運営者 Bitlet 姉妹サービス
197件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 光市議会 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 次に、出産の希望実現への主な取り組みといたしましては、不妊・不育治療費の助成や妊婦健康診査の実施、また、今年度から開始いたしました出産後間もない母親のための産婦健康診査や、心身の不調や育児不安を持つ人を対象に宿泊や日帰りで支援を行う産後ケア事業など、健やかな妊娠出産の支援を行っております。   もっと読む
2017-12-18 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月18日−06号 オンライン診断のメリットとして、病院へ通うための距離の制約がなくなる、幾ら離れていても病院に通える、患者さんの診療機会を創出、天候による受診の障害、大雪のときでも受診、オンライン診断なら継続的な治療ができる。このことについての所見をお伺いいたします。 もっと読む
2017-09-21 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月21日−02号 ピロリ菌については、2013年にピロリ菌が原因の慢性胃炎の除菌治療に健康保険が適用されました。それまで、ピロリ菌除菌の保険適用は、症状が進んだ胃潰瘍や十二指腸潰瘍などにしか認められておりませんでした。   もっと読む
2017-09-12 下関市議会 平成 29年 9月12日 決算特別委員会-09月12日−01号 これは、精神疾患のある方の通院治療にかかる医療費の公費助成制度である自立支援医療、精神通院の申請受付、受給者証の交付事務、及び精神障害者保健福祉手帳の申請受付、交付事務に要した経費であります。また、成年後見人制度において、身寄りがないなどの理由により後見人を申し立てる人がいない方について市長が申立を行う事務を福祉部長寿支援課、障害者支援課及び保健部成人保健課で実施しております。   もっと読む
2017-06-27 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月27日−08号 子育て現場の声を聞くのに、重要なのは、若年層の子育てや仕事の関係や晩婚に伴う妊活や不妊外来を受けている人たちへの総合的なサポートを利用者は望んでおられます。土日の預かりであったり、気軽に、でも綿密に相談ができる場がほしいという声も多かったです。お母さんは子育てに疲弊しないためのサポート、利用者に寄り添う支援を求めておられます。 もっと読む
2017-06-21 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月21日−04号 ボイスアクションで掲げた非正規社員の待遇改善、不妊治療の公費助成、幼児教育の無償化等、5つの政策が全て着実に前進をしております。  最近の新聞に、経済産業省の20代から30代の有志職員30名が、「不安な個人、立ちすくむ国家モデルなき時代をどう前向きに生き抜くか」というタイトルで、日本の中長期的な課題に関する報告書をまとめ、反響を呼んでいるという記事が載っておりました。   もっと読む
2017-03-02 下関市議会 平成29年第 1回定例会(2月)-03月02日−05号 次に、第4款衛生費においては、母子保健業務の不妊治療給付助成事業について、不妊治療費助成件数の増加に伴う経費を計上しようとしております。   もっと読む
2017-02-23 下関市議会 平成 29年 2月23日 総務委員会-02月23日−01号 項1国庫負担金、目1民生費国庫負担金では、障害児通所支援費等の増額の財源として、障害児通所支援給付費負担金3,000万円を、項2国庫補助金、目2民生費国庫補助金では、社会福祉施設整備費助成業務の財源として、地域介護・空間整備等交付金2,817万円、菊川こども園及び川中幼稚園整備事業の財源として学校施設環境改善交付金3,083万2,000円を、目3衛生費国庫補助金では、不妊治療費の総額の財源として、特定不妊治療費助成事業費補助金 もっと読む
2017-02-20 下関市議会 平成 29年 2月20日 文教厚生委員会-02月20日−01号 補正額は2,000万円で、これは母子保健業務不妊治療給付助成事業に係る扶助費で、不妊治療費助成件数の増加に伴う経費を計上しております。  以上、御審議のほどよろしくお願い申し上げます。 ○文教厚生委員長(小熊坂孝司君)  ただいま説明を受けましたので、質疑に入らさせていただきます。挙手にてお願いします。    もっと読む
2017-02-14 下関市議会 平成29年第 1回定例会(2月)-02月14日−02号 まず衛生費の中から、不妊治療給付助成についてお伺いいたします。子供を欲しながら子供に恵まれない夫婦に対しまして、不妊治療に要する費用の一部を助成する制度は、不妊に悩む夫婦にとって、経済的な負担を軽減するということで大変重要なことであると考えております。   もっと読む
2017-02-10 下関市議会 平成29年第 1回定例会(2月)-02月10日−01号 議案第51号は、その処理に関して保有する特定個人情報ファイルにおいて個人番号を利用することができる事務として不妊治療に要する費用の助成に関する事務を追加し、並びに当該事務及び健康増進法による健康増進事業の実施に関する事務を処理するために利用する特定個人情報を追加するため、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に基づく個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部を もっと読む
2017-02-06 下関市議会 平成 29年 2月 6日 議会運営委員会-02月06日−01号 衛生費では、母子保健業務として、不妊治療費の増額2,000万円を計上しようとするものであります。  商工費では、金融対策業務として、中小企業体質強化特別融資預託金等の減額15億9,600万円を、観光振興基金積立金として695万5,000円を、それぞれ計上しようとするものであります。  土木費では、公共下水道事業会計補助金の減額936万円を計上しようとするものであります。   もっと読む
2016-12-13 下関市議会 平成28年第 4回定例会(12月)-12月13日−04号 また、特定医療費受給者証や不妊治療費助成など各種申請を多数受け付けており、地域の保健サービスの窓口としての役割も高まっております。  今後も地域の皆様にきめ細やかな保健サービスを提供する拠点施設として、地域に根差した保健活動を実施してまいりたいと考えております。以上です。 ◆村中克好君  それでは本庁と新下関保健センターとの連携については、どういう形でやっておられるでしょうか。 もっと読む
2016-09-09 下関市議会 平成 28年 9月 9日 一般・特別会計決算審査特別委員会-09月09日−01号 これは、精神疾患のある方の通院治療にかかる医療費の公費助成制度である自立支援医療の申請受付、受給者証の交付事務、及び精神障害者保健福祉手帳の申請受付、交付事務に要した経費であります。 もっと読む
2016-09-05 柳井市議会 平成 28年 第3回定例会( 9月)-09月05日−01号 このためには、猫を飼い始めたら生涯責任を持って飼うことが飼い主の義務であり、飼うことができなくなった場合には、責任を持って新しい飼い主を探し、決して捨てたりはしないこと、猫を屋外で飼うことは近隣に迷惑をかけるということでもありますので、屋内で飼っていただくということ、繁殖を望まない場合には不妊・去勢手術を考えるということ、飼い猫であることを明示するため、飼い主の氏名や連絡先等を記入した首輪をつけ、迷 もっと読む
2016-03-23 下関市議会 平成28年第 1回定例会(3月)-03月23日−08号 このほか、不妊治療給付助成やAEDの賃借について複数の委員から詳細の確認がなされ、また、健康づくりについて、委員より、平成28年度の重点世代は働き盛りの世代となっているが、高齢者のひとり暮らしの方が栄養失調になったりする例もあるので、これについても食生活推進委員と管理栄養士が連携して取り組んでほしいとの意見がなされております。   もっと読む
2016-03-14 下関市議会 平成 28年 3月14日 文教厚生委員会-03月14日−01号 不妊治療給付助成について御説明いたします。成人保健課では、子を欲しながら子に恵まれない夫婦に対して不妊治療に要する費用の一部を助成しております。 もっと読む
2016-03-07 周南市議会 平成 28年 3月 第2回定例会 予算決算委員会-03月07日−03号 ◆委員(福田健吾議員) すいません、予算書157ページなんですが、不妊治療費助成事業費、600万円ってどんとあるんですが、どういうふうな内訳というか、人数的なものでこういうふうな予算を組んでるのか、中身で組んでるのか。600万円ってぽんと数字だけ見ると、子供が欲しいと言われる方がいるならもうちょっと出してもいいんじゃないと。そういう治療をされるというなら出してもいいかなと思うんですけど。 もっと読む
2016-03-07 下関市議会 平成28年第 1回定例会(3月)-03月07日−06号 人口減少には出生、死亡による自然減と転入転出による社会減があり、自然減の対策として、不妊治療給付助成や、安心して出産ができ育児ができるよう子供・子育ての支援の充実や、家庭への子供・子育ての支援の充実のための事業や、高齢者の健康増進業務や地域福祉の充実や、高齢者福祉の充実にも努めてきております。 もっと読む
2016-03-04 下関市議会 平成28年第 1回定例会(3月)-03月04日−05号 今回、不妊治療給付助成をあげさせていただきました。不妊治療の拡充、子供が授かることを希望しながら、なかなか授からないと悩まれている御夫婦にとって本当に切実な願いとなっております。  また、人口減少に悩んでいる下関としても、子供を望んでいる世帯の支援というのは重要であろうというふうに考えております。 もっと読む