運営者 Bitlet 姉妹サービス
2111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 光市議会 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文 仰せのとおり本市では、平成29年3月に光市地域公共交通網形成計画を策定し、人と地域を結び豊かな未来につなぐ公共交通の実現に向けて、効率的で利便性の高い公共交通網の整備や、利用しやすい交通結節機能の充実、市民とともに守り支える環境づくりという3つの目標を定め、さらに、その目標を達成するための施策として、12の展開例をお示ししております。   もっと読む
2018-12-04 光市議会 2018.12.04 平成30年第5回定例会(第1日目) 本文 これについて、国土交通省はことしの3月に新しい構想を出しております。島からの風を島への新しい風の流れに、島風構想というものです。こういった全国的な動きも見きわめながら、またいろいろ提案していきたいと思います。  終わります。 ◯議長(西村 憲治君) ほかにございませんか。                〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ◯議長(西村 憲治君) なければ質疑を終結いたします。   もっと読む
2018-12-01 下松市議会 平成 30年12月 定例会(8回) また、小規模治山事業、小・中学校空調設備設置事業、下松スポーツ公園体育館施設改修実施設計業務並びに林業施設及び土木施設の現年度発生災害復旧事業について繰越明許費を設定するとともに、下松市東陽コミュニティーセンター指定管理料、山口県市町総合事務組合災害基金納付金、下松市地域交流センター指定管理料、下松市老人集会所指定管理料、下松市勤労者総合福祉センター指定管理料、下松市農業公園指定管理料、下松市駅南市民交流 もっと読む
2018-10-02 光市議会 2018.10.02 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 JR光駅の橋上化と交通ネットワーク強化プロジェクトでは、急速な人口減少や少子高齢化に対応した、生活利便性が高く持続可能な都市構造への転換を図るための立地適正化計画や、本市の玄関口であり主要な交通結節機能を担う光駅に、これまで以上に都市拠点としてふさわしい都市機能の充実や利便性の向上を図るための光駅周辺拠点構想の策定に着手をいたしました。   もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(6回) その中で、国土交通省も品確法といいますか、公共工事の品質確保の促進に関する法律、こういったものもかなり厳しくなっております。そういったところで、円滑な設計変更、そういったものもしなければならないというふうに定められておりますので、そういった視点で、若干増減というのはあり得るというふうに認識しております。 したがいまして、変更がないのが一番よろしいかと思います。 もっと読む
2018-09-18 光市議会 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 発災から約2カ月間、朝夕の交通渋滞や通勤通学、送迎に伴う時間やガソリン代の増加など、市民は苦しい生活を強いられていました。今後も同様な事態が発生することを想定し、災害による市民生活への影響を低減させるため、下松市方面への新たな道路の建設が求められております。   もっと読む
2018-09-11 光市議会 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第1日目) 本文 また、御不便をおかけしておりました公共交通機関につきましても、8月9日に市営バス市役所線の全路線での運転再開に加え、JR山陽本線につきましても、9月9日より運転が再開されたところであります。  しかしながら、耕地災害を初め、道路や河川を含む膨大な被災箇所の復旧はこれからが正念場となります。 もっと読む
2018-09-01 山陽小野田市議会 平成 30年 9月定例会(第3回) 土木工事については土木課、電気機械設備については下水道課ということで、全て市の職員で対応する」との答弁がありました。 質疑を打ち切り、討論はなく、結果、全員賛成で可決すべきものと決しました。 以上で報告を終わります。議員各位の慎重審査のほどよろしくお願いします。 もっと読む
2018-03-01 岩国市議会 平成 30年 第1回定例会(3月) 議案第9号 平成30年度岩国市一般会計予算のうち、当委員会所管分の審査におきまして、土木費の都市計画費のまちづくり推進事業費に関し、委員中から、「岩国医療センター跡地に計画されている黒磯地区福祉交流拠点整備事業について、先般、住民説明会が開催されたところであるが、事業費として、どの程度が見込まれるのか」との質疑があり、当局から、「現時点は設計を行っておらず、類似施設の事業費から推計した限りではあるが もっと読む
2018-03-01 山陽小野田市議会 平成 30年 3月定例会(第1回) 次に、「駅側に出口の設置ができるようになった理由は」との質問に、「山陽小野田警察署との協議の結果、現在の交通量であれば、危険性は少なく、車両を安全に誘導できるように整備することで出口増設は可能となった」との答弁がありました。 「出口の精算機はリースか」との質問に、「リースで考えている。14節の機械器具借上料に金額が入っている」との答弁。  もっと読む
2018-02-26 光市議会 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 4点目、29年3月に人口減少時代に対応するため、今までの公共交通体系を根本的に見直し、将来にわたり持続可能な公共交通ネットワークの構築を目指した光市地域公共交通網形成計画を策定いたしました。計画の目標は、効率的で利便性の高い公共交通の整備や、利用しやすい交通結節機能の充実、市民とともに守り支える環境づくりを掲げ、計画期間は29年度から5年とし、施策例も示しております。 もっと読む
2017-12-19 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月19日−07号 本案における当委員会の所管は、歳出予算補正の第8款土木費の全部、第9款消防費及び第11款災害復旧費の一部、並びに繰越明許費補正の一部であります。  まず、歳出予算補正では、第8款土木費及び第9款消防費において、人事異動等に伴う人件費補正がなされているほか、第11款災害復旧費において、本年6月の豪雨により被災した豊浦総合支所管内の道路施設に係る工事請負費が計上されております。   もっと読む
2017-12-14 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月14日−04号 ◎契約部長(泉俊夫君)  この4月1日より7,000万円以上ということでございましたけれども、運用といたしまして、土木系工事につきましては5,000万以上の工事を総合評価方式とすることとしております。また、緊急な工事や災害復旧などの工事につきましては例外として5,000万以上でも総合評価でしない場合もあります。   もっと読む
2017-12-08 下関市議会 平成 29年12月 8日 建設消防委員会-12月08日−01号 〔報告〕7.工事請負契約締結について(1)平成29年度 壇の浦・高尾線交通安全施設等整備工事(2)平成29年度 上新地町25号線交通安全施設等整備工事(3)平成29年度 角島大橋線道路改良工事(第2工区)8.新たな住宅セーフティネット制度の運用について9.平成29年度下関市公営住宅等長寿命化計画策定について10.市営住宅における「たすけ愛住宅」の導入について  上記4件について、報告を受けた。 もっと読む
2017-12-07 下関市議会 平成 29年12月 7日 総務委員会-12月07日−01号 実際には、既に住宅ではそういうものをつくっておりますし、土木でも長寿命化計画というのは、これはある意味、個別管理計画に該当するもので、それ以外の、今から、各部局がもっておりますそういう施設、そういうものについての個別管理計画というのは、各部局のほうでこれから策定をしていきます。   もっと読む
2017-12-06 下関市議会 平成 29年12月 6日 建設消防委員会-12月06日−01号 それと、ここの吉見に関しては、先ほども言いましたように交通量が多いところなのですけれども、交通体系的にはどのようなことを想定されているかお願いします。 もっと読む
2017-12-05 下関市議会 平成 29年12月 5日 総務委員会-12月05日−01号 この結果を踏まえまして、11月30日に下関市図柄入りナンバープレート策定委員会で決定した後、期日である12月1日に、国土交通大臣に提案を行ったことを御報告させていただきます。   もっと読む
2017-10-02 光市議会 2017.10.02 平成29年第3回定例会(第5日目) 本文 1点目、医師確保対策本部の設置により、医師確保のために尽力されているはずであるが、旅費交通費が減少した理由をとただしたのに対し、非常勤医師の出勤回数の減少によるものであると執行部より答弁。委員より、次年度においては、旅費交通費を増額され、医師確保の成果報告がなされるよう期待するとの意見がありました。   もっと読む
2017-09-28 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月28日−07号 本案における当委員会の所管は、歳出予算補正の第8款土木費、第7項住宅費のみであります。  その概要について、執行部から、市営住宅の整備及び改修の財源として活用している、社会資本整備総合交付金において不用額が生じる見込みとなったことから、市営茶山住宅の安全確保と長寿命化を図るため、防水改修工事を前倒しで実施することとし、その所要の経費を計上したものであるとの説明がなされております。   もっと読む
2017-09-26 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月26日−05号 正式名称は旧内務省下関土木出張所下関機械工場乾船渠といいます。このドックは関門海峡の海底を掘削し、その泥を運搬する船――ダルマ船といいます――この船を修理するために、大正3年、旧内務省が現在の地に建設したものであります。  政府はこの関門海峡が日本の経済発展のために、また、日本の国勢発展のために大変重要であると位置づけ、この関門海峡を大型船が通行できるように掘り進めたものであります。 もっと読む