404件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

下関市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会(3月)-03月06日−03号

学童生徒の安全な登校のための通学路の見直し等もよろしくお願いをいたします。  子育て世代の市長にとっても、大変重要な問題であると思います。31年3月4日、先週の日曜日でございますが、自民党女性局による児童虐待に対する全国キャンペーンの一端が、ゆめシティの前で行われ、国会議員の参加もあり、子育て世代の児童虐待について話をされました。

下関市議会 2018-09-28 平成30年第 3回定例会(9月)-09月28日−08号

──────────────────────────────────────── ○議長(戸澤昭夫君)  日程第22 議案第138号「下関市養護老人ホームの設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例」から、日程第29 議案第161号「下関市子どものための教育・保育給付等に関する条例の一部を改正する条例」までの8件を一括議題といたします。  

下関市議会 2018-09-26 平成30年第 3回定例会(9月)-09月26日−06号

◎こども未来部長(林義之君)  市立以外の就学前教育、保育施設、つまり幼稚園等でございますけれども、市立以外の幼稚園等につきましては、大阪府における倒壊事故直後に厚生労働省から通知文が出ております。その通知文に基づきまして各施設管理者へ耐震対策および安全点検の必要性について周知しているところでございます。

下松市議会 2018-09-01 平成 30年 9月 定例会(5回)

次に、学童保育事業費の第2花岡児童の家設計業務について、200万円を増額する理由は、との問いに対し、当初予算では、地質調査と基本設計を行うこととしていたが、一括発注のプロポーザル方式のほうが効果的であると判断したため、地質調査を切り離して基本設計を行った。地質調査、実施設計などを含めたプロポーザル設計業務として、基本設計の予算残額の不足分に200万円を追加するものである。

下関市議会 2018-06-18 平成30年第 2回定例会(6月)-06月18日−03号

幼児期と学童期のお子さんを抱える御家庭の親の力、家庭力アップに重きを置き、子育てに関する身近な問題について、改めて考えたり、子育てをするための新しい知識や技術を学ぶ機会を保護者に提供しています。平成29年度は、幼稚園、こども園で32講座を実施し、1,400人以上が参加しています。  3つ目は、小学校で実施した、大人の学び塾出前講座です。

下松市議会 2017-12-01 平成 29年12月 定例会(6回)

次に、学童保育事業費について、放課後児童支援員と補助員は、それぞれ何人増員するのかとの問いに対し、放課後児童支援員は、現行29人を31人に2人増員する。補助員は、人数が確定しているわけではなく、適宜増員対応ができるようにしているとの答弁がありました。 次に、同じく学童保育事業費について、周南市など他の自治体との待遇の差があるため、支援員や補助員の確保に苦労していると聞く。

下松市議会 2017-10-01 平成 29年10月 臨時会(5回)

それから、細かいことになるかもしれませんが、108ページ、保育料の徴収員さん、74万8,000円かな、徴収員さんの給料は。保育料の徴収というのは、これ、口座振替じゃなかったですかね。口座振替でしょう、保育料。保育園で集めてるわけじゃないよね。昔は保育園で園長さんが集めた。今は確か、口座振替になってるはずですよね。口座振替になって現年分の未納が211万8,000円出ると。

下関市議会 2017-09-26 平成29年第 3回定例会(9月)-09月26日−05号

保育所への待機児童が、3年連続でふえております。育休も含めて、全国で2万6,000人おります。下関市で何人でしょうか。学童保育の待機児童もおります。現実に、彦島でも50人の子供たちが待機児童になっております、学童保育の。入れないんです、定員いっぱいで。そういうふうな、これは1万6,000人おります。過去最高です。  

下松市議会 2017-09-01 平成 29年 9月 定例会(4回)

今でも子育て支援に必要な保育所は足りません。学童保育もそうです。やらなきゃいけない課題は山積していると思うんです。一般質問でお尋ねをする予定の学校の空調もそうですよ。財源はいっぱいいっぱい要るんです、すぐにでも。 

下松市議会 2017-06-01 平成 29年 6月 定例会(3回)

それでは鬼武部長、なぜ、児童の家についても保育士と同様に人が集まりにくいんだというふうにお考えでしょうか。 ○副議長(中村隆征君) 鬼武子育て支援担当部長。 ◎子育て支援担当部長(鬼武良光君) 学童保育のそもそもの時間帯が、主婦にとってはちょうど忙しい時間帯です。放課後から食事をする7時前ぐらいまでの、この時間帯が、まず一番、職員を集めるのに壁になっていると思います。 

下松市議会 2017-03-01 平成 29年 3月 定例会(1回)

5番目、学童保育です。早急に充実を図るべきだというふうに考えます。 6番目、就学援助です。基準となる生活保護費の内容を大きく見直しをして、就学援助、これがたくさんの方に利用できるように改善をすべきである。そういうふうに考えます。県内の自治体、生活保護基準の1.3倍というところがかなり多いようでありますが、中にはほかの方法をとる自治体もございます。

下関市議会 2017-02-23 平成 29年 2月23日 文教厚生委員会-02月23日−01号

これは、児童手当給付や子ども・子育て支援法に基づく私立の保育所・こども園・幼稚園を利用する児童に対する施設型給付を行う業務、私立保育所等施設整備事業補助のほか、放課後児童クラブ、地域子育て支援拠点事業、病児保育事業などの地域子ども・子育て支援業務、児童発達支援事業や放課後等デイサービスなどの障害児支援の業務、乳幼児医療費助成、子ども医療費助成などに要する経費でございます。  

宇部市議会 2016-12-14 平成 28年12月定例会(第4回)-12月14日−03号

本市の公的保育は、公立保育園5園と私立保育園24園で担っており、利用児童の約8割を、私立保育園が受け入れています。  公的保育において、公立と私立とで、標準的な保育サービスの提供に違いはありません。  また、保育料についても、国が示す保育料徴収基準額をもとに市が設定するため、市内の公立と私立の保育園で保育料の差はありません。  

光市議会 2016-12-05 2016.12.05 平成28年第5回定例会(第2日目) 本文

全日本の学童軟式野球大会で、やよいスポーツ少年団、光ガールズが全国大会に出場いたしました。また、セーリング競技では、岩手県での国民体育大会での山口県の男女総合優勝、光市関係の選手の活躍に目を見張っておりました。また、JWA全日本ユース・ジュニアで、浅江中学校の2年生が2位に入賞いたしまして、日本代表でイタリアでの世界選手権に行っております。

周南市議会 2016-11-17 平成 28年11月17日 教育福祉委員会-11月17日−01号

品川区のすまいるスクール事業は、平成13年度より事業が開始され、平成16年度からは学童保育を包括した事業運営に、また平成19年度からは、放課後子どもプランとして今日に至っている。運営の特徴としては、学校教員との情報共有や勉強会運営への教師の協力、また、すまいるスクール専用のスペースや学校施設の積極的活用など、学校と一体的な運営がされている。  

周南市議会 2016-11-01 平成 28年11月 第6回臨時会-11月01日−01号

次に、保育所費の保育所運営事業費について、待機児童の基準は、希望の保育園に入れない方の取り扱いは、との問いに対し、厚生労働省の規定に基づくと、待機児童はゼロであるが、5月1日現在で入所待ちは57名である。年度途中からの受け入れは保育士確保の点から難しいため、本年度から保育士トライアル制度を活用して潜在保育士の掘り起こしに取り組んでいる、との答弁でした。  

周南市議会 2016-09-28 平成 28年10月 予算決算委員会-09月28日−02号

        青 木 恭 子 君      保育幼稚園課長補佐      中 村 勝 也 君      保育幼稚園課長補佐      林 智 恵 子 君      保育幼稚園課      保育幼稚園担当係長      松 崎 靖 尚 君      保育幼稚園課再編担当係長   吉 村 渉 君      健康づくり推進課長      磯 崎 恵 理 子 君      健康づくり推進課長補佐    有

下関市議会 2016-09-23 平成28年第 3回定例会(9月)-09月23日−04号

また、妊娠から出産、そして乳児期、幼児期、学童期、思春期、成人期へと連なる親と子のライフサイクルの中で、その基礎情報を把握する機会となる。さらに、学校保健や産業保健、また、医療や福祉等の情報等と連続させることで、乳幼児期の健診の意義が高まるとしております。  

宇部市議会 2016-09-13 平成 28年 9月定例会(第3回)-09月13日−04号

質問の第1は、小学校6年生までを対象とした学童保育の現状と今後の取り組みについてです。  昨年4月に厚労省が新たに策定した放課後児童クラブ運営指針に基づき、学童保育事業の対象が、小学校6年生まで拡大されることとなりました。昨年3月議会の学童保育に関する質問に対し、市長は、利用希望者が3割程度増加すると見込んでいます。