運営者 Bitlet 姉妹サービス
3394件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 光市議会 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文 このため、かねてより防長交通や駅施設の所有者など関係者等と協議調整を重ねてきた結果、光駅におきましては、平成31年4月から、防長バスの駅構内への乗り入れを開始することとしております。また、島田駅におきましても、早期に防長バスの駅構内への乗り入れを実現するため、現在関係者等と協議を進めているところでございます。   もっと読む
2018-12-06 光市議会 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 そして太平洋戦争が終結すると、その当時の日本の人口は7,200万人にもかかわらず、国は、日本の人口は過剰だ、この狭い日本に過剰な人口が存在するから日本は貧困なのだと唱え、海外への移民政策が始まりました。それにもかかわらず、日本の人口は高度成長を背景に増加し、昭和43年にはついに1億人の大台を突破いたしました。 もっと読む
2018-12-04 光市議会 2018.12.04 平成30年第5回定例会(第1日目) 本文 本航路を維持していくためには、運行収益を上げていくことが必要ですが、牛島の人口減少や高齢化がますます進展する中で、島に暮らす人々からの旅客運賃の増加は困難な状況にございます。今後、これまで以上にコミュニティセンター等との連携によるイベント利用など、不定期航路事業の取り組みを進めるとともに、SNSを活用した島の生態系や釣り等の情報を積極的に発信するなど、運航収入の増加に努力してまいります。   もっと読む
2018-12-01 下松市議会 平成 30年12月 定例会(8回) 地方債の60%が交付税措置されるということだが、国が地方交付税の総額をふやさなければ、実質的には地方財政が追い詰められてしまうのではないかとの問いに対し、償還年数については、基本的には、この空調関係13年と言われているので、実際借り入れしないとわからないが、おおむねその程度の償還年数になると考えている。 もっと読む
2018-10-23 光市議会 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 最初に、水道局関係分について報告いたします。  初めに追加認定第6号、平成29年度光市簡易水道特別会計歳入歳出決算についてを議題といたしました。執行部説明の後、委員より、年間の維持管理費と給水戸数や給水量の動向などについての質疑がありましたが、質疑終結の後、討論はなく、採決の結果、追加認定第6号は、全会一致で認定すべきものと決しました。  次に、福祉保健部関係分について報告いたします。   もっと読む
2018-10-02 光市議会 2018.10.02 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 続いて、環境部関係分についてですが、今定例会においては付託事件はありませんでした。  続いて、建設部関係分について御報告いたします。  初めに、議案第64号、光市急傾斜地崩壊防止事業分担金徴収条例の一部を改正する条例を議題としましたが、執行部の説明を了として、質疑・討論はなく、採決の結果、議案第64号は、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。   もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(6回) それとともに、人口が伸びておるんですね。件数といいますか、人口が伸びておりますので、対象者数も非常に多くなっております。そういった一面もありますので、所得だけでなく、人口、納付される方もふえたというふうに認識していただければ結構だろうというふうに考えております。 それと、工事請負調につきましては、昨年度もお話がございました。 もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(7回) △日程第3.承認第4号専決処分した重複地番解消のための山地番の変更に伴う関係条例の整備に関する条例の承認について ○議長(中村隆征君) 日程第3、承認第4号専決処分した重複地番解消のための山地番の変更に伴う関係条例の整備に関する条例の承認についてを議題といたします。 本件について、提出者の説明を求めます。國井市長。    〔市長 國井益雄君登壇〕 ◎市長(國井益雄君) おはようございます。 もっと読む
2018-09-19 光市議会 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 ちなみに他市町の取り組みとして紹介させていただければ、奈良県の生駒市、人口12万人の町なんですが、ふるさと納税を使って財源の確保に取り組んでいます。そして、また保護者へのお願い、寄附のお願い、そして募金活動までやられているということで、これがことし4月1日から8月31日までの寄附金合計が、2,000万円を超えるものとなっています。 もっと読む
2018-09-18 光市議会 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 いずれにいたしましても、広域的な幹線道路の多重性の確保は周南都市圏の重要な課題でありますことから、引き続き関係市町と連携しながら、(仮称)光下松間道路等の整備を関係機関に要望してまいりたいと考えております。  次に、10点目のみなし仮設住宅についてでございます。   もっと読む
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 このたびの9月の議会では、災害関係の専決処分の報告2件と補正予算による災害関係の歳出が、現時点での災害出費額として計上されております。   もっと読む
2018-06-14 光市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 日本共産党は、北朝鮮問題の対話による平和的解決を一貫して主張し、4月上旬には、朝鮮半島の非核化と北東アジア地域の平和体制構築を一体的、段階的に進めることを関係各国に要請しました。この間の情勢の進展は、我が党の提唱が関係各国の努力方向とも合致し、情勢を前向きに打開する唯一の道であることを示しております。 もっと読む
2018-03-26 光市議会 2018.03.26 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文 初めに、水道局関係分について御報告いたします。  まず、議案第3号、平成30年度光市簡易水道特別会計予算を議題といたしました。執行部説明の後、委員より、供用開始後約20年が経過した牛島簡易水道の施設老朽化への対策や当該区域の人口減による水道使用量の動向など数点の質疑がありましたが、質疑終結の後、討論はなく、採決の結果、議案第3号については全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。   もっと読む
2018-03-01 岩国市議会 平成 30年 第1回定例会(3月) このことを受け、当該市道の機能回復を目的とした回転場や迂回路の設置を検討したものの、関係者の理解を得ることができなかったことから、減額補正を行うものである」との答弁がありました。  もっと読む
2018-03-01 下松市議会 平成 30年 3月 定例会(1回) しかし、下松の漁業関係者は28戸、全体の84.5%は周南市の漁業関係者であります。周南市には1円も今のところ負担を求めようとしていない。「検討する」という言葉で終わっています。これも、身の丈との関係でいえば、いささか財源不足にさらに拍車をかけることにならないか。 もっと読む
2018-03-01 山陽小野田市議会 平成 30年 3月定例会(第1回) 職員の関係についてお尋ねしたいんですが、現在従事されている、学校給食関係に従事されている方がこのまま移行されるのか。また、人数的に人員的な効率化が図られるのか。そのあたりの審議はあったかどうか、お尋ねしたいと思いますが。 ○議長(小野泰君) 河野委員長。 もっと読む
2018-02-27 光市議会 2018.02.27 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 市社会福祉協議会は、社会福祉法だい109条に基づき、市町村の区域内において、地域福祉の推進を図ることを目的として設置された非営利の民間組織であり、地域住民のほか、地区社会福祉協議会、民生委員、児童委員、社会福祉施設や社会福祉法人等の社会福祉関係者、保健、医療、教育など、関係機関と連携共同のもと、地域の福祉推進の中核としての役割を担い、さまざまな活動を行っておられます。   もっと読む
2018-02-26 光市議会 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 今後も、福祉・保健・医療・教育などの関係機関と連携の強化を図り、職員の対応能力を向上させ、個々のニーズに応じた支援を行ってまいりたいと考えております。  また、子ども家庭総合支援拠点の設置につきましては、国が定めた児童人口規模別の設置基準があり、本市の規模では子ども家庭支援員を2名配置することとなっております。 もっと読む
2018-02-23 光市議会 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 川園線及び船戸三太線につきましても、瀬戸風線同様に本市の主要な幹線道路であり、山口県施行の都市計画事業として進められており、昨年8月に土地所有者や沿道店舗関係者などを対象に地元説明会が開催されたところでございます。   もっと読む
2018-02-21 光市議会 2018.02.21 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 この30年を振り返りますと、昭和から続いた右肩上がりの成長社会は過去のものとなり、明治期以降一貫して増加が続いていた我が国の人口は、平成20年をピークに減少に転じました。さらに、人口の一極集中や少子化傾向も一段と顕著となりました。   もっと読む