運営者 Bitlet 姉妹サービス
15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2015-03-05 周南市議会 平成 27年 3月 第1回定例会-03月05日−04号 もう一つ、魅力というところで言いますと、いわゆる物がたくさんあるとか、大きいとかいうんではなくて、質の部分、それから堺屋太一さんが知価社会という本を出されたときに、私大変感銘を受けたのを覚えております。やはり、目に見えない価値、例えばネクタイのデザイン、同じ生地なんだけど、これ目に見えない。数値でははかれないと思う。 もっと読む
2006-03-10 柳井市議会 平成 18年 第1回定例会( 3月)-03月10日−03号 作家の堺屋太一さんが、1976年に発表した小説「団塊の世代」によって、登場した言葉であります。  団塊の世代の活躍と影響については、団塊の世代は、その膨大な人口が他の世代と比較して目立つために、幼いころから学校で知らず知らずに競争を繰り広げ、そのため、年期を迎える頃には、他の世代に比べて、とりわけ自己主張が激しくなったといわれております。地方の若者は、働き口を求めて、大都会へ集団就職をしました。 もっと読む
2006-03-03 下関市議会 平成18年第 1回定例会( 3月)-03月03日−02号 「団塊の世代」とは、作家の堺屋太一さんが命名した言葉で、第2次大戦後の数年間のベビーブームに産まれた世代の方のことですが、中でも1947年が一番多く、この世代が2007年に大量退職を迎えることから、企業の中でも技術力の低下や格差、退職手当の増大や年金財源の枯渇等、大きな社会問題となっております。   もっと読む
2006-03-03 下関市議会 平成18年第 1回定例会( 3月)-03月03日−02号 「団塊の世代」とは、作家の堺屋太一さんが命名した言葉で、第2次大戦後の数年間のベビーブームに産まれた世代の方のことですが、中でも1947年が一番多く、この世代が2007年に大量退職を迎えることから、企業の中でも技術力の低下や格差、退職手当の増大や年金財源の枯渇等、大きな社会問題となっております。   もっと読む
2005-03-14 周南市議会 平成 17年 3月 第2回定例会-03月14日−07号 だから、そういう意味では、堺屋太一氏が、いわゆる団塊の世代の名付け親の、団塊の世代が、要するにいわゆるシルバー世代に入ってくると。団塊の世代の歴史を見ると、全部その時代を塗りかえてきた人たちだと。だから、このまんまの、今の状態でこのまんま65歳以上の方がぽっとふえるという考え方は絶対に当てはまらないと。絶対、新しい高齢社会のその、何て言うんですか、新しい時代をつくるであろうと。 もっと読む
2004-06-14 光市議会 2004.06.14 平成16年第4回定例会(第2日目) 本文 1976年に『団塊の世代』という本を出した堺屋太一氏は、出版以来30年間ずっと、人口の影響で世の中がどう変化するかを追究してこられたとのことであります。 もっと読む
2003-06-17 光市議会 2003.06.17 平成15年第2回定例会(第3日目) 本文 6月に入って、6月10日に救国会議九人委員会というのができたそうで、いろんな方が、すごい有名な方ばっかしがおられるんでありますが、この中で、堺屋太一さんと京セラの稲盛和夫さんが共著で記事を出しておられます。この中で、こういうくだりがあるわけですね。「市町村合併が進めば、都道府県の役割が減る。私達は、この際、全国を6ないし11の道州に再編する道州制を提唱する。 もっと読む
2002-03-07 光市議会 2002.03.07 平成14年第1回定例会(第2日目) 本文 堺屋太一氏は過去歴史上で大きな成功を遂げた、例えばジンギス・カンのモンゴル、松下幸之助の松下電器、あるいは大石内蔵助の赤穂浪士などの組織の検証から、勝てる組織の条件とは、明確な目的を持ち、構成員がそれを揺るぎなく信じていることであると結論しております。例えば赤穂浪士は吉良上野介を討つということを唯一の目的としていたのでありますが、個人個人の目的意識は違っていたといいます。 もっと読む
2001-12-06 光市議会 2001.12.06 平成13年第5回定例会(第2日目) 本文 さて、『Voice』という雑誌に、「知価社会の探求」という連載記事が10回にわたって堺屋太一氏により掲載されました。「知価」というのは「知る」という字に価値の「価」です。その中で堺屋氏は、「日本の組織は死に至る病気に取りつかれている」と指摘されております。「官庁というものは政策目的を実行する機能組織であるが、まず、第1の病気は機能組織の共同体化である。 もっと読む
2001-03-07 光市議会 2001.03.07 平成13年第1回定例会(第3日目) 本文 私は、質問するに当たって、『組織の盛衰』という堺屋太一さんの本をもう1回見たら、すごくおもしろいところがあるんですよね。これを読んでみますと、「信長の時代にも鉄砲が有力な兵器であることは、どの大名も知っていた」と。「それにもかかわらず、信長以外の大名が鉄砲を大量かつ組織的に利用できなかったのは、武士共同体という組織原理から脱け出ることができなかったからである。 もっと読む
1999-09-09 光市議会 1999.09.09 平成11年第3回定例会(第2日目) 本文 今、堺屋太一先生も、経済企画庁長官もいろいろ文学的な表現で、日本を明るい方向へ導こうということで、言葉巧みにやっておられますが、なかなか黒いトンネルを抜け出ることはできません。  これは言うまでもなく、日本の低金利政策がもたらした大きな失敗策であります。 もっと読む
1998-12-07 下関市議会 平成10年第 4回定例会(12月)-12月07日−02号 そして、堺屋太一経済企画庁長官は、この速報の感想を求められて、昭和恐慌以来の感じと、このように言ってるわけです。  その昭和恐慌以来の感じ、私も昭和恐慌の時代生きておりませんから実感としてはわかりませんけれども、数字の上から見ると大変な状態。そういう事態に今来ているんだということです。 もっと読む
1998-09-10 宇部市議会 平成 10年 9月定例会(第3回)-09月10日−03号 新内閣の目玉である堺屋太一経済企画庁長官が、8日発表した日本の経済状態は、消費の低迷や企業の倒産、失業者の増加などなどからの分析から、ますます厳しい状態にあるというもの。この長官が最近出版した著書には、消費税増税など9兆円負担増について、失政と書いています。我が党の志位書記局長が国会の質疑で、この件について堺屋長官に考え方を確認しましたら、長官ははっきり「考えは変えていません」と言うのです。 もっと読む
1998-06-11 光市議会 1998.06.11 平成10年第3回定例会(第2日目) 本文 これは、サッチャー前英国首相が日本に来たときの評論家の堺屋太一さんとの対談であります。そのときリーダーシップというところで、サッチャーさんが述べておるところであります。「私は、若いころから父に仕事を始める人になるのは簡単だ、しかしそれを完璧にやり遂げることは難しい、しつこく粘り強くやり遂げなければならないと言われてきた。私はこれを正しい原理だと思った。 もっと読む
1997-03-06 光市議会 1997.03.06 平成9年第1回定例会(第2日目) 本文 作家、堺屋太一さんの「組織の盛衰」の中で紹介されているのですが、織田信長の鉄砲導入等の一連の新技術の導入は徹底した組織改革があったからこそ可能だったそうであります。信長の時代であれば、自分で決断すれば鉄砲を大量に使えたが、今はそうもいかない。 もっと読む
  • 1