及び市営住宅管理人報償金等であります。11節需用費は、市営住宅の建物修繕等に要する経費であります。13節委託料は、給水設備保守管理等に要する経費、15節工事請負費は、市営住宅の外壁等の改修及び屋上防水改修工事費等であります。23節償還金利子及び割引料は、住宅退居に伴う敷金払い戻しに要する経費であります。  次に、2目住宅建設費は、北新3団地建てかえに伴います公営住宅整備事業費に要する経費でありまして、対前年度比マイナス76%、8億4,346万2,000円の減額計上であります。主な要因は、北新団地B棟の完成に伴う工事請負費等の減額によるものであります。  130ページ、131ページをお願いいたします。  主な節につきましては、15節工事請負費は、北新団地C棟建設工事等に要する経費、22節補償補填及び賠償金は、北新団地B棟の完成に伴う入居者の移転に要する経費であります。  以上で説明を終わらせていただきます。御審査のほど、よろしくお願いいたします。 465: ◯大塚委員長 以上で説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  ここで確認のためでありますが、この款につきまして質疑のある委員は挙手をお願いいたします。                   (要望を聴取) 466: ◯大塚委員長 神山委員。 467: ◯神山委員 では、何点か確認をしていきたいと思います。  まずは8款3項1目、もしかしたら1項5目とかにもかかわっていくかもしれませんけれども、景観まちづくりに関して、無電柱化の取り組みです。  無電柱化の取り組み、何でこの話を出すかというと、国土交通省が平成30年度から東京オリンピック・パラリンピックの年にかけて、無電柱化の取り組みを進めていくということで計画をつくっています。無電柱化推進計画、まだ案ということかもしれませんけれども、それで甲府市もさまざまな市道とかでも無電柱化、進めていくということもあると思いますし、今定例会本会議でも小沢宏至委員が武田神社周辺等で無電柱化を進めていけば、いわゆる観光にも利益があるのではないかと、いい面があるんじゃないかということも言っていました。  当然、景観はこの甲府のまちの財産の1つだと思いますので、国がこういう踏み込んだ取り組みを進めていくに当たって、平成30年度から3カ年でやっていくということですので、年度の途中でもこの甲府市もこの取り組みに少しでもかかわっていって、どうやら税制措置で、無電柱化にかかわって何かしらの土地を供給した人とか事業者に対しての税制措置かもしれませんけれども、あとは予算措置で社会資本整備交付金などを使って、無電柱化を国としても後押しして進めていくみたいなことがありますので、何らかの取り組みを進めていただければ、この甲府市の価値向上につながるんじゃないかと。この景観まちづくりとか道路の改良ということで、お考えが聞ければというふうに思ったんですが、ぜひ積極的にこういう制度を使っていっていただきたいなという思いで質問させていただきます。 468: ◯大塚委員長 根津まち開発室長。 469: ◯根津まち開発室長 電柱の地中化につきましては、今定例会本会議でも御答弁したとおり、現在、甲府市では都市計画道路を主に行っております。そのほかに、現在でも山梨県を含めます電線管理者と市町村とで協議会をつくっておりまして、そういうところでどこの路線を行っていくとか、そういう協議も行っております。その中で、甲府市も今現在は都市計画道路中心に行っておりますが、その会議の動向も踏まえまして、また今後、検討していきたいと考えております。  当然、景観に有益だということは重々承知しておりますので、その辺も含めた中で検討していきたいと考えております。  以上です。 470: ◯大塚委員長 神山委員。 471: ◯神山委員 ぜひ平成30年度、検討してください。国土交通省がここでパブリックコメントが終わっている段階なので、その計画案を見ることができるんですけれども、防災の観点、景観の観点、あとは電柱がなくなることで交通の観点、この3つを挙げていて、国としては東京オリンピック・パラリンピックに向けてというところが強く出ているんですけれども、便乗して、せっかくそういう制度があるんだったら、もし使えるんだったら使ったほうがいいなと思いますので、ぜひ平成30年度、検討していただければと思います。  では、これは以上にしまして、あとは立地適正化計画についてお聞きしたいと思います。今定例会本会議開会日の市長の所信表明においても、立地適正化計画の策定を進めていくとされていましたし、今も内藤建設総室長の説明の中から、計画づくりの予算が計上されているという説明をいただきました。いつぐらいを目途に策定を進め、平成30年度ではどのような計画づくりに向けての取り組みが行われるか、御説明をいただきたいと思います。 472: ◯大塚委員長 石原都市計画課長。 473: ◯石原都市計画課長 立地適正化計画につきましては、平成31年度を目途に策定を今、進めているところであります。平成30年度につきましては、今年度後半で関係施策の整理でありますとか分析、そういったところを進めておりますので、そういった成果を持ちましてまちづくりの方針の検討でありますとか、目指すべき都市の骨格構造の検討、そして課題解決のための施策など、そういったところを検討していく予定であります。  以上です。 474: ◯大塚委員長 神山委員。 475: ◯神山委員 これまでの取り組み、分析を踏まえて、まちづくりの方針、都市の骨格などを平成30年度は行っていって、平成31年度に策定をするということで了解しました。  これまで私も本会議、また予算特別委員会でも取り上げましたし、ほかの議員たちも立地適正化計画を取り上げています。議会を通じてさまざま議論は進んでいるなというふうに思うわけですけれども、しかしながら、国はいわゆるコンパクト・プラス・ネットワークというこの考え方でまちづくりを進めていくんだということで制度設計をしているわけですけれども、なかなかこの甲府のまちで立地適正化計画をやっていくということを考えたときに、都市機能誘導区域をどうするんだとか、あとは居住誘導区域をどのくらいの規模で設定するのかと、具体的には課題が出てくると思います。  現状の段階で構いません、また平成30年度でこの方針、骨格をつくっていくに当たってのお考えという点で構わないんですけれども、都市機能誘導区域をどのように今、捉えているか、いくか。あわせてリニア駅周辺は当然調整区域というところで、調整区域内に都市機能誘導区域を設定することはなかなか難しいだろうなということから、この甲府のまちで策定をしていくという方針を決めた上で、この点の課題等を平成30年度どのように検討して、取り組みを進めていくか、方針をお聞きできればと思います。 476: ◯大塚委員長 石原都市計画課長。 477: ◯石原都市計画課長 立地適正化計画におきます都市機能誘導区域でありますとか居住誘導区域の設定ですけれども、今年度、策定をいたしました甲府市都市計画マスタープランにもそういったところを拠点として定めさせていただいております。  そういったところを見る中で、立地適正化計画でどこを拠点にしていったらいいか、そのようなところも確認をしながら、検討しながら立地適正化計画における拠点、都市機能誘導区域を設定していきたいと思っております。  そして、その周辺に居住誘導区域を設定していくということで、まだどのくらいの規模でというところまでは及んではおりませんけれども、あくまでもことし策定しました甲府市都市計画マスタープランの拠点、それを見据える中で、都市機能誘導区域、居住誘導区域というのを設定していきたいというふうに考えております。  それと、リニア駅周辺の位置づけでありますけれども、山梨県で今、外部の方を加える中で、協議会会議を行っておるので、そういった動向を見ながら、そこがどういった形の土地利用、都市的土地利用がされていくのかというのを見据えながら、本市として立地適正化計画の中へどのように取り込んでいったらいいかということを検討していきたいと考えております。  以上です。 478: ◯大塚委員長 神山委員。 479: ◯神山委員 了解しました。では、平成30年度の取り組みはまた年度中にしっかり見ていきたいと思います。  繰り返しになりますけど、コンパクト・プラス・ネットワーク、コンパクトであるということが当然、重要で、そもそも甲府のまちを俯瞰すると、やっぱりそうは言ってもコンパクトなまちの形成になっている、盆地の中できゅっとしているというのは特徴なんだろうと思っています。  拠点ということを言っていただきましたけれども、新たに拠点づくりをするということは、何かこの立地適正化計画というもので新たにスプロールのきっかけになってしまうのはまた違うなと思います。しっかり既存の今の甲府のまちを俯瞰したときに、今現在、拠点であるというところをしっかりネットワークで結んでいく。プラスして、リニア駅というものができるので、そこの機能は最大限に甲府全体、もしくは山梨全体に広がるようにはしなきゃいけないのだろうなと思いますけれども、過度に投資をすることもなく、今後人口が少なくなっていくことは否めないので、この計画の考え方にのっとった取り組みになっていただければと思いますので、平成30年度しっかり取り組みを見ていきたいと思います。  では、立地適正化計画は確認できたので、以上にしまして、次は同じ項目ですけれども、空き家対策について伺います。平成29年度に空き家対策課ができて、1年間の取り組みですけれども、さまざま具体的な動きがあったなということで、大変期待を込めて見ています。特定空家等を認定し、13件の認定で、2件はその話をされる中で更地になったということで、成果も出てきています。  ということで、ひとまずこの平成30年度の空き家への取り組みで、この特定空家等に対して何件ぐらい指定をしていくという見込みという言い方も変かもしれませんけど、想定がされているか。それが課題解消にそのうちどのくらいつながっていく想定があるか、お聞きしたいと思います。 480: ◯大塚委員長 田中空き家対策課長。 481: ◯田中空き家対策課長 特定空家等の認定につきましては、空家等対策の推進に関する特別措置法の第14条によりまして、まず認定をして措置をしていくという形になります。  平成29年度の特定空家等につきましては、前期で13件認定いたしました。このうち2件については特定空家等除却費助成制度を活用しまして、除却する予定となっています。  ということで、11件が現在の特定空家等の認定状況であります。  また、今後3月の末に甲府市空家等対策協議会の意見を聞く中で、6件の特定空家等を認定する予定ということになっております。  ということになりますと、17件の特定空家等になりますので、これについて、まず平成30年度はこの特定空家等になったものについて、空家等対策の推進に関する特別措置法に従いましてしっかり指導をしてまいりたいと考えてございます。  また、平成29年度、空家等の実態調査を実施しております。まだ最終的な実施の報告書の分析をしていないんですが、今年度、空家等実態調査の結果で40件程度、特定空家等の候補があるということになります。そういったところの特定空家等の候補を実態調査の結果を踏まえまして、しっかり現地を確認しながら必要に応じて措置をするかどうかというところを分析していきたいと考えております。  以上となります。 482: ◯大塚委員長 神山委員。 483: ◯神山委員 了解しました。今年度中ですけど6件は予定があると。それをまず平成30年度は取り組みを進めていく。さらに今、40件ぐらいなりそうなものがあるということで、特定空家等については丁寧に対応いただきたいと思います。  当然、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づいて指導をし、勧告をして段階を踏んで、それでもとなれば当然、代執行というところがあるかと思います。そこまでは時間がかかるので、平成30年度はもしかしたら想定はないかもしれませんけれども、代執行した後に、壊したその建物の木材とか物を、その土地に所有権は残るということで、土地に残しておかなきゃいけないということで、また新たな問題が発生しているというのを聞くところもあります。  そのようなことも平成30年度、代執行まで行かないのが一番ですけれども、さまざまもう既に行っている事例が他都市はあると思うので、検討いただきたいと思います。  もう一点、あとは使える空き家は使っていくという取り組みについても伺いたいと思います。  平成29年12月定例会本会議で佐野議員の質問にお答えをされる形で、新たな空き家へのインセンティブをつけていただくような制度がスタートしたというのがこの1月からですけれども、平成30年度、このように空き家の流通に向けて何か取り組み、検討されているものがあればお答えいただきたいと思います。 484: ◯大塚委員長 田中空き家対策課長。 485: ◯田中空き家対策課長 空き家の利活用につきましては、本年1月より空き家改修助成制度と、子育て世帯等家賃助成制度を始めたところであります。これにつきましては、平成30年度も引き続き周知徹底を行いながら、いろいろなメディア等を通じながら周知していきたいと考えてございます。  また、新たな平成30年度の予算の中で、セミナー等を開催しながら所有者の意識の涵養を図ってまいりたいと考えてございます。  以上です。
    486: ◯大塚委員長 神山委員。 487: ◯神山委員 ぜひとも制度の周知、それから今、啓発というか、その意識に対しての働きかけという答弁いただきましたけれども、さっき7款のところでリノベーションによるまちづくりの中でも残ってきたものを使うと、ああ、こういう新しい使い方ができるんだ、言い方はちょっと雑ですけど、かっこいいと思ってもらえれば、それに対しての選択肢が出てくるんだと思いますので、その点も意識啓発をしながら、こういう制度があるということをぜひとも周知していただきたいと思います。  そうなると、住宅市場というのは非常に硬直している市場だと思います。と言うのは、毎年家を買うわけではないので、それで当然、供給過多だから空き家がこれだけ発生しているので、使える空き家は使っていきましょうと口で言うのは簡単ですけど、難しいことなんだと思います。  空き家対策課ということで1年間取り組みをしていただいて、平成30年度の取り組み、平成30年以降も非常に期待をするところがあるんですけれども、ぜひ空き家対策ということにとらわれるだけではなく、住宅政策としての広い視点を持って平成30年度取り組んでいただくということが、空き家対策というよりも、住宅政策という視点で、住まいへの取り組みをすることで中心街の空き家が、今回のこの1月から始まった補助制度も540ヘクタールで、中心街のまちなか定住ということだと思いますけど、それは先ほど取り上げた立地適正化計画のまさに中心になるところに人を戻すということにもつながるとも思いますので、住宅政策という視点を持って取り組みを進めていただきたいなというところと、あと今後、国土交通省が今、住宅確保用配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律というものを施行して、住宅困窮者に対しての住まいということで空き家というのをターゲットにしているという部分もあります。  今度、中核市に移行すると、この事務をきっと行っていくことになると思いますので、まさに住宅施策という視点が必要かなと思います。その点、平成30年度、何か思いとかがあればお聞きしたいなと思いますけれども、いかがでしょうか。 488: ◯大塚委員長 田中空き家対策課長。 489: ◯田中空き家対策課長 新たな住宅セーフティネット制度につきましては、昨年10月より国の新たな施策ということで、住宅確保要配慮者向けの住宅の確保ということで、今後公営住宅のあきがなくなっていく、入居がなかなか厳しいという状況の中で、そちらの確保のための施策を導入したところであります。この中で、空き家の利活用というところも入っております。  こちらの空き家の住宅セーフティネット制度の件につきましては、ことしの3月、山梨県が賃貸住宅の促進計画を策定する予定となっております。そういったところも踏まえる中で、私ども甲府市が平成31年4月から中核市に移行ということになりますと、登録を行う必要があるということになります。そういったところもしっかり踏まえる中で、計画策定や助成制度についても今後、平成30年度、検討していきたいと考えてございます。  以上です。 490: ◯大塚委員長 神山委員。 491: ◯神山委員 では、空き家対策については以上にしますけれども、今、私が言った住宅政策というのは、このセーフティネットの部分だけではなくて、もっと住まいのあり方をしっかり提案していくということも空き家解消につながっていくという思いもあるので、それも踏まえて、住宅確保用配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律で、中核市になれば準備も来るし、平成30年度はさまざまな準備が必要かなということで発言をさせていただきましたので、空き家という部分を、もっと広く住まいのあり方みたいな視点でぜひ取り組みをしてもらえれば心強いなと思います。空き家対策は以上にします。  次は、8款3項6目の公園費、甲府市遊亀公園附属動物園について質問をしたいと思います。ゾウの単独飼育ということで提言がされて、非常に「てる」がかわいそうな状況にあるということで、先日、シンポジウムも行われたところです。そこはしっかりサポートしてあげていただきたいなと。取り組みも、ブイに餌を入れて運動するようなことで取り組みを進めていただいたということで、少しずつできる範囲からやっていただければと思います。  それで今後、本市動物園のリニューアルが行われていくので、その点は期待をして、そういうことが行われていけば当然、動物の環境もよくなっていくんだろうなと思いますので、それは今すぐにとはいかないので、様子を見ていきたいと思うんですけれども、そうはいっても、ぜひ動物ファースト、アニマルファーストというような視点で、本市動物園、リニューアルされるまでも行っていただきたいと思います。  例えば、遊亀公園ですし、カメがたくさんいるかと思うんですけれども、カメは暖かいところで生活しているようなカメがいるけれども、この寒い甲府、頑張って冬を越していると。例えば、リニューアルすれば当然、暖かい獣舎をつくって、アニマルファーストで動物園で飼育することができるようになるということは期待するんですけれども、そうはいっても、今すぐにでも対応してあげたらいいような、今、1つの例としてカメを挙げましたけれども、状況があるかと思います。  そのような視点に立ったときに、平成30年度何か動物のために小規模なリニューアルでも構わないですし、サポートできることというのは何かありませんでしょうか。 492: ◯大塚委員長 堀川公園緑地課長。 493: ◯堀川公園緑地課長 平成30年度ということでいいますと、先ほどゾウのお話をちょっと伺いましたけれども、一応平成30年度の当初予算ということの話であれば、今ある飼育場内ということで、拡張ということではないんですけども、一部砂場を設けるというような工事費も計上してあります。  先ほどカメの話も出ましたけれども、確かに神山委員おっしゃられるとおり、冬場については外に出せないというような状況がありますので、今後も逐次ということにはなると思いますけれども、整備計画以外でできることについて取り組んでいきたいとは考えております。  以上でございます。 494: ◯大塚委員長 神山委員。 495: ◯神山委員 整備計画以外でも動物のためにできることからという答弁を非常に力強く受けとめましたので、ぜひとも平成30年度も動物ファースト、そこにいる動物のことも当然考えていただいていると思うんですけれども、暖かいところに生息しているカメが寒いところにいたら、それはやっぱりつらいなと思いますので、財政厳しいかもしれませんけども、ぜひとも配慮をしていただきたいと思います。  もう一点、甲府市遊亀公園附属動物園については、あと獣医師さんの雇用の形についてです。人事にかかわらない範囲でお聞きしたいと思いますけれども、今度、保健所ができて、公衆衛生の獣医師を当然、雇用することになって、獣医師職というのができるようになると思うわけですけれども、動物園の獣医師の身分について、担当課から人事課にそこもしっかり獣医師職として雇用してほしいというような働きかけ等を平成30年度に予定しているのか、もしくは平成30年度からそうなるよという御報告をいただけるのか。  それは今後、そこで当然、獣医師を雇用していかなきゃいけないということを、持続可能で考えたときに、しっかり身分を保障することが重要だと思うことからお聞きをします。いかがでしょうか。 496: ◯大塚委員長 堀川公園緑地課長。 497: ◯堀川公園緑地課長 人事関連でありますので、私から詳しいことはちょっと難しい部分もありますけれども、原課の考えとすれば、確かに獣医師には負担がかかっているということは事実だと思います。当課とすれば、なるべく今いる獣医師に負担がかからないようにということの配慮はさせていただきたいと思っております。  以上でございます。 498: ◯大塚委員長 神山委員。 499: ◯神山委員 その部分がしっかり確認できれば大丈夫です。人事については当然、2款の部分にわたりますので、担当課としてはしっかり継続的に獣医師を雇用していくためにも、しっかり身分を保障したほうがいいというお考えが伺えたということは了解しました。  では、本市動物園は以上にしたいと思います。  今、ここまでで中核市というのは何度かお聞きしてきましたけれども、建設部関係でも中核市になったときに事務の移譲があるかと思います。106項目の都市計画、建設行政についての業務の移譲がありますけれども、人はふえないということで御報告を受けています。平成30年度、その中核市に向けての準備をしていくというところですけれども、業務はふえるけど人がふえないという状況、この点について、業務がふえて労働環境どうかなという心配があるんですけれども、平成31年度の中核市スタートに向けて、平成30年度どうやって取り組みをしていくか、その心配の部分についてどういう御答弁をいただけるかというところをお願いします。 500: ◯大塚委員長 内藤建設総室長。 501: ◯内藤建設総室長 平成30年度、中核市に向けての人員の確保でございますが、やはり移譲事務がたくさんふえるということで、それは事実でございます。  今、庁内的にも論議を重ねておりまして、とりあえず走りながらやっていこうということで、いずれ負担とか、こういうものはやっぱり重いねということが出てきた段階で、次に向かって人員の整備をしていきたい、そのように考えております。  以上であります。 502: ◯大塚委員長 神山委員。 503: ◯神山委員 わかりました。しっかり要求するときは要求していただいて、結局、しわ寄せが来るのは市民ということになってはだめですし、無理をして当然、職員さんたちが大変な思いをするのも、それは違うということだと思いますので、ぜひとも必要だという判断をしたときには要求をしていただきたいと思います。  では、私が予定していた部分は、次が最後になります。8款3項2目ですけれども、住宅リフォーム助成事業について、今回予算が計上されていないので、私の思いを述べて終わりにしたいと思います。答弁は求めません。  非常にいい制度だなと思っていました。今執行している平成29年度は1,000万円、その前はずっと2,000万円で来ました。それでこの前、清水英知議員の質問への答弁の中で、助成額の11倍の工事が行われていたとなると、2億2,000万円ぐらいですかね。その2,000万円のときに。いい制度だなと思っていましたし、だけどなくなってしまうんだなというのが受けとめです。  空き家対策にお金が回ったということで、なくなった理由は承知しているんですけれども、そうはいってもやっぱり使い続けていただくということは、空き家にならないということですし、何かの理由で住まなくなったとしても、リフォームしてきれいにしたまんまの住宅が市場に出てくれば、当然空き家になりにくいということもあるので、これはすごく空き家にさせないという意味でも意味があるのではないかなと思ったので、非常に、ああ、なくなってしまうんだなというところに残念な思いを持っています。財政が厳しいからということかもしれませんけれども、そうはいっても必要な事業だったんじゃないかなと思います。  この後もきっと質問に出ると思うので、残念だという思いを述べて、もし何か予算特別委員の中でうまいコンセンサスがとれたら、残念だなという思いが委員長報告に載るといいなと思うのを述べて、8款の質問を以上にしたいと思います。終わります。 504: ◯大塚委員長 木内委員。 505: ◯木内委員 住宅リフォーム助成制度に関しては、内藤委員が多分、質問してくれると思いますので、私は言いません。2点だけお願いいたします。  まず、1項2目の道路維持管理事業費に関して伺いたいと思います。こちらのほうは、市道の補修や維持管理などに係るものだと思っているんですが、これは昨年度より予算額が増額になっておりますが、この取り組みの強化などを予定している予算なんでしょうか。 506: ◯大塚委員長 貴家道路河川課長。 507: ◯貴家道路河川課長 予算の総額という意味でも、今年度より増額になっている部分があるんですが、その一部については、やはり必要な点検業務がふえてくるということで、法定点検、道路ストックの点検に係る委託、トンネル並びに横断歩道橋等の点検が平成30年度までに行わなければならないという意味で、そういった委託料が増額しているという部分もありますが、やはり安心安全な道路の整備ということを主目的に、予算の有効活用に努めてまいりたいと考えております。  以上です。 508: ◯大塚委員長 木内委員。 509: ◯木内委員 そうしましたら、補修や維持管理に充てる予算は前年度と余り変わらないということになるんでしょうかね。 510: ◯大塚委員長 貴家道路河川課長。 511: ◯貴家道路河川課長 そうですね、主な増額の部分というのは、その委託の部分になっております。  以上です。 512: ◯大塚委員長 木内委員。 513: ◯木内委員 特に市道の白線なんかがすごく薄くなっているなということが非常に気になっております。割かし簡単なものでしたらすぐに対応していただいたんですけれども、数カ月前にお願いをしたところ、順番があるのですぐに対応できないと言われました。  来年度に向けて、この体制を強化して、その対応を早くしていただくというようなことは考えていただけないでしょうか。 514: ◯大塚委員長 貴家道路河川課長。 515: ◯貴家道路河川課長 区画線につきましては、常任委員会でも御要望いただきまして、今年度については、予算の範囲内で対応できるものについては対応させていただいておるんですが、来年度につきましては、特に区画線について予算の配分を多くしておりますので、その中でできる限りの対応をしていきたいと考えております。  以上です。 516: ◯大塚委員長 木内委員。 517: ◯木内委員 対応を早めていただけるということで。もしあれでしたら、大体お願いしてからどのくらい見ればよろしいか。 518: ◯大塚委員長 貴家道路河川課長。 519: ◯貴家道路河川課長 今年度も御指摘いただいた中で、基本的には私ども職員のほうでセンターラインを有する市道については全て点検を行いました。ただ、それ以外の、やはり私どもの把握した範囲外で目につかない、気がつかない部分というのもあるかとは思いますので、ぜひ情報提供いただく中で、できるだけ早急に対応してまいりたいと考えております。  以上です。 520: ◯大塚委員長 木内委員。 521: ◯木内委員 そうしたら、どのくらいというのは、具体的にはあれですかね。 522: ◯大塚委員長 貴家道路河川課長課長。 523: ◯貴家道路河川課長 通常であれば、ある程度の延長をまとめて工事発注ということになりますけれども、緊急性に応じて、手数料というようなものを使ったり、いろいろな対応ができますので、その辺は危険度等を十分に勘案する中で、早急な対応を行っていきたいと考えております。  以上です。 524: ◯大塚委員長 木内委員。 525: ◯木内委員 以前要望させていただいたのは、比較的交通量の多い場所だったり何かしたんですけれども、今、かなり前向きな御答弁をいただきましたので、来年度に向けて、その点は非常に期待をしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  次の質問ですけれども、3項6目公園費の都市公園管理事業費に関して伺いたいと思います。  都市公園が何カ所かあって管理していただいていると思うんですけれども、その中でちょっと気になっているのがトイレの部分でして、老朽化が見られるなというトイレがあったりするんですが、その点、来年度に向けて何らかの対応を考えていたりするでしょうか。 526: ◯大塚委員長 堀川公園緑地課長。 527: ◯堀川公園緑地課長 トイレの対応につきましては、建てかえということで予算の計上はされてはおりませんけども、事業費の中の建物修繕ということの中で、劣化が激しいとか緊急性を要するトイレの器具とか、便器も含めてということですけども、については随時対応させていただきたいと思いますので、その分で予算化されていると御理解いただければと思います。  以上です。 528: ◯大塚委員長 木内委員。 529: ◯木内委員 ありがとうございます。今のところ、来年度に向けてここのトイレに関して修理予定があるというようなことはございますでしょうか。 530: ◯大塚委員長 堀川公園緑地課長。 531: ◯堀川公園緑地課長 現在、具体的にどの場所をということの計画はございませんけども、逐次状況を確認する中で、先ほど言いましたように緊急性を要する器具等については対応させていただきたいと考えております。  以上でございます。 532: ◯大塚委員長 木内委員、具体的な箇所はわかっているんですか。 533: ◯木内委員 まず管理というか調査というのか、そのようなことはされていらっしゃるんでしょうか。定期的に回って、補修しなければいけないところがあるか、ないかというようなことは。 534: ◯大塚委員長 堀川公園緑地課長。 535: ◯堀川公園緑地課長 公園内のトイレにつきましては、週に3回ほど清掃を行っております。その中で異常等があれば、なるべく早急に対応しているということになりますので、そういった意味でいうと、トイレの状況を随時確認する中でそのような対応をさせていただきたいと考えております。  以上でございます。 536: ◯大塚委員長 木内委員。 537: ◯木内委員 具体的にということですので、まず1つは、池田公園のトイレがかなり破損している部分もあるかなと思いましたので、その辺のところをぜひ点検をして、対応していただければなと思います。  そして、ほかのトイレなんかもぜひ点検して、必要な部分、早急に対応していただければと思いますので、要望して終わらせていただきます。ありがとうございました。 538: ◯大塚委員長 内藤委員。 539: ◯内藤委員 まず立地適正化計画について、3項1目都市計画総務費の委託料8,080万9,000円のうち、立地適正化計画策定の委託料はどのぐらいになるでしょうか。 540: ◯大塚委員長 石原都市計画課長。 541: ◯石原都市計画課長 立地適正化計画に係る委託料につきましては、1,340万円ほどを予定しております。 542: ◯大塚委員長 内藤委員。 543: ◯内藤委員 2款の総務費のところで、かなりコンサルタント委託、全国どこでも同じようなものをつくってくるというような話がありまして、本当にこのコンサルタント委託というのが果たしてどうなんだろうかということなんですが、その中で、やっぱり甲府市の特性、独自性を生かしてつくっていくということになると思うんですが、具体的に甲府市都市計画マスタープランとの関係でいいますと、甲府市都市計画マスタープランのほうでは、現在の市街化区域がおおむねまちなかゾーン、複合市街地ゾーン、ゆとり住居ゾーンとおおむね対応していると思いますけれども、今ここでスポンジ現象が起こり出していると。  一方、市街化調整区域、甲府市都市計画マスタープランでいうと郊外里山ゾーン、この辺で住宅が大分、建ち始めているという中で、どのように居住誘導区域を定めていくかというのが大変難しい問題だと思いますが、現在、どんなふうに考えていますでしょうか。 544: ◯大塚委員長 石原都市計画課長。 545: ◯石原都市計画課長 まず、甲府市都市計画マスタープランで定めさせていただきました、市街化区域内に定めさせていただきました拠点、こういったところが今、既存でストックもある程度満たされている場所かなと考える中で、甲府市都市計画マスタープランで拠点として定めさせていただいておりますので、立地適正化計画におきましても、都市機能誘導区域はこういったところを主眼に置いて設定をしていきたいなと考えております。  そして、居住誘導区域に移りますと、その周辺という形で、当然、立地適正化計画の中で考える上では、市街化区域内のその拠点の周辺に居住誘導区域を設定していこうと考えております。  また、市街化調整区域、今現在の居住されている部分もございますので、そういったところもどういうふうに保全、継続していくのか、そういったところ、あと今まで使っていた土地利用、市街化調整区域における土地利用のところも検討していかなければいけない。リニア駅周辺についても、先ほどお話しさせていただきましたとおり山梨県の土地利用を見ながら立地適正化計画の中に取り込んでいけるのか、いけないのか、そういったところを検討していきたいと考えております。  以上です。 546: ◯大塚委員長 内藤委員。
    547: ◯内藤委員 また今後、注目していきたいと思っております。  次に、住宅管理費、8款4項1目ですね。新規事業として家賃助成というお話がありまして、この住宅管理費に含まれているという御説明でありました。純粋にこれまでの市営住宅の改修ですとか、そういった意味での住宅管理費、新規事業を除いて市営住宅の改修なんかに計上される予算というのは、前年と比べてどうなんでしょうか。ふえている、減っている。 548: ◯大塚委員長 坂本住宅課長。 549: ◯坂本住宅課長 平成30年度の建物修繕費につきましては、平成29年度から約700万円増額の4,900万円となっております。  以上です。 550: ◯大塚委員長 内藤委員。 551: ◯内藤委員 そうすると、既に予算の使い道、具体的にどこの住宅の何号棟の何を直そうというような計画なんかはもう決まっているんでしょうか。平成30年度。 552: ◯大塚委員長 坂本住宅課長。 553: ◯坂本住宅課長 現在、空室になっていて修繕するところはある程度、決まっているところもありますけれども、この中には平成30年度に空室になって修繕するところ、そしてまた現在、入居している方の部分の修繕費も含まれておりますので、全て決まっているという形ではございません。  以上です。 554: ◯大塚委員長 内藤委員。 555: ◯内藤委員 もう少し部屋の修繕と同時に建物自体をどうしていこうという、少し大きな計画もあると思うんですけれども、その辺は大体平成30年度に何号棟のこれをやってというような計画はできているんでしょうか。 556: ◯大塚委員長 坂本住宅課長。 557: ◯坂本住宅課長 先ほどの内藤建設総室長からの説明にもありましたように、建物修繕費の関係については、主なものが個々の部屋の修繕というような形になりまして、先ほど内藤委員からお話がありました建物全体をどうだというものについては、それは工事請負費で屋上の防水の修繕や外壁の修繕などという形で行っております。  以上です。 558: ◯大塚委員長 内藤委員。 559: ◯内藤委員 市営住宅に関しましては、かなりやっぱり建ててからも年数がたっていますし、あと1つ効果として、地元の業者の皆さんが請け負うような仕事なので、地域経済という点でも必要な事業だと思いますので、必要な予算、十分確保して当たっていただきたいということを要望いたします。  それでは最後に、住宅リフォーム助成制度、8款3項2目に計上されない住宅リフォーム助成制度ですけれども、廃止については、先ほど神山委員のほうからもありました。全くそのとおりだと思います。  それで、廃止の理由として、外部評価でこの住宅リフォームというのは個人資産の形成なんだということで、そういうところにやはり税金を充てるのはどうかというような説明があったと思います。この外部評価で、個人資産の形成とともに、いや、これは経済対策なんだというような議論はされたんでしょうか。 560: ◯大塚委員長 佐野建築指導課長。 561: ◯佐野建築指導課長 外部評価につきましては、経済対策の一環ということで、平成25年度から事業を進めているということは説明させていただいてあります。 562: ◯大塚委員長 内藤委員。 563: ◯内藤委員 建設部としては説明したけれども、外部評価委員の皆さん方には理解を得られなかったと、こんな流れですか。 564: ◯大塚委員長 佐野建築指導課長。 565: ◯佐野建築指導課長 それを含める中で、外部評価委員としては評価されたということと理解しております。  以上になります。 566: ◯大塚委員長 内藤委員。 567: ◯内藤委員 それで、この甲府市行政評価外部評価委員会にどの事業を御審査いただくかということなんですね、要は。それは庁内の誰が決めているんでしょうか。この事業について外部評価をお願いしたいというようなことは。 568: ◯大塚委員長 根津まち開発室長。 569: ◯根津まち開発室長 当然この事業を審査してくださいというようなことを原課から言うこともなく、これはやはり市役所企画部サイドで必要なものを俎上に上げていると判断しております。  以上です。 570: ◯大塚委員長 内藤委員。 571: ◯内藤委員 企画部だと。よくわかりました。  神山委員も言いましたけれども、これは必要な事業だと思いますので、また引き続き私たちは復活を求めてまいりたいと思っております。  以上です。 572: ◯大塚委員長 創政こうふの小沢宏至委員。 573: ◯小沢(宏)委員 3項2目開発指導費の中で、建築物耐震化支援事業費、前年と比較しまして約2億円近く急増しているかと思うんですが、その費用がふえた理由と、先ほど内訳で避難路沿道の建築物のという言葉が聞こえたんですが、その他、費用と項目を大まかなところをお教えください。 574: ◯大塚委員長 佐野建築指導課長。 575: ◯佐野建築指導課長 建築物耐震化支援事業の内訳としましては、避難路沿道建築物の耐震診断及び耐震設計や耐震改修の費用と、そのほか木造住宅の耐震化整備事業の費用ということになっております。  以上です。 576: ◯大塚委員長 小沢(宏)委員。 577: ◯小沢(宏)委員 では、避難路沿道建築物、これが一番大きいんですが、その費用をお教えください。 578: ◯大塚委員長 佐野建築指導課長。 579: ◯佐野建築指導課長 避難路沿道建築物の費用が一番大きくなっていまして、耐震診断費としまして8,170万円、避難路沿道建築物の設計費用としまして約610万円、今回、避難路沿道建築物の耐震改修費用としまして1億5,800万円を計上させていただいております。  以上になります。 580: ◯大塚委員長 小沢(宏)委員。 581: ◯小沢(宏)委員 今回、それだけ急にふえた理由として、何か特別に新たな取り組みをされるとか、そういうことはあるんでしょうか。 582: ◯大塚委員長 佐野建築指導課長。 583: ◯佐野建築指導課長 以前から対象物件がわかっていますので、個別訪問を以前からさせていただいています。それで最近になりまして、だんだん理解が浸透してきたという部分と、あと今まで予算があっても、予算の範囲内でということでなかなか件数が伸びてこなかったという部分を解消しまして、来年度予算につきましては、明らかに診断であったり、改修に対応いただける物件に対して計上させていただいております。  以上になります。 584: ◯大塚委員長 小沢(宏)委員。 585: ◯小沢(宏)委員 それでは、今回でその件数はわかったんですが、全体として避難路沿道建築物、手をつけなければならないものに対して、全体から何%ぐらい進んだわけでしょうか。 586: ◯大塚委員長 佐野建築指導課長。 587: ◯佐野建築指導課長 全体といいますか、今、避難路沿道建築物の対象物件としましては232件を特定させていただいております。  その内訳の中で、診断が終わっている物件につきましては52件であります。  以上です。 588: ◯大塚委員長 小沢(宏)委員。 589: ◯小沢(宏)委員 やはり地道な努力が必要だというのがよくわかりました。  よく災害時に自助、共助、公助なんて言われている中で、最近公助が一番になっているようなんですが、物資を運ぶに当たって、やはり道路が整備されていなければ、道路が建物の倒壊によってふさがれて、自助をしたくてもできないということになりますので、粘り強くこの耐震化支援事業を進めていただきたいと思います。  以上です。 590: ◯大塚委員長 鮫田委員。 591: ◯鮫田委員 2つありまして、1つが8款1項2目道路維持費、通学路交通安全対策事業費なんですけど、以前も聞いたことがあると思うんですけれども、合同点検で過去何回か私もPTAの関係で出させていただいたことがあるんですけれども、来年度、点検をする学校というのは、これ自体は要望があったところ全てされるのかと、あと安全対策を実施される学校というのはもう決まっているんでしょうか。 592: ◯大塚委員長 貴家道路河川課長。 593: ◯貴家道路河川課長 当然、年次的に整備をということになりますけども、具体的に平成30年度、予定していますのが、湯田地区、相川地区、貢川地区、東地区、羽黒地区、大国地区、中道地区、山城地区、新田地区、玉諸地区、千塚地区、里垣地区で、それぞれ内容は違いますけれども、主なものとすればグリーン塗装等を予定しております。  以上です。 594: ◯大塚委員長 鮫田委員。 595: ◯鮫田委員 ありがとうございます。合同点検自体は年次的に2つに分けてとか、希望される学校を全てまた点検や現地調査をされていくのかというところはいかがでしょうか。 596: ◯大塚委員長 貴家道路河川課長。 597: ◯貴家道路河川課長 具体的な点検については、消費生活課交通安全係と協議する中で年次的に行っているという状況でございます。 598: ◯大塚委員長 鮫田委員。 599: ◯鮫田委員 歩道整備事業と関係するのかわからないですけど、グリーンベルトやカーブミラーなど、細かいところまでの要望への対応、警察署また山梨県と一緒になってやっていただけるのは本当にありがたいなと思っているんですけれども、そのほかに、小学校近隣でなかなか歩道がない道路が結構多いんじゃないかと思うんです。  通学路で小学校の近くや交差点が危険な箇所というのはすごくわかっているんですけれども、グリーン塗装で対応したりするところがあるんですけども、都市計画道路のような形でそういった危険な箇所をいずれ歩道をつくっていくような計画などを甲府市として考えられているようなことはあるんでしょうか。 600: ◯大塚委員長 貴家道路河川課長。 601: ◯貴家道路河川課長 現在の市道の中で、歩道を新たに設置するというような改良ができる箇所があるのかどうかというのもありますし、逆に用地について提供いただく中で、拡幅しなければ対応できないような箇所もあるかと思います。  いずれにしましても、そういった危険を感じるような箇所等がございましたら、建設部だけで対応できるものかわかりませんけども、具体的に御協議いただければと思っております。  以上です。 602: ◯大塚委員長 鮫田委員。 603: ◯鮫田委員 50年、100年構想みたいな形でもいいんですけども、そういったところで無償提供をお願いしていけるような、もうその住民の方から個別だと思うんですけれども、怒られる方もいると思うんですけども、ぜひそういった形でもまちづくりとして小学校を中心として今後、考えていくというところもあると思いますので、小学校を中心とした形で歩道の整備というところを一度、甲府市として未来を考えて、少しずつでもそうやって整備できるようなことを考えていっていただきたいなと思います。要望で終わります。  もう一点が、8款3項2目開発指導費の屋外広告物指導事業費。先月か先々月ですかね、市内でも大きな看板が落ちたというようなことがあった中で、この中にも屋外広告物の自主点検の促進というのを甲府市でもしていくことになっているのかななんて、山梨県屋外広告物条例に基づいてということだと思うんですけれども、それを受けて、来年度何か対策強化などについてお示しいただきたいんですけど。 604: ◯大塚委員長 石原都市計画課長。 605: ◯石原都市計画課長 屋外広告物の点検についてですけれども、現在、屋外広告物につきましては、新規に設置していただくこともそうですし、更新をしていただくときに点検をして、資格を持った方に点検をしていただいて、そして更新をするというような取り決めになっておりますので、更新時にそういったことで全部報告をいただいてやっていると。  その後、ふだんの点検があるかというと、なかなか本市ではそういったところは把握をしておりませけれども、更新時に点検をしていただくというシステムで現在やっております。  今後につきましては、先日、大きな看板が落下したという事故もございましたので、中核市に向けて我々、屋外広告物に係る条例を制定することを目指しておりますので、その条例の中にそういったところが盛り込めるのかどうなのか、今後の検討課題とさせていただきたいと考えております。  以上です。 606: ◯大塚委員長 鮫田委員。 607: ◯鮫田委員 ぜひ、ちょっと私にも具体策はなくてなんですけども、あのような看板が落ちて、万が一の事態にならなくてよかったなと思うんですけれども、どこの看板でももしかしたら落ちるという可能性もありますので、本当に大惨事になりかねないことが考えられますので、中核市に向けて、そちらの日々の点検というんですかね、何か新しい確認の仕方を検討いただければと思います。  以上で終わります。 608: ◯大塚委員長 金丸委員。 609: ◯金丸委員 それでは、私は8款土木費の3項の都市計画費の中の、空家等対策推進事業費4,000万円についてのみ質問いたします。  質問をする前に、我が市の行政もやればできるじゃないかというところから話をしたいと思います。実は空き家に関して本市議会議員の皆さんの関心というのは大分前からありました。実は私、調べましたら、平成23年12月定例会で、私が空き家と言う前、以前の空き家はほとんどが郊外、中山間地域の空き家対策問題だったんです。  ですから、本当に多くの方が当時、いろんな意見を出されていて、そして空き家バンクというのがそういう過程ででき上がってきたということだったんです。  そうした中で、実際に我が市の空き家率というのは、御存じのように、今さら数字も言いませんけど、当時20%弱ぐらいで、全国の県庁所在地ではもちろんワースト1だったと。  でもよくよく調べてみると、我が市の空き家は、中山間地域ではなくて、どちらかというと中心市街地にたくさん出てきたんだと。当時、ここに公明党の議員さんがいらっしゃいますけど、公明党の議員さんたちも盛んにそのことを言ってくださるようになりまして、そして当時、私が初めて取り上げた平成23年12月定例会のときには、当局の人は皆さんぴんとこなかったようで、誰がそれに最初に答えたかというところから話をしますと、建設部でももちろんないし、企画部でもないし、市民対話課というところが対応したんですよ。今でも市民まつりを観光課がやっているようなものですよ。市民対話課が何で空き家対策を答えたかと。  そういう中で、庁内連絡会議をつくってくれて、そしてやがて今度はやっと企画部が対応してくださるようになって、そしていよいよ平成26年9月定例会に、私が専門家チームをつくって、その人たちに協力してもらえばいいじゃないかという提言をして、そして平成29年4月のまさに今回の建設部の空き家対策課になったと。  今、流れを話したんだけど、本来、行政というのはこういうものだと思うんですよ。議会や議員が質問したり提言したりしたことを真摯に受けとめて、今すごい皮肉を言っていますからね。真摯に受けとめて、言わなくても聞こえますか、真摯に受けとめて、それをしっかり行政が受けとめて、そしてどこにやって、どういうふうにすれば物事が解決していくんだろうと。  だからお祭りを観光課でやるんじゃなくて、もう一回言いますよ、じゃなくて、しっかりその当時、市民対話課でその当時の課長さん、よく頑張ったと私も思っています。これは市民対話課だけの問題じゃないと。  当時の空き家というのは、どっちかというと防犯対策とかじゃなくて、単に草が生えたりとか、あるいはそこで虫が湧いたりとかという環境上の問題、それからもう一つはやっぱり防火、火災予防。この2つの条例しか対応できませんよというのが当時の甲府市だった。平成23年当時。だけど、そのときもう既に全国では9つもの自治体が空き家対策を何とかしなきゃといって条例をつくり出したのが平成23年ごろなんです。  だから我が市は、もう一度言うと、甲府市もそういう過程にあって、国のほうが早く進みましたから、条例をつくらないまでも、ちゃんと企画部がそれに耳をかして、企画部がしっかり研究をして、そしてそれを建設部にちゃんと渡したと。これがやっぱり私は本来の行政のあり方だと思って、とても高く評価しております。だから歴代の企画部長も少しは耳を傾けてくれて、そして受けた建設部長も立派だったなと思っています。  そうした中で今回、この空家等対策推進事業費が約4,000万円計上されております。平成30年度ですね。まず先ほど来、何人もの方からいろいろなお話が出ていますけども、まずやっぱりこのふえた理由というのは、当然、新たにいろんな事業をするだろうということで、もちろん事業の内容を私、把握していますよ。すごいなと思っているのは、こういう立派なガイドブックができ上がったり、あるいはこういった空き家を活用してというふうな助成制度等も周知されていたりして、こういった動きはすごいなと思いますが、これ以上に、平成30年度これだけの費用が計上されたというのは、一番大きな理由は何ですか。まずお願いします。 610: ◯大塚委員長 田中空き家対策課長。
    611: ◯田中空き家対策課長 平成30年度の予算の中で特にふえた要因ということになります。先ほど金丸委員から御紹介のありました空家等の助成制度については、特定空家等除却費助成制度、子育て世帯家賃助成制度等、昨年度は年度中途であったというところで、平成30年度は本格的実施ということで、業務委託料がふえております。  なお、平成30年度の新たな取り組みといたしましては、相続人等所有者特定に伴う業務の委託料、また空き家セミナー、相談会等の経費ということで、平成30年度より新たに国の空き家対策総合支援事業という国の補助金を使いながら実施を行うということで、この取り組みが新たな予算の内容となっております。  以上です。 612: ◯大塚委員長 金丸委員。 613: ◯金丸委員 了解しました。その今言った相続人等所有者特定に伴う業務、これはどのような委託をその人たちにするのか、またどの程度の件数を予定しているのか、答えられましたらよろしくお願いします。 614: ◯大塚委員長 田中空き家対策課長。 615: ◯田中空き家対策課長 ただいまの御質問の相続人等所有者特定業務につきましては、空家等対策の推進に関する特別措置法の特定空家等の措置を行うに当たっては、相続人等の所有者に対して、全ての所有者に通知を行い指導することが必要となっております。  このため、所有者については正確な情報を把握ということになりますが、空き家の相続の問題については、今、非常に人数が多くなったり、いろいろな問題等でなかなか所有者を特定することができません。  こういった多くの問題等のある中で、昨年6月に専門家団体と甲府市における空家等対策に関する基本協定を結んだ中の専門家の皆様と連携しながら、所有者の特定作業ということで業務委託を行いまして、危険な空き家の所有者の調査をしていくということであり、団体といたしましては、山梨県司法書士会、山梨県行政書士会、山梨県弁護士会等になっております。そういったところに業務委託をする予定となっております。  以上です。 616: ◯大塚委員長 金丸委員。 617: ◯金丸委員 当時、平成26年に私が山梨県をまねしてハンズオンチームがあるよと、その専門家のチームというのを平成26年9月定例会本会議で提言したことがあったんですが、それが実現してきたなと思ってうれしく思っています。確かにここに書いてあるように、この専門家団体というところ、山梨県弁護士会から始まって幾つもありますが、こういったことも必要なんだけれども、甲府市独自ではなかなか難しいことがあると思うんですが、その辺についてはこのやっぱり専門家、わかりやすく言うと国家資格等を持つ人たちに任せたほうが安心だと私も思いますが、甲府市独自ではどの程度のことを考えていますか。 618: ◯大塚委員長 田中空き家対策課長。 619: ◯田中空き家対策課長 本来、空き家の所有者の特定、調査につきましては、空家等対策の推進に関する特別措置法に基づきまして固定資産税の課税情報を利用できるという権限まで空き家対策課の職員にはございます。ただし、そういったところの専門的な分野等につきましては、やはり職員だけではなかなか難しいというところもございます。また、調査に当たっては何カ月という非常に長い期間の調査も中にはございますので、そういったところを少数4名の職員で対応しておりますので、民間の活力を使いながら業務を行っていきたいと考えています。  ただし、嘱託職員の人員等については今後、増員等の人員配置も考えております。  以上です。 620: ◯大塚委員長 金丸委員。 621: ◯金丸委員 了解いたしました。結びに、私の失敗談を1つだけ話をしますと、当時、私が専門家チームということで、山梨弁護士会や山梨県司法書士会だなど、あるいは不動産鑑定士、あるいは土地家屋調査士、そういったしっかりした国家資格等をお持ちの皆さんにと、こう言ったんですね。それであえてそのときに不動産業者は外そうと言ったところ、後々これがえらい目に私は遭いまして、不動産業者という人たちから随分バッシングを受けまして、あとは非常に反省を、余りしなかったですけどね。  いずれにしてもビジネスとして物事を考える。つまり国家資格を持っている人はもちろんビジネスなんだけれども、ある程度、公という意識がありますね。だけどそうじゃない、資格を持っていない人たちやグループなんかがいると、やはりなかなかそこには難しい問題が出てくると。だからぜひ事を進めるに当たっては、少なくとも甲府市内あるいは山梨県内にしっかりとした拠点を持った国家資格等を有する今ここに出ているような団体等に力をおかりして、今の民間活力ということで進めていただければ、恐らく問題なく行くと信じておりますので、引き続き頑張っていただきたいとエールを送って、終わります。  以上です。 622: ◯大塚委員長 先ほどの内藤委員の質問に対しまして、有賀企画財政室長より訂正をしたい旨の申し出がありますので、これを許可します。  有賀企画財政室長。 623: ◯有賀企画財政室長 先ほどの内藤委員の御質問の中で、外部評価委員の選定する事業とおっしゃいましたけれども、その選定方法について根津まち開発室長が「企画部が選定している」というようなお答えをいたしましたけれども、訂正をさせていただきます。  外部評価につきましては、本市における行政評価の客観性や公平性を高めるために実施しておりますが、今年度から施策評価、施策に対する評価を実施しております。今年度につきましては、4つの施策を選定しておりますが、この施策の選定に当たりましては、甲府市行政評価外部評価委員会の委員長と事務局を務めます企画部で協議をして選定してございます。  その選定方法につきましては、昨年5月に市民実感度調査というのを実施しておりますので、その中で実感度の低いもの、また外部評価には時間的な制限がございますので、なるべく事務事業の少ないもの。もう一つは、部局に偏りがないように、この3つの視点から4つの施策を選定させていただいております。  その1つの中に、住環境の向上という施策がございまして、この中の1つに住宅リフォーム助成事業があったということでございます。  以上でございます。 624: ◯大塚委員長 内藤委員、よろしいですか。 625: ◯内藤委員 結局、企画部。  わかりました。はい。 626: ◯大塚委員長 もう一点ありました。金丸委員の質問に対しましての田中空き家対策課長から発言をしたい旨の申し出がありますので、これを許可します。  田中空き家対策課長。 627: ◯田中空き家対策課長 先ほど金丸委員から御質問のございました所有者特定につきまして、件数の質問がございました。それについてお答えしておりませんでしたので、件数につきましては、50件を予定しております。  以上になります。 628: ◯大塚委員長 金丸委員。 629: ◯金丸委員 了解。 630: ◯大塚委員長 以上をもって、一般会計歳出第8款土木費の審査を終了いたします。  ここで、建設部長が3月31日をもって退職されますので、挨拶をお願いいたしたいと思います。  建設部長、秋山益貴君。 631: ◯秋山建設部長 貴重なお時間の中、このような機会を与えていただきまして感謝申し上げます。  私、昭和55年4月に土木職員として入所させていただきまして、今月で38年が過ぎようとしております。これまでの職歴の御縁で、まちづくりに関係の深い都市計画課に長く在籍させていただきました。昭和62年、大里地区での逆線引きに始まりまして、平成7年には都市計画法の大改正に伴う用途地域の全面見直し、また平成23年には、品川・名古屋間のリニア中央新幹線のルート決定など、本市のまちづくりの分岐点に数多く立ち会わせていただきました。  これらの業務経験を通じまして、甲府市のまちづくりは本市自身が考え、作成した施策に基づき行うことが、市民の皆様にとって最大多数の最大幸福につながるという教訓を学ばせていただきました。この教訓をぜひ職員の皆さんにお伝えしたいと思い、微力ではございますが、今年度、建設部内での新たな政策形成を目指して、いろいろな機会を捉えて話し合ってきたところでございます。  本市には今後、リニア中央新幹線開業、新山梨環状道路の開通など、まちづくりに関して大きな分岐点がたくさん用意されてございます。ぜひ中核市としての誇りと自信を持って、新しいまちづくりの施策形成に積極的にチャレンジしていただき、最大多数の最大幸福が実現できますよう御期待申し上げておるところでございます。  結びに、ここに御参集の委員の皆様の御健勝を御祈念申し上げまして、挨拶とさせていただきます。長い間、ありがとうございました。(拍手) 632: ◯大塚委員長 御苦労さまでした。  以上をもって、本日予定いたしました日程は全て終了いたしました。大変、御苦労さまでした。  なお、月曜日19日も午前10時から日程に従って審査を行いますので、時間厳守で出席されるようお願いいたします。  本日はこれをもって散会いたします。                午後 5時41分 散 会 発言が指定されていません。 Copyright © Kofu City, All rights reserved. ↑ 本文の先頭へ...