運営者 Bitlet 姉妹サービス
68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-02-23 下関市議会 平成 29年 2月23日 文教厚生委員会-02月23日−01号 〔報告〕(7)工事請負変更契約の締結について(下関市立王喜小学校屋内運動非構造部材耐震改修工事)(8)「日本遺産」認定申請について(9)下商コミュニティ・スクールについて   上記3件について報告を受けた。 もっと読む
2016-12-08 周南市議会 平成 28年12月 第8回定例会-12月08日−02号 そのうちハード面では、遠石小学校区市道青山東山線の横断歩道移設などの歩道整備や、大河内小学校区清光台下交差点のラバーポールの防護柵の設置、さらには白線の塗りかえなどの対策を、現在進行中のものも含め34カ所で実施しております。 もっと読む
2016-06-16 長門市議会 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月16日−04号 この次にします質問とも関係があるんですが、青海島自然研究路には、東山魁夷画伯により描かれた皇居の壁画、「朝明けの潮」のモデルとなったせむらもあり、キラーフォトを撮影するスポットの1つだと考えております。 もっと読む
2015-12-03 光市議会 2015.12.03 平成27年第4回定例会(第2日目) 本文 虹ケ浜海岸、室積海岸は、夏場には海水浴として開設されており、多くの人が訪れます。そんな中、利用者からよく声をいただくのが、公設シャワーを整備してほしいという声です。 もっと読む
2015-03-04 光市議会 2015.03.04 平成27年第1回定例会(第5日目) 本文 現在、光市では、光駅前駐車等の整備に向けた計画づくりに取り組んでおられますが、その今後の取り組みについてお答えください。  そしてもう一つ、駅をまたぐ跨線橋。北口と南口を結び、とても便利になりました。その橋も、老朽化が心配される年月を経ました。  そこでお聞きしたいと思います。この跨線橋の現状はいかがでしょうか。 もっと読む
2014-09-08 柳井市議会 平成 26年 第3回定例会( 9月)-09月08日−01号 続きまして、24ページの工事請負費の駐車舗装工事費でございますけれども、利用者の増加等により、大畠観光センター裏の未舗装の駐車を舗装し、区画線を設けるものでございます。  25ページの道路維持費でございますが、市道の維持補修工事費を計上しております。道路新設改良費でございますが、西郷東迫線等の市道の整備を行うものでございます。 もっと読む
2012-06-11 宇部市議会 平成 24年 6月定例会(第2回)-06月11日−02号 御質問の1、沢波川の防潮水門、排水機について。  第1点、台風、高潮、津波時における操作体制についてのお尋ねですが、2級河川沢波川の防潮水門、排水機は、管理者である県において、平成22年度に完成した後、施設の運転管理については、本市が県から受託をしています。   もっと読む
2012-03-16 周南市議会 平成 24年 3月 第3回定例会 予算決算委員会-03月16日−05号 年度周南市簡易水道事業特別会計予算              <全会一致で可決すべきものと決定>      議案第62号 平成24年度周南市地方卸売市場事業特別会計予算              <全会一致で可決すべきものと決定>      議案第63号 平成24年度周南市国民宿舎特別会計予算              <全会一致で可決すべきものと決定>      議案第64号 平成24年度周南市駐車事業特別会計予算 もっと読む
2011-10-19 周南市議会 平成 23年10月 予算決算委員会-10月19日−03号 ◎住宅政策課住宅政策担当主幹(木佐谷進君) 今の委員がおっしゃられるのは、国道2号に面して樹木、高木といいますか、あそこを駐車を整備した関係で、一応高木については伐採という形をとらさせていただいております。それに伴いまして、今までよりは交通騒音が上のほうにも行くという形の御質問じゃないかと私推測するわけでございますが。――そういう形で認識させていただいております。   もっと読む
2011-09-14 周南市議会 平成 23年 9月 第5回定例会 予算決算委員会-09月14日−02号               <全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定>      議案第97号 平成23年度周南市簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)              <全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定>      議案第98号 平成23年度周南市国民宿舎特別会計補正予算(第1号)              <全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定>      議案第99号 平成23年度周南市駐車事業特別会計補正予算 もっと読む
2011-09-07 周南市議会 平成 23年 9月 第5回定例会-09月07日−03号 石船温泉憩の家については、鹿野地域の高齢者福祉拠点施設の一つとして、平成20年度より実施しております生きがい活動支援通所事業も定着し、地域の方々の交流の、やすらぎのとして利用していただいております。 もっと読む
2011-03-07 周南市議会 平成 23年 3月 第2回定例会-03月07日−03号 まず、議案第12号、指定管理者の指定について(周南市政所駐車)及び議案第13号、指定管理者の指定について(周南市鹿野山村広場及び周南市鹿野ふれあいひろば)であります。  さしたる質疑、討論もなく、採決の結果、2件はいずれも全会一致で原案のとおり可決すべきものと決定しました。  次に、議案第14号、指定管理者の指定について(周南市国民宿舎湯野荘)であります。   もっと読む
2011-03-02 周南市議会 平成 23年 3月 第2回定例会-03月02日−02号 年度周南市後期高齢者医療特別会計予算      議案第28号 平成23年度周南市介護保険特別会計予算      議案第29号 平成23年度周南市交通災害共済事業特別会計予算      議案第30号 平成23年度周南市簡易水道事業特別会計予算      議案第31号 平成23年度周南市地方卸売市場事業特別会計予算      議案第32号 平成23年度周南市国民宿舎特別会計予算      議案第33号 平成23年度周南市駐車事業特別会計予算 もっと読む
2010-12-24 周南市議会 平成 22年12月 第6回定例会-12月24日−06号 主な質疑として、体育施設の管理で少し多くの業務をお願いするとのことだが、大きな業務変更があるのか、との問いに対し、これまでに比べ公園内の駐車管理、リニューアルされた野球の点検等、これまでにない業務がふえてくる、との答弁でした。  また、体育施設は来年国体の会場にもなるが、指定管理料はこうしたことを考慮して積算しているのか、との問いに対し、特段国体のことは考慮していない。 もっと読む
2010-12-13 周南市議会 平成 22年12月 第6回定例会-12月13日−04号 駐車も、あれだけの大きな駐車が実はあります。港もあります。大きな工場地帯で、自転車もあれぐらい駐輪場に置いてあります。ということも考えれば、私は、南は南で、それは北とは違う意味が、商店街の人の見た目とは違うかわかりませんが、大変大きな周南における一つの活躍のであると思います。 もっと読む
2010-12-09 周南市議会 平成 22年12月 第6回定例会-12月09日−02号 ◆18番(田中和末議員) それから、これは先の話ですから、ちょっとまだ検討されてないかもしれませんが、例えば駅周辺になりますと、駐車の関係が出てくると思うんですよ。中心市街地となりますと、通常の駐車料金よりも倍以上の駐車料金という形になってくるかと思うんですね。そういった意味で、その辺の補助については、それも含めて考えておられるのかどうかという点についてお伺いしたいと思います。 もっと読む
2010-12-07 周南市議会 平成 22年12月 第6回定例会-12月07日−01号 道路橋りょう費、道路新設改良費の2、道路新設改良単独事業費1,711万7,000円は、市道東山町2号線ほか1線の道路拡幅に伴う経費を増額するものでございます。 もっと読む
2010-10-07 周南市議会 平成 22年10月 予算決算委員会-10月07日−04号 続きまして、駐車事業特別会計でございます。主要な施策の成果は、特別会計の328ページ、決算書は279ページからでございます。主なものは、光熱水費などの施設管理費、また、基金積立金となっております。  以上でございます。よろしくお願いします。 ○委員長(吉平龍司議員) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。 もっと読む
2010-09-14 周南市議会 平成 22年 9月 第3回定例会-09月14日−05号 私のほうは、これは大変ありがたいサジェスチョンといいますか、御提言でございますのでお答えさせていただきますが、現在も市政情報番組等、それからケーブルテレビジョン、各マスコミがここに支局、もしくは本社を置いていただいている関係で、周南エリアといいますか、東山口エリアでは、最も発信量が多いと、ほかの市長からも大変うらやましがられております。 もっと読む
2010-09-07 周南市議会 平成 22年 9月 第3回定例会-09月07日−01号 そういう意味では、山口県の中でも特に東山口では、完全な中核都市として海外との関係が非常に深い。特に、中国との関係がますます深化、深まっているという実態がございます。   もっと読む