6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

柳井市議会 2019-09-05 09月05日-02号

もし、否決ということになった時には、当然不動産は返すということになるだろうけど、返せば済むという問題ではないし、その前に県民から柳井市会議員詐欺に訴えられる可能性もあるのではなかろうかと、そのような無駄骨であったらいいのですけど心配もするわけでございますし、県と柳井市というよりは県と柳井市議会との関係、県議会と柳井市議会との関係というのが、大変深い溝ができてしまう可能性があるのではなかろうかと

下関市議会 2011-03-08 03月08日-03号

本案は、退職後に在職中の不正が発覚し、昨年10月に詐欺有罪判決を受けた元豊田町学校給食共同調理場長が、本市退職手当支給条例第21条の規定に基づく退職手当等返納を命ぜられたが、返納命令に関する異議申し立てをして返納に応じないため、市長において督促処分を行ったところ、元場長から督促処分に関する異議申し立てがなされたので、地方自治法第231条の3第7項の規定に基づき、市長督促処分に関する異議申し立

山口市議会 2006-06-19 平成18年第3回定例会(2日目) 本文 開催日:2006年06月19日

また、より悪質であれば詐欺ではないかと刑事告発さえ念頭に置きます。介護保険事業に対する市民信頼回復のために、行政の毅然たる姿勢を示すこと、そして保険事業者としての山口市の厳しい姿勢がここでは極めて重要であろうと考えます。これらの点をどのように考えておられるのか市長の所見を伺いまして、質問といたします。

下関市議会 2005-12-09 12月09日-06号

去る10月21日、市職員である元生活支援課係長市民から657万円を騙し取ったとして懲戒免職となり、11月30日には下関警察署詐欺で告発されました。また、本年3月には小月支所支所長補佐自治連合会の会計から約422万円を着服し、また、8月には男性職員住居侵入罪で逮捕され、いずれも懲戒免職となっております。

山陽小野田市議会 2005-07-08 07月08日-05号

本当、厳しい見方をすれば不正受給ていうのは詐欺にも当たるんではないかなというふうに思いますので、ぜひそのあたりは厳密に、今本当財政難の折でございます。本当に不公平感が、市民に対して不公平感が起きるていうことは非常に問題でございますので、ぜひそのあたりは厳密に調査して指導していただきたいなというふうに思います。 続きまして、教育に入ります。

  • 1