運営者 Bitlet 姉妹サービス
3207件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 光市議会 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文 また、外国人雇用状況の届け出状況や、光地域の特徴などがわかればお示しください。  (2)想定される課題と共生への道についてお尋ねをいたします。  国では、単純労働も含む業種で外国人労働者の受け入れを解禁する、入国管理法の改正法案の国会審議が進んでおります。今後は、多くの外国人が光市で生活することが想定をされます。 もっと読む
2018-12-06 光市議会 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 我が国の経済の情勢も、企業収益の向上や雇用環境の改善を背景に、緩やかな回復基調が続いているものの、本年度後半は停滞感が強まるとの見方もあり、まだまだ厳しい歳入環境であると推察しております。また、消費税増税、幼児教育無償化の自治体の負担などの影響も気になるところです。こうした状況の中、光市の財政見通しについて、どのように分析されているのかお伺いします。   もっと読む
2018-12-01 下松市議会 平成 30年12月 定例会(8回) 次に、障害者雇用率について、算定の基準となる職員に、週20時間以上の非正規職員を含めないで算出していたが、算出し直した結果、率は何%になったのかとの問いに対し、当初、算定の基礎となる職員を常勤職員のみと認識していたため、315人の正規職員に対する障害者数8人で、障害者雇用率を2.54%としていた。 もっと読む
2018-10-23 光市議会 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 そのほか、光市観光協会補助金の増加理由や、光市公共交通利用促進冊子の活用状況、雇用の日事業の成果、しゅうなん若者サポートステーションの利用状況などの質疑がありましたが、質疑終結の後、討論はなく、採決の結果、追加認定第4号のうち、経済部所管分は全会一致で認定すべきものと決しました。  以上が環境福祉経済委員会における審査の概要と結果であります。 もっと読む
2018-10-02 光市議会 2018.10.02 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 まず、平成29年度の我が国の経済情勢についてでありますが、アベノミクスの推進により、雇用、所得環境の改善が続く中、緩やかな回復が続きました。 もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(6回) 障害者の雇用率の問題、この間の9月議会の本会議でもお尋ねをしました。 この間の本会議での答弁では、2.54%というふうにたしか御答弁なさったと思うんですね。8人雇用していると。その後に、あのカウントの仕方は間違っていたというふうに市のほうが明らかにしたというふうなことが全国紙で報道されたんですが、議会のほうには全くそのことが訂正も報告も何もないんですね。これはどういうことなんですか。 もっと読む
2018-09-18 光市議会 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 「私及び私の世帯員の資産やら収入やらもろもろのものを、私もしくは私の世帯員の雇用主その他の関係人に報告を求めることに同意します」となっている。  この内容というのは、憲法や多くの都道府県の個人情報保護条例みたいなものから見ても、二重に違法ではないのかというのが今全国的な話題になっているんです。どう思いますか。もうあんたのあれを聞いてもしようがない。 もっと読む
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 そこで約200人の雇用が生まれました。  観光業におきましても、城崎温泉プラスコウノトリで観光客がふえ続け、空港名がコウノトリ空港と名づけられるまでになりました。市民は、コウノトリが住んでいる姿を見て、誇らしげに、いいでしょうと口をそろえて言うそうです。  何もなかった豊岡市の挑戦はなぜうまくいったのか。 もっと読む
2018-09-11 光市議会 2018.09.11 平成30年第3回定例会(第1日目) 本文 次に、民生費では、国民健康保険特別会計に臨時職員の雇用に要する費用を繰り出すとともに、ゆーぱーく光を7月8日、10日、11日の3日間無料開放いただいた助成金として25万円を計上いたしました。  また、職員の産前産後休暇の取得に伴う臨時職員に要する経費を追加いたしました。   もっと読む
2018-09-01 下松市議会 平成 30年 9月 定例会(5回) 次に、小学校管理費の幼児ことばの教室指導員補助の新規雇用について、専門性が必要だが、どのような資格者を雇用するのか、との問いに対し、保育士、幼稚園教諭、教員免許の特別支援学校教諭の聴覚障害、言語聴覚士のうちのいずれか一つの資格を有するものとする。ただし、保育士、幼稚園教諭の資格の場合は、実務経験を要することとしている。 もっと読む
2018-09-01 山陽小野田市議会 平成 30年 9月定例会(第3回) 改正の理由は、任用の形態を拡充することで医療職、特に医師の確保を図ろうとするもので、他の医療機関においては、短時間の正規雇用を取り入れているところも多く、山陽小野田市民病院においても導入が必要と判断したとのことでございます。現在、短時間勤務の任用については再任用職員のみですが、改正後は任期つきの職員及び育児短時間勤務に伴う短時間勤務職員も対象となります。  もっと読む
2018-06-14 光市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 一般質問2項目めの、光市の雇用についてお尋ねします。  雇用不安の拡大は、国民の暮らしと日本経済に深刻な打撃となっております。派遣労働を製造業に拡大するなど、正社員を減らし、パートや派遣、契約社員などいつ首になるかわからない不安定な働き方をふやし、雇用不安と失業などを増加させております。安定した雇用をふやすために、雇用対策が必要です。 もっと読む
2018-06-12 光市議会 2018.06.12 平成30年第2回定例会 目次 …………………………… 25  ・ 田邉 学議員 ……………… 25,30,31,32,33,34,35,36,38     ・ 小中学校の現状と対策について                  39,40        (1) 教職員の多忙化の現状と対策について        (2) 小中学校普通教室の空調設備の現状と対策について        (3) 学校給食の無償化について     ・ 光市の雇用 もっと読む
2018-06-12 光市議会 2018.06.12 平成30年第2回定例会(第1日目) 本文 また、非自発的失業者に係る申告について、個人番号による情報連携により離職理由が把握できる場合は、雇用保険受給資格者証等の提示を不要としたものであります。  よろしく御審議の上、御承認賜りますようにお願いを申し上げます。 ◯議長(木村 信秀君) 説明は終わりました。この議案について質疑がございましたら、御発言を願います。                 もっと読む
2018-06-01 山陽小野田市議会 平成 30年 6月定例会(第2回) 生活保護の受給世帯は、年金水準の引き下げと非正規雇用の拡大によって、さらにふえてきます。今回の引き下げは、憲法で保障された健康的で文化的な最低限度の生活を保障する水準をさらに引き下げてしまうことにつながります。貧困の連鎖を果てしなく続け、子育て支援に逆行するような今回の生活保護基準の引き下げは、断じて容認することはできず、関連する本補正予算は可決すべきではありません。  もっと読む
2018-06-01 岩国市議会 平成 30年 第2回定例会(6月) 計画どおり企業進出がなされていれば、一定の雇用確保・税収の増加も見込まれたことから、市として利益を逸している部分もあることは十分認識しており、地域経済発展のためにも、進出がおくれている企業に対し、今後とも積極的にアプローチをしていきたい」との答弁がありました。 本議案については、慎重審査の結果、全会一致で可決すべきものと決しました。 以上で、経済常任委員会の審査報告を終わります。 もっと読む
2018-03-01 下松市議会 平成 30年 3月 定例会(1回) 子育て部門におきましては、認定こども園の移行支援、保育士トライアル雇用制度、児童の家の民間事業者による運営増。 子育て世代包括支援センター事業では、産婦健康診査や産後ケア事業、アウトリーチ型が新たに始まります。  もっと読む
2018-03-01 山陽小野田市議会 平成 30年 3月定例会(第1回) 非正規職員を雇用せざるを得ないのであれば、誇りを持って働くことができる条件をそろえるべきです。特に保育所に見られる低い賃金水準と手当は魅力的と映らないばかりか、民間に対する手本にもなりません。保育士の資格は持っているけれど、働くことをためらっている実態は何より労働条件の劣悪さから来ているのです。本気で労働条件改善に取り組むよう求めるものであります。  もっと読む
2018-02-26 光市議会 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 それでは、2点目のうち経済部所管分の中小企業の雇用確保、創業、事業承継の状況についてお答えを申し上げます。   もっと読む
2018-02-23 光市議会 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 離職を余儀なくされた方々のために、本市では、緊急雇用対策事業の実施や中小企業等雇用奨励金制度の創設などにより、雇用、就業機会の創出に取り組んでまいりました。 もっと読む