運営者 Bitlet 姉妹サービス
29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2017-09-22 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月22日−03号 これは自己負担無料化なのですけれども、これで受診勧奨した効果について事例集の中で、静岡市では無料化を行って受診率19%から30%に向上、広島県二日市市では自己負担を無料化して前年度から9.3%向上、松山市では自己負担無料にして平成25年度20.4%から26年度28.7%に向上、また高知市では自己負担無料化をして前年度から10.2%向上したとされております。 もっと読む
2016-09-12 周南市議会 平成 28年 9月 第5回定例会-09月12日−04号 大都市でいいますと、名古屋市153位、横浜市210位、大阪市250位、福岡市380位、県庁所在地でいえば、松山市746位、那覇市788位というふうな結果も出ております。   もっと読む
2016-07-04 周南市議会 平成 28年 6月 第3回定例会-07月04日−03号 児童クラブについての待機児童のお話もさせていただきましたが、これについても県内他市において、ほとんどの市において、児童クラブの待機児童は実際起こっております。ただ周南市においても、学年を上げたことによって待機児童ふえましたけれども、それに対してそういった施設を整備することによって、現在ゼロを維持しております。 もっと読む
2016-03-03 下関市議会 平成28年第 1回定例会(3月)-03月03日−04号 従来では相談に来るのを待っていて、相談に来られる方への支援であったと思うのですが、本当に大変な家庭は相談に来ることもできず、児童虐待や育児放棄につながっていくケースもあります。これからは相談に来るのを待つというのではなく、支援が必要であるのかどうか、訪問してしっかりと見きわめていくアウトリーチな取り組みが必要であると考えますが、いかがでしょうか。   もっと読む
2015-06-18 下関市議会 平成27年第 2回定例会( 6月)-06月18日−05号 なお、マニュアルの方法は、養護者による虐待と施設による虐待とが、取り扱いとスピードがかなり異なっていますので、その点については、今後生かしながら、養護者による虐待は、今御案内のようにただちに、これは虐待がはっきりしていることと、それから心身の危険が及んでいること。ですから養護者による虐待については直ちにということで、しかも児童の場合は、児相が48時間以内に動くという規定があります。 もっと読む
2015-03-04 光市議会 2015.03.04 平成27年第1回定例会(第5日目) 本文 平成13年6月に大阪の小学校で起こった残忍な児童殺傷事件を受けて、文部科学省からの指示のもと、全国の学校におきまして安全管理の点検、見直しが行われ、光市でも、防犯ブザーを全児童に配付したりするハード面、登下校時における挨拶運動や見守り活動の取り組み等のスクールガード活動の活性化を図り、各学校で危機管理マニュアルや学校安全計画を作成し、児童生徒の安全確保に対して取り組まれていることと思います。   もっと読む
2014-06-16 下関市議会 平成26年第 2回定例会( 6月)-06月16日−03号 最近ではネット依存症による不登校もあると聞いておりますけども、特にいじめを経験している生徒、また虐待を経験している子供と、きめ細かな対応をお願いしたいのですが、そのためにもぜひ学校の先生方にもひきこもり、不登校との理解促進のため、こういった養成講座に参加するなどの取り組みをお願いしたいと思っておりますけども、いかがでしょうか。 もっと読む
2014-06-11 宇部市議会 平成 26年 6月定例会(第2回)-06月11日−03号 市道の緊急輸送道路は道路11路線ですが、まず、市道芝中通り線が松山町二丁目交差点からセントラル硝子宇部工場西側交差点までの区間、延長890メートル。次に、市道恩田通り線が宇部商工会議所前交差点から宇部・山陽小野田消防署までの区間、延長340メートル。次に、市道西宇部妻崎線が流川交差点から宇部西消防署までの区間、延長2,070メートル。 もっと読む
2014-03-04 下関市議会 平成26年第 1回定例会( 3月)-03月04日−02号 こども保健課はこのたび新設となり、こども家庭課で実施しております家庭児童相談、児童虐待防止対策、授産施設の入所措置などの各事業に加え、保健部で実施しております乳幼児家庭全戸訪問、乳幼児や妊婦の健診など母子保健に関する事業、予防接種、小児慢性特定疾患や育成医療の医療費給付などの業務を担当します。  もっと読む
2012-06-13 柳井市議会 平成 24年 第2回定例会( 6月)-06月13日−03号 柳井港からは四国、松山へのフェリーが1日13往復発着し、本土と四国を結ぶターミナルとなっております。  また、2つの高速道路インターチェンジへも、20分程度の距離にございます。 もっと読む
2011-12-14 宇部市議会 平成 23年12月定例会(第4回)-12月14日−03号 11月が児童虐待防止推進月間だったこともあり、ここ最近、児童虐待に関する啓発イベント等のニュースを耳にされた方も多かったのではないかと思いますが、それと並行する形で、毎日のように新聞紙面やテレビのニュースで、児童虐待が疑われる子供の不慮の事故が報道されており、この問題の根深さは当事者だけにとどまらず、社会全体のありようを反映していることは周知の事実であります。   もっと読む
2011-09-08 周南市議会 平成 23年 9月 第5回定例会-09月08日−04号 今回、私たち公明党で松山市に視察に行ってまいりましたけれども、私のこれまでの常識が大きく崩れました。 もっと読む
2011-03-10 宇部市議会 平成 23年 3月定例会(第1回)-03月10日−03号 失業や収入が不安定になる中で、離婚や児童虐待がふえ、子育てに悩む母親やDV、うつ病など、弱い立場の人たちを孤立させてはならないと思います。希望なき無縁社会にさおを差して、一人一人の安全のために、高齢者や弱い立場の人を孤立させない、支え合う地域社会を構築し、市民が輝き、支え合う社会を願うものであります。   もっと読む
2011-03-10 宇部市議会 平成 23年 3月定例会(第1回)-03月10日−03号 失業や収入が不安定になる中で、離婚や児童虐待がふえ、子育てに悩む母親やDV、うつ病など、弱い立場の人たちを孤立させてはならないと思います。希望なき無縁社会にさおを差して、一人一人の安全のために、高齢者や弱い立場の人を孤立させない、支え合う地域社会を構築し、市民が輝き、支え合う社会を願うものであります。   もっと読む
2009-12-14 下関市議会 平成21年第 4回定例会(12月)-12月14日−03号 続きまして、青少年のその犯罪について、出会い系サイトに関連した被害実態で申し上げますと、20年中の総数が16件、それから、児童買春が11件、児童ポルノが3件、そして、青少年健全育成条例違反が1件ございます。それから、児童福祉法違反も1件となっておりまして、下関市内地域での件数を言いますと、児童買春が6件の青少年健全育成条例違反が1件となっている。このような状況になっていると伺っております。 もっと読む
2009-12-14 下関市議会 平成21年第 4回定例会(12月)-12月14日−03号 続きまして、青少年のその犯罪について、出会い系サイトに関連した被害実態で申し上げますと、20年中の総数が16件、それから、児童買春が11件、児童ポルノが3件、そして、青少年健全育成条例違反が1件ございます。それから、児童福祉法違反も1件となっておりまして、下関市内地域での件数を言いますと、児童買春が6件の青少年健全育成条例違反が1件となっている。このような状況になっていると伺っております。 もっと読む
2007-09-06 下関市議会 平成19年第 3回定例会( 9月)-09月06日−02号 児童虐待防止法対策の推進についてお尋ねいたします。  児童虐待による痛ましい事件が連日のように報道され、件数は年々ふえているのではないかと考えますけれども、ここ数年にわたる児童虐待の下関市における件数の推移をお示しください。 もっと読む
2007-09-06 下関市議会 平成19年第 3回定例会( 9月)-09月06日−02号 児童虐待防止法対策の推進についてお尋ねいたします。  児童虐待による痛ましい事件が連日のように報道され、件数は年々ふえているのではないかと考えますけれども、ここ数年にわたる児童虐待の下関市における件数の推移をお示しください。 もっと読む
2007-03-19 下関市議会 平成 19年 3月19日 文教厚生委員会-03月19日−01号 次に不登校児童生徒支援事業は、家庭や学校に学習支援員を派遣し不登校児童生徒の一人ひとりにきめ細やかな支援を行うものである。18年度の対象児童は10名であったが、19年度は15名に増やしている。  次に子どもと親の相談員派遣は、不登校などの早期発見、早期対応や未然防止のため、市内小学校2校に相談員を派遣し、教育相談体制の充実を図るものである。   もっと読む
2007-03-19 下関市議会 平成 19年 3月19日 文教厚生委員会-03月19日−01号 次に不登校児童生徒支援事業は、家庭や学校に学習支援員を派遣し不登校児童生徒の一人ひとりにきめ細やかな支援を行うものである。18年度の対象児童は10名であったが、19年度は15名に増やしている。  次に子どもと親の相談員派遣は、不登校などの早期発見、早期対応や未然防止のため、市内小学校2校に相談員を派遣し、教育相談体制の充実を図るものである。   もっと読む
  • 1
  • 2