運営者 Bitlet 姉妹サービス
111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 光市議会 2018.12.06 平成30年第5回定例会(第2日目) 本文 1つは福井です。ここの西川知事はふるさと納税の発案者でございます。平成18年に就任早々、みずからが発案、命名した、めいわくありがた縁結びというお見合い事業を展開されました。  2つ目は愛媛県です。平成20年から平成22年の2年間で500回のイベントを開催し、延べ1万4,000人以上の参加を得て、約1,900組のカップルが誕生したそうでございます。 もっと読む
2017-12-12 下関市議会 平成29年第 4回定例会(12月)-12月12日−02号 また、福井の勝山市では、住民全てが学芸員と位置づけ、地域のさまざまな遺産を発掘し、それを磨いてアピールする仕組みを構築し、成果を上げている事例などが、全国都市問題会議の中で報告されました。  本市におきましても、観光交流ビジョン2022におきまして、市民総観光大使化を目指しています。 もっと読む
2017-09-22 下関市議会 平成29年第 3回定例会(9月)-09月22日−03号 例えば今はやっているジップラインというのがあって、人間の腰にロープを巻いてロープをすべる、5人ぐらいで一斉にばーっとすべる――すべるというのは、空を飛ぶと言いましょうか――なんですけれども、今現在、日本の最長が福井の池田町で510メートルなんですね。  世界の最長も今のところ現在900メートルということで、例えばこれを火の山の上から門司のトロッコ列車のちょうど上にいい場所があるんですよね。 もっと読む
2017-06-26 下関市議会 平成29年第 2回定例会(6月)-06月26日−07号 それで、マンホール、勝山としてサイトで検索をしますと、福井勝山市のデザインマンホールがヒットいたします。あそこは恐竜王国。恐竜博物館もあるところでございます。で、下関市にも、もしその発見された場所の近くに公共下水道が引いてあってマンホールがあれば、1カ所でもいいからそこに設置する、恐竜と卵のデザインマンホール。 もっと読む
2017-06-14 下関市議会 平成 29年 6月14日 文教厚生委員会-06月14日−01号 まず、これまで福井や兵庫県で発見されている恐竜の卵の殻の化石と比較すると、約3.7ミリメートルとかなり厚みをもっておりまして、大型恐竜の卵の可能性があること。  それから、この化石の卵殻断面の組織は、気孔網が非常に複雑で、これまで発見されたものとは異なり、これまで日本では未確認タイプの恐竜卵の化石であること。   もっと読む
2017-02-16 下関市議会 平成29年第 1回定例会(2月)-02月16日−03号 また、福井福井市では商店街の空き店舗にそういう施設を設置し、市とタイアップした健康づくり事業を展開しております。また、ICTを活用した健康管理の取り組みとして、さまざまな医療機関で受けた診療記録や健康診断のデータ、薬剤などの情報をインターネット上で一元的に管理し、住民自身がスマートフォンなどで閲覧できる健康情報管理サービス、ポケットカルテが着実な広がりを見せております。 もっと読む
2016-12-05 光市議会 2016.12.05 平成28年第5回定例会(第2日目) 本文 福井の敦賀北小に設置、小林製薬から贈呈」という見出しで情報発信されていました。このプロジェクトは、子供たちが使いやすいトイレ空間の整備を目的に、小林製薬(大阪市)が2010年から毎年行っており、3月から2カ月間同社ホームページで希望校を募集、児童数に対する洋式便器数などをもとに選定し、今回は全国の20小学校に2基ずつ、洋式便器と改修費を寄贈することになったというものです。   もっと読む
2016-09-23 下関市議会 平成28年第 3回定例会(9月)-09月23日−04号 福井は、県外の大学などを卒業した後県内で就職する学生の奨学金の返済を一部肩がわりする事業を実施、創業地が福井の建設事業者などが850万円を寄附したようです。  鹿児島県の奄美市はITを活用した在宅勤務促進に向けた高速ブロードバンド整備事業などに1.6億円を当てる方針ということでございます。 もっと読む
2016-09-06 光市議会 2016.09.06 平成28年第3回定例会(第4日目) 本文 最後に、提案でありますが、以前、視察で訪れた福井の高浜町に関して御紹介をいたします。この1枚物の資料を配付させていただきました。  福井高浜町の若狭和田ビーチは、ビーチの国際認証であるブルーフラッグというものを、日本で初めて取得をしております。 もっと読む
2016-06-14 光市議会 2016.06.14 平成28年第2回定例会(第2日目) 本文 先日、環境福祉経済委員会の視察で、福井の高浜町、和田診療所を訪ねました。そこでは、まず、研修医の受け入れのみならず、医学生の受け入れを積極的に行っているということでしたが、その点につきまして、この光市の病院の現状、どのように検討されているか、お聞かせいただけますでしょうか。 ◯議長(中村 賢道君) 田村病院局管理部長。 ◯病院局管理部長(田村 教眞君) 医学生や研修医の受け入れでございます。 もっと読む
2016-03-10 柳井市議会 平成 28年 第1回定例会( 3月)-03月10日−04号 1点目の市民と行政の協働について、市長さんのお考えは理解をできますし、今現在の計画の中でも明記をされておりますし、その方向であろうということは私も理解できるんですけれど、もう一歩言及をさせていただくとするならば、昨年、勉強させていただきました福井の鯖江は、先ほど言いましたようにロータリークラブとかライオンズクラブとか、いろいろな社会奉仕団体に職員を自ら会員として派遣をして、活動を一緒にしてもらうことによって もっと読む
2016-03-08 宇部市議会 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月08日−02号 企業子宝率は、男女を問わず従業員が、在職中に生み育てることが見込まれる子供の数で、その数値を働きやすい職場を推し量る指標として、福井や静岡県など、導入している自治体があることを把握しております。  今後、既に導入している自治体の状況を参考に、働きやすい職場環境の構築や合計特殊出生率の向上にどのような効果があるのか、研究していきたいと考えています。   もっと読む
2016-03-08 宇部市議会 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月08日−02号 企業子宝率は、男女を問わず従業員が、在職中に生み育てることが見込まれる子供の数で、その数値を働きやすい職場を推し量る指標として、福井や静岡県など、導入している自治体があることを把握しております。  今後、既に導入している自治体の状況を参考に、働きやすい職場環境の構築や合計特殊出生率の向上にどのような効果があるのか、研究していきたいと考えています。   もっと読む
2015-12-14 長門市議会 平成 27年 12月定例会(第4回)-12月14日−03号 その質問の中で、福井鯖江市の市民協働の取り組みを紹介しております。会議録のままちょっと言いますと、「実験的な市民協働推進プロジェクトの一つとして、鯖江市役所JK課を創設しております。これは条例等で規定されている正規の行政組織ではありません。 もっと読む
2015-12-14 長門市議会 平成 27年 12月定例会(第4回)-12月14日−03号 その質問の中で、福井鯖江市の市民協働の取り組みを紹介しております。会議録のままちょっと言いますと、「実験的な市民協働推進プロジェクトの一つとして、鯖江市役所JK課を創設しております。これは条例等で規定されている正規の行政組織ではありません。 もっと読む
2015-09-08 下関市議会 平成 27年 9月 8日 文教厚生委員会-09月08日−02号 ○文教厚生委員長(安岡克昌君)  例えばいつも、秋田県とか福井とかがトップで、下が2割くらいの差がある。要因はどういうことなんですかね。 もっと読む
2015-09-04 周南市議会 平成 27年 9月 第3回定例会-09月04日−02号 そのすぐ後10月9日、金曜日には、福井の鯖江市の議会の方がいらっしゃって、これもコミュニティスクールの取り組みを勉強したいと。10月14日には、福岡県の岡垣町の教育長さん以下がお見えになって、小中連携の取り組みとかあるいは学力向上の取り組みを視察させてほしいと。ちょっと今手元にありましたので、それだけ、この9月、10月だけでも、そういう視察の方がたくさんあります。 もっと読む
2015-06-18 光市議会 2015.06.18 平成27年第2回定例会(第2日目) 本文 文部科学省が毎年実施している、全国の小学生と中学生を対象にした学力と体力に関するテストで、福井が常にトップクラスの成績をおさめておられることを御存じでしょうか。その理由は何なのか。私なりに調べてみたところ、福井では三世代で同居している家族が多いことに気づきました。 もっと読む
2015-03-06 下関市議会 平成27年第 1回定例会( 3月)-03月06日−04号 福井ものづくり人材育成修学資金では、大学院修了後、福井のものづくり企業に7年間勤務した場合、返済を全額免除するという制度になっております。本市においても、この同様の仕組みを実施すれば、若い世代を呼び込むことができるのではないかと思いますが、お考えをお示し願いたいと思います。   もっと読む
2015-03-05 下関市議会 平成27年第 1回定例会( 3月)-03月05日−03号 出生に関して、出生に関して言えば、例えば福井南越前市は、3人目の子供に100万円お祝い金を出すそうです、3回に分けて。1回ではなかなか厳しいんで。大分県は、湯河原町というところでは、小学校入学までに100万円。払う期間が長いほうが定住人口にはつながるし、財政負担も減ります。これぐらい思い切った政策も必要になってくるのかなというふうに思います。   もっと読む