運営者 Bitlet 姉妹サービス
185件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-12-12 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月12日−02号 ◎都市整備部長(石井陽君)  交通系ICカードの導入の進捗状況につきましては、公共交通を利用される観光客や市民の方々などの利便性の向上が図られることから、下関市公共交通整備検討委員会の中で審議していただいており、今年度に策定予定の下関市総合交通戦略の実施施策の1つとして、交通系ICカードの導入促進を検討しております。   もっと読む
2017-12-04 萩市議会 平成29年12月定例会-12月04日−03号 なお、現在国が主導する働き方改革の一環として、ふるさとテレワーク、おためしサテライトオフィスといったさまざまなライフスタイルに応じて勤務する取り組みへの推進が図られており、萩市もIC企業などによるサテライトオフィスなど、こういった企業の誘致に向けた取り組みを現在行っておるところでございます。  それでは3点目の来年度予算についてお答えいたします。   もっと読む
2017-09-28 下関市議会 平成 29年 9月28日 議会運営委員会-09月28日−01号 で、大きな流れとしては、議会全体としてのICTの活用、それから議員によるICTの活用、それから執行部との連携のためのICTの活用というのが大きく3つに分かれるんですけれども、実は、下関市は議会全体としてのIC自体は進んでいるかと思います。 もっと読む
2017-09-27 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月27日−06号 このICカードについては、一般質問初日に平田議員が質問され、現在の取り組みや県内での整備状況、今後についてはある程度理解しましたが、このICカードの下関の導入が果たしてどれだけ可能性があるものか、もう少し突っ込んでお聞きしたいと思います。   もっと読む
2017-09-26 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月26日−05号 まあICカードの件もこの前質問されていましたけどICカードもないし、どこまでかかわれるのかというのをお伺いしたいんですが。 ◎都市整備部長(石井陽君)  本市が民間バスの事業にどこまでかかわれるかということでございますが、共産党の江原市議のときにもお話してきましたが、平成25年12月に交通施策基本法というものが改正をされております。   もっと読む
2017-09-22 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月22日−03号 特に、眺望鑑賞機能、観光情報機能の関係で、歴史の舞台になった関門海峡、これを眼下に見ながら、壇ノ浦の源平合戦でありますとか、巌流島の決闘、さらには前田砲台跡の現在、計画が進められている下関戦争などをVR――バーチャルリアリティーですけども、ARなどのIC技術を駆使して映像化するなどの観光客へのサービスなどが期待されるところですが、この辺はいかがですか。 もっと読む
2017-09-21 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月21日−02号 それによりますと、下関市域全体の温室効果ガスの排出量は、最新の統計データである平成26年度において、384万4,000−CO2となっております。これは、基準年である1990年と比較して、14%の増加となっております。部門別では、産業部門が205万6,000−CO2で最も多く、続いて運輸部門が59万2,000−CO2、民生家庭部門が55万8,000−CO2の順となっております。 もっと読む
2017-09-15 下関市議会 平成 29年 9月15日 議会運営委員会-09月15日−01号 これは先ほどの機種のレベルをどこにするのかという観点と連動しているんですけれども、これが例えばペーパーレスの観点で、議会で配られてる資料を単に皆さんの手元にお渡しをするのを、紙ではなくてタブレットのデータとして渡すというだけであれば、逆に言えば閲覧機能だけあればいいのであって、それほど高度な機能を要求する必要はないんですけれども、これも当初の議運の引き継ぎにありますように、ペーパーレス化とかICそのものを もっと読む
2017-06-15 光市議会 2017.06.15 平成29年第2回定例会(第3日目) 本文 また、それも含めた教育のICT化について、文部科学省は、教育のIT化に向けた環境整備4カ年計画として、平成26年度から29年度までの計画的なIC環境整備を示され、その中に、電子黒板、実物投影機の整備1学級当たり1台、ICT支援員の配置等々があり、IC環境整備経費は地方交付税措置されており、各地方団体で予算措置することが必要と説明されていますが、光市はどのような考え、整備計画で取り組まれてきたのでしょうか もっと読む
2017-06-14 萩市議会 平成29年 6月定例会-06月14日−01号 また、空き家情報バンクとの連携により、市内の空き家、空き店舗等を活用し、IC企業等によるサテライトオフィスなど、誘致に向けた取り組みを推進してまいります。  続いて、地場産業の再生・活性化についてです。  萩市には、一次産業のほか水産加工業や窯業などの多様な地場産業があります。 もっと読む
2017-02-17 下関市議会 平成29年第 1回定例会(2月)-02月17日−04号 いわゆるIC技術の発展によりまして、ビッグデータというものが取れるようになってきたということでございます。したがいまして、関門エリアに来られました訪日外国人観光客のさまざまな情報を収集するということ、そして、それら外国人の方の移動経路、嗜好を分析するということで、観光戦略を策定しようとする事業でございます。事業費につきましては、昨日申し上げましたので割愛をさせていただきます。   もっと読む
2017-02-16 下関市議会 平成29年第 1回定例会(2月)-02月16日−03号 訪日外国人旅行者が、今後さらに増加していくことが予想される中、IC技術の発展により得られるようになりましたビッグデータを活用いたしまして、関門エリアに来られた訪日外国人観光客のさまざまな情報を収集し、国別・男女別・年齢別などに外国人旅行者の移動経路や嗜好を分析することで、より詳細な観光戦略の策定をしようとするものでございます。   もっと読む
2016-12-09 周南市議会 平成 28年12月 第8回定例会-12月09日−03号 そこで、今回の質問ですが、私自身、タブレット端末を活用しての授業や学習のイメージというのが浮かばないところもありますので、また今後、IC機器の活用はふえてもいきますし、環境整備はしていかなければならないことだと思いますので、以下の2点について伺います。  ア、タブレット端末が配備されたモデル校での活用方法は。イ、今後のIC機器の整備計画は。御答弁のほどよろしくお願いいたします。 もっと読む
2016-12-09 下関市議会 平成28年第 4回定例会(12月)-12月09日−02号 今後のクルーズ船客の観光  行動と下関市の対応について (4) 山口宇部―ソウル定期便就  航による下関市の対応につい  て3.県西部地域の交流拠  点としての下関市東  部地区について(1) 下関市東部地区の人口動向  は他地区に比べてどうか (2) 山陰自動車道が計画されて  いるこの地区の将来をどう考  えるか (3) 東部地区に県西部を視野に  入れた県立の交流拠点やJR  新駅、スマートIC もっと読む
2016-12-07 萩市議会 平成28年12月定例会-12月07日−05号 これをカバーするために、先ほど申しましたIC、つまりテレビ会議システムを使って、いくつかの学校が同時に授業をしたときに、その自分の意見以外の友達から、いろんな意見を聞くことができる環境をつくってみようじゃないかということで、今佐々並、明木で、実験的にやっています。   もっと読む
2016-12-07 萩市議会 平成28年12月定例会-12月07日−05号 これをカバーするために、先ほど申しましたIC、つまりテレビ会議システムを使って、いくつかの学校が同時に授業をしたときに、その自分の意見以外の友達から、いろんな意見を聞くことができる環境をつくってみようじゃないかということで、今佐々並、明木で、実験的にやっています。   もっと読む
2016-12-05 萩市議会 平成28年12月定例会-12月05日−03号 発達障害の子供には、タブレット端末などの情報通信技術、IC機器を使うと、効率的に勉強ができ、学習能力や学習意欲、小中学校では、子供の状態に合う目標や取り組みを定めた個別計画書の作成が進んでおり、高校などにも浸透させ、福祉機関との施設情報を共有を後押しするとあります。   もっと読む
2016-12-01 周南市議会 平成 28年12月 第8回定例会-目次 (2) 図書館システムについてア カードの利用を明確に発表したのは10月25日の中心市街地活性化対策特  別委員会であったと思うが、その認識でよいか。イ カード導入に伴うメリットとデメリットはどう考えているか。ウ 総務省がマイナンバーカードを活用した図書館カードを導入しようとしている  が、それと比較したときのカードの導入の優位性をどう考えているか。 もっと読む
2016-11-30 周南市議会 平成 28年11月 第7回臨時会-11月30日−01号 10月25日の特別委員会で出された、カードを図書館カードとして採用することに対する意見について検討を行った。カードは、指定管理者であるカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、通称CCCが持つ会員基盤であり、市民の54%が保有している。これを図書館カードとして使えるようにすることで、読書人口の増加につながると考えている。 もっと読む
2016-11-21 周南市議会 平成 28年11月21日 中心市街地活性化対策特別委員会-11月21日−01号 、それで読み取りをさせて、そこでやるためにICチップ入れるんかなというふうにあるんですが、そこのところちょっともう一回確認で。 もっと読む