運営者 Bitlet 姉妹サービス
1459件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 下松市議会 平成 30年12月 定例会(8回) 次に、歳入の保育料について、平成29年度現年度分193万9,000円、過年度分296万円、合わせて489万9,000円の滞納額が発生しているが、どのように取り組んでいくのかとの問いに対し、当然受益を受けるので、その負担として、保育料についても滞納がなく、100%納入が望ましい。 もっと読む
2018-09-19 光市議会 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 ア、職員の参集の状況についてですが、このたびの災害では、JR山陽線が不通、市内各所が土砂崩れ等で通行できなくなり、参集に困難な状況が発生しました。それでも大規模地震発災時を前提としている業務継続計画での想定よりは困難ではなかったのではないかと思いますが、実際にはどうであったかお伺いします。  イ、非常時優先業務についてです。   もっと読む
2018-09-18 光市議会 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 大規模な災害が発生し、単独自治体での災害対応及び災害時においても実施すべき行政サービスの継続が困難となった場合、自治体間の連携は非常に重要となってまいります。 もっと読む
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 全般的に関連づけて流しますけれども、災害はないにこしたことはありませんけども、豪雨も台風も地震も今後発生をし続けるわけですし、このたびの北海道の山の地滑りの規模などを見ましても、これまでの認識をはるかに超えるレベルの災害の時代に入っていることを痛感いたします。   もっと読む
2018-09-11 光市議会 2018.09.11 平成30年第3回定例会 目次 (5) 浅江懸山のがけ崩れについて         ア JR山陽本線の光下松間は、がけ崩れが過去から再三発生してい           ましたが、防止に向け山全体の点検はどのようにされていたのか。           鉄道復旧の優先は理解できるが、市の関わりがあまりに薄いので           はないか。どのような協議をされてきましたか。          もっと読む
2018-09-01 山陽小野田市議会 平成 30年 9月定例会(第3回) 院内保育所の収支については、病院の負担が983万円余り発生している状況です。監査委員からの「経営形態の抜本的な見直しを視野に入れた検討、研究を行う余地は十分あるものと思慮する」との意見については、市民病院を存続することが大事であり、独法化した場合のメリットとデメリットについて考えながら経営を進めていきたいとの考えが示されました。  もっと読む
2018-06-14 光市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 時間外勤務は、行政の仕事の性格上、時期的に、時限的に、突発的に、恒常的に発生するものだと思います。特に問題にしなければいけないのは、恒常的に発生する残業でございます。先ほど総務部長が答弁されました、定員適正化計画により職員数は461名から387名に削減されて、非常に正職員が減少している。 もっと読む
2018-03-01 下松市議会 平成 30年 3月 定例会(1回) 次に、地震・災害といった不測の事態が生じ、多額の予算が必要となったときには、予備費で対応するのかとの問いに対し、予備費からの支出で想定しているのは小修繕であり、災害等により多額の予算を要する事態が生じたときは、補正予算により対応するとの答弁がありました。  もっと読む
2018-02-27 光市議会 2018.02.27 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 加えて、震度4以上の地震発生時には、職員によるため池の緊急点検、大雨警報発令時には、職員によるため池の水位確認を行うなど、危険ため池の監視に取り組んでいるところでございます。   もっと読む
2018-02-26 光市議会 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 決して自然発生的にできたものではなく、やはり代々の市民が大切に手を入れてつくってきたものであると思っております。これからまたもう1つ、つくりようによっては光市の大きなイメージを広げるのが、子育て総合相談窓口の「きゅっと」です。これはおっぱい都市宣言のネームバリューもありますことから、非常に期待されるところだと思っております。   もっと読む
2018-02-26 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月26日−03号 試算の結果、標準保険料率では均等割が大幅に引き上げられ、平等割が低く抑えられた影響が大きくて、急激な保険料負担の変化が発生することとなりました。  このため直ちに標準保険料率を採用することは困難であると判断いたしまして、平成30年度においては平成29年度の賦課方式、保険料率を継続したいと考えております。 もっと読む
2018-02-23 萩市議会 平成30年 3月定例会-02月23日−02号 ただしこれは、まずはこの1年目、職員の方の仕事ぶりを見て、そのうえでしっかりとどういったところで恒常的な残業が発生してるのかといった現状を見るということが、それにとどまったということでございます。 もっと読む
2018-02-23 光市議会 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 本庁舎の耐震化のあり方につきましては、平成28年4月の熊本地震による庁舎への被害状況等を踏まえまして、本庁舎の耐震性を確保するための手法について、専門業者による調査を行ったところであります。項目は大別いたしまして2項目あります。1点目は、現本庁舎における耐震改修の可能性の可否に関する技術的な見地からの検証であります。 もっと読む
2017-12-18 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月18日−06号 意味がないものであれば、撤去すれば無駄な賃借料も発生しないのに、そうではなくコンテナを置いておかなければならない前提があるかのようです。魅力発信であったりは大いにやるべきであると考えますが、あのコンテナからでなければ発信できないという理由が私にはわかりません。   もっと読む
2017-12-14 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月14日−04号 要するに、一たび大規模な災害、地震・豪雨災害、土砂災害などが発生したときに、被害の拡大を防ぐ、最小限に食いとめるためには、これは皆さん周知のことになっておりますけども、国、都道府県、市町村を頼るだけでは、もう限界があります。 もっと読む
2017-12-12 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月12日−02号 ただ、議員がおっしゃられたように、そういう事案が発生しておりますので、一応、警察には確認させていただきましたら、警察110番に電話してくださいと。それから海上保安庁、118番になりますけれども、こちらのほうにも通報してくださいということは確認をいたしております。   もっと読む
2017-12-08 下関市議会 平成 29年12月 8日 建設消防委員会-12月08日−01号 これは65ページの第5節災害補償費に係るもので、本年7月14日、豊北町大字神田上で発生をいたしました建物火災に出動した消防団員が、小型動力ポンプを搬送中に側溝に足を取られ転倒し、右アキレス腱を断裂したことによる療養補償費及び休業補償費でございます。 もっと読む
2017-12-07 下関市議会 平成 29年12月 7日 総務委員会-12月07日−01号 ◎総務部長(小野雅弘君)  総合計画との関連ということで、先ほど委員御指摘の起債は公共施設等適正管理推進事業債ということで、これは熊本地震を契機に、国のほうで新たに、庁舎を建てかえる場合でもこの耐震性を重視して、ということでの起債が認められたというような、新たな、今年度から始まった制度でございます。 もっと読む
2017-12-06 光市議会 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第3日目) 本文 財政安定化基金は、市町村において保険料税の収納不足が発生した場合や、都道府県全体で給付増が発生した場合に備え、一般財源からの財政補填等を行う必要がないよう都道府県に設置されるもので、財政安定化基金の設置により、市町村は、保険料・税の収納不足が発生した場合の貸し付けや、災害などの特別な事情が生じた場合の交付を受けられることとなります。 もっと読む
2017-12-06 下関市議会 平成 29年12月 6日 建設消防委員会-12月06日−01号 その機械は、長距離式、書いてありますように、相関漏水探索機といいまして、水道管の管上の漏水の位置を弁栓の2カ所の測定によって、どこに漏水が発生しているかというのを検知する機械でございます。通常、漏水した場合には路上に出てくる漏水もあるのですが、路上に出てこない場合には探査が非常に難しい形になります。 もっと読む