運営者 Bitlet 姉妹サービス
14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会会議内容
2015-03-05 周南市議会 平成 27年 3月 第1回定例会-03月05日−04号 もう一つ、魅力というところで言いますと、いわゆる物がたくさんあるとか、大きいとかいうんではなくて、質の部分、それから堺屋太一さんが知価社会という本を出されたときに もっと読む
2006-03-10 柳井市議会 平成 18年 第1回定例会( 3月)-03月10日−03号 作家の堺屋太一さんが、1976年に発表した小説「団塊の世代」によって、登場した言葉であります。   もっと読む
2006-03-03 下関市議会 平成18年第 1回定例会( 3月)-03月03日−02号 「団塊の世代」とは、作家の堺屋太一さんが命名した言葉で、第2次大戦後の数年間のベビーブームに産まれた世代の方のことですが、中でも1947年が一番多く、この世代が2007 もっと読む
2006-03-03 下関市議会 平成18年第 1回定例会( 3月)-03月03日−02号 「団塊の世代」とは、作家の堺屋太一さんが命名した言葉で、第2次大戦後の数年間のベビーブームに産まれた世代の方のことですが、中でも1947年が一番多く、この世代が2007 もっと読む
2005-03-14 周南市議会 平成 17年 3月 第2回定例会-03月14日−07号 だから、そういう意味では、堺屋太一氏が、いわゆる団塊の世代の名付け親の、団塊の世代が、要するにいわゆるシルバー世代に入ってくると。 もっと読む
2004-06-14 光市議会 2004.06.14 平成16年第4回定例会(第2日目) 本文 1976年に『団塊の世代』という本を出した堺屋太一氏は、出版以来30年間ずっと、人口の影響で世の中がどう変化するかを追究してこられたとのことであります。 もっと読む
2003-06-17 光市議会 2003.06.17 平成15年第2回定例会(第3日目) 本文 6月に入って、6月10日に救国会議九人委員会というのができたそうで、いろんな方が、すごい有名な方ばっかしがおられるんでありますが、この中で、堺屋太一さんと京セラの もっと読む
2002-03-07 光市議会 2002.03.07 平成14年第1回定例会(第2日目) 本文 堺屋太一氏は過去歴史上で大きな成功を遂げた、例えばジンギス・カンのモンゴル、松下幸之助の松下電器、あるいは大石内蔵助の赤穂浪士などの組織の検証から、勝てる組織の条件 もっと読む
2001-12-06 光市議会 2001.12.06 平成13年第5回定例会(第2日目) 本文 さて、『Voice』という雑誌に、「知価社会の探求」という連載記事が10回にわたって堺屋太一氏により掲載されました。 もっと読む
2001-03-07 光市議会 2001.03.07 平成13年第1回定例会(第3日目) 本文 私は、質問するに当たって、『組織の盛衰』という堺屋太一さんの本をもう1回見たら、すごくおもしろいところがあるんですよね。 もっと読む
1998-12-07 下関市議会 平成10年第 4回定例会(12月)-12月07日−02号 そして、堺屋太一経済企画庁長官は、この速報の感想を求められて、昭和恐慌以来の感じと、このように言ってるわけです。   もっと読む
1998-09-10 宇部市議会 平成 10年 9月定例会(第3回)-09月10日−03号 新内閣の目玉である堺屋太一経済企画庁長官が、8日発表した日本の経済状態は、消費の低迷や企業の倒産、失業者の増加などなどからの分析から、ますます厳しい状態にあるというもの もっと読む
1998-06-11 光市議会 1998.06.11 平成10年第3回定例会(第2日目) 本文 これは、サッチャー前英国首相が日本に来たときの評論家の堺屋太一さんとの対談であります。 もっと読む
1997-03-06 光市議会 1997.03.06 平成9年第1回定例会(第2日目) 本文 作家、堺屋太一さんの「組織の盛衰」の中で紹介されているのですが、織田信長の鉄砲導入等の一連の新技術の導入は徹底した組織改革があったからこそ可能だったそうであります もっと読む
  • 1