154件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下関市議会 2019-03-26 平成31年第 1回定例会(3月)-03月26日−10号

ICTにたけた若手職員でできるのではないか、あるいは、もっと低予算でできると思うので、検討してほしい。予算を使っただけの価値があるかどうかの判断が難しい事業なので、きちんと判断して、これでよしなのか、まだまだ足りない、失敗だったのかというところを示してほしいとの要望がなされております。  

下関市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(3月)-03月12日−07号

だからこそ重要なのがこちら側ですよね、広告主の方が、主観的に宣伝できるホームページだったり、ポスターだったり、観光案内の方だったりというのがすごく重要だと私は思うんですが、そして、前田市長が力を入れていらっしゃる、ICTによる情報発信とプラスされて、相乗効果が上がると思うんですが、こうした観光の必要な情報を、適切な手段で提供することでその目標指数が上がると思うんですが、予算が減少される中で、売り込みや

下関市議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会(3月)-03月07日−04号

その最大の施策が、ロボット技術やICTを活用することで、作業の効率化を目指す、スマート農業の推進であり、具体的には、ドローン、小型無人機を活用した農薬の散布や、収穫物の上げおろしに活用するアシストスーツなどが考えられます。  こうした働き方改革により、新規就業者の早期育成や女性活躍の推進など、多大な効果が期待できると思われます。

下関市議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会(3月)-03月04日−02号

重点施策の3つ目は、ICTによる情報発信活力創出です。下関市全体の情報発信力強化を目的に、本年1月にフェイスブック・ジャパン社と事業連携協定を締結しました。ビジネスや交流人口拡大等に向けた市内中小企業や、市民活動団体に対する支援プログラムを実施することにより、SNSを活用した地域経済とコミュニティーの活性化を促進します。また、市民の皆様への情報発信を一元化したアプリについて、開発を検討します。  

下関市議会 2018-12-17 平成30年第 4回定例会(12月)-12月17日−06号

次に「文部科学省の学校における働き方改革に係る緊急提言」において、校務ICT化について言及されております。どのように取り組むのか、お考えか、お示し願いたいと思います。 ◎教育長(児玉典彦君)  お答えします。現在、教員には、パソコンを1台ずつ支給をしております。しかし、容量の問題で、ネット環境が未だにパソコンの進歩に追いついていない状況です。

下関市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会(12月)-12月12日−03号

まず、学校ICT化についてでございます。きのう板谷議員からも質問をされました。ダブらないように質問していきたいと思います。実は10月の末、我が会派のほうで佐賀市のほうに、学校ICT化ということで視察に行ってきました。まさに地方である佐賀市の循誘小学校という学校ですけども、非常に先進的な学校で、感動して、今回板谷議員と一緒に質問することになりました。  

下関市議会 2018-12-11 平成30年第 4回定例会(12月)-12月11日−02号

次の質問は、小中学校へのICT導入についてです。  それでは、まず、小中学校のICT推進については、昨年度の1億5,815万円に、引き続き、本年度も1億5,629万円の予算が計上されておりますが、まずは現在の進捗状況について御説明ください。 ◎教育部長(萬松佳行君)  ではお答えをいたします。

光市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文

しかし、多額の予算が必要であり、取り組んでいただいているトイレの整備、今からまだまだ取り組まないといけないICT化等々、さらにその先の維持管理までを考えると、人口減少が進み縮小していく社会の中で、光市の財政は大丈夫なのかといった深刻な状況になります。  

下関市議会 2018-09-21 平成30年第 3回定例会(9月)-09月21日−04号

その後、アドバイザー役のICT支援員の指導を受けながら、実際に入力を始めます。最初の課題は、画面上でキャラクターを動かすということで、前に進む、壁にぶつかったら方向を変える、足を交互に動かす、などの命令を少しずつふやし、歩いて左右の壁にぶつかって方向を変えるという動きを繰り返すプログラムを完成させます。

下関市議会 2018-06-15 平成30年第 2回定例会(6月)-06月15日−02号

3月の代表質問のときにも少し触れたんですが、近年、VRやARなどのICTの活用が観光地の魅力発信の主要になりつつある中で、ことしの2月の会派視察で入手しました千葉県の我孫子市のAR付き観光ガイドブックを参考に、関門ノスタルジック海峡のAR付きガイドブックの検討を提案したいと思っています。  

下関市議会 2018-05-21 平成 30年 5月21日 文教厚生委員会-05月21日−01号

これは法律の趣旨でもありますので、そういった意味ではICT等を活用したこの教育支援という部分でいえば、そういった課題への対応にも、対策にもなると思うんですけども、そこらあたりまで含めて調査できるのか、この予算の制約の中では、もう今回はこのフリースクールとの連携だけしかできないのか、その辺のお考えをちょっとお聞かせください。

光市議会 2018-03-26 2018.03.26 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文

また、教職員の勤務時間管理の問題は、昨年末に文科省の学校における働き方改革に関する緊急対策が発表され、教員にタイムカードやICTで勤務時間を正確に把握できるよう整備をすることでありました。現状の学校業務の見直しや外部人材の活用による教員の負担軽減をすることとなっております。

下関市議会 2018-03-14 平成 30年 3月14日 文教厚生委員会-03月14日−01号

事業の内容といたしましては、訪問支援やICT等を活用した支援を行いまして、学習支援と通級できない児童生徒に対するタブレットやアプリ等を用いた声かけなど、相談しやすい体制を構築してまいります。また、民間フリースクールに通う児童・生徒を対象とした経済的支援をあわせて実施をしてまいります。  下段の予算情報をお願いいたします。

下関市議会 2018-03-07 平成30年第 1回定例会(3月)-03月07日−03号

平成30年度においてはこれをベースに企業、大学等を加えた支援組織を発足させIоTそれからICTなどの新産業分野の情報収集や勉強会を開催し、企業支援やビジネスマッチングにつなげてまいりたいと考えております。  次に先進事例と新たな販路拡大でもうかる水産業ともうかる農業についてでございます。本市には豊富な農水産資源がございます。

下関市議会 2018-03-06 平成30年第 1回定例会(3月)-03月06日−02号

平成30年度は産業競争力強化法に基づき市、商工団体及び金融機関で組織する下関市創業支援連携会をベースに企業、大学等を加えた支援組織を発足させIOTやICTなど新産業分野の情報収集や勉強会を開催し、企業支援やビジネスマッチングにつなげてまいりたいと考えております。  続きまして観光振興における明治維新150年関連事業の目玉は何かということでございます。

下関市議会 2017-12-12 平成29年第 4回定例会(12月)-12月12日−02号

あわせまして、昨今言われておりますスマート農業、ICTやIoTを使った農業によって、省力化なり品質を上げていくということも必要ではないかと思っております。  地域別には、ミカンや梨、ナスを初め、地域で育てられた特徴のある品目について、生産組織の強化を図る等、地域特性を生かしながら生産拡大を図っていく必要がございます。  

下関市議会 2017-09-28 平成 29年 9月28日 議会運営委員会-09月28日−01号

その他、この後ICT活用のためにさまざまな事例が各市で出ているんですけれども、それを導入するに当たって有償のものがあれば別途費用がかかってくるかもしれないというのが、これが議員の端末とは別に確実に公費でお願いをしていかないといけないだろうと見込まれる費用ということになります。

下関市議会 2017-09-22 平成29年第 3回定例会(9月)-09月22日−03号

本市におきましても、行政と住民をICTでつなぎ、より便利な社会の実現を目指していただきたい。  市民の皆様が、このマイナンバーカードができて便利になってよかったと、そう言っていだけるような制度にしていただきたいということを要望いたしまして、私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございました。

下関市議会 2017-09-15 平成 29年 9月15日 議会運営委員会-09月15日−01号

論点7、想定される設備・費用についてということで、このタブレット端末を使った議会システムを導入するにあたって、概略的に必要な設備ですとか費用等というのは、議会側のタブレット端末の準備、それから事務局側にも同じようにタブレット等の本体ですとか機材が必要、それから運営システムの登録料とか維持管理費用、それから公用メール等ICTのつながりの中で皆さんに公用のメールをつけるということであれば、別途それを準備