105件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩国市議会 2020-11-26 11月26日-01号

また、支出につきましては、修繕費が1,436万4,000円及び材料費が330万円の増額となりますが、職員異動等により給与費が1,398万9,000円、引当金が128万2,000円、動力費が626万6,000円、薬品が279万9,000円、取替メーター費が595万9,000円、減価償却費等が184万1,000円、支払利息が188万7,000円、その他諸経費が879万8,000円及び消費税及び地方消費税

山陽小野田市議会 2020-11-25 11月25日-01号

次に、支出では、入院患者減少に伴い薬品減額しますが、PCR検査開始による検査材料費ゴム手袋などの衛生材料価格高騰に伴うその他材料費増額及び、さきに挙げた新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業補助金に係る経費を計上した結果、医業費用5,149万2,000円、費用等増加に伴う雑支出及び消費税として医業外費用513万3,000円をそれぞれ増額し、病院事業費用を46億9,416万円としております

山陽小野田市議会 2020-09-24 09月24日-03号

次に、「薬品活性炭を多く使った理由は」との問いに、「渇水の影響でダムの水に藻がたくさん発生し、高天原浄水場に入ってくる水にカビ臭がしたため、その対応活性炭を使った」との答弁でありました。 質疑を打ち切り、討論はなく、全員賛成で認定すべきものと決しました。 次に、議案第87号令和年度山陽小野田工業用水道事業決算認定についてであります。 

岩国市議会 2020-02-26 02月26日-01号

また、支出につきましては、給与費等を6億9,065万6,000円、修繕費動力費薬品その他諸経費等維持管理費を7億5,940万7,000円並びに減価償却費等及び支払い利息を7億8,835万7,000円計上し、支出総額は22億3,842万円となります。したがいまして、収支差引8,382万2,000円の当年度利益となる見込みであります。 

岩国市議会 2019-11-26 11月26日-01号

また、支出につきましては、職員異動等により給与費が1,111万5,000円、引当金が75万4,000円、修繕費が294万4,000円及び材料費が434万5,000円の増額となりますが、動力費が395万7,000円、薬品が495万7,000円、取替メーター費が295万4,000円、支払利息が150万8,000円及びその他諸経費が1,325万2,000円の減額となるため、支出総額は20億9,240万円

山陽小野田市議会 2019-03-06 03月06日-06号

その他の支出について、修繕費動力費薬品等は大幅減とし、委託料負担金決算を見込んで減額した。非現金支出資産消耗品費は第二送水管改良工事完成に伴い、除去費増額計上したことなどにより、支出合計は8,347万2,000円増の14億5,970万5,000円とした。この結果、税処理後の当年度利益は4,144万5,000円を予定している。 次に、資本的収支について。 

岩国市議会 2019-02-25 02月25日-01号

また、支出につきましては、給与費等を6億7,457万円、修繕費動力費薬品その他諸経費等維持管理費を7億5,307万7,000円並びに減価償却費等及び支払利息を6億7,222万3,000円計上し、支出総額は20億9,987万円となります。 したがいまして、収支差引2億4,704万1,000円の当年度利益となる見込みであります。 

山陽小野田市議会 2019-02-20 02月20日-01号

支出につきましては、給与改定法定福利費退職給付費等決算を見込んだ給与費の増、投薬が必要な患者増加に伴う薬品増等による材料費の増、消耗品費光熱水費燃料費等決算を見込んだ経費の減、医療機器や医薬品の廃棄に伴う資産減耗費の増により医業費用1億919万8,000円を増額し、費用増加に伴う雑支出の増、退職対象者増加に伴う退職給付費負担金の増により、医業外費用837万円を増額し、病院事業費用

岩国市議会 2018-11-28 11月28日-01号

また、支出につきましては、職員異動等により給与費が330万2,000円、引当金が169万5,000円、修繕費が616万3,000円、材料費が470万円の増額となりますが、薬品が556万2,000円、取替メーター費が366万4,000円、支払利息が161万7,000円及びその他諸経費が488万円の減額となるため、支出総額は20億9,810万9,000円となります。 

山陽小野田市議会 2018-09-28 09月28日-07号

外部委託したコンサルタントのアドバイスにより、薬品が約2,700万円の減額医療材料費が約170万円の減額です。眼科以外では、脳神経外科患者市外流出指摘されており、現在、非常勤の医師を週2回から3回にふやして対応しています。医師の増員については、平成29年6月から産婦人科が1人増となっています。

山陽小野田市議会 2018-03-28 03月28日-09号

薬品予算減額の根拠は」との質問に、「薬品単価が下がってきていることや、有収水量減少に伴う薬品量減少である」との答弁。 「滞納者の状況と対応は」との質問に、「収納率が99.8%で、停水が月に6件、年間で30件程度出ている。停水までの手順としては、まず、納付書を配布し、督促状送付催告書送付、6カ月待って、最後の通告を行い、停水としている。

岩国市議会 2018-02-22 02月22日-01号

また、支出につきましては、給与費及び引当金を7億167万円、修繕費動力費薬品その他諸経費などの維持管理費を7億3,224万円、減価償却費等及び支払利息を6億6,406万2,000円計上し、支出総額は20億9,797万2,000円となります。 したがいまして、収支差引2億4,889万2,000円の当年度利益となる見込みであります。 

山陽小野田市議会 2018-02-19 02月19日-01号

支出につきましては、価格交渉に伴う薬品の減はあるものの、法定福利費退職給付費給与改定等決算を見込んだ給与費の増、手術件数増加に伴う材料費の増、光熱水費修繕料賃借料委託料等決算を見込んだ経費の増、研究研修費増等により、医業費用を1億4,931万6,000円増額し、消費税退職給付費負担金等医業外費用を1,844万8,000円増額し、病院事業費用は44億5,966万7,000円となりました

宇部市議会 2017-03-10 03月10日-02号

それともう1点、現在、本市と山陽小野田市で4つの浄水場を運営していますけれども、現時点ではこの再編計画が決まっておりませんので、具体的な金額はちょっと難しいのですけれども、この浄水場のいずれかを廃止することによりまして、浄水場の運営にかかわる人件費、あるいは薬品、動力費、こういったものの経費の削減ができますし、これも1つの浄水場を廃止すればかなり大きな金額が出てくるのではないかと期待しています。 

山陽小野田市議会 2017-03-07 03月07日-06号

収益的収入では、給水収益を上方修正し、収入合計は5,595万8,000円の増額補正で、合計が15億7,060万5,000円、支出委託料修繕費薬品など、3,811万9,000円減の合計12億5,353万2,000円とした。税処理後の当年度損益は、純利益1億8,829万8,000円となるが、非現金性収入6,453万7,000円が含まれている。