144件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2019-03-22 2019.03.22 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

委員より、2019年10月から幼児教育の無償化がスタートするが、無償化の対象となる世帯についてただしたのに対し、3歳児から5歳児までの幼稚園保育園、認定こどもに通う子供のいる世帯は、全ての世帯が対象となる。また、ゼロ歳児から2歳児については、住民税非課税世帯が対象となる。生活保護世帯、ひとり親世帯、在宅障害児の世帯については、いずれも無償化の対象となると答弁。  

山口市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年02月27日

対象施設は、幼稚園保育園、認定こども地域保育事業のみならず、企業主導型保育事業などの認可外保育施設や障がい児の発達支援を含むとされており、この無償化による潜在的な保育ニーズの出現や保育ニーズの多様化は言うまでもないことであり、山口市における保育の量的拡大、保育の担い手確保や質的向上、処遇改善といった人的支援など行政が取り組むべき保育課題は増大、加速度的対応を迫られることは明白であります。

山口市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

方針の中にあります具体的な無償化の対象者や対象範囲等を申し上げますと、幼稚園保育所認定こども及び地域保育施設を利用される3歳から5歳までの子供たちの利用料が無償化され、子ども・子育て支援新制度に移行していない幼稚園につきましては月額2万5,700円を上限に無償化されるところでございます。

光市議会 2019-02-25 2019.02.25 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文

これにより、認可保育所や一部の幼稚園認定こどもに通う3歳から5歳児は、世帯の年収にかかわらず全額無料となり、認可施設は、共働き世帯など保育の必要性があると認定された3歳から5歳児は月3万7,000円、ゼロ歳から2歳児は月4万2,000円をそれぞれ上限に、補助するということになります。  そこでお尋ねします。

山口市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年12月05日

このことを受けて、本年5月31日に発表された、幼稚園保育所認定こども以外の無償化措置の対象範囲等に関する検討会議報告書、またその翌月の6月15日に閣議決定いたしました、経済財政運営と改革の基本方針2018において、消費税増税の時期に合わせて、幼児教育の無償化を前倒しして来年10月に全面実施すると発表しております。

山口市議会 2018-12-03 平成30年第5回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年12月03日

まず、一として平成31年10月から実施されます幼児教育保育の無償化でありますが、基本的なことで言われているのが、認可保育サービス幼稚園認定こどもの利用については、ゼロ歳から2歳児は住民税非課税世帯、3歳から5歳は全世帯での無償化方針、認可保育サービスも上限3万7,000円──3歳から5歳、ゼロ歳から2歳児は住民税非課税世帯は上限4万2,000円で補助と言われているところでありますが、ほかに

山口市議会 2018-06-13 平成30年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年06月13日

本市といたしましても、私立保育園の新設・増設や私立幼稚園認定こどもへの移行等により、本年7月以降の定員大分を含め、平成31年4月までにさらに300人程度の定員拡大に向けて、関係機関の御協力のもと調整を進めており、引き続き待機児童の解消に鋭意取り組んでまいる所存でございます。

光市議会 2018-02-26 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文

それによりますと、3歳から5歳までの全ての子供たちの幼稚園保育所認定こどもの費用を無償化するほか、ゼロ歳から2歳児についても、当面、住民税非課税世帯を対象として無償化を進めることとし、実施時期は消費税率引き上げの時期との関係で、増収額に合わせて2019年4月から一部スタートし、2020年4月から全面的に実施することとなっております。  

山口市議会 2018-02-26 平成30年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年02月26日

待機児童対策につきましては、市立保育園や認定こども、あるいは放課後児童クラブのさらなる整備を進めまして、定員拡大に計画的に取り組んでまいります。平成30年度におきましては、保育施設で280名程度、放課後児童クラブで250名程度の定員を拡大いたしますなど、待機児童ゼロに向けた取り組みを一層加速化することといたしております。

山口市議会 2018-02-19 平成30年第1回定例会(1日目) 本文 開催日:2018年02月19日

次に扶助費につきましては、私立保育園や認定こども定員拡大による運営費や障害福祉サービス給付費の増加などによりまして、対前年度比で約6億円の増額となります約173億5,000万円を見込んでおります。次に、公債費は、市債の償還額の増加により、約1億5,000万円の増額となります約96億4,000万円を見込んでおります。

山口市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2017年12月06日

また、この量の見込みに対する提供体制の確保方策につきましても、増加で補正を行い、幼児教育保育につきましては、私立保育園の新設・増設、認定こどもへの移行及び地域保育事業の導入等により、放課後児童クラブにつきましては、小学校の空きスペース等、既存施設の活用も含めた第3学級の整備を順次行い、それぞれ必要な供給量を確保していく予定といたしております。

山口市議会 2017-09-13 平成29年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2017年09月13日

そのためには、私立保育園の新設・増設や、私立幼稚園認定こどもへの移行、小規模保育事業等の地域保育事業の開設などの受け皿整備が必要となってまいりますことから、先般、関係法人に対しまして施設整備等の意向調査を行いまして、400人程度の定員拡大の意向が上がったところでございます。

山口市議会 2017-09-12 平成29年第3回定例会(3日目) 本文 開催日:2017年09月12日

そのためには、私立保育園の新設、増設や私立幼稚園認定こどもへの移行、小規模保育事業等の地域保育事業の開設など受け皿整備が必要となりますことから、本年6月に市内の関係法人等に定員拡大に向けた意向調査を行い400人程度の定員拡大の意向が上がったところでございます。また、今年度は計画の中間見直しを行う予定でございまして、これまでの実績を踏まえました保育の見込み量の見直し作業を行っております。

山口市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(2日目) 本文 開催日:2017年09月11日

平成30年度からの前期基本計画における重点プロジェクトの展開によりまして、その待機児童の解消を必ずなし遂げたいと決意をいたしているところでございまして、保育園の新設や増設を初め、認定こどもへの移行や地域保育事業の開設支援、保育士等の処遇改善に対する本市の独自支援を通じた保育士人材の確保など、全力の取り組みを進めてまいります。

山口市議会 2017-06-12 平成29年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2017年06月12日

そのためには私立保育園の新設、増設や私立幼稚園認定こどもへの移行、小規模保育事業等の地域保育事業の開設など、受け皿整備が必要となりますことから、関係法人としっかりと連携を図りながら、整備の加速化に取り組んでまいりたいと考えております。次に、放課後児童クラブについてでございます。本年4月1日現在で、前年4月と比較して101人増加の250人が待機の状況となっております。

山口市議会 2017-03-16 平成29年第1回定例会(6日目) 本文 開催日:2017年03月16日

子育て支援関連予算といたしまして、私立保育園、認定こども地域保育運営事業におきましては、待機児童の解消に向けての定員の拡大や保育士等の処遇改善に対する市の独自支援などを継続し、保育士等の確保を図っているようでありますが、私立保育園においては、非正規採用が多いと仄聞するものであります。

山口市議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2017年03月02日

この事業計画における保育の量の見込みに対しましては、保育の提供体制の確保方策として、平成29年度末までの3年間で認可保育所の新設、増設を中心としながら、認定こどもへの移行や地域保育事業の導入を進めることによりまして、合計で705人の定員を拡大し、待機児童の解消を図ることといたしております。