363件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩国市議会 2021-06-18 06月18日-05号

一方、北朝鮮ミサイル問題、尖閣諸島の領有権問題、今では中国による台湾侵攻が6年以内に起きると米軍情報分析もあり、防衛では台湾有事法運用検討されていると聞いております。 有事での自衛隊の役割には、重要影響事態存立危機事態武力攻撃事態があり、自衛隊員の皆さんは覚悟を持って、日夜、極東の安全と国民を守るため、激務に当たっておられます。 

岩国市議会 2021-06-17 06月17日-04号

基地政策担当部長山中法光君)  河川の改修や護岸工事等再編交付金等防衛補助金が活用できるかとのお尋ねでございます。防衛補助金ですから、航空機による一定の影響ですとか、米軍再編に伴う生活の影響がある地域ということにはなりますけれども、基本的には防衛補助金の対象になるというふうに考えております。

岩国市議会 2021-03-10 03月10日-05号

今こそ市長防衛に出向いて、去年どおりFCLP、CQは全て硫黄島でやってくださいという協議ができる期間が残っているんです。決まっていないということは、情報がないということは――そこを言っているんです。あなたがたはどうも先ほどから自分たちの行動に自信がないのか、防衛に出向く勇気がないのか……。そういう自信のなさが答弁に表れているんです。市長、答えてください。

萩市議会 2021-03-09 03月09日-06号

しかしながら、山口県の防衛よりの姿勢が色濃く萩市政にも映し出され、受入れ方向に進んできました。 ところが、私たち市民が懸念してきた迎撃ミサイル、このブースターの制御ができずに、演習場外に落ちる可能性があるということを理由に、計画は白紙撤回されました。 私たち指摘どおりでした。この撤回は、市民にとっても、市長にとっても胸をなでおろしたことだったと思います。 

萩市議会 2020-12-08 12月08日-04号

防衛では地元への説明必要性を強く認識し、イージス・アショア配備候補地への配備断念に至った経緯や今後の見通しについて地元皆様説明することを考えており、新型コロナウイルス感染症状況なども考慮しつつ、検討調整する考えであると承知しており、どのように実施すべきか相談や確認を行っているところでございます。 

山陽小野田市議会 2020-12-03 12月03日-03号

しかし、事前に受けた7月の防衛説明の際には、その以前の説明でしたかね、20度ということを言っております。20度というのは、上空というふうな考え方とは相入れません。なぜ20度になるかというと、赤道上空に静止している衛星を狙うためには、埴生地区から照射すると、どうしてもその角度にならざるを得ないということなんですね。

萩市議会 2020-09-24 09月24日-06号

防衛が進めてきたイージス・アショア配備計画についての市長姿勢、市独自の検証事業については、結果から見ても全く意味のないむだなものとなったということを指摘しておきたいと思います。 この問題が降ってわいたとき、市長は、国益にかなうなら、まちづくりが多少阻害されてでも反対できない、リスクのない事業はない、などと述べておられました。

岩国市議会 2020-09-10 09月10日-04号

「馬毛島問題 西之表市、防衛に40項目質問書施設配置案具体性に欠ける」」と。西之表市は、人口約1万人の小さい市なんです。種子島にあるんですが、大変小さい市でございます。しかし、次のように、西之表市の八板市長は、「具体的な設置案を示すことなく、環境影響評価(アセスメント)を急ぐ防衛不信感を覚える」と指摘しています。「賛否両方市民の視点から、疑問点を挙げた。

萩市議会 2020-06-25 06月25日-06号

この考え防衛が当初からとっていた姿勢です。迎撃ミサイル落下性能は最初から求めていなかったということが国会の審議の中ではっきりしました。住民説明会で問われてから、アメリカとの協議を始めたということもわかりました。防衛企画戦略課長ミサイルの一部が100%地上に落ちないとは言えない、弾道ミサイルが直撃することを考えると比較にならないと言いました。

岩国市議会 2020-06-18 06月18日-05号

その中で、今回の一般質問初日に本会派の代表質問貴船議員からも提言がありましたように、防衛補助金再編交付金等を活用して岩国市にとって効果的な取り組みをぜひ行っていただきたいと思います。なるべく財政調整基金を取り崩さずに効果的な対策が打てるようにしっかりと考えていただきたいというふうに思います。 それでは、最後になんですけれども、今、日本の経済は大変大きな分岐点にあると考えております。

萩市議会 2020-06-17 06月17日-05号

防衛はその給水に無理があることについては、その後、説明資料住民説明会、議会への説明会でも触れてきませんでした。 この件については2018年の初冬、防衛から萩市上下水道局へ直接のヒアリングがあったとのことです。この給水に無理があるという水道局の回答は、至って業務的な回答であり、偏りのないものであり、合理的事実を回答したものであると考えます。 

山陽小野田市議会 2020-06-16 06月16日-02号

この内容を中心に質問をいたしますので、執行部防衛から配付された資料をなぞらえるだけではなくて、市独自で仕入れた資料を念頭に置きつつ、回答をいただきたいというふうに思っております。 それでは、質問をいたしますが、まず冒頭、基本的に市長に今回の防衛埴生地区レーダー設置について、お考えを聞かなくてはなりません。