106件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柳井市議会 2020-03-05 03月05日-03号

また、ふれあいどころ437の農家レストラン山里ひづみにつきましては、3月6日から3月31日まで臨時休業とすることとなっております。市としましては、今後とも情報の変化を注視しつつ、国、県、柳井健康福祉センター等関係機関と連携して、市民への情報提供を始め、感染防止対策に万全を期してまいります。 次に、本日、三島議員よりお知らせをいただきました項目について、お答えをいたします。 

下松市議会 2020-02-26 02月26日-05号

昨日の同僚議員からの農家レストランあれについても、私、伺っていて、あっ、そうですねというようなことで、感動しました。これについて、また後、どういったらいいかということで問いたいと思いますので、取りあえずここはこれでやめておきます。 次は、(2)地域の祭事や行事文化財を生かした取組について、お聞きいたします。 下松には、たくさんの伝統行事やお祭り、それから文化財があります。

柳井市議会 2018-09-05 09月05日-02号

これは誰がやったかいうたら、観光もあそこは、商工観光課の一課長が発案して、あそこで農家レストランをやろう、肉をつくろう、何やろうちゃ1人の力でぐんぐんぐんぐん引っ張っていったようなのがあるんです。 だから、柳井の市でも、よし骨埋めて本気でやろうちゅうような職員を、ぜひ育成していただきたいように思うわけであります。 先ほど、いろいろと部長もおっしゃいましたが。

柳井市議会 2018-03-08 03月08日-03号

また、市民の皆さんの、そうした思いと行動こそが、市民一人ひとりの楽しみや、幸せにつながるということを、日積地区の「ふれあいどこを437」の農家レストランで、働いておられる女性方々の、活躍されるお姿であったり、「ひづみふれあい号」の利用者からの感謝の声であったり、また平郡のあの島の厳しい環境の中でも、芋づくりを含めて、必死に努力されておられる方々のお姿であったりということから教えられてまいりました。

光市議会 2017-12-06 2017.12.06 平成29年第4回定例会(第3日目) 本文

また、農産物直売所農家レストランなど、さまざまな思いが描かれています。  さつき幼稚園の立地なんですが、隣にはサブグラウンドがあって、少年野球グラウンドゴルフが行われ、住民の憩いの場となっており、市街化区域のつるみとは少し性格が違うかと思います。さつき跡地活用に関しては地域に相談しながら進めてほしいと思いますが、その辺はどのように考えておられますでしょうか。

柳井市議会 2017-09-07 09月07日-03号

また、地域と一体となった取り組みといたしましては、本市の都市農村交流施設「ふれあいどころ437」におきましては、地元農産物を、これを販売するだけではなくて、それを加工したり、また農家レストラン提供をしたり、さらには季節に応じた各種の様々なイベントを、地元ふれあいどころ437支援協議会が主催をされ、実施をされたりしております。

周南市議会 2016-09-13 09月13日-05号

紅茶とスイーツで国道315沿線のカフェや農家レストランをつなぐというようなイメージのものを予定をしているところでございます。また、今ちょっと力を入れているのがワサビ、国のほうで実証実験を進められたところでございますけれども、超促成栽培の確立に向けたワサビ漬けの原料を確保して、もう一度鹿野ワサビといったブランドを高めたいというようなことも現在考えているところでございます。

山口市議会 2016-03-03 平成28年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2016年03月03日

次に、第2の柱である、1次産業によって喜びをもたらす取り組みとして、生産性の高い農地整備循環型農業の推進、水産業養殖事業等への取り組み、またそこで生産された農水産物加工販売施設の設置、さらには市民農園農家レストランへの支援によりまして、山口の安心・安全な食料を提供するエリアの形成を図ってまいりますということでありました。

山陽小野田市議会 2015-03-05 03月05日-04号

議員松尾数則君) 例えば、今後こういう施設を設けるとか、今いろんな地域ではやっておりますが農家レストランあたりも含めて、そういった計画、今後考えていくとかそういうおつもりも今のところはないということでしょうか。 ○議長尾山信義君) 吉藤総合事務所長。 ◎総合事務所長吉藤康彦君) 特に現在、市の総合計画の中でそういった体験施設をつくるという計画はございません。 以上です。

周南市議会 2015-03-03 03月03日-02号

なかなか少子高齢化の現状を見てみますと、人口を維持するということは困難かとは思いますが、まずは地元の方が加工所整備をしたり、それから新たな移住者を迎え入れる、こういう体制づくりを行うことによって、例えば新規就農、例えば農家レストランを開業される若者、そして、あいている住宅に移り住む人たちが出てくる。また、地域を元気にするために活動する若者グループが出てくる。

長門市議会 2015-02-27 02月27日-02号

実際、長門に住まれて、農家レストラン開始をされる方等もございますし、そしてまた、先程岩藤議員さんから話がございましたけれども、やはり女性の持っているパワーをいかに発揮をして頂くのか、それらをやっぱり、アイデア創業につなげて頂く、そういった環境をつくっていくことが、何よりこういった停滞をしてる状況下でございますから、なおのこと必要だという思いで、創業支援を今年度の中に組み入れたところでございます。

長門市議会 2015-02-27 02月27日-02号

実際、長門に住まれて、農家レストラン開始をされる方等もございますし、そしてまた、先程岩藤議員さんから話がございましたけれども、やはり女性の持っているパワーをいかに発揮をして頂くのか、それらをやっぱり、アイデア創業につなげて頂く、そういった環境をつくっていくことが、何よりこういった停滞をしてる状況下でございますから、なおのこと必要だという思いで、創業支援を今年度の中に組み入れたところでございます。

下松市議会 2014-12-10 12月10日-04号

今後、農地活用方法、そういった方法も含めてパトロールが行われるわけでありますが、ところで部長井川市長もですが、下松市の中山間地米川地域農家レストラン計画されているようでありますが、御存じでしょうか。 ○議長(浅本正孝君) 清水経済部長。 ◎経済部長清水信男君) このことにつきまして、農業委員会のほうに相談がございましたので、この件については知っております。