運営者 Bitlet 姉妹サービス
86件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 下松市議会 平成 30年12月 定例会(8回) このような観点からいたしますと、先ほど同僚議員が述べられました昭和51年からの財政再建団体の歴史は下松市にとって大きな歴史ではございますが、この議場にいる人間全てはその歴史を心に十分に刻み、市民のために行財政運営をすべきという共通認識で一致をしているものと信じていますし、そうでなければならないと考えております。  もっと読む
2017-06-01 下松市議会 平成 29年 6月 定例会(3回) 国のほうから財政再建団体に指定をされて、起債をすることも非常に制限を受けた、そういうふうなことにならないようにということで、県のほうはいつも助言、勧告をされますよね。  もっと読む
2017-03-01 下松市議会 平成 29年 3月 定例会(1回) 昭和47年にわかばができたのかな、それから花岡、以下あおばというふうな、財政再建団体に転落をする前ですよ、わかば、あおば、この中央保育園も。私が議員になる前でした。卒園者は数千人に上るんじゃないのかな、いうふうに思います。  もっと読む
2016-04-01 下松市議会 平成 28年 4月 臨時会(2回) 当時の下松市の財政というものは、小さなまちではありますが、昭和51年に財政再建団体で倒産しました。23億3,000万円の借金を市民の皆さんにお願いして払った経緯があるわけです。私どもは、議会人としてはどうすることもできませんでしたが、その下松市の哀れな姿を経験いたしました。 昭和51年といえば、日本がアメリカに次ぐ経済大国になったすばらしい景気のいい年であります。 もっと読む
2015-03-26 光市議会 2015.03.26 平成27年第1回定例会(第6日目) 本文 戦後、下松市は二度も財政再建団体に転落した経験を持っています。このつらい経験から、市長がかわっても、市役所全体に財政再建団体を三度経験してはならないという気風があります。下松市財政は、山口県下、人口比で貯金はトップで、借金は最低という実績を保っています。  光市では、光地域広域水道企業団の中核市となり、総工費131億円で中山川ダムを建設し、光市は35億円の負担増をかぶりました。 もっと読む
2014-12-11 下関市議会 平成26年第 4回定例会(12月)-12月11日−03号 人口24万人の呉市は65歳以上の人口比率が約31%、同規模人口の都市では高齢化率が全国第1位となって2008年には1人当たりの年間医療費は約60万円で、全国平均より4割高くなり、このままでは財政再建団体になってしまうという、そういう危機感を持って医療費適正化への本格的な乗り出しを行ったということでございます。   もっと読む
2014-11-01 下松市議会 平成 26年11月 臨時会(7回) もう1点申し上げますと、昭和51年、財政再建団体になりました。そのとき、議員報酬はどうなったのか、そういった歴史的背景も十分お調べになって御質問をいただきたいと思っております。  もっと読む
2013-12-18 下関市議会 平成25年第 4回定例会(12月)-12月18日−06号 2008年には、1人当たりの年間医療費は約60万円で、全国平均より4割高くなり、このままでは財政再建団体になってしまうとの危機感を持って医療費適正化へ本格的に乗り出したということです。  そこで、市が着手したのは、国民健康保険者のレセプトのデータベース化を行いました。 もっと読む
2013-10-01 下松市議会 平成 25年10月 臨時会(5回) しかし、私はまさか市長になろうとは思わなかったですが、なった以上は、過去私が49年市議会に初めて席を置きまして、それから51年に財政再建団体になりました、たかが23億3,000万円、たかがです。それで、こんな大きい市で、僕たちも仕事をしてますから、それでこの23億円ぐらいで市が潰れるんかなという、非常に印象を受けたことがあるんです。 もっと読む
2013-06-11 柳井市議会 平成 25年 第2回定例会( 6月)-06月11日−02号 したがいまして、当時のシミュレーションでは、平成20年度には確実に財政再建団体へ転落をすると、こういう予測が立っておりました。  そこで当時、本も出されておりますが、山内道雄町長さんですが、この町長さんですが、生まれは海士なのですが、先祖が島根のほうなもので、よそ者扱いをされてきたそうです。まず町会議員に立たれ、親戚とかいないので、いつも一番最後で当選をされたと。 もっと読む
2013-03-01 下松市議会 平成 25年 3月 定例会(1回) 振り返ってみますと、市財政の破綻が表面化をして財政再建団体に転落をした昭和51年から57年、あの7年間、職員採用をストップをした、そのことが35年後の今日、職員の構成のゆがみをつくり出し、人事もゆがんだものにせざるを得ない、そういう状況が今起こってるんではないですかね。 もっと読む
2012-10-01 下松市議会 平成 24年10月 臨時会(5回) 昭和51年の財政再建団体、これが、すばらしい私の教訓にもなりました。しかし、やはり今の下松を見て、行革をもししてなかったら、5年したら潰れていますよという格好になっとるかもわかりませんね。こりゃ、数字的にもわかると思いますが。だから、市長の市政運営としての基本的な考え方に、今、各部長が説明しましたが、それを基本に、私はやっておると信じております。  もっと読む
2012-09-27 下関市議会 平成24年第 3回定例会( 9月)-09月27日−07号 それから、その次に、仮に今の行政水準を維持する、つまり財源不足をありながら財調その他で補っていくことをやっていけば、いずれ赤字になるわけですけれども、赤字、財政再建団体というのは赤字額が20%、このように言われてますよね。で、つまり歳出をかえずに今の形態でいけば財政再建団体に転落する、つまり赤字額が20%というのは大体何年先というふうに見込まれていますか。 もっと読む
2012-06-15 光市議会 2012.06.15 平成24年第2回定例会(第4日目) 本文 その理由は、財政再建団体一歩手前の中で、町長が50%、職員が30%の給料カットを行い、給料が全国で最も安い自治体となり、その原資をどうすれば住民が豊かになることに使えるかを考え抜いて、岩ガキを瞬間冷凍させ、遠方でも出荷できる体制を整え、会社を興したという話、隠岐牛をブランドに育て上げた話、古くから伝わる塩の製法をもとに、隠岐の塩をブランド化した話。 もっと読む
2012-03-08 周南市議会 平成 24年 3月 第3回定例会-03月08日−04号 バブル崩壊後、財政再建団体への転落危機に直面した東京都は、2006年度からこの複式簿記・発生主義を用いた財務諸表を活用し、将来の債務負担など約1兆円の、いわゆる隠れ借金を見える化し、2007年度末には解消、さらに2011年度においては事業別の事業評価が実施できた結果、約200億円の財源確保という効果を上げておられます。 もっと読む
2012-03-01 下松市議会 平成 24年 3月 定例会(1回) さて、まず財政でありますが、過去2度の財政再建団体の苦い経験を糧にし、教訓として随所に健全財政に配慮された削減が見られる点は評価するところであります。 下松市の財政は借金は少なく、基金も多く50億円もあると、決して深刻な状況にないという御意見もございます。自主財源比率も61.6%と依存財源の38.4%を大きく上回ってもおります。  もっと読む
2011-09-06 下関市議会 平成 23年 9月 6日 総務委員会-09月06日−01号 例えば、財政再建団体に落ちて、固定資産税の割増というのは税法上認められておるが、現在の状況で一般的な自治体においては、やはり、国税の変更に伴うところの地方税の変更、これにより、各自治体の税条例が同様な移行を遂げているというふうに認識しておるので、やはり、横並びでの対応は避けられないというふうに考えている。 もっと読む
2011-09-06 下関市議会 平成 23年 9月 6日 総務委員会-09月06日−01号 例えば、財政再建団体に落ちて、固定資産税の割増というのは税法上認められておるが、現在の状況で一般的な自治体においては、やはり、国税の変更に伴うところの地方税の変更、これにより、各自治体の税条例が同様な移行を遂げているというふうに認識しておるので、やはり、横並びでの対応は避けられないというふうに考えている。 もっと読む
2011-03-09 下関市議会 平成23年第 1回定例会( 3月)-03月09日−04号 そうなってくると人口の流出、財政の破綻、どんどん悪いあれになりますが想定になりますが、そうなってきますと財政再建団体じゃございませんけど、国の関与を受けてサービスの制限や市民負担増、そういったものが生まれてくると。それから市民生活の維持が不可能というか困難になってくる、結果として下関市の行政運営の破綻が見えてくるんではないかと。   もっと読む
2011-03-09 下関市議会 平成23年第 1回定例会( 3月)-03月09日−04号 そうなってくると人口の流出、財政の破綻、どんどん悪いあれになりますが想定になりますが、そうなってきますと財政再建団体じゃございませんけど、国の関与を受けてサービスの制限や市民負担増、そういったものが生まれてくると。それから市民生活の維持が不可能というか困難になってくる、結果として下関市の行政運営の破綻が見えてくるんではないかと。   もっと読む