14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

光市議会 2019-03-22 2019.03.22 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

がん治療救急医療対応人工透析医療災害拠点としての病院機能リハビリ機能僻地医療拠点病院としての機能総合診療設置予防医療、病診連携療養環境整備駐車場整備。ぜひ、この基本計画どおり取り組みをお願いしたいと思います。  また、病院医療機能評価で、Bランクの項目が13ございました。

岩国市議会 2018-06-13 06月13日-02号

このクリニックは、今までの診療科目であった総合診療、眼科耳鼻咽喉科等に新たに産科が加わり、基地内での分娩も可能になると伺っております。 議員御指摘の岩国基地内に診療所が開設されることによる影響につきましては、新しいクリニック産科が新設されることにより、市内の医療機関を受診する米軍関係の妊産婦が減少することが考えられます。 

光市議会 2017-12-05 2017.12.05 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文

新光総合病院には、放射線科総合診療緩和ケア病棟の開設が予定されております。総合診療というのは、今山口大学医局にあるのかないのか勉強不足でわかりませんが、緩和ケアは今ないと、全国的に公募すると言われましたが、医師が来ますよと言われてもまだ心配だろうと思うんですよね。1人ないし2人、複数の人を確保しておかなくてはいけないだろうと思っております。

萩市議会 2017-02-22 02月22日-05号

この28年度は総合診療医師が退職する、大学に引き抜きになりました。 こういったことで、実はグンとですね、大変な診療外来収入が減るわけであります。 一人のお医者さんがいらっしゃらなくなると一億近い収入減になる。こういう話でありまして、こういうようなことが実は繰り返されておりますので、そういうようなことでなかなか黒字転換にということが難しくなっているのが現状でございます。 

山陽小野田市議会 2016-03-09 03月09日-05号

また、「外来患者増のために、総合診療設置の考えはないのか」との問いに、「総合診療設置方向は、検討しているが、ベテラン医師確保が難しい」との答弁がありました。また、病院経営に関して、「当初の目標の立て方や目標に対する取り組みの姿勢が薄いのではないか」との問いに、「毎月の経営会議では、病院の経営問題を真剣に検討していること」。

光市議会 2016-03-02 2016.03.02 平成28年第1回定例会(第5日目) 本文

今後充実すべき医療機能は、光総合病院移転新築整備基本計画にお示ししておりますとおり、がん治療救急医療対応災害拠点としての病院機能総合診療設置などであり、その詳細な内容につきましては、ハード面では基本設計図面に落とし込むとともに、ソフト面では今後策定予定運営計画等の中で検討していくこととしております。  

光市議会 2015-12-07 2015.12.07 平成27年第4回定例会(第4日目) 本文

まず、診療科名医師数ですが、移転新築後の新光総合病院では、総合診療、放射線科緩和ケア病棟を開設する予定として、準備を進めているところであります。このため、これに関連する医師3名の確保を想定しているところであります。  なお、新病院建設にかかわらず、病院には脳神経外科医神経内科医常勤医師が不在であり、他大学を含め確保に努めているところであります。  

光市議会 2015-09-11 2015.09.11 平成27年第3回定例会(第3日目) 本文

移転新築整備基本計画も着々と進んでいることと思いますが、計画の中で、市民の皆さんが期待されている新設科に、総合診療設置があります。どの診療科を受診すればよいかわからない患者さんの窓口として機能すると考えていいのでしょうか。  確かに、これからの高齢者の急増を考えれば、患者生活習慣の指導も含め、複数診療科にまたがり、その人の全てを診ることのできる総合診療医をふやすことは必要となります。

山陽小野田市議会 2011-03-03 03月03日-02号

また、「総合診療のようなものをつくるべきと思うが、基本的な方向性についてはどう考えているか」に対し、「総合診療医は望ましいが、患者専門医を志向し、まだ日本では総合診療医に対する評価が低く、専門医評価が高いので、医師全体とすれば専門医を目指していく傾向にあり、今の市民病院の20名体制では、そこまでは無理で、目の前の患者だけで手いっぱいの状態である」等々の質疑応答がありました。 

  • 1