運営者 Bitlet 姉妹サービス
1960件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 光市議会 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文 合併当初、大和地域では、当時社会福祉協議会の、お名前を出してはまずいのかもわかりませんが、林タカ枝会長さんが、なかなか子供の通学路の安全確保をするのに照明が確保できないということで、大和地域の社会福祉協議会で防犯対策を講じられ、今大和地域では、当初から数えると80灯近く社会福祉協議会で設置をしていると。 もっと読む
2018-12-06 光市議会 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 このように、歳入確保が大変厳しい状況である一方、歳出におきましては、高齢化に伴う扶助費や繰出金などの社会保障経費の増加のほか、新たに来年10月から始まります幼児教育・保育の無償化に伴う地方負担も見込まれております。 もっと読む
2018-12-01 下松市議会 平成 30年12月 定例会(8回) 地方交付税の理念である財源調整や財源保障の観点から、今後も、できる限り有利な起債制度を活用しながら財政運営を進めていくとの答弁がありました。 次に、同じく空調設備設置事業について、地元の経済振興の観点から、学校ごとに入札を行う方法もあると思うが、どのように考えているかとの問いに対し、実施設計の入札については、おおむね学校単位で実施する予定である。 もっと読む
2018-10-23 光市議会 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 委員より、光っ子サポーターの配置についてただしたのに対し、特別支援学級が開設されている学校や、常に個別の支援が必要な児童生徒が在籍する学校、病気等の理由により、児童生徒の安全な学校生活を保障する必要のある学校、著しく配慮が必要な児童生徒が複数在籍する学校等、さまざまな視点に基づき、各学校の状況、要望を踏まえ、年度末に配置校、配置する人数を決定しており、その年々によって配置校、配置人数を変更しているとの もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(6回) 確かに、かなりの金額の減額ということで、はたから見れば緩そうに見えるんですけれども、今現在、社会保障制度、医療制度、こういったものが非常に高額になってきております。また、扶助費につきましてもどんどん右肩上がりということで、これは想定がなかなかしづらい部分もあるんですね。 もっと読む
2018-09-18 光市議会 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 ボランティアセンターの開設に当たり、被災された皆さんへの周知方法としては、光市社会福祉協議会及び山口県社会福祉協議会ホームページにおける周知や、マスコミへの情報提供を初め、光市メール配信サービスによる情報提供も実施しております。 もっと読む
2018-06-14 光市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 両首脳が署名した共同声明によると、金委員長は朝鮮半島の完全な非核化へ強固で揺るぎない決意を表明し、トランプ大統領は北朝鮮に対する安全の保障の提供を約束し、米朝両国が、平和と繁栄を望む両国民の願いに従って新しい米朝関係を樹立、朝鮮半島に永続的に安定した平和体制を構築することを宣言しました。   もっと読む
2018-06-01 山陽小野田市議会 平成 30年 6月定例会(第2回) 承認が得られた後、補助等はどうなるかとの問いに、国税や県税の特例措置があり、融資制度や規制緩和などいろいろな優遇制度があると聞いている。市で関係があるのは、固定資産税の免除だけで税務課に申請して課税免除の手続をしてもらうことになるとの答弁。  もっと読む
2018-06-01 岩国市議会 平成 30年 第2回定例会(6月) 議員定数は、既に平成23年の地方自治法の改正により、従来の人口規模当たりの上限規定も撤廃され、議会制度の自由度を高めるため、定数の決定は地方公共団体の自主的な判断に委ねられました。  もっと読む
2018-03-26 光市議会 2018.03.26 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文 減免制度の実施・拡充を求めるとの反対討論がありました。 もっと読む
2018-03-01 下松市議会 平成 30年 3月 定例会(1回) 憲法第25条にある健康で文化的な最低生活を保障する地方自治体の役割は、地方自治法第2条に明記をされています。 もっと読む
2018-02-26 光市議会 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 虐待を受けた子供や何らかの事情で実の親が育てられない子供を含め、全ての子供の育ちを保障する観点から、現在では新しい社会的養育ビジョンというものも策定をされています。そのような時代になってまいりました。子供にもその権利というものがありますので、親が育てられなければ、しっかり社会的に養育をしていくという、このような時代にもなってまいります。   もっと読む
2018-02-23 光市議会 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 ここで国の歳出で少し細かく言いますと、社会保障費が33兆円台。どちらかというと、診療報酬、介護報酬の同時改定を行い、歳出改革の目安としていた社会保障関係費を1年度当たり5,000億円の増加に抑えたと解され、頭を押さえ込まれた印象。地方交付税は521億円の減額。地方税収が景気の改善で4,000億円ふえることが見込まれるという理由でございます。 もっと読む
2018-02-21 光市議会 2018.02.21 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 女性も男性も、高齢者も若者も、障害がある方も、誰もが心から幸せを実感できる「ゆたかな社会」。その道を開く鍵は人にあります。とりわけ、未来の光市の担い手として「ゆたかな社会」の扉をたたく子供たちの役割は重要であります。   もっと読む
2017-12-18 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月18日−06号 次に、同じく委託事業として、平成25年度から平成26年度にかけて、超小型モビリティ等社会実証実験実施委託事業を実施しており、事業の概要は超小型モビリティ有料貸出の社会実験を行ったもので、実施額は2,216万3,627円でございます。   もっと読む
2017-12-15 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月15日−05号 教育委員会といたしましては、15歳の心の教育と学力保障を掲げておりますように、中学校卒業時点における学力を保障することは、市内全小中学校が全力で取り組まなければならない課題だと捉えております。  各学校では、さまざまな工夫をして指導しているところであります。その中で、特にティーム・ティーチングや習熟度別の少人数指導、さらには補充学習等、個に応じたきめ細かな指導を行っているところであります。 もっと読む
2017-12-14 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月14日−04号 そして、やはり明治維新とは一体何ぞやと言えば、先ほど言いました武家社会が大きく民主主義の時代に変わった。全て制度から根本的に変わってきたわけですから、そういった変化を下関で感じることができるのかと、そういった施策を打てるのかというところがとても大切なのかと思います。   もっと読む
2017-12-13 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月13日−03号 ◆江原満寿男君  そういう仕組みについて、何回も議論しているから、私は承知の上で質問しているので、その展開検査でもいいかげんだし、そのことで保障できないし、現に行政指導、行政処分を受けているわけだから、不安を感じるのは当然だというふうに思うわけです。   もっと読む
2017-12-07 下関市議会 平成 29年12月 7日 文教厚生委員会-12月07日−01号 第7項社会教育費第1目社会教育総務費は、2,161万4,000円の人件費の増額でございます。第5目図書館費は、275万2,000円の人件費の増額。第6目博物館費は、159万7,000円の人件費の増額でございます。 もっと読む
2017-12-06 下関市議会 平成 29年12月 6日 経済委員会-12月06日−01号 ただ、これにつきましても今後社会体育として進めていって、同じ体育館を使用するということで統一をしていく必要が出てくるのかなと。ただ料金設定など、色々なことの課題はございますけれども、将来的にはそういったことも検討していく必要があるかなというふうに考えております。   もっと読む