321件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2018-12-04 2018.12.04 平成30年第5回定例会(第1日目) 本文

歴史民俗及び美術資料のうち、温度等の影響を受けやすい資料につきましては、地下にある収蔵庫及び特別収蔵庫に置いて保管をしております。この収蔵庫には空調が整備されているということでございます。  それから、保険というお話がございました。毀損した場合の保険等は入っているかということでございますけれども、現在のところ保険には加入いたしておりません。  

山口市議会 2018-09-12 平成30年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年09月12日

お尋ねの平成31年度に中学校を先行して整備することにつきましては、先ほど申し上げました検討調査での市内企業の参画を容易にするとの御意見により、施工期間を2年間といたす中で、中学校におきましては授業時間が小学校より長く、また夏休みにおきましても、特に3年生は卒業が3月上旬になりますことから、授業時間を確保するための授業や習熟度テストを実施いたしており、さらに吹奏楽部、美術部、パソコン部などの部活動や、

山口市議会 2018-09-10 平成30年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年09月10日

お尋ねの平成31年度に中学校を先行して整備いたすことにつきましては、中学校におきましては授業時間が小学校より長く、また夏休みにおきましても、特に3年生は卒業が3月上旬となりますことから、授業時間の確保をするための授業や、習熟度テストを実施いたしており、さらには吹奏楽部、美術部、パソコン部などの部活動や、8月下旬には体育祭の準備等で教室使用いたしております。

光市議会 2018-06-12 2018.06.12 平成30年第2回定例会(第1日目) 本文

議員がおっしゃりたいのは、館蔵備品の帰属あたりの問題ではなかろうかと思いますけれども、一般的に指定管理料で購入をいたしました物品の帰属につきましては、施設の運営のため、市が購入するかわりに指定管理者が購入する性格のものでございますので、帰属は市にあるものと考えられるところでありますが、帰属についての個別的な規定というものはされておりませんで、これまで財団で美術資料の購入を行ったものは財団の財産目録に

山口市議会 2018-06-12 平成30年第3回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年06月12日

具体的に申し上げますとスポーツ文化活動の拠点として、またレクリエーション・コミュニティ活動の場として設置されました維新百年記念公園や、新しい美術文化を創造する拠点として設置されました県立美術館、県民の教育学術文化の発展のために設置されました県立山口博物館や県立図書館等、本市の市民のみならず県民生活の質の向上に資するサービスが広く提供されているところでございます。

山口市議会 2018-02-27 平成30年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年02月27日

文化財は、いわゆるお宝のような美術工芸品、長年伝えられてきた祭りや習慣、人々の願いをあらわす路傍の仏たち、季節によって見事な景色を見せてくれる名勝地など、内容が多岐にわたっておりますが、どれも、そこに暮らす人々の営みによって形成されたものでございます。したがいまして、議員御案内の阿知須出身の作家上野英信など、地元出身者の顕彰に関するものも、構想策定のための基礎資料となるものでございます。

光市議会 2017-09-11 2017.09.11 平成29年第3回定例会(第4日目) 本文

教育長(能美 龍文君) それでは、御質問の2番、市立中学校美術技能教科授業の質の確保に向けてについてお答えいたします。  まず1点目、市内中学校における美術技術家庭科の専門免許を持つ教員の配置状況についてです。お示しのとおり、子供たちがこれからの人生を心豊かに過ごすためにも大変大切な教科学習になると受けとめています。

光市議会 2017-09-07 2017.09.07 平成29年第3回定例会(第2日目) 本文

特に技術美術家庭科といった技術的な教科については、国語英語、数学等と違い週1時間程度の授業時間しかないため、なかなか専門教員の配置が難しいという現状であると聞いております。加えて、近年の少子高齢化により生徒数、学級数等の減少という現状は避けられず、学校の小規模化が進んできているのが現状であります。  

光市議会 2017-09-05 2017.09.05 平成29年第3回定例会 目次

                田村建設部長 ………………………………………… 151  ・ 仲山哲男議員 …………… 152,154,155,156,157,158,160     ・ 光漁港(室積)海岸保全施設整備事業について     161,162,163        (1) 事業の進捗状況                        164        (2) 今後の予定、見通し     ・ 市立中学校美術技能教科

光市議会 2017-06-12 2017.06.12 平成29年第2回定例会(第1日目) 本文

平成28年度の主な実施事業でありますが、光市文化センターでは、各種教室などの教育普及活動を初め、開館以来35年かけて収集した550点余りの美術工芸品を約10カ月にわたり展示した「ぜ〜んぶみせます!光市文化センター所蔵美術品展」を開催するなど、芸術文化に触れ合う機会を創出するとともに、活動成果の発表の場としての活用に努められ、総入館者数は1万9,652人となりました。  

山口市議会 2017-02-28 平成29年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2017年02月28日

観光につきましては、今までも何回か質問をしておりますが、今回、イギリス人のデービッド・アトキンソンという方が「新・観光立国論」──この本を出しておられて、この方は1992年にゴールドマン・サックスに入社し、その後20年間ぐらい日本とかかわって、現在は小西美術工藝社──これは国宝とか重要文化財の補修を手がける会社なんですけれども──そこの社長をされていて、観光について本を書かれております。

周南市議会 2016-12-12 平成 28年12月 第8回定例会-12月12日−04号

また、周南市景観計画におきましても、緑と周辺の建物が調和し、人の活動を生み出すにぎわいのある景観づくりを、都心軸地区の景観形成方針とし、美術博物館文化会館、動物園などの文化・芸術の拠点と、徳山駅や駅周辺市街地、徳山駅前賑わい交流施設などの人がにぎわう拠点との回遊性を持たせ、連続性のある、都心軸にふさわしい文化と活力にあふれた景観づくりに取り組むこととしております。

周南市議会 2016-12-09 平成 28年12月 第8回定例会-12月09日−03号

そのために、本年度、周南市充実した学校生活サポート事業という取り組みにも教育委員会として取り組んでおりまして、コンビナート企業、あるいは水素学習室というような地元の産業あるいは文化会館とか美術博物館等で本物の芸術に触れる、こうした学習への取り組みということを推奨する中で、それにかかるバス代等の経費、これを補助していくこういう取り組みもやっております。  

周南市議会 2016-12-08 平成 28年12月 第8回定例会-12月08日−02号

こうした各学校の取り組みを支援するため、本年度、教育委員会では、周南市充実した学校生活サポート事業として、コンビナート企業や水素学習室などを活用した地元の産業を知る学習文化会館や美術博物館などを活用した本物の芸術に触れる学習等を各学校が行う際のバス借り上げ等、輸送に係る費用を補助するなどの取り組みも進めております。  

山口市議会 2016-12-06 平成28年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2016年12月06日

同じく、戊辰戦争時は鋭武隊の一員として活躍し、常備軍整備のために解体されたことによる脱隊騒動でも反政府側として戦い、後に許され、地元の美術振興に力を注いだ名田島出身の南画家、森重雪島などなど、私の幼い折より何となく知り得ていたお名前が、かくも歴史のうねりの中で躍動し、今に伝わっていることがすばらしいことであると改めて思い、市民生活の現場である小さな拠点、地域核での観光交流や小さな産業開発、移住・定住

周南市議会 2016-11-21 平成 28年11月21日 環境建設委員会-11月21日−01号

文化会館、美術博物館、徳山動物園といった高次の都市機能が多く立地しており、広域的に質の高い生活サービスを提供しております。  41ページの新南陽駅周辺でございますが、主に周南市の西部の生活を支える広域的な生活拠点として、日常生活に密接な生活サービスを提供している拠点でございます。  ページの42ページをお願いいたします。  

周南市議会 2016-11-01 平成 28年11月 第6回臨時会-11月01日−01号

32、教育費、美術博物館企画事業助成事業費。「みんなの大新幹線展」のような親子で楽しめる企画をさらにふやすべきである。  33、教育費、体育施設管理費。地域スポーツの拠点であるグラウンドなどの整備が十分取り組まれておらず、要望の積み残しがあると思わざるを得ない。早急な整備に取り組まれたい。  次に、特別会計に対する意見として、34、介護保険特別会計認知症施策総合推進事業

周南市議会 2016-10-19 平成 28年10月 予算決算委員会-10月19日−08号

意見案45、美術博物館企画事業助成事業費、「『みんなの大新幹線展』のような親子で楽しめる企画を、さらにふやすべきである」を意見として付すことに御異議ありませんか。    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(田村隆嘉議員) 御異議ありませんので、意見案45を全会一致で意見として付すことを決定しました。