運営者 Bitlet 姉妹サービス
2516件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 光市議会 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文 A類疾病が、集団予防や重篤な疾患の予防目的で、本人に接種の努力義務があり行政の接種勧奨が必要であるのに対し、B類疾病は、主に個人予防目的で、本人の努力義務や接種の勧奨も必須要件となっていないのが現状です。したがいまして、基本的には予防接種の対象者は、みずからの意思と責任で接種を希望する場合に接種を行うこととなります。   もっと読む
2018-12-06 光市議会 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 教師には、第32条の1日8時間労働時間や第36条の休日出勤や時間外労働、これが1カ月上限45時間、第109条、労働時間記録と保存の義務など、こういった労働法は適用されます。そういった中で、今の光市及び全国の教職員は法律違反を犯している状況にあります。   もっと読む
2018-10-23 光市議会 2018.10.23 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 質疑終結の後、討論において、経常収支比率は改善されているが、義務的経費は45.9%であり、財政力指数は0.68に減少している。一般財源配分方式によるスリム化は、長期的な視野では、市民サービス低下や職員の意欲低下につながるのではないかと懸念される。平成29年度決算は、指数の上では改善は見られるものの、市民に安心を与えられるような財政水準ではないとの反対討論がありました。 もっと読む
2018-10-01 下松市議会 平成 30年10月 臨時会(6回) 義務教育まで、中学校までということで考えますと、先ほど議員さんがおっしゃいましたとおり、3,000万円程度の予算が必要だと思います。ただ、これは国保のデータのみで計算しておりますので、およそということで御理解していただいたらと思います。  もっと読む
2018-09-19 光市議会 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 そして、泉質の維持につきましては、これは温泉法によって、10年ごとに泉質の分析義務が義務づけられていますので、ゆーぱーく光におきましては、平成28年11月に分析検査を受けていまして、当初、温泉を掘削していたときと同様のナトリウム・カルシウム塩化物冷鉱泉ということで、検査結果をいただいています。  今後も適正な衛生管理を行って、生活感を維持して、快適な施設運営を行っていきたいと考えています。   もっと読む
2018-09-18 光市議会 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 児童福祉法第25条では、虐待を発見した者は市町村もしくは児童相談所に通報しなければならないという、国民の通報義務が定められていること。児童相談所への通報の電話番号は189であるということ。 もっと読む
2018-09-14 光市議会 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 人口減少、高齢化、災害時代へのビジョンをしっかり示していく義務があります。示しながら皆様に納得をいただく、こういうことをしっかり教育行政の現場で行っていただきたいと思います。   もっと読む
2018-09-01 山陽小野田市議会 平成 30年 9月定例会(第3回) その概要は地方税法の一部を改正する法律が、平成30年3月31日に公布されたことに伴い、所要の改正を行うもので、その主な内容として、平成33年度以降の個人住民税について、給与所得控除及び公的年金等控除を10万円引き下げるとともに基礎控除を同額引き上げることで控除の振りかえをする措置と、また、前年の合計所得金額が2,500万円を超える所得割の納税義務者に対して基礎控除等の適用を行わないこと等を規定するものです もっと読む
2018-06-14 光市議会 2018.06.14 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 1971年に施行された公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法で、公立教員の給料月額を4%ふやすかわりに残業代は出さないと決めました。この法律のもとで残業が際限なく伸び、今回の多忙化の問題になっております。  こういったことを光市でも注意して、是正するように心がけていただくようお願いして、第1の項を終わります。   もっと読む
2018-06-12 光市議会 2018.06.12 平成30年第2回定例会(第1日目) 本文 個人所得課税の見直しに伴い、均等割及び所得割非課税限度額の引き上げ、所得割の納税義務者に対する基礎控除額における所得要件の創設を行おうとするものであります。  2点目は、市たばこ税の税率等の改正であります。たばこ税の負担水準が見直されたことなどに伴い、市たばこ税の税率の段階的な引き上げ、加熱式たばこの課税方式の見直しを行おうとするものであります。   もっと読む
2018-03-01 岩国市議会 平成 30年 第1回定例会(3月) つまり、地方公務員には、地方公務員法第36条「政治的行為の制限」及び、地方公務員法第32条「法令等及び上司の職務上の命令に従う義務」があり、政治的行動を行おうとする審議監との整合性に矛盾が発生するからであります。よって、審議監の政治活動の制限は必要と考えております。 3つ目には、職務代理者でございますが、今回、岩国市職員定数条例の一部を改正し、副市長の次に審議監を加えております。 もっと読む
2018-03-01 下松市議会 平成 30年 3月 定例会(1回) 基金積立金が減る中で、一方、住民のニーズは多様化し、これに応えなければならない行政の義務がある。健全財政を堅持し、市民を幸せに導くよう市長をトップに30年度の市政運営に当たってほしい。 以上のような、主な意見と要望がありました。採決の結果、議案第13号平成30年度下松市一般会計予算は、賛成多数で、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 続きまして、条例議案について御報告を申し上げます。  もっと読む
2018-03-01 山陽小野田市議会 平成 30年 3月定例会(第1回) 次に、「国・県からの補助金で得た固定資産の減価償却は補助金を除いた額か、取得金額を丸々減価償却するのか」との質問に、「平成26年に地方公営企業会計基準が改定され、フル償却が義務化したが、当市では従来からフル償却していた」との答弁。 「消火栓の設置計画は」との質問に、「消防と話をしており、数年先まで設置予定箇所を確定している。来年度は1基の予定である」との答弁。  もっと読む
2018-02-27 光市議会 2018.02.27 平成30年第1回定例会(第5日目) 本文 浄化槽清掃料金の届け出義務はございませんが、市として料金の把握は必要との判断から、許可の更新時に料金表の提出を求めているところでございます。   もっと読む
2018-02-23 光市議会 2018.02.23 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 こうした中、国は、平成28年に児童福祉法を大幅に改正し、児童虐待の発生予防から発生時の迅速、的確な対応までの一連の対策のさらなる強化を図ることを目指し、市町村に対して、全ての子供とその家庭及び妊産婦を対象とした福祉に関する必要な支援に係る業務全般を行う、子ども家庭総合支援拠点の設置などの体制強化の努力義務を求めてきたところであります。   もっと読む
2018-02-21 光市議会 2018.02.21 平成30年第1回定例会(第2日目) 本文 子ども医療費助成事業では、一定の所得要件のもと、小学生から高校生までの入院医療費及び義務教育修了年次である中学校3年生までの通院医療費の無料化を実施しているところであります。引き続き、子育て中の家庭への経済的支援を行い、安心して子育てができる環境の確保に努めてまいります。   もっと読む
2018-02-20 光市議会 2018.02.20 平成30年第1回定例会(第1日目) 本文 退職金手当というのは、1人の働く者、汗を流す人間として当然の権利でありますので、この義務と権利を放棄させるような本議案、議案第36号には反対をいたします。  続きまして、議案第28号、平成29年度光市一般会計補正予算(第5号)についてですが、議案第36号、議案第38号、これらの条例が予算化されている本議案には反対をいたします。  以上であります。 もっと読む
2017-12-18 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月18日−06号 まず、子ども・子育て審議会につきましてですけれども、平成24年8月に成立をしました子ども・子育て支援法におきまして、有識者、子育ての当事者、子ども・子育て支援に関する事業に従事する者などが、子育て支援の政策のプロセスなどに参画、関与することができる仕組み――こういう仕組みが考えられまして、市町村に合議制の機関、いわゆる地方版の子ども・子育て会議という地方版の合議制機関の設置が努力義務として規定をされたところであります もっと読む
2017-12-13 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月13日−03号 従来、それぞれの税とか地籍の関係とか、そういう守秘義務がある部分については、同じ役所の中でもそういうものが見られないというような現在の仕切りがある中で、こういうものについての利用を可能とするようにする制度の改正というものが、今図られているというところは確認をしております。以上です。 ◆林真一郎君  どうも失礼いたしました。ちょっとそこまでは通告の中で、お話してなかった点もありましたので。   もっと読む
2017-12-12 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月12日−02号 ◎総務部長(小野雅弘君)  地方公務員は地方公務員法の適用を受けるため、経済産業省の研究会での報告書、先ほど吉田議員さん御紹介のこの報告書でも、信用失墜行為の禁止義務、職務専念義務等の観点から、兼業、副業が原則禁止されており、営利企業の従事制限に関して全面的に解禁するというのは現実的ではないというような報告もなされておるところであります。   もっと読む