36件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

山口市議会 2020-02-26 令和2年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2020年02月26日

カナダ在住の被爆者のサーロー節子さん──以前本会議で私はこの人の言葉を紹介したことありますけども、この男女共同参画の分野で国際会議によく出られている方なのですけれども、「国際会議の出席者を選ぶ際にもジェンダー的なバランスを考えることは今や世界の常識だし、男性ばかりの顔ぶれの会議はそれ自体が問題視され、会議の結論の信頼性すら問われかねないのが現実」と、ここが一番問題なのですけども、ここの結論が信頼性

山口市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年09月09日

非核平和展、親子平和大使、若手職員を広島・長崎に派遣し、平和祈念式典への参加被爆者の話を聞いたり、戦跡の調査をしたり、こうした取り組みを国際友好都市にも紹介するなど、豊かに平和事業に取り組まれています。戦争人権侵害の際たるものであります。日本国憲法のもと、地方自治体市民権利を守るためにも、二度と戦争の惨禍が起こることがないようたゆまぬ努力が必要であります。

山口市議会 2018-02-27 平成30年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年02月27日

私も、30年前までは全く知りませんでしたが、ある方から阿知須出身で、満州にあった建国大学学び、学徒召集後、陸軍見習い士官となったが広島で被爆戦後、京都帝国大学に編入学するが中退し、25歳のときに炭鉱の筑豊に移り住み炭鉱労働者となった。彼は記録文学作家として、福岡の筑豊地方を舞台に、炭鉱で働く人々の過酷な労働と生活を記録した作家さんで、阿知須の中村区で生まれ育った方との紹介を受けました。

山口市議会 2017-12-15 平成29年第4回定例会(5日目) 本文 開催日:2017年12月15日

それは全ての政府代表を感動させ、人間の魂に訴えかけるものでした」と述べ、多くの政府代表参加した被爆者に賛辞を送り、被爆者の訴え、生きざまに心を動かされました。条約前文の最後に、核兵器完全廃絶の呼びかけに示された人道の諸原則を推進するための公的、市民良心の役割を強調し、その中で被爆者の取り組みを明記して高く評価しています。5点目は市民社会の貢献という点です。

光市議会 2017-09-08 2017.09.08 平成29年第3回定例会(第3日目) 本文

田上市長は、被爆者や被爆地の訴えが世界を動かし、長年の願いであった核兵器禁止条約が形となったことに、深い感慨を覚えると歓迎しました。しかし、一方で日本政府交渉参加しなかったことについて、被爆地として非常に残念だと批判、核保有国の不参加を理由とせず勇気を持って政策を見直し、条約参加することを求めると訴えました。  

光市議会 2016-09-01 2016.09.01 平成28年第3回定例会(第2日目) 本文

2016年5月27日金曜日、アメリカ合衆国オバマ大統領被爆地広島を訪れ、核なき世界の実現に向けた決意を表明し、原爆で亡くなった10万人を超える戦争の全犠牲者を追悼し、慰霊碑に献花をされた歴史的な日を迎えました。この日を目の当たりにし、私自身も歴史証人の1人となることができ、大変感動いたしました。  大統領は、みずから折った折り鶴4羽を持参し、心の奥に秘められた強い追悼の意思を鶴に託されました。

光市議会 2015-06-22 2015.06.22 平成27年第2回定例会(第4日目) 本文

あともう一点、平和首長会議では、加盟都市戦後70年や被爆70年の記念として、行事をさまざま開催しておりますが、スペイン、バルセロナでは、広島・長崎原爆展、イギリスのマンチェスターでは、美術館原爆の爆風から折り鶴で守ろうとする展示などが開催をされております。光市においても、平和首長会議で取り組んでいる原爆ポスター展の開催を提案したいと思いますが、いかがでしょうか。

光市議会 2011-09-12 2011.09.12 平成23年第3回定例会(第4日目) 本文

すごく残念だったのは、被爆国であったし、チェルノブイリの原発事故(1986年)なども起きていたわけですから、放射能の恐ろしさをもっと真剣に考えるべきだったということです。福島などで牛を飼う農家の人を見ると、大変な労働を行って一生懸命育ててきたのにと涙が出てきます。お米をつくる農家の方も、実っているのにことしのお米はどうなるかわからないなんて、こんなせつない話があるでしょうか。

山口市議会 2011-06-20 平成23年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2011年06月20日

さらに被災地においては、放射性物質の放出による住民の被爆、飲料水や農蓄水産物の汚染は県域を越えて広域かつ深刻な被害をもたらし、風評被害とも相まって、農蓄水産業のみならず、観光業や商工業にも多大な損害を及ぼしているという状況が、今なお続いている情勢を私たちは直視していかなければなりません。

山口市議会 2010-03-04 平成22年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2010年03月04日

ここ山口県は、広島県長崎県に次ぐ3番目に原爆被爆者の多い県であります。このような原爆被爆者の方々が、戦争の悲惨さ、原爆の悲惨さを後世代に語り継ぐために、語り部と呼ばれる証言活動に取り組まれている方々も数多くいらっしゃいます。このような方々が、小学校中学校に、そのような証言活動の場を求めて訪問されることもあるようですが、残念ながら学校によってその対応はさまざまであるようでございます。

山口市議会 2009-09-07 平成21年第6回定例会(2日目) 本文 開催日:2009年09月07日

ことしは広島、長崎被爆から64年目を迎え、国内だけでなく、世界的にも核兵器廃絶の世論が高まり、多くの都市が加盟をされております。平和市長会議への加盟を機に、他の都市との連携を密にされ、核兵器廃絶を含め、山口市平和行政が今後一層進むように要望をするものであります。次に、一般廃棄物最終処分場の次期候補地についてです。

山口市議会 2009-06-25 平成21年第4回定例会(5日目) 本文 開催日:2009年06月25日

たび重なる核実験は、国際的な核不拡散体制に対する重大な挑戦であり、唯一の被爆国である 我が国としては、決して容認できるものではない。  非核平和都市宣言をしている山口市議会は、この暴挙に対し、強く抗議するとともに、北朝鮮 政府に対し、これ以上の核実験を厳に慎むこと、核兵器及び核兵器開発計画を放棄すること並び に6カ国協議に無条件で復帰することを強く求めるものである。  以上、決議する。   

山口市議会 2009-06-15 平成21年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2009年06月15日

唯一の被爆国の政府として核兵器廃絶を求める宣言を行うことは、すべての国民の願いではないかと思いますので、市長の御見解、よろしくお願いします。以上が平和行政についてです。  次に、2番目の農林業の振興についてお尋ねをいたします。3月議会でも農業問題を取り上げましたが、政府が進める規模拡大と選別政策、そして輸入自由化路線で山口市の農林業は活性化するのかということをお尋ねしました。

光市議会 2007-12-25 2007.12.25 平成19年第4回定例会(第6日目) 本文

また、我が国は世界唯一の被爆国として、広島・長崎の惨禍を繰り返さないため、国民世論同意の下、非核三原則国是としてきたところであります。しかしながら、地球上の地域紛争テロの頻発など、人間生命の尊厳を踏みにじる行為が繰り返され、核の小型化が進み、世界の平和と人類の生存に深刻な脅威をもたらしていることは、全人類のひとしく憂えるところであります。

山口市議会 2007-12-20 平成19年第5回定例会(5日目) 本文 開催日:2007年12月20日

原爆被害者に対する援護対策は「原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律」により行われて いるが、この対策の一つとして、被爆者の障害や疾病が原爆放射能に起因し、現に治療を要す る場合は、厚生労働大臣が認定し、当該疾病に対する医療費を全額国庫負担し、医療特別手当を 支給されている。  

岩国市議会 2006-12-26 12月26日-06号

従来、後期高齢者は、障害者被爆者などと同様、短期保険証、資格証を発行してはならないとされてきました。新制度は、医療保障なしで生きていけない弱者から保険証を取り上げる。ここにもこの制度の情け容赦なさがあらわれていると思います。また、新制度では、現役世代と後期高齢者診療報酬も別建てとなり、後期高齢者治療や入院の報酬を引き下げ、医療内容を切り縮める高齢者差別医療が公然と行われるようになります。 

山口市議会 2006-12-19 平成18年第6回定例会(5日目) 本文 開催日:2006年12月19日

核兵器の廃絶と恒久平和の実現については、全世界共通の願いであり、また、我が国は世界で唯一の被爆国でもあることから、その思いはすべての国民も同じであると認識しているところであります。世界に目を転じると国際社会においては武力紛争が絶えず、特に本年10月に北朝鮮核実験が行われ、全世界に衝撃が走ったことは記憶に新しいところであります。

  • 1
  • 2