127件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年12月10日

最初が外国観光客と観光消費額の伸び悩み、2点目にビジネス面での国際競争力の弱さ、3点目が都市の知名度の低さ(魅力の創造・発信の不足)、4点目に在住外国人数の少なさ、最後に外国留学生数の伸び悩みで分析し、国内外からの交流人口と定住人口の増加につなげることが重要であるとしています。

山口市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年12月09日

現在、全国的にも少子高齢化人口減少の波が押し寄せ、生産年齢人口の減少からの外国受け入れ、公共交通に至るまでのAI化、コンパクトなまちづくり等、さまざまな施策が全国で展開されております。よく少子高齢化に歯どめをかけるといった言葉を耳にするのですが、そもそも合計特殊出生率が1.42の今般、少子化に歯どめをかけることはできません。

光市議会 2019-12-09 2019.12.09 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文

2番目で、再質を行いますけど、光市の小中学校において、小中それぞれの免許証が使用していると思われるんですけど、その教員数をお願いします。 ◯議長(西村 憲治君) 能美教育長。 ◯教育長(能美 龍文君) 小中学校双方の教員免許証所有者というお尋ねでありますが、小学校教員が176中101の57.4%、中学校教員が102中12の11.8%という現状であります。

光市議会 2019-12-05 2019.12.05 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文

有害鳥獣の対応については、これまでに、有害鳥獣の捕獲奨励金、新規狩猟免許取得助成、鳥獣被害防止対策事業、森林税を活用した緩衝帯づくり、鳥獣被害防止対策議会による研修や技術向上などにより、捕獲や被害の軽減に取り組んできました。それでも、被害や捕獲頭数は増加の一途をたどっています。  各所で、適正に管理されていない電気柵や、農地に誘因物となる残渣などが見受けられます。

光市議会 2019-09-12 2019.09.12 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文

現在日本人口は約1億2,600万とありますが、毎年約50万程度減少しています。これは、鳥取県人口が約55万ですから、想像にかたくないと思います。しかしそのような中、自動車保有率は横ばい状態に経緯し、さらに、軽自動車数は増加傾向にあります。  県内上半期では、高齢者運転免許証自主返納が昨年に比べ、1.2倍になったと報道がありました。

山口市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年09月11日

例えばですが、10年ぐらい前までは山大生は4月の入学と同時に自動車学校に直行し、夏休みまでに免許を取って彼女とドライブをするというのが定番でございましたが──お心当たりの執行部の皆さんもいらっしゃると思うのですけれども──今ではその運転免許ですら卒業までに自分でアルバイトをして稼いで取得をする。

光市議会 2019-09-10 2019.09.10 令和元年第3回定例会 目次

中村教育部長 …………………………… 47,48,49  ・ 木村信秀議員 ……… 55,58,60,61,62,64,65,67,69,70     ・ 平成30年7月豪雨災害を受けて        (1) 今後の防災減災対策はどうなっているのか     ・ 自動車交通の在り方について        (1) ドライブレコーダーの有用性について見識を伺う        (2) 高齢者ドライバー免許返納

山口市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年06月13日

このように日本もやっと外国人材の受け入れに本腰を入れてきたのですが、既に世界では外国人材の奪い合いが始まっておりますし、今後は日本の各市町村の間で外国人材の争奪戦が行われる可能性も大いにあると考えております。ひと昔前ですとジャパン・アズ・ナンバーワンと言われることが示しているとおり、日本の貨幣、日本の経済力というものには大きな価値がございました。

山口市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年06月11日

最初に、外国との共生社会の実現に向けた課題についてお尋ねします。総務省平成13年3月に発表した多文化共生推進プログラムでは、推進する意義として外国の出入国に関する行政は国の所管であり、外国をどのような形態で日本社会に受け入れるかについての基本的なスタンスの決定は、国が一義的責務を有している。

山口市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年06月10日

また、産業分野におきましては中小企業におけるづくり・生産性・働き方の改革と人手不足対策への一体的な支援に加えて、外国人材の受け入れ環境整備などの多文化共生社会の構築のほか、新たな産業団地でございます鋳銭司第二団地の整備、農林水産業の経営基盤の強化や担い手育成などを行ってまいります。

山口市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年02月28日

今、日本に在住の外国は260万を超えたと言われており、そのうち働く外国は146万だそうです。さらに、外国労働者をふやすために改正された入管難民法により少なくともこの5年間で35万が来日しようとしております。そうしますと、私たちの仕事や生活にどんな影響が出てくるのか、共生するにはどのような施策が必要になってくるのかが問われてきます。

光市議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文

一方、病院独自での奨学金制度の創設でありますが、現在、医師になるには大学6年、卒業後医師免許を取得しさらに2年臨床研修を行う必要があり、最短8年間の期間が必要です。また、専門医研修制度が創設されたことから、専門医になるためにはさらに3年間の研修が必要となっております。そのため専門医となって臨床現場で勤務するには、11年間の期間が必要となります。  

光市議会 2019-02-20 2019.02.20 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

開催に当たりましては、より多くのに親しまれ、楽しんでもらえる魅力ある大会となるよう、走路の安全確保とともに、競技を行う上での設備の充実に努めてまいります。  人権施策の推進では、市民人権が尊重された心豊かな地域社会の実現に向けて、本年度は県の委託事業により、関係機関と連携を図りながら、人権を考えるつどいを開催し、人権意識の高揚に努めてまいります。

光市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文

大きな1点目、外国との共生を目指したまちづくりについてお尋ねをいたします。  私が住む光市北部では、自転車で通勤をする外国やお店で買い物をする外国をここ近年多く見かけます。日本語で挨拶しても日本語で挨拶がちゃんと返ってきます。7月豪雨で印象的だったのは、数名の外国が浸水を逃れ、集まって話し合いをしている姿でした。大丈夫かと日本語で声をかけると、大丈夫と笑顔で返答がありました。  

山口市議会 2018-12-03 平成30年第5回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年12月03日

また、国においては、2040年問題を視野に入れながら、女性や高齢者の就業環境に加え、外国人材の受け入れについての議論に取り組まれているところであり、我が国のこれまでの社会構造や就業構造にも変化が及んでまいりますし、地方においても、こうした変化の対応が求められるとなるわけであります。

山口市議会 2018-09-12 平成30年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年09月12日

最後に、外国労働者に関連してお尋ねいたします。近年、外国労働者の姿を目にする機会が増加してきました。特に出張等で東京や大阪などの大都市へ行ってみますと、コンビニや飲食店などで店員のほとんどが外国労働者といった店も珍しくなくなってきました。一説によれば、東京などの大都市における20代の労働者の1割は外国であるとも言われています。