46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2018-10-23 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文

消費税増税の中止とともに、経済財政政策の根本的な見直しで、消費税に頼らない税制の確立を求める声を広げることが急務であります。  それでは、追加認定第4号、平成29年度光市一般会計歳入歳出決算について、反対の意見を述べます。  まず、教育費についてです。教育行政にとって大事なことは、子供たちが知・徳・体の調和のとれた生きる力を育むことです。

柳井市議会 2014-12-09 平成 26年 第4回定例会(12月)-12月09日−02号

まず1点目、アベノミクスについてということでありますが、安倍政権の経済政策アベノミクス」とは、機動的な財政政策、大胆な金融緩和、民間投資を喚起する成長戦略、この3つの政策からなっておりまして、「3本の矢」とも表現されておることは、議員も、ご承知のとおりでございます。  

光市議会 2014-10-06 2014.10.06 平成26年第3回定例会(第6日目) 本文

さて、平成25年度の我が国の経済につきましては、長引くデフレからの早期脱却と経済再生を目指し、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略という、いわゆる三本の矢の経済政策により、消費等の内需の改善、企業収益の増加に伴う設備投資の持ち直しなどにより、景気の緩やかな回復基調が続く状況でありました。  

山口市議会 2014-09-10 平成26年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2014年09月10日

私といたしましても、こうした状況を踏まえまして、アベノミクスの第2の矢である国の積極的な財政政策と連動して、本市といたしましては、過去最大規模の予算額のもとに、建設事業等投資的経費を積極的に計上いたしますとともに、4月以降の早期の公共事業の着手による市場への資金供給等を図るなどアベノミクスの本市への早期の波及を促し、また消費増税による地域経済の冷え込みに適宜適切に対応いたしているところでございます。

柳井市議会 2014-09-08 平成 26年 第3回定例会( 9月)-09月08日−01号

政府は、デフレマインドを一掃するために、第1の矢として大胆な金融政策、湿った経済を発火させるために、第2の矢である機動的な財政政策を、そして、第3の矢の成長戦略として、日本再興戦略ジャパン・イズ・バック)を策定し、スピード感を持って、大胆に成長戦略を実施しているところです。  

山口市議会 2014-06-18 平成26年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2014年06月18日

改めて申すまでもなく、今、国、安倍首相が一生懸命になって成長戦略、一つには三本の矢、一つは大胆な金融政策があって機動的な財政政策、新たな成長戦略、これはいわゆる日本再興戦略というものでありまして、その中は日本産業再興プランとか、あと戦略市場創造プラン、また国際展開の戦略とか、そういうふうに分かれて、それぞれどういうことをしたらいいかというのが明記をされております。

周南市議会 2014-06-06 平成 26年 6月 第3回定例会-06月06日−02号

しかし、制度政策、人々の意識が速やかに変わるならば、未来は変えることができる」とあり、甘利経済財政政策担当大臣は、「日本初の新しい成長発展モデルを構築することは可能であるというメッセージを強く打ち出していただいた」と述べ、国においては、今まさに人口問題への取り組みが開始されようとしています。  

光市議会 2014-02-26 2014.02.26 平成26年第1回定例会(第2日目) 本文

我が国経済は、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の、いわゆる3本の矢による一体的な取り組みの効果から、内需を中心として景気回復の動きが広がっているものの、地域経済にはいまだ十分に浸透しておらず、また、海外景気の下振れリスクには引き続き注視する必要があります。  

周南市議会 2013-12-20 平成 25年12月 第8回定例会-12月20日−07号

税率を3%引き上げると、8兆円の大増税となり景気を悪化させる一方で、景気対策として6兆円をばらまくというのですから、国の経済対策財政政策は支離滅裂であります。消費税増税分は、社会保障の財源に回すといった一体改革は生活保護介護保険の改悪が打ち出されており、社会保障財政再建のためでないことは明らかです。消費税増税は、百害あって一利なしです。  市長は、国が決めたことを市政に適用すると言われます。

光市議会 2013-09-17 2013.09.17 平成25年第3回定例会(第4日目) 本文

アベノミクスは、昨年12月に発足した安倍内閣で、現下の最優先課題であります長期にわたる景気低迷からの脱却と経済再生を実現するため、相互に補強し合う関係にある大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の3本の矢、いわゆるアベノミクスを一体として、これまでとは質、量ともに次元の異なる政策パッケージとして、強力に推進していくことが打ち出されたものでございます。  

柳井市議会 2013-09-11 平成 25年 第3回定例会( 9月)-09月11日−03号

しかしながら、昨今はいわゆるアベノミクス、三本の矢のうち、金融政策財政政策により、円安や株価の上昇につながり、今後は成長戦略等の着実な実行により日本経済の回復に結びつけていくために、国におかれてはあらゆる政策資源を投入されようとしておられるという状況であるというふうに認識をいたしております。  

周南市議会 2013-09-05 平成 25年 9月 第6回定例会-09月05日−02号

議員御承知のとおり、昨年12月の総選挙により誕生した安倍内閣によるアベノミクスは、1990年代初頭のバブル崩壊以来続いてきたデフレ経済を克服するため、大胆な金融緩和、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略のいわゆる3本の矢を基本方針として実施されている経済政策でございます。

山口市議会 2013-06-17 平成25年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2013年06月17日

さて、国政に目を向けてみますと、国民からの高い支持を得まして、安倍総理は大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の3本の矢の経済政策、いわゆるアベノミクスを打ち出し、さまざまな規制緩和に向けた動きが活発になると同時に、地方分権に向けた道州制の議論も始まる中で国の形も大きく変わろうとしております。

柳井市議会 2013-03-11 平成 25年 第1回定例会( 3月)-03月11日−03号

これは、議員ご指摘のとおり、現在、国におかれましては「アベノミクス」ということで、円高の是正、デフレ脱却ということで金融政策公共事業を中心とした財政政策、そして成長戦略、この3本の矢によります大変強気な強い経済をつくっていく経済政策ということでございますけれども、こういった大変大きな国の枠組みの中で、私といたしましては、先ほども申し上げました「医・職・住」の中の職、この分野につきましては、先ほども

山口市議会 2013-03-06 平成25年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2013年03月06日

新政権の大胆な金融政策と機動的な財政政策を民間企業を主導とする成長戦略につなげていくマクロ経済政策につきましては、経済の再生を通じて国力を高めるという視点から、私は一定の評価をいたしているところでありまして、基本的には、本市もこれから示される国の成長戦略と呼応する形で、新年度以降の取り組みを強化していく必要があると考えているところでございます。

周南市議会 2013-03-05 平成 25年 3月 第2回定例会-03月05日−02号

そして、この閉塞感、失望感が社会に広がっている中で、実は安倍内閣、強いリーダーシップで大胆な金融政策、そして機動的な財政政策、後は成長戦略というものを打ち出していただきまして、この強い日本の再生に向けた大きなうねりをぜひ周南市でも取り上げようということで補正予算、それから25年度の予算で26億円の経済成長への対策を打ち出させていただいたところでございます。

光市議会 2013-03-04 2013.03.04 平成25年第1回定例会(第3日目) 本文

12月に発足した安倍内閣のもと、3本の矢に例えられる大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略基本とした経済政策アベノミクスが進められております。その中で、首相みずからが経済団体への賃金増額を働きかけられたものの、現実には賃金増額は難しい状況にあります。

山口市議会 2013-03-04 平成25年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2013年03月04日

安倍新政権になりまして、金融財政政策の方針も大きく変わりました。円安、株高傾向が続き、産業構造にも大きな変化が今からまた出ていくことが考えられるというふうに思っております。山口市についても、その変化に乗っていくということが大事なことだというふうに思っております。