90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山陽小野田市議会 2020-03-02 03月02日-02号

◆議員(長谷川知司君) チラシを見ますと、説明会情報では、スマイルキッズはなくて厚狭総合事務所商工センター雇用促進能力開発支援センター、再び厚狭地区複合施設というふうになっております。お母さん方が敷居が高くないような形で相談できるという、それが大事と思います。 特に、よその市町では日本一女性が住みたくなるまちというように訴えて、それをモットーにさまざまな市の単独事業を行われております。

下関市議会 2018-03-12 03月12日-05号

3つ目取り組みといたしましては高年齢者が活躍できる新たな働き方や高年齢者が希望する仕事の切り出しなどを行う高年齢者活躍促進開発支援事業を実施しております。 具体的にはシニア求職者に向けた業務の抽出やワークシェアリング、テレワークといった新しい働き方をシニア雇用に積極的な企業と協力しながら面接会求人に至るまでを支援していく取り組みを実施しております。 

山陽小野田市議会 2017-09-15 09月15日-05号

款労働費は、雇用能力開発支援センター受電設備防火水槽整備事業小野田勤労青少年ホーム運動室外壁改修事業などの増により、前年度比3,190万7,000円増の8,312万円。 6款農林水産業費は、有線放送清算業務負担金などの減があったものの、土地改良施設維持管理適正化事業、宗末地区小規模治山事業埴生漁港整備事業などの増により、前年度比1,316万1,000円増の4億4,350万円。 

山陽小野田市議会 2017-09-11 09月11日-04号

このような状況を鑑み、雇用能力開発支援センターを中心とした就労訓練や、市、会議所ハローワークのさらなる連携が重要になってまいります。 参考までに、この4社の共同主催によりまして、ことしの2月に合同就職面接会、さらに先月8月20日には就職フェアを開催をいたしまして、地元企業求職者とのマッチングの場を設けたところでございます。

宇部市議会 2017-09-08 09月08日-02号

そうした中、平成27年度に国が移動式獣肉解体処理車開発支援し、昨年度国内数件において実証実験が行われ、メリットが確認されたと聞いております。有害鳥獣駆除に向けた効果的施策になるのではないかと考え、本市での対応をお聞きいたします。 以上で壇上での質問を終わります。 ○議長杉山孝治君) 久保田市長。    

山陽小野田市議会 2017-06-21 06月21日-02号

働く意欲のある高齢者雇用確保を積極的に進めるため、市の雇用能力開発支援センター内にハローワークと共同設置しております山陽小野田地域職業相談室において、求人情報提供職業紹介などを実施しているほか、市が企業訪問する際には、事業所高齢者雇用確保や65歳を超えたときの継続雇用などの働きかけを行っております。 

山陽小野田市議会 2017-06-09 06月09日-01号

また、労働費において、雇用能力開発支援センター駐車場整備事業として799万6,000円を増額し、農林水産業費では、漁港海岸保全施設整備事業等として3,008万円を増額し、土木費では有帆緑地処分場整備事業等として1,558万9,000円を増額し、最後に教育費では、就学援助費等として602万1,000円を増額しております。 

山陽小野田市議会 2017-02-22 02月22日-01号

次に、衛生費では、新火葬場建設事業、旧ごみ処理施設煙突解体事業等として1億435万7,000円を減額し、労働費では、雇用能力開発支援センター電気設備等移設事業として1,464万9,000円を減額し、農林水産業費では、排水機場改修等に係る県事業負担金等として5,745万円を減額し、商工費では、中小企業振興資金預託金地方バス路線維持費補助金等として7,901万2,000円を減額しております。 

山陽小野田市議会 2016-03-04 03月04日-03号

本市では雇用能力開発支援センター内にハローワークと共同設置する山陽小野田地域職業相談室において求人情報提供職業紹介などを行い、雇用確保に取り組んでおります。 高齢者就労先拡大につきましては、シルバー人材センター連携協力し、会員が持つ技能と事業所が求める業務とのマッチングを図るなど、新たな就業先開拓に取り組んでおられますので、市といたしましても引き続き支援をしてまいります。 

山陽小野田市議会 2016-03-03 03月03日-02号

今年度は、技術開発支援大学機械装置の利用、専門知識提供など、大学を活用していただくため、大塚雇用能力開発支援センター技術相談会を、去る12月3日ですが、実施してくれました。 また、数日後の3月10日には、近く来ますが、大学研究室が広く公開され、工学部の持つ魅力や可能性について、積極的にPRを展開する予定であります。

山陽小野田市議会 2016-02-22 02月22日-01号

続いて、労働費では、雇用能力開発支援センター受電施設等整備事業費小野田勤労青少年ホーム外壁改修事業費の皆増などにより、96.4%増の1億444万5,000円を計上し、農林水産業費では、新規就業者受入体制整備事業補助金の皆増や需要対応型産地育成事業補助金県営経営体育成基盤整備事業費の増額などにより、9.1%増の5億5,716万4,000円を計上しております。 

山陽小野田市議会 2015-12-15 12月15日-05号

働く意欲のある高齢者雇用確保を積極的に進めるため、市の雇用能力開発支援センター内にハローワークと共同設置しております地域職業相談室において、求人情報提供職業紹介などの実施をしているほか、市が企業訪問をする際には、事業所高齢者雇用確保や65歳を超えたときの継続雇用などの働きを行っているところであります。 

山陽小野田市議会 2015-03-25 03月25日-07号

3点目の、立地場所危険ハザードマップ上にあり、災害対策ができないとの指摘については、昨年の説明給食センター建設用地必要条件は、共同調理場建築基準法上、工場として扱われており、工業系用途地域にあること、まとまった広さの土地を確実に取得できること、上下水道に安易に接続できること、配送を確実に行えることであり、この4つの条件を満たす場所は、大塚工業団地雇用能力開発支援センター隣接地のみであるというものでありました

山陽小野田市議会 2014-12-10 12月10日-05号

さらに、市の雇用能力開発支援センター内にハローワーク宇部と共同設置している山陽小野田地域職業相談室におきましても、求人情報提供職業紹介など高齢者皆さん職業相談も受け付けておりますので、お気軽に御利用いただきたいと思っております。高齢化が進む今日、ハローワーク等連携を図りながら、高齢者就業機会確保に取り組んでまいりたいと考えております。 以上でございます。

山陽小野田市議会 2014-09-18 09月18日-04号

した本市予算案は約5,400平米の敷地に建設するものであり、5,500食の調理ができる建物面積確保した上、残る3,100平米の敷地に、例えば、配送車両へ食器、食缶の積み下ろしや車両方向転換駐車スペースとして、縦15メートル、横40メートル程度の広さを確保したり、道路に出るまでの配送車両走行路の幅員を最低6メートル確保したり、職員用駐車場敷地内に一部整備しますが、不足分は隣の市雇用能力開発支援