運営者 Bitlet 姉妹サービス
11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2017-09-21 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月21日−02号 また、健康診断のときの尿検査とか貧血検査を利用した、中学生を対象としたピロリの感染検査が、現在全国の自治体で増加しております。まずピロリとは何か、御説明をお願いいたします。 ◎保健部長(福本怜君)  ピロリとは、グラム陰性桿菌に属する細菌で、正式名称はヘリコバクターピロリといい、主な生息場所は人の胃でございます。 もっと読む
2016-09-07 下関市議会 平成 28年 9月 7日 文教厚生委員会-09月07日−01号 また、胃がんのリスク要因でございますヘリコバクター・ピロリというがございます。この40歳代の感染率が、国の報告で1990年代では60%ぐらいあったそうですが、これが2010年代には20%程度まで減っておりまして、また、感染率は各年代において減少傾向にあるという資料も示されております。   もっと読む
2014-09-10 長門市議会 平成 26年 9月定例会(第3回)-09月10日−03号 胃粘膜に炎症を引き起こすピロリ、これは胃がんの最大原因とされています。胃がん予防対策として、ピロリ検査を長門市でも取り入れたらどうかと思いますが、どうでしょうか。 ○議長(三輪徹君) 松尾市民福祉部長。 ◎市民福祉部長(松尾要君) お答え致します。  ピロリの対応につきましては、現在のところ、厚生労働省や山口県から明確な方針が示されておりません。 もっと読む
2014-03-05 下関市議会 平成26年第 1回定例会( 3月)-03月05日−03号 生命を守る公明党としましても、これまでも乳がん検診、子宮頸がん検診、大腸がん検診、また胃がんの原因とされるピロリの除を保険適用にするなど、がんの予防、早期発見につながる政策を打ち出してまいりました。しかしながら、欧米では約80%とされるがん検診の受診率ですが、日本では、まだまだ20%から30%にとどまっているということです。 もっと読む
2014-03-01 下松市議会 平成 26年 3月 定例会(1回) 続いて、環境福祉委員会からは、未病・予防対策については、市民の健康を考えて、子供のインフルエンザや胃がんのピロリ検査などの早期発見、予防できるものを取り入れてほしい。また、そのための保健師、管理栄養士等の職員体制の充実を図ってほしい。 子ども・子育ての総合プランにおいては、子供の医療費助成も含め、多様な意見を取り入れ策定するようにしてほしい。  もっと読む
2013-06-14 光市議会 2013.06.14 平成25年第2回定例会(第3日目) 本文 同判定は、胃がんの最大の原因といわれるピロリの有無と胃の粘膜の萎縮度を調べることで、胃がんになりやすいかどうかチェックするものです。従来のバリウムエックス線検査よりも身体的、経済的に負担が少なく、受診率の大幅向上が期待されています。リスク判定は、血液検査だけで胃がんになりやすいかどうかをリスクが低い順にABCDの4群で判定します。 もっと読む
2013-06-06 宇部市議会 平成 25年 6月定例会(第2回)-06月06日−03号 3点目といたしまして、胃がん予防のためのピロリ検査についてお尋ねいたします。  日本人のピロリ感染者は3,500万人とも言われ、年間約5万人が胃がんでなくなっています。胃がんの大きな原因の一つがピロリにあります。50歳以上の日本人のうち、半数以上はピロリに感染していると言われています。ピロリは胃の粘膜に炎症を引き起こし、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなどの原因になるとされる細菌のことです。 もっと読む
2013-06-01 周南市議会 平成 25年 6月 第4回定例会-目次 (3) 胃がん検診のピロリ検査(ABC検診)導入への協議状況について問う。3 県道下松新南陽線の青山町交差点の課題(1) 交差点からの西緑地公園への誘導表示板設置の考えは。 ●発言順位第10番 相本政利議員(公明党) ……………………………………… 1281 地域防災の取り組みについて(1) 安全で安心して暮らせるまちづくりに向け、地域自主防災活動について、以下 の3項目を伺う。 もっと読む
2013-05-30 周南市議会 平成 25年 6月 第4回定例会-05月30日−03号 平成23年12月の質問後、平成25年2月に、いわゆることしの2月に厚生労働省は、胃がんの大きな原因とされるヘリコバクター・ピロリの感染による、いわゆるピロリの感染による慢性胃炎について、除治療に用いる複数の薬剤を保険診療の対象に拡大することを承認したそうであります。 もっと読む
2011-12-12 周南市議会 平成 23年12月 第7回定例会-12月12日−04号 がんの原因については、アジア地域に顕著な塩分の多い食生活などが指摘されてきましたが、最近になって、胃がんの原因の95%はピロリであるということが判明しております。このピロリの感染は、生まれてから10歳ぐらいまでに感染をし、井戸水とかで感染するそうですけれども、現在の感染率は10代で10%以下に対して、50代では50%、60代では80%の方が感染者と言われております。 もっと読む
2011-12-01 周南市議会 平成 23年12月 第7回定例会-目次 ウ 胃がん検診にピロリ検査の導入はできないか。2 女性の視点からの防災対策について(1) 公明党女性局防災会議において、全国658自治体から「女性の視点からの防災行政総点検」の聞き取り調査を実施、その調査結果から防災行政の現場で女性の意見が反映されていない実態が浮き彫りになった。そこで次のことを問う。ア 女性の意見を平時から防災対策にしっかりと反映できるようにするべきではないか。  もっと読む
  • 1