129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2019-10-11 令和元年第3回定例会〔資料〕 開催日:2019年10月11日

…………………………………  70  ア 令和2年度予算編成について   1) 子育てなら山口    一 放課後児童クラブ   2) 日本一本を読むまち    一 まちじゅう図書館    二 図書館の魅力アップ    三 学校図書館司書の増員   3) 平和施策   4) 多世代交流・健康増進拠点施設  イ 山口市産業交流拠点施設について   1) 費用対効果・目標設定   2) 市民利用  ウ 自衛隊

山口市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年09月11日

加えて、今後、万が一、大規模災害が発生した場合には、消防に加えて、警察自衛隊など他機関の応援も必要となってくる場合があると思いますが、情報共有・連携はどのように行うお考えでしょうか。日ごろから災害時を想定した合同訓練を行う必要があると思いますが、いかがでしょうか。

山口市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔資料〕 開催日:2019年06月24日

避難情報に対する住民の理解促進  イ バスの利便性向上に向けた取り組みについて   1) コミュニティバスの路線拡充   2) バスICカードの導入   3) コンビニエンスストアと連携したバス待合所の新設  ウ 子どもや高齢者を守る安全対策について   1) 市道の安全施設点検・整備   2) 児童生徒の命を守る対策 24 尾 上 頼 子(日本共産党)…………………………………………… 263  ア 自衛隊

山口市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年06月24日

次に、自衛隊の要請に応えて、紙媒体で名簿を提供することについてであります。閲覧の場合と秘匿性は変わらないというふうにされておりますが、約800人分の情報から1,900人分への情報へと倍以上もふえるのに、秘匿性は変わらないという言いわけは、私どもは通用しないと考えております。さらに高校生の就職ルールからも自衛隊がこの情報求人活動に使うことは許されておらず、情報取得の根拠は示されておりません。

山口市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年06月13日

個人情報保護の観点から、個人情報は厳格に管理することが求められていますが、このたびの自衛隊への名簿提供は個人情報保護を軽視することにならないかお尋ねいたします。小項目二の自衛隊法であります。3月の決裁文書では、この法的根拠として自衛隊施行令第120条を挙げておられます。

光市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文

6,400人の死者、行方不明者を出した平成7年1月の阪神大震災では、地震により建物から救出された人の約8割が家族や近所の住民によって助け出されており、消防警察自衛隊によって救出されたのは約2割であるという調査結果があります。自助、共助、公助の比率は7対2対1と言われております。自助の意識をいかに高めるか、これが今後の大きな課題ではないかと思います。  

山口市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年12月05日

広域災害が発生した場合の医療活動について、被害が広範囲に及ぶため、山口市のみならず、県域あるいは地方ベル医療関係機関、例えば自衛隊や赤十字、DMAT──いわゆる災害派遣医療チームや、JMAT──日本医師会災害医療チームなどから支援を受ける必要があると思いますが、山口県地域防災計画における本市の位置づけや医療機関との連携など、山口市における災害時の医療体制の現状についてお聞かせください。

光市議会 2018-09-14 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文

災害の発生、また、そのおそれがある場合の対応、つまり、災害応急対策を例に申し上げますと、組織的には、本部長である市長のもと、副本部長や各部局長組織する14の対策部と37の班により組織することとしており、全体で緊急車両の確保や自衛隊への派遣要請、広報活動、避難所の開設運営、罹災証明等の発行など、271の所掌事務について規定をしているところであります。  

山口市議会 2018-09-10 平成30年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年09月10日

御案内のとおり、当該事業は急速に都市化が進んだことによる浸水被害に対処するため都市基盤河川油川改修事業として椹野川合流部から国道262号を横断し国道9号付近までの計画延長約1.2キロメートルとする護岸改修を平成5年から進めておりまして、近年はJR山口線橋梁部の工事や陸上自衛隊の用地取得など、関係機関との協議調整に不測の日数を要した時期がございましたが、現在は、計画どおりに進捗しているところでございます

光市議会 2018-06-14 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文

災害対策本部室や、自衛隊や県警、医療機関が待機できる応援関係の執務室、防災倉庫災害時の罹災証明などを発行する臨時行政窓口など、防災拠点やBCPの機能が充実をしておりました。さらに、地中熱や雨水の利用など、環境対応もしっかりしておりました。駐車場は2時間まで無料ということで、財政的観点から職員駐車場はことしの3月で廃止をされました。  

山口市議会 2017-12-15 平成29年第4回定例会(5日目) 本文 開催日:2017年12月15日

もしも、日本として核兵器禁止条約批准し、核兵器廃絶へと動き出すのであれば、まずは、日本として日米同盟について再考し、自衛隊についてどうあるべきかという議論を行い、その上で、核兵器について言及をすべきである。そうしたことから、まずは国家としての合意を決定する国政の場においてその議論は譲るべきである。  

山口市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2017年12月06日

このほか、災害時の人的連携や専門的な見地の観点から警察や陸上自衛隊からの職員を受け入れるなど、さまざまな形で外部人材の活用を図ってまいったところでございます。現在、平成30年度から34年度までの5カ年を計画期間といたします、山口市定員管理計画の策定作業を進めております。

山口市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(2日目) 本文 開催日:2017年09月11日

近年の豪雨災害の映像を見るまでもなく、消防自衛隊ヘリコプター災害時に大活躍しているのはよく見かけられます。水害土砂災害のように、主に平面災害において三次元的運動ができる航空機存在は重要な対策ツールであり、今後もこのような場面で活躍ができるような体制の整備は必要になってくるのではないかと思います。さて、ヘリコプターの運用において、ネックとなってくるのが離発着スペースの確保となります。

山口市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(4日目) 本文 開催日:2017年06月14日

また、いつ来るかわかる風水害よりも、いつ来るかわからない、いつ来てもおかしくないテポドンのほうが心配で、山口都市核近辺には自衛隊駐屯地もあり、軍事施設と見なされれば国際法上の攻撃対象であり、自衛隊、県庁、山口市本庁が集積するエリアとしては、非常にリスクが高いということであります。風水害も含め、市も県も国もある。

下関市議会 2017-02-14 02月14日-02号

訓練につきましては、大雨による大規模な土砂災害河川の決壊の発生及び菊川断層震源とした大地震が発生したという想定のもと、災害対策本部の設置及び運営、消防自衛隊警察海上保安庁などによる実動訓練、住民参加による避難及び避難場運営、日本水道協会、日本赤十字社などによる地域防災力の向上に関する展示・体験などについても計画されている事業でございます。 ◆浦岡昌博君  ありがとうございました。

山口市議会 2016-12-07 平成28年第6回定例会(4日目) 本文 開催日:2016年12月07日

さらに、県庁舎が近いとか、自衛隊が近いということは、市内に存在している以上、大きな理由にはならないと思っています。一方、平成17年に市町合併を実現した本市に今一番求められていることは何か、それは新しい庁舎ではありません。今求められているのは、政治の信頼であります。

光市議会 2016-03-02 2016.03.02 平成28年第1回定例会(第5日目) 本文

先立ちまして、12月議会の冒頭の続きなのでありますが、安倍政権によって進められようとしている安保法制、集団的自衛権の行使容認の閣議決定というものがありますが、これまで歴代の内閣が踏襲してきた個別的自衛権だとか専守防衛という、日本の国土が攻撃されたときこれに反撃をするのは当たり前のことなんですが、そこを大きく逸脱して、集団的自衛権という言葉そのものが紛らわしいんですが、日本自衛隊海外に出てアメリカ