9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

光市議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文

1841年9月2日周防の国熊毛郡束荷村、山口県光市の農家林十蔵の長男として生まれたことから始まり、12歳で萩の伊藤家の養子になったこと、その後、吉田松陰の松下村塾に入門、18歳のときに桂小五郎に従って江戸に行き、高杉晋作らとともに尊王攘夷の志士として活動を始めます。21歳のとき藩士井上馨らとイギリスに密航し、近代文明に圧倒されて、尊王攘夷論から開国論へと考えを改めます。

光市議会 2018-09-19 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文

そして、18歳のとき、津山二宮村の立石家の養子になっています。19歳のとき、倉敷の大橋屋に婿養子として入っています。ここで結婚し、4人の子供をもうけています。26歳のとき、倉敷は天領でございますが、この天領の倉敷村の年寄役に就任しています。今で言えば、商工会議所役員のような形でございましょうか。そして、27歳のとき、大橋敬之助と改名しています。

光市議会 2017-09-11 2017.09.11 平成29年第3回定例会(第4日目) 本文

日本郵便という大手がやったことですので少々手厳しく私は言いますけれども、伊藤博文公は、9歳まで確かに光市束荷の農家の子としておりましたが、そこから萩に移り住んでからは、養子に入って武士となっています。光市の伊藤公資料館にもいろんな写真がありましたが、こういう年をとってからのおじさんくさいような写真というのは、私は見たことがございません。もっとりりしい格好の写真というのがいっぱいあります。

光市議会 2017-06-12 2017.06.12 平成29年第2回定例会(第1日目) 本文

これは、平成29年4月1日から、児童福祉法の改正により養子縁組里親法定化されたこと等に伴い、国家公務員育児休業制度に準じた所要の条文整理を行ったものであります。  よろしく御審議の上、御承認賜りますようにお願いを申し上げます。 ◯議長中村 賢道君) 説明は終わりました。この議案について、質疑がありましたら御発言を願います。                

光市議会 2017-02-28 2017.02.28 平成29年第1回定例会(第5日目) 本文

県内には家庭では生活できない子供が600人近くいるということで、里親には、子供を必要な期間養育する養育里親と、養子縁組を希望する養子縁組里親など、幾つかの種類がございます。会長は、関心がある方には、週末や盆正月の短期間預かる、すこやかホームという事業から勧められておりました。  そこでお尋ねをするんですが、里親制度については、光市のいわゆる計画物の中には言及がありません。

光市議会 2008-12-05 2008.12.05 平成20年第5回定例会(第3日目) 本文

伊藤公は市内束荷で生まれて、9歳まで育ったこの地を後にして、萩の伊藤家に養子に行き、幼少時は大変な苦労を重ね、17歳のときに松下村塾に入塾し、吉田松陰の下で1年6カ月余りではありましたが、熱心に松陰の教えを受け、多くの薫陶を受けたわけであります。  

光市議会 2006-09-08 2006.09.08 平成18年第3回定例会(第3日目) 本文

各地で制度の在り方は異なりますけども、街路や公園河川海岸など、ゴミが散乱しやすい公共の場所を養子に見立て、行政側と合意書を交わして、里親となって住民や団体清掃や草花の植付けなどを行っています。行政側は、保険制度や用具の貸出し、集められたゴミの収集などについて、後方支援をします。  

光市議会 2006-06-14 2006.06.14 平成18年第2回定例会(第2日目) 本文

アダプトとは英語養子縁組をするという意味で、公園道路緑地等の公共空間をも、市民学校、事業者の皆さんが里親となり、一定区域の緑化や美化、清掃活動等を行うもので、これを市が支援するものです。市民行政がお互いの役割分担を定め、両者のパートナーシップの下で進めていくものです。きれいなまちづくりの基本は、自分達のまちは自分達で美しくするという意識から始まります。  

  • 1