運営者 Bitlet 姉妹サービス
513件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 小児がんは、風邪のような症状や筋肉や関節の痛みが続くなどの理由で、かかりつけ医等医療機関を受診し、がんと診断されるケースも少なくないようです。また、乳幼児は、自分の症状を親に訴える表現手段や方法が少ないことや、自分の感じている全ての症状をあえて親に相談しない傾向があることなどの特徴があり、実際の症状を把握するのが難しいと考えられます。   もっと読む
2018-06-01 岩国市議会 平成 30年 第2回定例会(6月) やはり、我々議会みずからが血を流して身を削り、痛みをも恐れない決意を示してこそ、執行部に対しても厳しい行財政改革を迫ることができるのではないでしょうか。 議員一人一人が自己研さんに励み、さらなる少数精鋭に挑む覚悟を、市民の皆様に示そうではありませんか。 もっと読む
2018-03-26 光市議会 2018.03.26 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文 国全体の財政が危機的状況の中、痛みを伴う改革を全く受け入れないほど日本人は愚かではないはずだと、そのような良識を信じ、これからのまちづくりを進めてまいりたいと思いますが、審議に当たり、幾つかの所感を述べ、賛成の意を表したいと思います。  まず、一般会計の予算規模は、前年度当初比4.8%増の218億9,000万円。 もっと読む
2018-02-23 光市議会 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 財政健全化は痛みを伴う改革ではありますが、平成30年度は各自治体の腕の見せどころとなるのではないでしょうか。  それでは、光市に目を向けます。このような厳しい財政状況の背景のもと、行政改革や財政健全化を着実に進め、平成30年度予算を提案されました。 もっと読む
2017-12-21 岩国市議会 平成 29年 第6回定例会(12月) やはり我々議員がみずから血を流し、痛みを恐れない決意を示し、そうやって初めて、執行部に対しても厳しい行財政改革を迫ることができるのではないでしょうか。 結局、32人が30人になったとしても、一人一人の議員が今より1割――10%頑張れば、結果的に33人分の仕事をすることになります。 もっと読む
2017-12-18 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月18日−06号 親自身の人生の痛みに共感し、支援をしていく、責めるより支援することのほうが有効である。親は回復する力を持っている。親をどう支援するか、援助者には、今その力量が問われていると語られておりました。私も全くそのとおりであると感動いたしました。  要は支援を必要としている家庭をどのようにして見つけていくのか。 もっと読む
2017-12-06 光市議会 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第3日目) 本文 戦略的に縮んでいくためには多くの痛みを伴う改革が必要だが、この道から逃げるわけにはいかない計画、特に公共施設等総合管理計画に掲げられる、積極的に手を入れていくべき課題など、スピード感という点において、のんきな人々になっていないかということです。すぐ何かが動かせる問題とは思いませんけれども、具体的な動きや方向性について示せるものがあればお尋ねをいたします。  2番目に未来を見据えた介護と福祉。 もっと読む
2017-12-05 萩市議会 平成29年12月定例会-12月05日−04号 スクラップ アンド ビルドのスクラップには痛みを伴い、スクラップとすべき事業や業務を表す具体的な手法が必要と考えますが、市長の考え方をお尋ねをしてみたいと思っています。その上で洗い出したものについて、トップの責任により削減が必要と考えます。どのように考えておられるでしょうか。  次に少し具体的な事例を申し上げさせていただきます。 もっと読む
2017-12-01 岩国市議会 平成 29年 第6回定例会(12月) やはり我々議員がみずから血を流し、痛みを恐れない決意を示し、そうやって初めて、執行部に対しても厳しい行財政改革を迫ることができるのではないでしょうか。 結局、32人が30人になったとしても、一人一人の議員が今より1割――10%頑張れば、結果的に33人分の仕事をすることになります。 もっと読む
2017-06-27 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月27日−08号 まだ打撲による体の痛みが残っているようですが、このヘルメットをかぶっていなければ、命にかかわる事故であったと思いますし、生きていたとしても、現在健全な生活はできていなかったのではと思います。  この事故は、私に強い教訓を与え、以前から気になっていた、自転車の安全で適正な利用を呼びかけるきっかけとなったのです。このたび、こういった質問をさせていただくようになりました。   もっと読む
2017-06-01 下松市議会 平成 29年 6月 定例会(3回) これで、井川さんが垂れ流しだと、赤字が出たって全然痛みを感じてなかったんじゃないかというふうなことを、言葉にはなさいませんでしたけれども、垂れ流しだったと、やりっ放しだったという言葉に、私はこの実態を見ていて知っていたから、あの言葉がずしっと実感を込めて受けとめられましたよ。 さっきあなたは、こういう実態について、知った上であんな答弁をなさったとしたら、ちょっと私は常識を疑いますよ。 もっと読む
2017-03-01 下松市議会 平成 29年 3月 定例会(1回) 一人一人の市民が少しずつではありますが、痛みの伴う改革を理解してくれることにより、安定した市政が維持されるのではないでしょうか。痛みの伴う改革も、生き残るためには必要なものと考えております。 また、公的な事業であっても民間にできることは民間に任せ、自治体は成果に応じ支援することも必要かと思います。 もっと読む
2017-02-24 光市議会 2017.02.24 平成29年第1回定例会(第3日目) 本文 市民の日常生活に欠かせない水道事業を将来にわたり守るため今は痛みをこらえるという趣旨で、山陽小野田市が昨年12月に市議会に提出し否決された水道料金値上げ条例案について、白井博文市長が再提案を断念する方針を固めたとあります。  人口減が進む中、インフラの整備、維持費用の捻出は、多くの自治体の共通の悩みであります。だが、市民の負担増には依然抵抗が強いようだ。 もっと読む
2017-02-20 萩市議会 平成29年 3月定例会-02月20日−03号 がん患者は、痛みなどの症状や不安や悩みなど、多くの苦痛を抱えています。緩和ケアは、そういう心と体の痛みを和らげるとともに、患者とその家族の精神的なサポートをするもので、治療中であるかどうかや、入院、外来、在宅療養などの場を問わず、がんと診断されたときから受けることができます。その人らしさを大切にし、療養生活の質をよりよいものにしていくことを目指しています。 もっと読む
2017-02-20 萩市議会 平成29年 3月定例会-02月20日−03号 がん患者は、痛みなどの症状や不安や悩みなど、多くの苦痛を抱えています。緩和ケアは、そういう心と体の痛みを和らげるとともに、患者とその家族の精神的なサポートをするもので、治療中であるかどうかや、入院、外来、在宅療養などの場を問わず、がんと診断されたときから受けることができます。その人らしさを大切にし、療養生活の質をよりよいものにしていくことを目指しています。 もっと読む
2016-09-26 下関市議会 平成28年第 3回定例会(9月)-09月26日−05号 ◆片山房一君  市長の答弁も市民の痛みを感じていらっしゃらないのではないかと思われるような答弁でした。  引き上げは必要なかったのではないか、その視点から再び質問いたします。今年度から国保料を平均7.4%引き上げました。これによる国保料の増収額、ふえた金額はどのくらいになるのでしょうか。 もっと読む
2016-09-13 周南市議会 平成 28年 9月 第5回定例会-09月13日−05号 しかし、改革には大きな痛みが伴うなと。そして、100%の人が満足するということは難しいなということを考えながら、議員の御提案をお伺いしたわけでございます。公共施設再配置、行財政改革の推進、これは一丁目一番地でございます。 もっと読む
2016-09-07 柳井市議会 平成 28年 第3回定例会( 9月)-09月07日−03号 その運転できない、車がないっていうことの苦労は、本当にすごい、私が経験もしてます、そしてまた、体の痛みとか、動かせないという不自由さも、今、経験をしておりますものですから、地域の方々の思いがひしひしと感じるものですから、それについて、今後もやっていただきたいと思っております。   もっと読む
2016-09-02 光市議会 2016.09.02 平成28年第3回定例会(第3日目) 本文 赤ちゃんや胎盤が出た後、母体にはかなりのダメージがあり、骨盤が緩み、体のいたるところに痛みがあり、出血はしばらく続きます。また、出産でホルモンのバランスが変化したため、精神的に不安定になりやすいのも産後の特徴とされており、症状の程度の差はありますが、産後のママの約10%が産後うつになるともいわれております。   もっと読む
2016-06-23 萩市議会 平成28年 6月定例会-06月23日−05号 またこの肺炎球菌ワクチンの接種後に、痛みや赤み、腫れなど接種部位の症状、筋肉痛、だるさ、発熱などの副反応が生じることもあるそうです。体調の変化が表れたらすぐに医師に相談することが必要ですが、医療機関で治療が必要な場合などの予防接種健康被害救済制度についてもあわせてお聞かせください。   もっと読む