227件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会〔資料〕 開催日:2019年03月14日

ビジョンの成果   2) 居留外国人に対する行政サービス   3) 出入国管理法の改正に伴う対策  ウ 子どもの貧困対策について   1) 貧困世帯の把握   2) 相談体制   3) 子どもの居場所づくり 21 野 村 雄太郎(市民クラブ)…………………………………………… 261  ア 教育に関する取り組みについて   1) 教員における働き方改革   2) 教員の評価制度   3) クレーム訴訟対策

山口市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年02月28日

次に、中項目の3点目、クレーム訴訟対策についてお伺いします。かなり前からモンスターペアレントという言葉が一般的になっています。先般も千葉県で女児が両親から虐待を受け死亡するという痛ましい事件が起こりました。その過程で女児へのいじめアンケートが親からのクレームが入り、市教委により開示されてしまったという報道もありました。

山口市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年02月25日

これは千葉県野田市での悲劇がありましたけれども、そのときに父親が学校あるいは教育委員会名誉毀損訴訟を起こすぞと迫った問題です。それに屈した形で校長念書を書いたり、あるいは教育委員会がアンケートのコピーを提出したりということから、最悪の事態となってしまいました。

山口市議会 2018-12-03 平成30年第5回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年12月03日

その後、特段、状況が変化したことは伺っておりませんので順調に交渉が進んでおるものと思っておりましたが、今回、訴訟という形に至ったことには少々驚いているところであります。そこで、今議会において改めて訴えの提起に至った経緯について、お伺いいたします。  以上で、質疑を終わります。

光市議会 2018-02-26 2018.02.26 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文

待遇は、実務経験が3年以上7年未満の場合は給料月額が40万円ということで、子供の養育支援や犯罪被害者の支援、庁内の法律相談訴訟の対応、市民向けの法律相談学校現場での対応、職員相談など、市民や働く職員にとっても心強い存在となっていることがうかがえます。  総務部でも明石市を視察したと聞いておりますが、その感想や課題もあればお示しいただけたらと思います。 ◯議長(木村 信秀君) 小田総務部長。

山口市議会 2017-12-05 平成29年第4回定例会(3日目) 本文 開催日:2017年12月05日

多くの場合、都市部での墓苑建設が周辺住民とのトラブルを誘発するといった訴訟系の問題か、少子高齢化核家族化が一段と進むことによる墓地管理の問題のいずれかであります。墓苑には、公営墓地か寺院等の宗教施設内墓、あるいは地域や集落で管理を行う地域墓などがありますが、いずれの施設においても墓地の管理が滞り、荒廃墓、あるいは無縁墓となっている状況が各種団体から報告されています。

周南市議会 2016-12-22 平成 28年12月 第8回定例会-12月22日−06号

これは、市有地と隣接する民有地との境界確定などについて、平成24年9月議会において議決をいただいた調停の申し立てが不成立となり、早期解決のため、平成25年8月に市が訴訟を提起した事件でございますが、このたび相手方と和解についての調整が整いましたことから、地方自治法第96条第1項第12号の規定に基づき議会議決をお願いするものでございます。  

山口市議会 2016-12-07 平成28年第6回定例会(4日目) 本文 開催日:2016年12月07日

先日の新聞紙上に東日本大震災で犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校児童74人のうち、23人の遺族が県と市に損害賠償を求めた訴訟で、仙台地方裁判所学校側の過失を認め、計14億円余りの賠償を命じた判決を下しております。その後、県と市は判決を不服として控訴したと報道されておりますが、この津波では、ほかに10人の教職員が犠牲となられておられるようです。

山口市議会 2016-12-06 平成28年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2016年12月06日

本庁舎の整備に関する検討委員会の法的面からの考察ということで、先ほど御答弁がございました地方自治法138条の4第3項ということでございましたが、これについては他市でもいろいろな行政実例訴訟等々ございますから、私のほうも研究してまいります。市長も研究をしていただきたいということで、これは質問ではありませんが、お互いに研究していこうということでよろしくお願いします。

山口市議会 2016-12-05 平成28年第6回定例会(2日目) 本文 開催日:2016年12月05日

また、同条第3項の規定につきましては、委員の人選を行う際に、当事者の血縁者や関係のある医療法律関係者等をあらかじめ対象外としたり、委員として参画いただいた弁護士検証委員会の任期中に保護者施設との間で提起された訴訟代理人等になった場合に委員から外れていただくことなどのケースを想定したものでございます。  

周南市議会 2016-11-30 平成 28年12月 第8回定例会 議会運営委員会-11月30日−01号

本件は、市有地と民地との境界の確定を初めとする諸問題解決のため、訴訟を提起している事件につきまして、このたび裁判所より和解勧告を受け、12月中にも和解成立する可能性があるとのことでございます。したがいまして、和解成立すれば、12月16日金曜日に議案を提出したいとのことであります。よろしくお願いいたします。 ○委員長(小林雄二議員) ただいま、追加議案につきまして事務局から説明がありました。

周南市議会 2016-09-15 平成 28年 9月 第5回定例会 予算決算委員会-09月15日−03号

要するに、水道料金の場合は支払いがなければ水をとめればいいので、それほど1件当たりの債権の額が大きくないので、それをいちいち裁判訴訟起こしたりするのはとんでもない費用倒れになるので、当然時効期間満了したら、相手が時効援用をするにかかわらず債権放棄をしてけりをつけて、債権管理費用をそこでとめるというのは非常に合理的な考え方。

周南市議会 2016-09-08 平成 28年 9月 第5回定例会-09月08日−02号

また、第2に、支払い能力があるにもかかわらず、養育費の支払い義務が履行されていない場合において、訴訟費用の負担等の点で、子供、その法定代理人がみずから法的手段に訴えて養育費の支払いを強制的に実現することが困難なケースについて、市が養育費を立てかえ払い、代位弁済して義務者に求償するという制度の創設を検討すべきではないか。  

山口市議会 2016-09-05 平成28年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2016年09月05日

平成27年11月、破産管財人弁護士から、原状回復義務免除を求めるとともに、この建物を本市へ無償譲渡したい旨の提案がございましたが、本市があくまで原状回復義務の履行を求めることとした場合、破産管財人弁護士と本市との間で訴訟となる可能性が高く、その場合、本市が回収し得る解体費用相当額が減少することが想定されるため、本市法律専門員でございます末永弁護士を通じ破産管財人弁護士との折衝等を行いまして、本市にとって

周南市議会 2016-08-11 平成 28年 8月 第4回臨時会-08月11日−02号

CCCは佐賀県武雄市神奈川県海老名市宮城県多賀城市で指定管理を受託していますが、武雄市では蔵書の構成等で住民から厳しい批判にさらされ、業務委託を違法だとする訴訟問題にまで発展したり、海老名市では、CCCと図書館流通センターが指定管理者として共同受託していますが、蔵書構成や図書を書架に戻す分類のわかりにくさなどがあり、図書館流通センターがCCCに対して、共同して受託する方針を解消すると申し入れましたけれど

周南市議会 2016-07-07 平成 28年 6月 第3回定例会-07月07日−06号

◆1番(島津幸男議員) 選挙ということもありますが、過去にも、これは私が調べた結果では、下関で高速フェリーの関係で、住民からの訴訟で8億5,000万円の訴訟もあったという事実もございますので、こういうこともあるんだなということを思っておりますが、それでは次に、学び・交流プラザの件で、先ほども御質問ありましたけれども、ちょっと見ていただきたいんですけども、これちょっと加筆してありますけども、これは例の

柳井市議会 2016-06-15 平成 28年 第2回定例会( 6月)-06月15日−03号

結局、こういうふうな動きがありまして、日米合同委員会合意で、また、今もいろいろ、先ほどから国の動きでちゃんと協議がなされてきていて、改善の兆しがあるということ見えていますが、アメリカ側が刑事訴訟をしない場合、日本側が裁判権を行使することができるよう、日米地位協定の運用の改善が図られたということは、協議会の中でも、市長さんもご存じだと思いますが、報告が上がっていると思います。  

山口市議会 2016-06-15 平成28年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2016年06月15日

ところが、公務員法では不服審査の申し立ての権利がない、人事委員会公平委員会にも審査請求ができないわけで、不利益処分が不服の場合には、もう訴訟の提起以外にはないわけです。しかも、民間労働者保護の仕組みからも排除されております関係上、パート労働法も適用されないという状況です。このような臨時職員に関する取り扱いは、長崎県だけにとどまらず、全国にあるのではないかと。

光市議会 2016-03-25 2016.03.25 平成28年第1回定例会(第7日目) 本文

沢内村が老人医療無料化を実施しようとしたとき、岩手県は、国保5割給付のもとで10割給付を行うことは条例にも反し、行政訴訟を起こされることも十分考えられるとして、思いとどまるよう指導した。これに対して深沢さんは、裁判されるなら受けて立つ。憲法に照らして、私は絶対に負けない。最高裁まで争う。本来は国がやるべきことをやっていない。だから、沢内村にとって必要だからやるんだ。