39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

下関市議会 2018-09-26 平成30年第 3回定例会(9月)-09月26日−06号

それで今ある程度、建設部の空き家のほうは法律もあって、ある程度のことはできているのかなと、勧告とか行政執行はなかなかよその市もやってないので、難しいところはあるだろうと思いますけども、困っていて、やはり未解決の件数が多くある中で、1件でも多く解決するために、今のやり方では私は限界があると思いますけども、何か今時点で対応を考えていただけないかと思いますけど、何かありましたらお願いいたします。

下関市議会 2018-09-06 平成 30年 9月 6日 一般・特別会計決算審査特別委員会-09月06日−01号

第4目弁償金の不納欠損額7,889万6,403円は8号岸壁の背後にございました木造倉庫の解体工事や第1突堤第1号上屋の解体工事等の行政執行に要した費用を訴訟の相手方である下関埠頭株式会社請求していたものでございまして、債権管理条例第6条第1項の規定にのっとり、平成29年度において債権放棄したものでございます。  

光市議会 2017-12-05 2017.12.05 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文

また、空き家も、所有者が見つからないまま、危険な状態になれば行政執行して税金を使って解体してしまう。いろいろ申し上げましたが、今から負動産の時代がやってくるのです。  それでは、3点御質問いたします。  1点目、売るに売れない不動産、どうしたらいいのか。  2点目、相続時に登記されない不動産固定資産税の徴収はどうされるのでしょうか。  

下関市議会 2017-09-14 平成 29年 9月14日 決算特別委員会-09月14日−01号

また、第6款諸収入、第2項雑入、第4目弁償金の収入未済額は、7,889万6,403円であり、8号岸壁背後地木造倉庫の解体工事や第1突堤第1号上屋解体工事などの行政執行に要した費用を、訴訟の相手方である下関埠頭株式会社請求したものでございます。  第7款市債、第1項市債、第1目港湾事業債は、予算現額 20億5,960万円に対し、収入済額は、9億8,390万円となっております。

宇部市議会 2015-12-22 平成 27年12月定例会(第4回)-12月22日−05号

次に、行政執行行政責任においてなされるべきであり、行政執行の前に協議会を開催することは行政責任を回避することになるのではないかただしたところ、平成24年10月制定の現在の条例では審議会を設置し、意思決定にまで踏み込んでいたが、新しい特別措置法では協議会を設置することとされており、協議会意思決定機関ではないと明示されている。

下関市議会 2015-12-14 平成27年第 4回定例会(12月)-12月14日−03号

空家対策特別措置法で、市町村は、1、倒壊などの危険性がある、2、悪臭やごみの放置など、衛生上有害な恐れがある、3、景観を損ねている、などの状態の空き家を特定空き家に指定し、所有者に、撤去、修繕、立ち木の伐採などを指導、勧告、命令できるとしており、勧告後は最大6分の1になる固定資産税の優遇措置が解除され、命令違反には過料が科せられ、行政執行による強制撤去も可能になるとされております。  

光市議会 2015-12-03 2015.12.03 平成27年第4回定例会(第2日目) 本文

さらに、必要な措置を命じた場合において、その措置を命じられた者がその措置を履行しないとき、また履行しても十分でないときは、行政執行に定めるところに従い、市が代執行できるものであります。  次に3点目、勧告が出された場合の特定空き家等と住宅用地特例についてのお尋ねであります。  

柳井市議会 2015-09-08 平成 27年 第3回定例会( 9月)-09月08日−02号

我々が、身近に見聞きする空き家の対象については、「空き家等」と「特定空き家」の2つに分類され、「空き家等」につきましては、実態の調査とその把握、「特定空き家等」につきましては、まず、市町村長がその周辺の生活環境の保全のために必要な措置をとるよう助言、または指導、勧告及び命令をし、その後、履行見込みのないときに、行政執行法に従い、当該措置を執行する。

宇部市議会 2015-06-18 平成 27年 6月定例会(第2回)-06月18日−04号

3、行政執行までの流れ。  続いて、第2項、学校地域社会の連携した施策における子供会の役割について。  子供たちは家庭学校、そして地域に支えられ、日々成長しています。宇部市においても第四次宇部市総合計画において、学校地域社会の連携が掲げられており、その基本構想として、学校地域が連携して地域コミュニティーを育成するとされています。

下関市議会 2015-06-09 平成 27年 6月 9日 建設委員会-06月09日−01号

建設副委員長(江村卓三君)  それと、今回空き家対策特別措置法施行するに伴っての改正ということなのですけれど、よくマスコミ報道などで強制撤去ということが可能になったという報道がされておりますけれど、市として行政執行による強制撤去についてはどのようなお考えをされているかお聞きいたします。 ◎まちなみ住環境整備課長(山田守君)  今回の法改正につきまして、特定空家というものができております。

下関市議会 2014-12-15 平成26年第 4回定例会(12月)-12月15日−05号

また、本市条例と同様に、命令に従わない場合は、行政執行法による行政執行が規定されているほか、命令を行う所有者等を確知することができない場合の措置が規定されております。 ◆林真一郎君  次に、本市において今日までの答弁の中で、空き家等の中でも既に廃屋と見なされるものが400戸を大きく上回っており、空き家解消に向けての有効な施策の推進が求められております。

光市議会 2014-12-08 2014.12.08 平成26年第5回定例会(第4日目) 本文

最後の段階では、公表後に所有者が必要な措置を講じない場合は、強制的な行政執行もあり得ると、こういうことでした。  光市空き家等の適正管理に関する条例施行から5カ月が経過しました。市役所による実態調査は数カ所でなされているようですが、いまだに、この命令が出たとか、そういう公表があった、あるいは行政執行がされたという話は聞きません。

光市議会 2014-06-13 2014.06.13 平成26年第2回定例会(第3日目) 本文

公表後も所有者が必要な措置を講じない場合、最終的には、行政執行法の規定に基づき、市が所有者にかわって必要な措置を行い、代執行に要した費用は所有者から徴収することとなります。  以上が、条例に規定する一連の流れであります。  次に、3点目、市による空き家撤去はどのような場合かについてお答え申し上げます。

周南市議会 2014-06-11 平成 26年 6月 第3回定例会-06月11日−05号

最終的には、行政執行できるような旨を規定をしておりますが、これはあくまで最後の手段と考えておりますので、それまでの段階で解決してまいりたいというふうに考えております。 ◆27番(中津井求議員) それでは、農地の荒廃について質問をいたします。  周南市もいろいろと努力されていることは今、理解をいたしました。

山口市議会 2013-12-11 平成25年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2013年12月11日

空き家対策については、本市も条例を制定しておられますが、全国の自治体でも対応に向けた条例の設置や、解体費用の一部助成、行政執行などの独自の取り組みなど、喫緊の課題として活発な動きがございます。本市においても、過疎地域に限らず、都市部でも空き家が生じており、市内全域の課題であると私も認識をいたしておるところでございます。

  • 1
  • 2