92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2019-10-01 2019.10.01 令和元年第3回定例会(第5日目) 本文

JR光駅の橋上化交通ネットワーク強化プロジェクトでは、本市玄関口にふさわしい魅力ある都市拠点の創出に向けて、検討会議若者ワークショップ、シンポジウムの開催など、多様な機会を通して多くの御意見、御提言をいただきながら、光駅周辺地区拠点整備基本構想を策定いたしました。  

光市議会 2018-10-02 2018.10.02 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文

岩田周辺地区では、多様な都市機能が集積する特性を生かしたコンパクトなまちの形成に向けた取り組みを進めているところであり、このうち大和支所図書館大和分室などの機能を集約した新たな大和コミュニティセンターは、昨年10月より建設工事を進めるとともに、施設の効果的かつ積極的な活用を図るため、地域住民皆様の参加によるワークショップを開催いたしました。

光市議会 2016-09-21 2016.09.21 平成28年第3回定例会(第5日目) 本文

岩田周辺地区におけるコンパクトシティ実現のための取り組みでは、岩田周辺都市施設整備基本計画に基づき、複合型施設公営住宅整備に向け、施設のコンセプトや機能、構造、規模などを具体的に示した大和複合型施設等整備基本計画基本設計を策定いたしました。引き続き、誰もが安心して住み続けられる快適で便利なまちを目指し、計画的に事業推進してまいります。  

光市議会 2015-10-05 2015.10.05 平成27年第3回定例会(第5日目) 本文

また、塩田地区を選定した理由については、中山間地域であることや整備後の維持管理を適切に行うという制度上の条件を満たしていることから選定したものであるとの答弁でした。  そのほか数点の質疑がありましたが、質疑終結の後、討論はなく、採決の結果、議案第58号のうち経済部所管分については、全会一致原案のとおり可決すべきものと決しました。  以上が環境福祉経済委員会における審査の概要と結果であります。

光市議会 2014-10-06 2014.10.06 平成26年第3回定例会(第6日目) 本文

これは、住宅新築資金等貸付金元利収入3億1,205万円、同和福祉援護資金貸付金元利収入2億3,938万円などによるものでございます。  第21款の市債につきましては、36億7,050万円が収入済みで、1億920万円が収入未済となっております。これは、翌年度への繰り越し事業であります村づくり交付金事業海岸保全整備事業などに係る市債でございます。  続きまして、歳出について御説明を申し上げます。  

光市議会 2012-09-21 2012.09.21 平成24年第3回定例会(第6日目) 本文

これは住宅新築資金等貸付金元利収入3億1,535万円、同和福祉援護資金貸付金元利収入2億5,046万円などによるものでございます。  第21款の市債につきましては24億1,100万円が収入済みで、2億8,840万円が収入未済となっております。これは翌年度繰越事業となっております小中学校整備事業海岸保全整備事業などに係る市債でございます。  続きまして、歳出につきまして御説明を申し上げます。  

光市議会 2011-09-29 2011.09.29 平成23年第3回定例会(第5日目) 本文

さらに、老朽化が進んでおります室積公民館に代わる(仮称室積コミュニティセンター整備に向けた調査研究岩田周辺地区整備方針につきましては、市民皆様との協働により今後の方向性などを検討してまいるものであり、特に(仮称室積コミュニティセンター整備は、本市として初めて市民参画のもと施設整備基本方針の取りまとめに着手をしたところであります。

光市議会 2010-09-28 2010.09.28 平成22年第4回定例会(第5日目) 本文

執行部説明の後、委員より、貸借対照表について、有形固定資産の合計が約91億6,800万円となっており、昨年度に比べて、約10億7,700万円の増加となるが、どのような要因によるものかとの問いに、平成21年度に実施した建設改良大和、岩屋・伊保木地区簡易水道統合が主な要因であるとの答弁

光市議会 2009-02-24 2009.02.24 平成21年第1回定例会(第1日目) 本文

その2行下の232万円の減額は、同和福祉援護資金貸付金元利収入実績見込みにより、県返納金減額するものでございます。  27ページをお願いいたします。  中ほどの説明欄、一番上の432万円の減額は、私立保育所における地域での世代間交流などの地域活動事業定着化に伴う補助制度の廃止によるものでございます。

光市議会 2007-09-26 2007.09.26 平成19年第3回定例会(第5日目) 本文

2、放課後子ども教室講座開設に伴う委託費に関して、各地区実行委員会への委託料額と、指導員配置状況についての確認。3番目、教育諸費私学振興預託金に関して、補正額算定根拠や、預託金融機関預託期間等についての確認や、要望がありましたが、討論はなく、採決の結果、議案第86号、平成19年度光市一般会計補正予算(第2号)のうち、教育委員会所管分全会一致原案のとおり可決すべきものと決しました。  

光市議会 2007-02-27 2007.02.27 平成19年第1回定例会(第1日目) 本文

本市では、平成17年2月に光市隣保館運営等審議会より答申のあった「同和行政総括」の趣旨を尊重しつつ、引き続き、「山口人権推進指針」等を踏まえ、「市民一人ひとり人権尊重された心豊かな地域社会実現」を目指し、人権教育啓発活動を総合的・計画的に推進することとし、本年度は、幅広い人権施策推進するための新たな組織として「光市人権施策推進審議会仮称)」の早期設置を検討してまいります。  

光市議会 2006-03-23 2006.03.23 平成18年第1回定例会(第5日目) 本文

まず、議案第3号、平成18年度光市簡易水道特別会計予算についてを議題とし、執行部の詳細な説明の後、委員より、大和簡易水道は、平成21年度に上水道との統合で、水道料金はどうなるのかと質したのに対し、簡易水道は上水より基本料を含め割高であるが、大和地区水道料金は、光市の料金体系に合わせるので、安くなるとの答弁

光市議会 2006-03-02 2006.03.02 平成18年第1回定例会(第1日目) 本文

こうした中、昨年2月、本市の「同和行政総括」について、光市隣保館運営等審議会より答申を受けたところでありますが、今後とも、この答申尊重しつつ、「山口人権推進指針」等を踏まえ、基本的人権尊重という普遍的視点に立って、「人権週間のつどい」や各種研修会を開催するなど、人権教育施策を総合的・計画的に推進してまいります。  

光市議会 2005-11-02 2005.11.02 平成17年第5回臨時会(第1日目) 本文

さらに、下水道事業として、室積地区を中心に幹線管渠整備を進めるなど、処理区域面積の拡大と普及率の向上に努めたところであります。  この他、地域交通対策として、生活バス路線維持のため、運行補助老朽化した路線バス車両更新の支援を行った他、旧大和町で運行していた町営バス市営バスとして引き継ぎ、地域間の交流を促進するため、バス路線の変更を行いました。