55件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2019-12-09 2019.12.09 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文

介護福祉医療の拡充と連携を国の責任で推進し、地域全体で高齢者を支えられる体制づくりを進めるべきであり、虐待・貧困社会孤立などの処遇困難の高齢者救済は、本来、老人福祉法に基づく自治体の仕事でありますが、介護保険導入後、多くの自治体福祉事業所や保健所が担っていた高齢福祉は縮小され、介護保険任せにされてきました。

光市議会 2019-12-03 2019.12.03 令和元年第4回定例会 目次

について        (3) 魅力ある学校地域学校」、及び「小規模教育、複式学級の教          育的意義」について     ・ 光市の介護保険制度について        (1) 要介護2以下の生活援助サービス介護保険給付から、「総合事          業」に移行された場合について        (2) 国が検討しているケアプラン作成費用の自己負担化について        (3) 貧困

光市議会 2019-10-21 2019.10.21 令和元年第3回定例会(第6日目) 本文

この結果、所得の面でも資産の面でも経済的な格差貧困が大きく拡大しました。富裕層が巨額の資金をふやす一方で、国民は生活のために貯蓄を取り崩している実態が浮き彫りになっております。  それでは、追加認定第4号、平成30年度光市一般会計歳入歳出決算についての反対の意見を述べます。  第一に教育費についてです。

光市議会 2019-09-13 2019.09.13 令和元年第3回定例会(第3日目) 本文

虐待の背景には、一言では言えませんが、貧困子育て困難と孤立、若年出産、暴力容認など、複雑に絡んでいます。  そこでお尋ねします。光市を上げての取り組みと今後の対応についてお示しください。  以上で、私の壇上からの質問を終わらせていただきます。 ◯議長(西村 憲治君) 都野福祉保健部長。 ◯福祉保健部長(都野 悦弘君) おはようございます。

光市議会 2019-09-12 2019.09.12 令和元年第3回定例会(第2日目) 本文

今、子供貧困などの経済格差が重大問題になっている一方で、大企業などが租税回避地に実体のない幽霊会社をつくって課税逃れをしようとしていたことは、皆さん御承知のとおりであります。このことによって、社会保障などに回す財源が失われている実態が次々に明らかにされているわけであります。

光市議会 2019-06-19 2019.06.19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

また、安倍政権の内閣官房参与の藤井さんは、しんぶん赤旗で、消費税を増税すれば、消費は低迷し、国民貧困化がさらに加速するのは間違いないというような発言もしているということであります。  今、アメリカ中国貿易戦争が深刻化していることは、これまた御存じのとおりでありますけれども、世界経済の減速が進む中で、アメリカ中国などは、景気対策のための大型減税を実施いたしております。

光市議会 2019-06-13 2019.06.13 令和元年第2回定例会 目次

今回の増税は景気悪化の可能性を認める中でのも          のであり、強行すれば消費は低迷し、国民貧困化がさらに加速          するのは間違いありません。消費税に頼らない別の道もあるので          は・・・光市としての見識をお聞きします。     ・ 病院問題について        (1) 光総合病院が新築移転され新なる出発をされました。

光市議会 2019-03-22 2019.03.22 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

今回の無償化は、子供貧困対策としても不十分であり、逆に格差拡大を助長するものです。  最後に、光市の平成31年度一般会計予算に、無償化の実施主体地方自治体であり、自治体には財源だけではなくさまざまな負担が求められることになります。全国市長会などの地方団体は、無償化は国が提案したものであり、全額国庫負担で行うべきだと主張してきました。

光市議会 2019-02-25 2019.02.25 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文

こういった形で進めるために持っていっているんですけど、私がこのたび一般質問で取り上げた内容は、消費税を10%に上げるということは、消費税自体が格差貧困を招いている、そういった財源をもって社会保障に持っていくということが本当に正しいのかを私はここで述べさせてもらって、全ての質問を終わります。  以上です。 ◯議長(西村 憲治君) ここで暫時休憩いたします。

光市議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文

そのころを知っている私たちは、SDGsは後進国にあるものだと数年前まで思っておりましたが、しかしながら私たちの国でも、格差貧困のような問題が顕在化してきたわけであります。先ほど議員さんが言われたように、Think globally, act locally──足元からやっていこうというのは、私たちはこの私たちのまちでも必要なことだと思っております。  

光市議会 2018-12-06 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文

そして太平洋戦争が終結すると、その当時の日本人口は7,200万人にもかかわらず、国は、日本人口は過剰だ、この狭い日本に過剰な人口存在するから日本貧困なのだと唱え、海外への移民政策が始まりました。それにもかかわらず、日本人口は高度成長を背景に増加し、昭和43年にはついに1億人の大台を突破いたしました。

光市議会 2018-09-18 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文

虐待の背景には、保護者孤立貧困子供たちの発達などの事情があるとの指摘もございます。子育て中の親たちが思い悩むことがないよう、住民同士が声かけをするなど、地道な取り組みが必要だと私は思っております。虐待の通知国民義務であるということもこの場をおかりして市民の皆様にもお伝えをしたいと思いますし、見かけたらぜひ189で通報をお願いいたします。  

光市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文

日本の学校給食は、1889年に山形県小学校貧困児童を対象に無償で行われたのが始まりと言われております。戦後、1954年に学校給食法が制定され、子供全員の食のセーフティネットとして発展、定着してきました。子供の食格差子供貧困対策を考える中で、学校給食は重要な役割を果たしていると思います。  

光市議会 2018-03-26 2018.03.26 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文

暮らし・経済の分野では大企業や富裕層優先で、国民に冷たいアベノミクスの本質は変わらず、社会保障の自然増削減や大企業への減税など、格差貧困を一層拡大する予算となっております。  政府生活保護費の大幅な減額方針を打ち出し、食費や水光熱費等に当たる生活扶助費を10月から3年かけて5%程度減額するもので、生活保護世帯の約7割が減額となります。

光市議会 2018-02-26 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文

日本では、かつてのように誰が見ても明らかに貧困というのは少なくなっているようですけれども、そのかわりに、見た目ではわかりにくい相対的貧困というものが大変増大をしています。抜け出せなくなっている状態とも言われておりますけれども、近年各地に広がる子ども食堂、まさにこういう見えにくい貧困象徴ではないかと思います。だからこそ子育て世代を身近な地域で親身に支える仕組みの整備が急がれています。

光市議会 2017-12-05 2017.12.05 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文

いじめ、不登校、特別な支援が必要な子供の対応等のほか、子どもの貧困対策の推進に関する法律施行に向け、学校をプラットホームとした総合的な支援が求められる。日本学校は、諸外国と比べ、教員以外の専門スタッフの割合が低いだけでなく、教員授業以外の多様な業務に追われ多忙をきわめている。  

光市議会 2017-09-11 2017.09.11 平成29年第3回定例会(第4日目) 本文

社会的排除を余儀なくされている人──貧困、疾病、障害、教育の欠如、家庭崩壊などの状況下にある人は、社会的に孤立をして、文化芸術の享受はもちろん、社会参加の機会が失われがちです。よって、文化芸術を用いた多様な地域事業をもとに社会参加を促していく、こういった考え方が生まれたのが、1960年代半ばのフランスでした。

光市議会 2017-09-08 2017.09.08 平成29年第3回定例会(第3日目) 本文

貧困社会における自治体の役割という意味合いから、光市営住宅総数と、総世帯数に占める割合、空き住宅の実態と今後の取り組み、また、経年劣化と修繕予算の関係、人口定住の視点から見た公営住宅法目的、光市営住宅長寿命化計画を生かすための長期的な展望について、それぞれお尋ねします。  2項目め、光市教職員の長時間労働の解消に向けた対策についてお尋ねします。