ツイート シェア
  1. 甲府市議会 2017-12-01
    平成29年12月定例会(第5号) 本文


    取得元: 甲府市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-09
    平成29年12月甲府市議会定例会議事日程(5)                       平成29年12月15日(金)午後1時 ─────  報 告 ───── 第 1 議案第 118号  甲府市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例             の一部を改正する条例制定について 第 2 議案第 114号  専決処分について             (平成29年度甲府市一般会計補正予算(第4号)) 第 3 議案第 117号  甲府市創作の森おびな条例制定について 第 4 議案第 119号  甲府市職員給与条例の一部を改正する条例制定について 第 5 諮問第 5号  人権擁護委員候補者の推薦について 第 6 諮問第 6号  人権擁護委員候補者の推薦について 第 7 請願第29−12号 「若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める意見書」             提出の請願 第 8 議案第 115号  平成29年度甲府市一般会計補正予算(第5号)中             当委員会所管分
                                 以上 総務委員長報告 ────────────────────────────────────── 第 9 議案第 121号  工事請負契約締結について 第10 議案第 122号  工事請負契約締結について 第11 議案第 123号  工事請負契約の変更契約締結について 第12 議案第 125号  平成29年度甲府市一般会計補正予算(第6号) 第13 議案第 115号  平成29年度甲府市一般会計補正予算(第5号)中             当委員会所管分                            以上 民生文教委員長報告 ────────────────────────────────────── 第14 議案第 120号  甲府市市営住宅条例の一部を改正する条例制定について 第15 議案第 115号  平成29年度甲府市一般会計補正予算(第5号)中             当委員会所管分                            以上 経済建設委員長報告 ────────────────────────────────────── 第16 議案第 116号  平成29年度甲府市浄化槽事業特別会計補正予算(第1号) 第17 議案第 124号  工事請負契約締結について 第18 議案第 115号  平成29年度甲府市一般会計補正予算(第5号)中             当委員会所管分                            以上 環境水道委員長報告 ────────────────────────────────────── 第19 議案第 126号  平成29年度甲府市一般会計補正予算(第7号) 第20 議案第 136号  甲府市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例制定につ             いて 第21 議案第 133号  議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改             正する条例制定について 第22 議案第 135号  特別職職員で常勤のものの期末手当に関する条例の一部を改             正する条例制定について 第23 議案第 128号  平成29年度甲府市交通災害共済事業特別会計補正予算             (第1号) 第24 議案第 134号  甲府市職員給与条例及び甲府市一般職の任期付職員の採用及び             給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について 第25 議案第 127号  平成29年度甲府市国民健康保険事業特別会計補正予算             (第2号) 第26 議案第 129号  平成29年度甲府市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) 第27 議案第 132号  平成29年度甲府市病院事業会計補正予算(第1号) 第28 議案第 137号  甲府市学校職員給与条例の一部を改正する条例制定について 第29 議案第 130号  平成29年度甲府市古関・梯町簡易水道事業特別会計補正予算             (第1号) 第30 議案第 131号  平成29年度甲府市簡易水道等事業特別会計補正予算             (第1号) 第31 甲議第10号  若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める意見書提出             について (出席議員) 木内 直子 君  神山 玄太 君  向山 憲稔 君  望月 大輔 君 鮫田 光一 君  藤原伸一郎 君  深沢 健吾 君  末木 咲子 君 清水 英知 君  長沢 達也 君  佐野 弘仁 君  中村 明彦 君 植田 年美 君  小沢 宏至 君  天野  一 君  山中 和男 君 小澤  浩 君  長沼 達彦 君  坂本 信康 君  岡  政吉 君 内藤 司朗 君  山田  厚 君  兵道 顕司 君  清水  仁 君 桜井 正富 君  金丸 三郎 君  鈴木  篤 君  廣瀬 集一 君 大塚 義久 君  原田 洋二 君  池谷 陸雄 君  荻原 隆宏 君                                 32人 (欠席議員)                                  なし 説明のため議場に出席した者の職氏名 市長        樋口 雄一 君  副市長       工藤 眞幸 君 副市長       岸川 仁和 君  総合戦略監     窪田  淳 君 危機管理監     早川  守 君  総務部長      輿石 十直 君 企画部長      中村 好伸 君  リニア交通政策監  望月  伸 君 市民部長      塚原  工 君  税務統括監     曽雌 芳典 君 福祉保健部長    相良 治彦 君  子ども未来部長   田中  元 君 環境部長      飯田 正俊 君  産業部長      小林 和生 君 建設部長      秋山 益貴 君  病院長       藤井 秀樹 君 病院事務局長    中澤 義明 君  教育長       小林  仁 君 教育部長      小林 和彦 君  選挙管理委員長   志村 文武 君 代表監査委員    萩原  泰 君  農業委員会会長   西名 武洋 君 上下水道局業務部長 堀内 正仁 君  上下水道局工務部長 深澤  隆 君 職務のため議場に出席した事務局職員の職氏名 議会事務局長    古屋 昭仁 君  議会事務総室長   神宮司秀樹 君 議事調査課長    深澤 健二 君  議事調査課長補佐  望月 正文 君 議事調査課長補佐  橘田 善弘 君  議事調査係長    小林 陽子 君 議事調査係長    宮崎 真二 君  議事調査係主任   清水 和美 君 総務課長補佐    植松 泰人 君                午後 1時00分 開 議 ◯議長(鈴木 篤君) これより本日の会議を開きます。  報告事項を申し上げます。  市長から追加議案の提出について通知がありました。提出議案は、議事日程記載の日程第19 議案第126号から日程第30 議案第131号までの12案でありますので、朗読を省略いたします。  次に、廣瀬集一君外3人から甲議第10号 若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める意見書提出についてが提出されました。各位のお手元に配付いたしてありますので、御了承願います。  以上で報告を終わります。  これより日程に入ります。  日程第1 議案第118号から日程第8 議案第115号までの8案を一括議題といたします。  8案に関し、総務委員長の報告を求めます。  総務委員長 廣瀬集一君。              (総務委員長 廣瀬集一君 登壇) ◯総務委員長(廣瀬集一君) 去る12月11日の本会議において、当委員会に付託されました案件について12日委員会を開き、慎重に審査した経過と結果について御報告いたします。  まず、議案第118号 甲府市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定については、公務運営は、任期を定めない常勤職員によることが大原則であり、常勤職員の置き換え及び非正規職員の拡大・固定化が懸念されるため反対であるとの意見がありましたが、採決の結果、多数をもって当局原案のとおり可決するものと決しました。  次に、議案第115号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第5号)中当委員会所管分については、全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しましたが、開府500年に対する市民意識を更に醸成するため、話題性のある記念ナンバープレートとなるよう求める意見や、遠距離通勤・通学定期券購入補助制度の更なる通知を図り、人材の流出抑制及び地域経済の循環確保に努めるよう求める意見がありました。  次に、議案第114号 専決処分について(平成29年度甲府市一般会計補正予算(第4号))は、全員異議なく当局原案のとおり承認するものと決しました。  次に、議案第117号 甲府市創作の森おびな条例制定について 及び  議案第119号 甲府市職員給与条例の一部を改正する条例制定についての2案については、いずれも全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しました。  次に、諮問第5号 人権擁護委員候補者の推薦について 及び  諮問第6号 人権擁護委員候補者の推薦についての2案については、いずれも全員異議なく当局諮問のとおり決定するものと決しました。  最後に、請願第29−12号 「若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める意見書」提出の請願については、社会保障全体の議論の推移を見守ることが必要であるため継続審査を求める意見と、支給開始年齢の引き上げは、人生設計に問題が生じることから願意妥当であり採択すべきであるとの意見があり、採決の結果、多数をもって採択するものと決しました。  以上で報告を終わります。
    議長(鈴木 篤君) 以上で報告は終わりました。  ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。  質疑はありませんか───質疑なしと認めます。  これより採決に入りますが、この際、議員の皆様に申し上げます。  起立採決に当たりましては、押しボタン式投票を併用いたします。賛成の諸君は、賛成ボタンを押し御起立を願います。反対の諸君は、着席のまま反対ボタンをお押し願います。  これより、日程第1 議案第118号を起立により採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。  本案は当局原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。                   (賛成者起立) ◯議長(鈴木 篤君) 起立多数であります。  よって本案は提案のとおり可決いたしました。  次に、日程第2 議案第114号を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は承認であります。  本案は当局原案のとおり承認することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、本案は提案のとおり承認いたしました。  次に、日程第3 議案第117号及び日程第4 議案第119号の2案を一括採決いたします。  2案に対する委員長の報告は可決であります。  2案は当局原案のとおり可決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、2案は提案のとおり可決いたしました。  次に、日程第5 諮問第5号及び日程第6 諮問第6号の2案を一括採決いたします。  2案に対する委員長の報告は諮問のとおり決定であります。  2案は当局原案のとおり決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、本案は提案のとおり決しました。  次に、日程第7 請願第29−12号を起立により採決いたします。  本件に対する委員長の報告は採択であります。  本件は原案のとおり採択することに賛成の諸君の起立を求めます。                   (賛成者起立) ◯議長(鈴木 篤君) 起立多数であります。  よって本件は提案のとおり採択いたしました。  次に、日程第9 議案第121号から日程第13 議案第115号までの5案を一括議題といたします。  5案に関し、民生文教委員長の報告を求めます。  民生文教委員長 岡 政吉君。             (民生文教委員長 岡 政吉君 登壇) ◯民生文教委員長(岡 政吉君) 去る12月11日の本会議において、当委員会に付託されました案件について12日委員会を開き、慎重に審査した経過と結果について御報告いたします。  まず、議案第121号 工事請負契約締結について 及び  議案第122号 工事請負契約締結についての2案については、いずれも全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しましたが、安全対策に努めるとともに維持管理の負担軽減を検討するよう求める意見や、利用者の要望等については、施設開設後においても柔軟に対応するよう求める意見がありました。  次に、議案第123号 工事請負契約の変更契約締結について  議案第115号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第5号)中当委員会所管分 及び  議案第125号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第6号)の3案については、いずれも全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しました。  以上で報告を終わります。 ◯議長(鈴木 篤君) 以上で報告は終わりました。  ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。  質疑はありませんか───質疑なしと認めます。  これより、日程第9 議案第121号から日程第12 議案第125号までの4案を一括採決いたします。  4案に対する委員長の報告は可決であります。  4案は当局原案のとおり可決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、4案は提案のとおり可決いたしました。  次に、日程第14 議案第120号及び日程第15 議案第115号の2案を一議題といたします。  2案に関し、経済建設委員長の報告を求めます。  経済建設委員長 植田年美君。             (経済建設委員長 植田年美君 登壇) ◯経済建設委員長(植田年美君) 去る12月11日の本会議において、当委員会に付託されました案件について13日委員会を開き、慎重に審査した経過と結果について御報告いたします。  まず、議案第115号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第5号)中当委員会所管分については、全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しましたが、甲府駅周辺土地区画整理事業については、財源確保に向け、引き続き国に対し要望していくよう求める意見がありました。  次に、議案第120号 甲府市市営住宅条例の一部を改正する条例制定については、全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しました。  以上で報告を終わります。 ◯議長(鈴木 篤君) 以上で報告は終わりました。  ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。  質疑はありませんか───質疑なしと認めます。  これより、日程第14 議案第120号を採決いたします。  本案に対する委員長の報告は可決であります。  本案は当局原案のとおり可決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、本案は提案のとおり可決いたしました。  次に、日程第16 議案第116号から日程第18 議案第115号までの3案を一括議題といたします。  3案に関し、環境水道委員長の報告を求めます。  環境水道委員長 長沼達彦君。             (環境水道委員長 長沼達彦君 登壇) ◯環境水道委員長(長沼達彦君) 去る12月11日の本会議において、当委員会に付託されました案件について13日委員会を開き、慎重に審査した経過と結果について御報告いたします。  まず、議案第124号 工事請負契約締結については、全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しましたが、近隣住民等に十分配慮し、万全な体制で解体工事を進めるよう求める意見がありました。  次に、議案第116号 平成29年度甲府市浄化槽事業特別会計補正予算(第1号) 及び  議案第115号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第5号)中当委員会所管分の2案については、いずれも全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しました。  以上で報告を終わります。 ◯議長(鈴木 篤君) 以上で報告は終わりました。  ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。  質疑はありませんか───質疑なしと認めます。  これより、日程第16 議案第116号及び日程第17 議案第124号の2案を一括採決いたします。  2案に対する委員長の報告は可決であります。  2案は当局原案のとおり可決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、2案は提案のとおり可決いたしました。  次に、日程第8、日程第13、日程第15及び日程第18 議案第115号を採決いたします。  本案に対する各常任委員長の報告は可決であります。  本案は当局原案のとおり可決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、本案は提案のとおり可決いたしました。  次に、日程第19 議案第126号から日程第30 議案第131号までの12案を一括議題といたします。  市長から提案理由の説明を求めます。  市長 樋口雄一君。                (市長 樋口雄一君 登壇)
    ◯市長(樋口雄一君) 本日の市議会定例会に提案いたしました案件につきまして、その大要を御説明申し上げます。  まず、議案第126号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第7号)につきましては、歳出において、各款の人件費は、一般職職員等の給与改定等に伴う既定予算の過不足を追加更正するための補正であります。  第3款民生費の繰出金は、国民健康保険事業特別会計及び介護保険事業特別会計への繰出金を追加するための補正であります。  第4款衛生費の繰出金は、古関・梯町簡易水道事業特別会計及び簡易水道等事業特別会計への繰出金を追加するための補正であります。  歳入につきましては、第17款繰入金を追加するための補正であります。  次に、議案第127号 平成29年度甲府市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳出において、第1款総務費は、一般職職員給与改定等に伴う人件費所要額を追加するための補正であります。  歳入につきましては、第10款繰入金を追加するための補正であります。  次に、議案第128号 平成29年度甲府市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出において、第1款共済事業費は、一般職職員給与改定等に伴う人件費所要額を追加するための補正であります。  歳入につきましては、第2款繰入金を追加するための補正であります。  次に、議案第129号 平成29年度甲府市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳出において、第1款総務費は、一般職職員給与改定等に伴う人件費所要額を追加するための補正であります。  歳入につきましては、第7款繰入金を追加するための補正であります。  次に、議案第130号 平成29年度甲府市古関・梯町簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出において、第1款総務費は、一般職職員給与改定等に伴う人件費所要額を追加するための補正であります。  歳入につきましては、第3款繰入金を追加するための補正であります。  次に、議案第131号 平成29年度甲府市簡易水道等事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳出において、第1款総務費は、一般職職員給与改定等に伴う人件費所要額を追加するための補正であります。  歳入につきましては、第3款繰入金を追加するための補正であります。  次に、議案第132号 平成29年度甲府市病院事業会計補正予算(第1号)につきましては、収益的支出は、医業費用を追加するための補正であります。  収益的収入は、医業収益を追加するための補正であります。  次に、議案第133号 議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定については、議員に支給する期末手当の支給割合の改定を行うための一部改正であります。  次に、議案第134号 甲府市職員給与条例及び甲府市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定については、一般職国家公務員給与改定等に鑑み、職員給与を改定するための一部改正であります。  次に、議案第135号 特別職職員で常勤のものの期末手当に関する条例の一部を改正する条例制定については、特別職国家公務員及び本市一般職職員給与改定等に鑑み、特別職職員で常勤のものに支給する期末手当の支給割合の改定を行うための一部改正であります。  次に、議案第136号 甲府市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例制定については、一般職国家公務員の退職手当の改定等に鑑み、職員の退職手当に係る調整率を改定するための一部改正であります。  次に、議案第137号 甲府市学校職員給与条例の一部を改正する条例制定については、一般職国家公務員給与改定等に鑑み、学校職員給与を改定するための一部改正であります。  以上が、本日提案いたしました案件の大要であります。御審議の上、御協賛賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。 ◯議長(鈴木 篤君) 以上で説明は終わりました。  これより質疑に入ります。  質疑はありませんか───質疑なしと認めます。  ただいま議題となっております日程第19 議案第126号から日程第24 議案第134号までの6案については総務委員会に、日程第25 議案第127号から日程第28 議案第137号までの4案については民生文教委員会に、日程第29 議案第130号及び日程第30 議案第131号の2案については環境水道委員会に、それぞれ付託いたします。  暫時休憩いたします。                午後 1時26分 休 憩    ──────────────────・──────────────────                午後 3時35分 再開議 ◯議長(鈴木 篤君) 休憩前に引き続き会議を開きます。  日程第19 議案第126号から日程第24 議案第134号までの6案を一括議題といたします。  6案に関し、総務委員長の報告を求めます。  総務委員長 廣瀬集一君。              (総務委員長 廣瀬集一君 登壇) ◯総務委員長(廣瀬集一君) 先ほどの本会議において、当委員会に付託されました案件について休憩中委員会を開き、慎重に審査した経過と結果について御報告いたします。  まず、議案第133号 議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について 及び  議案第135号 特別職職員で常勤のものの期末手当に関する条例の一部を改正する条例制定については、多様な市民の声を考慮するとともに、市民が生活改善を実感できない中で、県内には議員及び特別職の期末手当の引き上げを見送りとした自治体もあるため反対であるとの意見と、公民格差を解消し、職員との均衡を図る中で、議員及び特別職の期末手当を引き上げることには賛成であるとの意見があり、採決の結果、いずれも多数をもって当局原案のとおり可決するものと決しました。  次に、議案第136号 甲府市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例制定については、職員及びその家族の生活に大きく影響するとともに、民間給与の引き下げを招き、地域経済にも大きな影響を与えるので反対であるとの意見と、公民格差が生じており、国や他の自治体の状況をかんがみ、本市における制度改正を行うことは、適正な措置であり賛成であるとの意見があり、採決の結果、多数をもって当局原案のとおり可決するものと決しました。  次に、議案第126号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第7号)については、議員及び特別職の期末手当の引き上げや、職員の退職手当の引き下げを含む議案であるため反対であるとの意見と、人事院等に基づいた公民格差解消を反映した補正予算であるので賛成であるとの意見があり、採決の結果、多数をもって当局原案のとおり可決するものと決しました。  最後に、議案第128号 平成29年度甲府市交通災害共済事業特別会計補正予算(第1号)及び  議案第134号 甲府市職員給与条例及び甲府市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定についての2案については、いずれも全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しました。  以上で報告を終わります。 ◯議長(鈴木 篤君) 以上で報告は終わりました。  ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。  質疑はありませんか───質疑なしと認めます。  これより討論に入ります。  日程第19 議案第126号から日程第22 議案135号までの4案について、討論の通告がありますので順次発言を許します。  最初に、内藤司朗君。                 (内藤司朗君 登壇) ◯内藤司朗君 議案第126号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第7号)、議案第133号 議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第135号 特別職職員で常勤のものの期末手当に関する条例の一部を改正する条例制定について及び議案第136号 甲府市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例制定についてに対する反対討論を行います。  山梨中央銀行が実施した県内勤労者の消費・貯蓄動向調査によると、1年前より暮らし向きがよくなったとの回答は7.6%、悪くなったとの回答が12.2%、変わらないが80.2%、家計上の悩みは、複数回答ですが、収入の伸び悩みが一番多く57.9%。山梨中央銀行は、県内景気は回復傾向にあるが、生活改善を実感できるまでに至っていないと分析しています。  総務省が発表した家計調査報告でも、消費支出は減少、年収も10万円減少しております。一方で、本市議会では、横沢通りの工期延長や中心市街地活性化、リニア新駅予定地の開発などをめぐって、本市に対する市民の厳しい声が紹介されました。また、議会議員に対する有権者の目も厳しくなっている中での常勤特別職及び議員の期末手当の引き上げは、市民感情から見てもそぐわない、見送るべきと考えます。  また、本市でもかつて社会情勢や市財政が厳しいことを理由に、給与手当等引き上げを見送った経過がありますが、社会情勢や市財政が厳しい状況であることに変わりはありません。実際に山梨県内他市でも今回、常勤特別職議員の期末手当の引き上げを見送っている自治体があることも勘案すれば、議案第133号及び議案第135号には賛成できません。  次に、議案第136号は、国家公務員の退職手当の支給水準の引き下げ措置にあわせて甲府市職員の退職手当の引き下げを行おうとするものです。今回の条例改正により、退職手当の平均削減額は1人75万5,000円にも上ります。5年前の402万円に続く今回の退職手当の削減は、職員とその家族の生活を大幅に狂わせます。住宅ローン、教育費用、介護など家庭の悩みを抱えた職員も多い中、その生活設計に大きな影響を与えるものです。  同時に、地域経済にも大きな影響を与えます。内閣府が発表したことし4月から9月期の国内総生産GDPでは、GDPの約6割を占める個人消費、民間最終消費支出は、実質で前期比0.5%の減の落ち込みになりました。既に国民所得は20年前の水準に落ち込み、勤労者世帯の年収はピーク時から平均で100万円も減っております。このようなときの公務員手当の引き下げは更なる民間の引き下げを招き、消費不況を一層深刻にするばかりです。とりわけ地方にとっては、年金とともに公務員賃金の動向が地域経済に占める割合は大きく、今回の退職金引き下げは地域経済にも悪影響をもたらします。  また、公務員には法律上のさまざまな制約が課せられており、勤務時間外だけでなく退職後も一定の法律上の義務があること、公務員の退職手当は後払い賃金という労働条件的性格を持つなど、公務の特殊性に十分な配慮が必要であり、単純に民間との金額面での比較をもって決めることは誤りと考えます。  以上の理由から、議案第136号に反対。あわせて議案第126号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第7号)は、一般職員の給与引き上げや勤勉手当引き上げ、初任給調整手当の引き上げなどは賛成できますが、今反対理由を述べた3つの条例改正を反映した補正予算であるので反対をいたします。 ◯議長(鈴木 篤君) 次に、兵道顕司君。                 (兵道顕司君 登壇) ◯兵道顕司君 議案第126号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第7号)、議案第133号 議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第135号 特別職職員で常勤のものの期末手当に関する条例の一部を改正する条例制定について及び議案第136号 甲府市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例制定について、賛成の立場から討論を行います。  まず、議案第133号 議会議員議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について及び議案第135号 特別職職員で常勤のものの期末手当に関する条例の一部を改正する条例制定についてです。  公務員労働基本権制約の代償措置として、社会一般の情勢に適応した適正な給与を確保するため設けられた人事院及び地方公共団体人事委員会給与勧告制度は、公務員給与水準と民間の給与水準との均衡を図ることを基本とすることから、勧告の実施如何は結果として民間の給与水準にも影響を与え、ひいては個人消費インドにも少なからず影響を及ぼすなど、地方における景気回復を実感する上からも重要な役割を担っております。  現在、デフレ経済からの完全脱却を目指す政府経済政策の重要な柱の1つに一層の賃上げが据えられていることから見ても、今回の人事院勧告等を踏まえた一般職員の給与改定は適切な措置であるとともに、特別職及び議員の期末手当においても、これらの勧告等の意義に鑑みれば、一般職給与との均衡を考慮した今回の対応は妥当であると考えます。  次に、議案第136号 甲府市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例制定についてです。国家公務員の退職手当については、人事院において、民間企業における退職金及び企業年金の実態調査の結果と国家公務員の退職給付との水準比較を行った結果、公務員が民間を上回ったことから、民間企業における退職給付の水準との均衡を図ることが社会情勢に適応した適正な退職給付の確保につながるものとして、国家公務員の退職給付水準について見直しを行うことが適切であるとの見解が示されました。これを踏まえ、国家公務員退職手当法が改正され、平成30年1月1日より施行されることとなったところです。  こうした中、地方公務員の退職手当については、総務副大臣より、地方公務員法の趣旨を踏まえ、各地方公共団体において国家公務員の退職手当制度の改正に準じて必要な措置を講ずるよう要請する旨の通知が発出されております。甲府市当局におかれましては、市政発展、市民福祉の増進を目指して、中核市移行や開府500年を初めとした諸課題や日々の業務に職員が一丸となって果敢に取り組んでおられることは十分承知しており、退職手当の引き下げを求められることに対する職員の心情は察して余りあるものがあります。しかしながら、退職手当を含めた職員給与制度については、地方公務員法第24条第2項に、国や他の地方公共団体、民間事業者との均衡の原則が定められており、法の趣旨に鑑みれば、今回の国家公務員退職手当制度の改正内容との均衡を図ることは必要とされるところであります。  こうしたことを総合的に判断した結果、今回の本市における退職手当制度の改正は適切な対応と考えます。  最後に、議案第126号 平成29年度甲府市一般会計補正予算(第7号)については、ただいま申し上げてまいりました条例改正が反映されておりますとともに、人事院勧告等を鑑みての一般職職員等の給与改定等を適切に盛り込んだ内容でありますことから、賛成するものであります。  今後とも適正な給与水準の維持及び健全な財政運営に努めていただきたいことを申し上げ、賛成の討論といたします。 ◯議長(鈴木 篤君) 次に、山田 厚君。                 (山田 厚君 登壇) ◯山田 厚君 議案第136号 甲府市職員退職手当支給条例等の一部を改正する条例制定についてと、関連する議案第126号、つまり甲府市職員の退職手当減額に反対する討論を行います。  私は5年前の退職金の平均400万円弱の大幅カットと同じく、今回も余りにも乱暴で突然な削減に驚いています。これによってこれから毎年、甲府市の定年退職者1人当たりの退職手当平均額が75万円も減額されるのです。つまり、前回と今回で合わせると460万円ほどの退職手当の減額が続くこととなるのです。  国のやり方がまず乱暴だと思います。これは5年に一度の人事院の見解から、国が退職手当に係る官民の均衡を図るためとして調整率支給水準を引き下げることを自治体に強制したものです。しかも、11月の閣議決定で、国家公務員の退職手当カットの関連法成立の前に自治体への強力な要請をしているのです。本来、国と自治体との関係は上下関係ではなく対等、平等協力関係のはずです。しかし、国とその国家官僚は、口先では地方分権などと一般的に言っていても、実際には自治体を軽視し、あたかも国の下部機関のように扱い、自治体職員命令に従うべき主従関係のように見ているのではないでしょうか。  甲府市の対応も実に残念です。条例の改正は自治体の自主的な権限であり、給与などの重要問題は労使交渉基本自治体議会での落ち着いた審議と採択が必要です。現在の憲法下では、国としてもこの問題で直接のペナルティを自治体に与えることなどはできません。だから国は、自治体への要請としているのです。しかし、甲府市は、丁寧な労使交渉議会の調査と審議の時間的いとまがない状態のまま、通常の12月定例議会の最終日の本日に重要な条例改正の議案を当日配付、その日のうちに委員会審査と本会議で採決です。しかも、削減の実施は2週間後の1月1日からの実施です。これでは余りにも急であり、国の言うことなら慌てて従うだけのやり方になってしまいます。これらのことでは、上下関係に思われても、対等な自治体基本的な姿勢を堅持しているとは見えないでしょう。  5年前の大幅な退職金削減のときには、平成24年12月議会定例会の終了後に臨時議会平成25年1月25日に開催し、審議、採決しています。しかも、実施日は平成25年1月ではなく平成25年2月1日からでした。したがって、今回の甲府市のやり方は、今までになく慌ただしく、丁寧さがないのです。  現在、多くの自治体では労使交渉のさなかです。これから臨時議会を開催する自治体もかなりあります。甲府市のように1月1日実施の自治体は意外と少ないと聞いています。山梨県でも2月1日実施、さらには来年度4月実施の自治体もかなりあると聞いています。まずは、家族も含めて定年退職される方々の気持ちも考えていただきたい。  今年度定年退職を迎える甲府市の職員の皆さんは、退職に向けての説明会が8月に開催され、そこでは退職金の概算額も提示されています。その方々は家族とともに、この退職金の概算額をこれからの生活に向けて真剣にそして切実に受けとめられているはずです。それが、3月を前にした年度途中でいきなりの退職金カットでは、余りにも悲しいしひどいと感じてしまわれるでしょう。民間の労使関係ではこのような扱い方はできないはずです。退職金賃金の後払いでもあります。その賃金である甲府市の人件費は、類似都市と比較しても高くはありません。同じく他都市と比べても、少ない職員数で頑張ってきてもらっています。それは、山梨県などの住民人口1人当たりの公的調査報告からも明らかです。  また、この間の年収の減額を振り返ってみてください。5年前に退職手当が400万円近く下げられても、この数年間で給料や勤勉手当が上がっているじゃないかと言われる方もいるかもしれません。確かにボーナスなど小刻みに上がっています。一部のマスコミはこれだけを取り上げて、恵まれている公務員天国などと騒ぎもしています。しかし、甲府市の職員を見ても、総合的見直しによる引き下げなどで、5年前の平均年収は1人当たり581万円だったものが、今年度の平均年収では563万円に下がっています。相殺すれば18万円の減収です。11年前の2006年と比べると、当時の甲府市職員の平均年収は603万円です。ですから、40万円もの減収となっているんです。  官民較差を是正するという国の調査も、ある意味でおかしなものです。自治体では幹部職員の年収も計算に入れられますが、民間大手の役員年収は除かれています。これを入れたら、官民較差などと言えるのでしょうか。私はこの間、甲府市の給与所得者で年所得1,800万円を超える方々の状況を注視しています。なぜなら、甲府市の公務員には市長さんも含めて1,800万円もの所得を超える人はいないからです。しかし、民間では、所得1,800万円を超える方々は意外と多いのです。2011年度にはこの1,800万円を超える甲府市の所得者は329人だったものが、2016年度には403人にも増えています。その方々の平均所得は2,816万円にもなっています。大企業企業城下町でもない地味な甲府市でこれだけの人々がいるのです。  全国ではアベノミクスのおかげで民間大手の役員は確かに潤っているのでしょう。問題は、民間の中小零細企業非正規雇用で働く方々の雇用の安定や収入の改善、収入の引き上げでなければなりません。本当の意味での格差是正とはなりません。格差の是正とは、働く方々の収入の引き下げではなく、引き上げでなければ社会全体に豊かさやゆとりはなくなり、ますます沈むだけです。このままでは日本全体の実質賃金の引き下げ傾向は続くばかりです。そして、地域消費経済力もますます後退するばかりです。  また、甲府市の職員の仕事は楽でいい思いをしているというつくられた風評もおかしい。それは30年も40年も前の話でしょう。今の甲府市の職員の皆さんは懸命に働いてくれています。だから、心身の疲労からの不調者が多くなっています。甲府市の職員の皆さんの健康不調の割合を示す定期健康診断の有所見率は、今では73.6%にもなっています。民間も含めた全国の労働者の有所見率は昨年は53.8%ですから、甲府市の職員の皆さんはかなりの高い健康不調の割合となっているのです。これは現在の長時間労働や過重労働のあらわれです。  そして、確かに30年ほど前には甲府市の働き方もゆとりがありました。平成元年の甲府市職員健康診断の有所見率はわずか13%でした。当時の民間も含めた全国平均の有所見率よりかなり低く、よかったのです。それが逆になり、悪くなっている傾向とは、やはり心身の疲労からの健康不調の傾向があるからです。もちろんこれは甲府市ばかりではなく、全国の自治体職員の傾向でもあります。そして、総務省の全国調査では、雇用が安定しているとされている地方公務員であっても、自己都合退職者の割合が多くなり、定年退職者は離職者全体の50%にもなっています。甲府市でもその傾向が明らかにあります。  その意味からも、頑張って定年退職まで働き続けられた方々とその家族の皆さんに、もっともっと、退職手当も含めて、御苦労さまでした、ありがとうと評価すべきではありませんか。残念ながら、もし今後退職手当の削減を行われるのなら、職員の福利の厚生や、その福利の厚生の向上や、非正規職員の方々の待遇改善や正規化、新規採用者の数を増やすことがなければ、ただただ退職手当の削減となるだけです。それでは今働かれている職員の皆さんの意欲を下げるだけとなってしまいます。  そして、甲府市は中核市を目指しています。中核市を目指すのなら、国の言うことを率直に聞いてすぐ実行だけではなく、中核市を担う職員の皆さんこそをまず大切にすべきです。でなければ、しっかりした人材は確保できません。人手不足は働く人を大切にしない職場から始まると言われ、既に人手不足は幾つかの自治体でも始まっているからです。  私は、以上の理由から、甲府市民のためにも、職員の皆さんが定年退職まで健康意欲を持っていい仕事をしていただくために、乱暴な退職手当のカットに反対するものです。  以上です。 ◯議長(鈴木 篤君) 以上で通告による討論は終わりました。  ほかに討論はありませんか。                (「なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) これをもって討論を終結いたします。  これより採決に入りますが、この際、議員の皆様に申し上げます。  起立採決に当たりましては、押しボタン式投票を併用いたします。賛成の諸君は、賛成ボタンを押し御起立を願います。反対の諸君は、着席のまま反対ボタンをお押し願います。  これより、日程第19 議案第126号及び日程第20 議案第136号の2案を、起立により一括採決いたします。  2案に対する委員長の報告は可決であります。  2案は当局原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。                   (賛成者起立) ◯議長(鈴木 篤君) 起立多数であります。  よって2案は提案のとおり可決いたしました。
     次に、日程第21 議案第133号及び日程第22 議案第135号の2案を、起立により一括採決いたします。  2案に対する委員長の報告は可決であります。  2案は当局原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。                   (賛成者起立) ◯議長(鈴木 篤君) 起立多数であります。  よって、2案は提案のとおり可決いたしました。  次に、日程第23 議案第128号及び日程第24 議案第134号の2案を一括採決いたします。  2案に対する委員長の報告は可決であります。  2案は当局原案のとおり可決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、2案は提案のとおり可決いたしました。  次に、日程第25 議案第127号から日程第28 議案第137号までの4案を一括議題といたします。  4案に関し、民生文教委員長の報告を求めます。  民生文教委員長 岡 政吉君。             (民生文教委員長 岡 政吉君 登壇) ◯民生文教委員長(岡 政吉君) 先ほどの本会議において、当委員会に付託されました案件について休憩中委員会を開き、慎重に審査した結果について御報告いたします。  議案第127号 平成29年度甲府市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)  議案第129号 平成29年度甲府市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)  議案第132号 平成29年度甲府市病院事業会計補正予算(第1号) 及び  議案第137号 甲府市学校職員給与条例の一部を改正する条例制定についての4案については、いずれも全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しました。  以上で報告を終わります。 ◯議長(鈴木 篤君) 以上で報告は終わりました。  ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。  質疑はありませんか───質疑なしと認めます。  これより日程第25 議案第127号から日程第28 議案第137号までの4案を一括採決いたします。  4案に対する委員長の報告は可決であります。  4案は当局原案のとおり可決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、4案は提案のとおり可決いたしました。  次に、日程第29 議案第130号及び日程第30 議案第131号の2案を一括議題といたします。  2案に関し、環境水道委員長の報告を求めます。  環境水道委員長 長沼達彦君。             (環境水道委員長 長沼達彦君 登壇) ◯環境水道委員長(長沼達彦君) 先ほどの本会議において、当委員会に付託されました案件について休憩中委員会を開き、慎重に審査した結果について御報告いたします。  議案第130号 平成29年度甲府市古関・梯町簡易水道事業特別会計補正予算(第1号) 及び  議案第131号 平成29年度甲府市簡易水道等事業特別会計補正予算(第1号)の2案については、いずれも全員異議なく当局原案のとおり可決するものと決しました。  以上で報告を終わります。 ◯議長(鈴木 篤君) 以上で報告は終わりました。  ただいまの委員長の報告に対する質疑に入ります。  質疑はありませんか───質疑なしと認めます。  これより日程第29 議案第130号及び日程第30 議案第131号の2案を一括採決いたします。  2案に対する委員長の報告は可決であります。  2案は当局原案のとおり可決することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、2案は提案のとおり可決いたしました。  次に、日程第31 甲議第10号を議題といたします。  廣瀬集一君から提案理由の説明を求めます。                 (廣瀬集一君 登壇) ◯廣瀬集一君 案文の朗読をもって提案理由の説明にかえさせていただきます。  若者も高齢者も安心できる年金制度の実現を求める意見書(案)  年金高齢者世帯収入の約7割を占め、また、年金収入だけで生活している高齢者世帯は約6割おり、老後の生活保障の柱となっている。  現在、年金の支給は隔月となっているが、欧米諸国では毎月支給を実施しているところが多く、年金生活者にとっては、毎月支給されることによって計画的な生活設計が成り立つことが期待される。  年金が高齢期の所得保障であることに鑑みれば、高齢者の生活の安定の観点から、雇用年金の接続が制度的に確実に行われることが必要であり、年金支給開始年齢の更なる引き上げは、無年金や無収入となる者が生じる可能性がある等の課題が出てくる。  また、年金支給開始年齢の更なる引き上げは、引き上げが行われる以降の世代にとっては、年金給付額の減少が生じることとなり、将来世代に影響が強く出ることが懸念される。  このことは、高齢者だけの問題ではなく、若者の年金不安を増長し、ひいては、年金制度への信頼が更に低下することにもつながる。  特に、若者の信頼を高めるためには、年金給付における世代間格差をこれ以上拡大させず、あわせて、将来的に持続可能な年金制度に改善することが求められる。  年金は、そのほとんどが消費に回るため、消費税収等、地域経済地方財政に与える影響は大きく、年金の増減は、自治体行政サービスにも直結する問題と言える。  よって、次の事項について実現されるよう求めるものである。 1 年金の隔月支給を国際水準並みに毎月支給に改めること。 2 年金の支給開始年齢はこれ以上引き上げないこと。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成29年12月15日                                   甲 府 市 議 会  提出先は、衆議院議長参議院議長内閣総理大臣内閣官房長官財務大臣厚生労働大臣であります。  なお、字句の修正等につきましては議長委任いたします。 ◯議長(鈴木 篤君) 以上で説明は終わりました。  ただいまの説明に対する質疑に入ります。  質疑はありませんか───質疑なしと認めます。  お諮りいたします。  本案については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思います。  これに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、本案委員会の付託を省略することに決しました。  これより、本案を起立により採決いたします。  本案は提案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。                   (賛成者起立) ◯議長(鈴木 篤君) 起立多数であります。  よって、本案は提案のとおり可決いたしました。  ただいま可決いたしました甲議第10号の意見書は、条項、字句、その他整理を要するものについては、その整理を議長委任することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、さよう決しました。  次に、総務、民生文教、経済建設及び環境水道の各常任委員長から、目下、委員会において審査中の事件及び所管事項の調査について、会議規則第87条の規定により、別紙申出書のとおり閉会中の継続審査及び調査の申し出がありました。  お諮りいたします。  各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに御異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ◯議長(鈴木 篤君) 御異議なしと認めます。  よって、各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査に付することに決しました。  以上をもって、本定例会に提案されました議案及び請願等の審議を全部終了いたしましたので、会議を閉じ、12月甲府市議会定例会閉会いたします。                午後 4時18分 閉 会                         甲府市議会議長  鈴 木   篤                           〃 副議長  坂 本 信 康                         会議録署名議員  原 田 洋 二                           〃  〃   藤 原 伸一郎                           〃  〃   中 村 明 彦
    Copyright © KOFU City Assembly, All Rights Reserved. ページの先頭へ...