運営者 Bitlet 姉妹サービス
1126件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-10-23 光市議会 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 3点目、公立幼稚園のトイレの洋式やエアコンの設置状況についてただしたのに対し、トイレの洋式は平成29年度に1基を整備し、平成29年度末で大人用と合わせ10基中3基、30%が洋式率となっているとの答弁。   もっと読む
2018-10-02 光市議会 2018.10.02 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 ◯市長(市川  熙君) 報告第10号は、平成29年度健全判断比率及び資金不足比率について、地方公共団体の財政の健全に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により、監査委員の審査に付しておりましたが、別冊意見書のとおり送付を受けましたので、議会に報告するものであります。   もっと読む
2018-09-19 光市議会 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 センター運営期間中に特に配慮したことは、ボランティアの熱中症対策でしたが、水道局を初め、市内各地区社会福祉協議会、福祉施設、その他個人、団体、企業の皆様からも飲料水や必要な物資の提供、センターで使用する備品の無償貸与など、さまざまな形で御支援をいただき、また、県看護協会からは看護師を派遣していただいたおかげで、軽い熱中症の症状の方がおられたものの、重症者を出すことなく運営することができています。   もっと読む
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 一方、学校施設整備に関しましては、施設全般の老朽対策や保全のための屋上防水工事など、教育環境を取り巻く多くの課題の中から、特に洋式を中心としたトイレ改修に重点的に取り組むこととし、早急に改修を進めているところであります。   もっと読む
2018-09-11 光市議会 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第1日目) 本文 そして、炎天下の中、被災者の皆さんの災害復旧に対しましては、1,300人を超えるボランティアの皆様から無償の御支援をいただきました。いただきました多くの御支援に対しまして、ただただ心から感謝を申し上げる次第であります。   もっと読む
2018-06-29 光市議会 2018.06.29 平成30年第2回定例会(第4日目) 本文 執行部からの説明の後、委員より、本庁舎耐震基本構想策定業務委託料について耐震改修が困難との結論に至った理由を質したのに対し、グレース等の設置による耐震改修は施工中の騒音や振動が執務に影響を及ぼすなどデメリットがあること、また、耐震改修が施設そのものの延命にはつながらないことなどから、耐震改修は現実的ではなく、困難との結果を導いたとの答弁。 もっと読む
2018-06-14 光市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 学校給食費無償の目的や動機に注目すると、無償を実施した自治体の動機、また目的は、若者の流出を防ぐなどの少子対策、また、子育て支援とされています。これに加えて、食育の推進を掲げた自治体もあります。 もっと読む
2018-06-12 光市議会 2018.06.12 平成30年第2回定例会 目次 ……… 25 ○ 日程第1 会議録署名議員の指名 ………………………………………………………… 25 ○ 日程第2 一般質問 ………………………………………………………………………… 25  ・ 田邉 学議員 ……………… 25,30,31,32,33,34,35,36,38     ・ 小中学校の現状と対策について                  39,40        (1) 教職員の多忙もっと読む
2018-03-16 萩市議会 平成30年 3月定例会-03月16日−06号 平成30年度から、老朽した各地域の防災行政無線機器のデジタルへの更新、新防災行政無線整備事業4億1,456万円も行われます。  これまでの観光施設などの箱物ではなく、市民の要求に則した事業が多く盛り込まれています。 もっと読む
2018-03-02 萩市議会 平成30年 3月定例会-03月02日−05号 また、ウィッグのレンタルを行っているNPOの活動や、長門市の女性がん患者会のウィッグ無償貸し出し活動などの事例もありますので、情報を整理し、萩市で対応する際の参考にしてまいります。  先進県、先進市の状況等を把握し、まずはがん患者の方の悩みにこたえられる萩市内の体制づくりから始め、助成制度の創設につきましては、そのうえで検討を重ねてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-03-01 岩国市議会 平成 30年 第1回定例会(3月) 続いて、小中学校学校給食運営事業に関し、委員中から、「平成30年度から学校給食費の無償が実施されることとなるが、それまでの学校給食費の滞納についてはどのように対応するのか。また、滞納者は無償の対象となるのか」との質疑があり、当局から、「滞納者に関しては、これまで学校長名で行っていた通知を教育長名等に変更するなどして、無償後も継続して納付を求めていく。 もっと読む
2018-02-27 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月27日−04号 過疎高齢が進み、診療所の患者数が減少傾向にある中、診療所を運営していくためにはこれまでのように診療所に専従の医師を配置する診療体制から、浜田市の事例のように複数の診療所をグループし、相互に診療支援を行う体制へ見直すなどの方法も考えられます。 もっと読む
2018-02-27 光市議会 2018.02.27 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 グローバル・高度情報時代を生きる子どもたちのためにです。  このたび、指導要領の改訂で、グローバルと高度情報という社会変化に対応する内容として、話題になっている外国語教育とプログラミング教育について質問いたします。   もっと読む
2018-02-26 光市議会 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 少子高齢が進行する光市において、その着実な推進が求められております。進捗状況をお示しください。  大項目2番目、2019年度から始まる幼児教育・保育の無償についてお尋ねをいたします。  1点目、政府は、昨年12月に幼児教育・保育や高等教育の無償などを盛り込んだ人づくり革命を閣議決定し、幼児教育の無償に関しては、2019年度から先行実施するということでした。 もっと読む
2018-02-23 光市議会 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 さらに、子供たちの教育環境の充実に向けた取り組みとして、学校トイレの洋式について重点、加速を図ることとし、新年度は、小学校2校、中学校2校の改修工事を実施いたします。また、計画的に耐震工事を進めてきた公立保育所につきましても、耐震100%に向け残る浅江南保育園の耐震改修工事に取り組むなど、ハード・ソフトの両面から子供たちの希望実現に向けた取り組みを進めてまいります。   もっと読む
2018-02-21 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月21日−01号 国においては、すべての子供たちに進学できるチャンスを確保するため、授業料の減免や給付型奨学金の充実など、高等教育無償の実現に向けた取り組みを進めております。本市では国に先駆け給付型の奨学金制度を、篤志家からの寄附金を活用し実施してまいりました。より多くの優位な人材を育成するため、本年奨学金の募集に当たっては要件を緩和したところです。 もっと読む
2018-02-20 光市議会 2018.02.20 平成30年第1回定例会 目次                 田村建設部長 …………………………………… 74,75                 亀井環境部長 …………………………………………… 76  ・ 田中陽三議員 ……………… 78,85,86,88,89,92,94,95,96     ・ 平成30年度予算について        (1) 市川市長10年目の予算に対する想い        (2) 財政状況と健全への もっと読む
2017-12-19 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月19日−07号 さらに、他の委員より、受益者負担を求める前に、経費の節減を行うべきであるとの苦言や、財政健全プロジェクトの内容を確認する発言もなされております。  委員会は、本案を賛成多数により、原案のとおり可決すべきものと決しました。   もっと読む
2017-12-15 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月15日−05号 少子高齢がますます進む下関市、平成29年11月現在の市全体の高齢率は34.1%、中心市街地が所在する本庁地区は36.4%の高齢となっており、今でさえ下関市の平均を超えておりますが、今後さらに高齢が進むことが予測される地域であります。高齢だけなら、4町地区も圧倒的に高い地域でありますが、中心市街地が問題となるのは、住宅や居住者、また、さまざまな都市機能が密集している点です。   もっと読む
2017-12-13 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月13日−03号 そういったふうにすること、そうすると一定のお金がかかる面は、少なくとも無償まで一挙にいかなくても上澄み分だけは市が負担するとか、そういう形にすれば給食費へのはね返りもなくなるし、願わくば無償を目指していくと。そのことを含めて検討を本気で開始していったらどうかというのが1つ。  それからもう1つ、機械の共同利用。 もっと読む