44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2016-12-09 周南市議会 平成 28年12月 第8回定例会-12月09日−03号 (3)として、品川要介護度改善ケア奨励事業など、施設サービスの質向上への取り組みを実施し、利用者の状態改善またサービス向上につなげられないかをお伺いいたします。  品川では、要介護度を改善させた特別養護老人ホームや介護老人保健施設を評価し、奨励金を出す事業を2013年度から実施しております。 もっと読む
2016-12-01 周南市議会 平成 28年12月 第8回定例会-目次 (3) 品川要介護度改善ケア奨励事業など、施設サービスの質向上への取り組み    は。  もっと読む
2016-11-17 周南市議会 平成 28年11月17日 教育福祉委員会-11月17日−01号 次に、品川、すまいるスクールについて。品川の取り組みの大きな特徴は、公立、私立を問わず区内全ての小学校児童が対象者となっていること。また、大学生との連携や区民の協力などで運営されている。放課後や土曜日はそれぞれ専門のスタッフが講師となって活動されていることは、周南市と大きな違いであった。視察の内容はよかったが、施設、スタッフとまねはできない取り組みであった。   もっと読む
2016-07-05 周南市議会 平成 28年 6月 第3回定例会-07月05日−04号 先ほど市長の答弁ありましたが、県のほうの河川の改修という工事、これはもう、当然早めていくということをしなくちゃなりませんし、櫛浜地全体の排水、雨水問題等もあります。 もっと読む
2016-06-20 宇部市議会 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月20日−03号 平成32年度をめどに、市内全中学校で小中一貫教育を開始する方向で準備していくとの報道に驚きました。   もっと読む
2016-06-01 周南市議会 平成 28年 6月 第3回定例会-目次 ウ 櫛浜地に対する影響は。3 教育行政について(1) 中学校の部活動について、現状と課題を問う。ア 部活動の意義とは何か。どのような教育効果を期待するものなのか。イ 部活動の方針や基本的な考え方に、全市的または全県的な活動指針などの統一的 なものがあるのか。ウ 部活動への所属は、どのように周知し、促すのか。それは自主的なものなのか。 また、どのくらいの子供が活動しているのか。 もっと読む
2015-12-17 下関市議会 平成27年第 4回定例会(12月)-12月17日−06号 同時に次の問題は、例えば東京23の出生率というのは1.07です。一人っ子政策みたいな。それでも東京23は人がふえ続けている。つまり地方から都会に、問題になっていますけれども、そういった人たちが東京23に行って住み、暮らして子供をつくってといっても1.07。ここに1つ大きな問題があるから東京から地方へどう人口をシフトしていくのかという課題があると思うんです。当面そのことも重要な取り組み。 もっと読む
2015-12-15 下関市議会 平成27年第 4回定例会(12月)-12月15日−04号 あるかぽーとと岬之町地区、つまり東港に焦点を当てて、関連するところでは人工島の利用状況も含めての内容になります。我が市の今後の将来に向けて、港湾行政だけでなくて、観光行政においても非常に重要な案件になりますので、よろしくお願いいたします。   もっと読む
2015-11-25 周南市議会 平成 27年11月25日 教育福祉委員会-11月25日−01号 次、江戸川です。すくすくスクールです。8億3,700万円の予算、ほとんど人件費、それと常勤職員の人件費、約7億円、トータル15億円以上のすごい巨額の予算を投じている事業であるというとこに、まず驚きました。  教育に対する明確なビジョンとリーダーシップがなければ推進できないのではないかというふうに思いました。  次、港です。小中一貫教育に関する調査です。 もっと読む
2015-09-24 下関市議会 平成27年第 3回定例会( 9月)-09月24日−03号 また、ほかを見ると、他市を見ると、最近リニューアルされた品川アクアスタジアムは、都市型の新感覚で、デジタル技術と生き物が融合した展示で、まるで遊園地に来ているような感覚で、光と音とファンタジックな演出が人気であります。  また、兵庫県の城崎マリンワールドは、釣り堀とかアジ釣りの設備が設置されまして、子供たちからお年寄りまで大人気のようでございます。   もっと読む
2015-09-18 下関市議会 平成27年第 3回定例会( 9月)-09月18日−02号 品川の場合は、相談窓口は区役所1カ所に設置されているだけで、これでは本当に困窮している人が区役所まで足を運ぶことは難しいと考え、訪問支援、アウトリーチを行い、地域とも連携しながら、一緒に走りながら、伴走型で支援しているようです。 もっと読む
2015-03-04 光市議会 2015.03.04 平成27年第1回定例会(第5日目) 本文 また、学校によって進捗状況に多少のばらつきがあることが現在の課題と思いますので、これからも、市教委が主催する研究協議会での情報交換や意見交換などを通して、取り組み内容の水準の向上を図るとともに、各中学校において小中連携による教育活動を創意工夫するなど、各学校の実情に応じた主体的、積極的な取り組みをしっかりと支援していきたいと思います。   もっと読む
2014-03-04 下関市議会 平成26年第 1回定例会( 3月)-03月04日−02号 「保健、医療福祉」の中で豊浦地区幼保一体化施設につ いて (1)順調に整備は進んでいますか (2)黒井地の幼保について (3)他地域での幼保一体化計画について 10.教育施設の耐震化について (1)小中学校の耐震化について (2)体育館、市民会館の耐震化についておたずねします 11.協働のまちづくりについて (1)豊浦町川棚にある「クスの森」ライトアップ事業につ いておたずねします〔 もっと読む
2013-09-10 柳井市議会 平成 25年 第3回定例会( 9月)-09月10日−02号 柳井市から県東京事務所に派遣をいたしております職員と柳井市雇用創造協議会の職員が、本日も品川にありますゲートシティ大崎において、柳井ブランド商品のPR活動と販売を行っているところでございます。  なお、9月11日は羽田空港の全日空事務所、9月12日は港汐留の全日空本社において、企業内物産販売や全日空関係のバイヤーとの商談会等に臨む予定でございます。   もっと読む
2012-12-07 宇部市議会 平成 24年12月定例会(第4回)-12月07日−02号 平成24年度からは、上宇部中学校、神原中学校の2つの中学校で、小中連携推進モデル事業に取り組んでいます。この事業は、中学校の教員が計画的に小学校を訪問し、外国語活動の授業を中心に行うことで、小中連携を推進することを目的としています。  小中連携の一つの形である小中一貫教育は、子供の成長の段階にあわせ、9年間を通じた系統的な教育を推進することを目的としています。 もっと読む
2012-09-27 下関市議会 平成24年第 3回定例会( 9月)-09月27日−07号 東京都の板橋品川、葛飾では、昨年から、いじめ、非行、不登校、モンスターペアレントに対する緊急学校支援チームが設置され、効果を挙げていると聞いています。このチームは、退職校長、指導主事、退職養護教員などで構成されており、学校でのさまざまな問題に直接家庭に赴いて問題解決に当たり、警察や児童相談所とも能動的に連携をとっているということでございます。   もっと読む
2012-09-07 周南市議会 平成 24年 9月 第6回定例会-09月07日−03号 ただ、それではということで、今回東京のあるが考えております。警察が入る、それはいけない、学校の教育だけではもうやっていかれない、その間の救済措置として設けられたものであろうというふうに解釈をされております。以上であります。 ◆10番(長谷川和美議員) 東京の品川の例をおっしゃいましたけれども、そういうのが具体的に上がっていますが、ここで文部科学省はこう言ってます。 もっと読む
2012-07-05 周南市議会 平成 24年 6月 第4回定例会-07月05日−05号 もっとユニークなものに、東京都品川では転居費用を上限10万円分の地域ポイントとして渡し、地域内のお店や地域商品券として使用させることによりさらなる地域活性化を目指したりしております。   もっと読む
2012-06-18 下関市議会 平成24年第 2回定例会( 6月)-06月18日−02号 我々も、例えば東京都の品川の施設の一体型の一貫校では、9年間を見通した教科指導が実施をされるとともに、ほかには、兵庫県の姫路市に視察をした場合には、これは併設型の一貫校でございました。児童生徒の状況や課題について、小中学校の教職員が共通理解をした取り組みを行うなど、子供たちの育ちに寄り添った教育が展開をされております。   もっと読む
2012-03-13 下関市議会 平成24年第 1回定例会( 3月)-03月13日−07号 ◎学校教育課長(山路康正君)   まず、小中連携についてのお尋ねでありますが、小中学校が双方向で力を出し合いながらかかわり合うことが大切でありますことから、今年度は中学校の教員が小学生に対して授業を行う出前授業が15の中学校35校で実施され、夏季休業中に小学校の教員が中学生に対して行う補習授業が11の中学校、25校で実施されております。   もっと読む