運営者 Bitlet 姉妹サービス
299件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-07 下関市議会 平成31年第 1回定例会(3月)-03月07日−04号 その最大の施策が、ロボット技術やICTを活用することで、作業の効率化を目指す、スマート農業の推進であり、具体的には、ドローン、小型無人機を活用した農薬の散布や、収穫物の上げおろしに活用するアシストスーツなどが考えられます。  こうした働き方改革により、新規就業者の早期育成や女性活躍の推進など、多大な効果が期待できると思われます。 もっと読む
2018-12-01 山陽小野田市議会 平成 30年12月定例会(第4回) 農林水産業費について、委員会の主な質疑といたしまして、「ドローンの使用目的は」との問いに対して、「肥料や農薬の散布に使用する。今後は貸し出しも行い、収益を上げる目的もある」との答弁があったところであります。 次に、土木費といたしまして、道路橋りょう総務費の県事業負担金379万円の増額は、県道奥万倉山陽線及び埴生停車場線の整備に係る用地買収費の一部を市が負担するものであります。  もっと読む
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 農業におきましては、農薬化学肥料を使用しないでつくった農産物、加工品にコウノトリのブランド名をつけて認定していきました。コウノトリが舞いおりる水田のお米は、普通米の85%増しの高値でJAが買い取ってくれたそうです。もちろん学校給食の御飯は全てコウノトリ米です。  工業におきましても、環境に優しい企業を環境経済事業として認定していきました。 もっと読む
2018-09-03 下関市議会 平成 30年 9月 3日 経済委員会-09月03日−01号 もちろん農薬の問題もあるんですが、それともう一つは、山口県でも北部に行くと、大根とかいろんな生産が多い所があります。そこの現地に行って、それを視察する。この2つを今から強化していくということで、今、生産者の方と協議をしている最中でございます。 もっと読む
2018-06-19 下関市議会 平成30年第 2回定例会(6月)-06月19日−04号 まず、有機農業については、議員御案内かと思いますけども、有機農業の推進に関する法律という中に、これも化学的に構成された肥料及び農薬を使用しないとか、遺伝子情報を組み替えしたものを使わないといったものもございますので、非常に循環型として意義のある農業だと思ってございます。   もっと読む
2018-06-13 下関市議会 平成 30年 6月13日 建設消防委員会-06月13日−01号 これは恐らく施設基準でやらなければいけないのは下水道の問題もあるけれど、公共用水域における汚濁負荷量というのは、下水処理だけではない、農薬の話もあったりすると思うのだけど、その辺をどうするのか施設を改善するというのかどうかということが一つと、それから、また以下に書いてある富栄養化の話は、これも下水処理場の問題としてとらえているのですか。 もっと読む
2018-03-19 下関市議会 平成 30年 3月19日 経済委員会-03月19日−01号 新旧対照表を載せていますが、表左側の現行のア、農政係の(イ)農林業の金融に関することと、(エ)農業の担い手及び農村女性の育成に関すること、そしてイ、農務畜産係の(ウ)肥料、農薬、農産物の防疫及び循環型農業に関することにつきましては、改正後、担い手支援係のほうの事務としております。  以上でございます。よろしくお願いいたします。 もっと読む
2017-08-09 下関市議会 平成 29年 8月 9日 市出資法人調査特別委員会-08月09日−01号 プラスの要因として、子牛の生産販売の増加、大豆・そばの作業受託面積の増加、果樹の売上高の増加、ライスセンター及び無人ヘリ農薬散布の収益などが大きく影響したと思われます。反面、マイナス要因としては、一般管理部門の人件費等の増加、温室ハウス部門、トマト・イチゴの生産、出荷コストの増によるものと思われます。  次に、部門別の実績について御説明申し上げます。 もっと読む
2017-02-20 下関市議会 平成 29年 2月20日 文教厚生委員会-02月20日−01号 これは今までやっている食品の監視で市内の野菜とか、それから緊急対応で例えば輸入食品ですとかの農薬等の検査をする機械であります。  これにつきましては県の消費者行政活性基金というのを利用する予定であります。 もっと読む
2016-12-08 周南市議会 平成 28年12月 第8回定例会-12月08日−02号 ◎経済産業部長(弘中基之君) 議員御指摘のとおり、すぐ近くにはソレーネ周南、研修室もあるということで、農業大学のほうにもお願いをして、野菜づくりの講座だとか、あるいは市民農園で作物をつくるに当たっても、農薬の使用に関する一定の義務づけもされておりますので、JAさんの御協力もいただきたいというようなことも考えているところでございます。   もっと読む
2016-12-01 下関市議会 平成28年第 4回定例会(12月)-12月01日−01号 このほか、農薬散布に係る無人ヘリコプターにかわり、ドローンを導入した場合のメリットやデメリットを確認するなど、業務に係るコスト削減の観点からの発言がなされております。  続きまして、報告第22号の一般社団法人豊浦産業振興事業団についてであります。   もっと読む
2016-11-30 周南市議会 平成 28年11月 第7回臨時会-11月30日−01号 また、農薬・営農指導の際、県や農協などの関係機関に声をかけて指導してもらうとともに、加工所の利用や機械の導入の希望者には、県や市の事業を積極的にPRしていきたい、との答弁でした。   もっと読む
2016-11-21 周南市議会 平成 28年11月21日 環境建設委員会-11月21日−01号 また、あと例えば農薬の指導とか営農の指導もあると思うんですけど、このあたりもちょっと私たちができないところもあるんで、そういうのは関係機関、県とか農協さんのほうにちょっとお声がけして指導していただくとか、そういう形もできるのかなと思ってますし、また例えば、女性の加工グループなんかが加工所をちょっと使いたいと、つくりたいとか、あと機械を導入したいということになれば、私どもも県の事業とかあと市の事業もございますんで もっと読む
2016-09-09 周南市議会 平成 28年 9月 第5回定例会-09月09日−03号 また、農産物産地化・安定出荷支援事業ということで市街化区域においては農薬や肥料散布がなかなか困難だというようなことで小規模のビニールハウスでございますけれども、ビニールハウスの設置支援をしている事業もございます。また、特産品目を指定しまして、それをいわゆる直売所、また、ソレーネ周南あたりに出荷していただこうということで、種苗購入費の補助もしているところもございます。 もっと読む
2016-09-07 長門市議会 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月07日−03号 そして、ここの、ましてや「ここのつくった野菜はいつもおいしい」だとか、「ここの野菜は農薬があんまり使ってないからいいんだよ」だとかといったことの当然情報も入ってくるわけでございますから、そういった生産者と消費者との信頼関係をいかに結んでいくかという、それが顔が見える関係ということだろうと思いますから、そういったことを大切にしていくというのは、今からもっと心がけていかなきゃいけない重要なことだと思ってます もっと読む
2016-09-06 柳井市議会 平成 28年 第3回定例会( 9月)-09月06日−02号 大変素晴らしい、ユズが無農薬でやっとるから、そんなきれいなユズではない、少し傷が入ってる、そうしたものいっぱいある。それをどんどん集めて、それからいろいろな商品をつくって、33億円まで売上を上げているという大変素晴らしいところであり、村の風と感動等を消費者に送るというテーマで、この事業をやって成功されております。  佐賀県の小城市、ここを産業活性と所得向上ということを打ち出しております。 もっと読む
2016-08-22 下関市議会 平成 28年 8月22日 市出資法人調査特別委員会-08月22日−01号 無人ヘリコプターの農薬散布業務については、申込面積が前年比119%と大幅に増加しました。またゴルフ場の松くい虫防除も実施し、面積拡大となりました。現在、ヘリコプターの免許取得者は4名となっております。  次に、4ページをお願いいたします。堆肥センターについて、堆肥やミネラルの散布は、作業機械の更新により作業料金を見直しましたが、米価の下落により申し込みが減少したと考えられます。 もっと読む
2016-06-17 下関市議会 平成28年第 2回定例会(6月)-06月17日−02号 2番目に肥料(農薬)の経済性は、コンポストとの比較評価はいかがですかということと、JAS規格適合性はいかがですかということで、これが2番になります。  3番目に、人口減少に伴う排出汚泥量の減少に将来維持できるかどうかということです。  4番目に、汚泥の中の金属除去義務は誰にあるのですかということと、どんな除去方法を行うのですかということです。   もっと読む
2016-06-16 長門市議会 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月16日−04号 法人を立ち上げたけれども中々立ち行かない、だからそれらを一緒にすることによって、いわゆるロットを大きくすることによって飼料等も肥料等も安く農薬等も安く買っていこう、そして売り先も確保できるというようなことから、集落営農法人同士が連携をして新たな法人をつくっていく、そういうふうなことが今言われているわけでございまして、実際、例えば三隅地区ではそういった話も進んでいるということでございます。   もっと読む
2016-03-08 宇部市議会 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月08日−02号 でも、例えば、たくさん扱って、キャベツとかにちょっと虫がついていたとか、そういうところを逆に発見できることがまたいいことで、それをちゃんと報告するというのはいいことですし、野菜に全く何もついていない状況で、虫食いも何もないものが送られてきたら、逆に農薬をどれだけ使っているのだとか、その辺はわかっていますよ。わかって数字を聞いているのです。 もっと読む