399件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宇部市議会 2021-12-09 12月09日-03号

義務教育9年間を見通し、確か学力を身につけ、心豊かな子供育成を目指す小中一貫教育が、令和2年度4月より開始されます。大きな改革ですので、さまざまな御苦労があろうと思いますが、スタートに向けての進捗状況をお尋ねします。 また、9月議会でも質問させていただきましたが、納得できる御答弁がなかったので改めて質問させていただきます。 

宇部市議会 2021-12-09 12月09日-03号

義務教育9年間を見通し、確か学力を身につけ、心豊かな子供育成を目指す小中一貫教育が、令和2年度4月より開始されます。大きな改革ですので、さまざまな御苦労があろうと思いますが、スタートに向けての進捗状況をお尋ねします。 また、9月議会でも質問させていただきましたが、納得できる御答弁がなかったので改めて質問させていただきます。 

長門市議会 2020-12-23 12月23日-02号

ここ数年、安定した結果が続いておりまして、本市子ども達確か学力が身についているものと捉えております。 確か学力を身につけるためには、落ちついた学校生活のもと仲間学び合い、互いを高め合っていく必要があります。みす教育を通して子ども達に優しいまなざし感性が育まれることで、豊かな心の醸成がなされ、より一層学力向上が図られているものと感じております。 

長門市議会 2020-12-23 12月23日-02号

ここ数年、安定した結果が続いておりまして、本市子ども達確か学力が身についているものと捉えております。 確か学力を身につけるためには、落ちついた学校生活のもと仲間学び合い、互いを高め合っていく必要があります。みす教育を通して子ども達に優しいまなざし感性が育まれることで、豊かな心の醸成がなされ、より一層学力向上が図られているものと感じております。 

周南市議会 2020-12-03 12月03日-01号

15、「確か学力という視点推進施策の中に入れてしっかり取り組むべきである。 16、徳山大学の公立化について検討します、とあるが、その理由を推進施策では地元人材育成し、地元が求める人材として地域に還元していく地域人材循環構造の確立、そして活力ある人材育成や若者の一層の地元定着を図るためとしている。 

宇部市議会 2020-03-05 03月05日-03号

第2点、小中一貫教育推進コミュニティスクールについてですが、小中一貫教育では、連携する小中学校が「めざす子ども像」や学校教育目標を共有し、系統性連続性のある教育活動を行うことにより、確か学力定着や豊かな心の育成を図ることを目標としています。また、その取組を進めることにより、教育活動差異人間関係変化などから生じる「中1ギャップ」の解消や不登校減少が期待できます。 

宇部市議会 2020-03-05 03月05日-03号

第2点、小中一貫教育推進コミュニティスクールについてですが、小中一貫教育では、連携する小中学校が「めざす子ども像」や学校教育目標を共有し、系統性連続性のある教育活動を行うことにより、確か学力定着や豊かな心の育成を図ることを目標としています。また、その取組を進めることにより、教育活動差異人間関係変化などから生じる「中1ギャップ」の解消や不登校減少が期待できます。 

下松市議会 2020-02-26 02月26日-05号

そうした生きる力を育成するために、学校あるいは家庭地域で何に心がける必要があるかというと、確か学力をつけるということと、豊かな心を育成する、そして健やかな体をバランスよく育成するということが大事になってくると思います。 また、4月から新学習指導要領小学校で全面実施されますが、この新学習指導要領の中では、この生きる力の捉え方を多少捉え直しをしております。

下松市議会 2020-02-13 02月13日-01号

次代を担う児童生徒確か学力や豊かな心を身につけ、健やかな体で夢や希望を持って未来を切り開いていけるよう、コミュニティスクール取組充実させ、社会総がかり児童生徒学びや育ち支援する教育環境づくりに努めます。 英語教育プログラミング教育など、新学習指導要領に対応した教育推進するため、ICT環境整備するとともに、教員研修体制充実に努めます。 

山口市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年12月11日

今後も、児童生徒確か学力が身につき、一人一人の能力や個性が伸ばせる取り組みを継続してまいりたいと考えております。次に、学校教育の意義のうち、校則のあり方についてお答えします。近年、ブラック校則という言葉が広まり、学校生活においてどのようなルールがどこまで必要なのかという議論があるやに聞いております。

光市議会 2019-12-06 2019.12.06 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文

これは、地域連携教育推進とあわせて、18歳までを見通した子供学び育ちをつなぐ幼・保・小・中・高の連携協働教育を進める中で、そのかなめとなる義務教育9年間、特に小学校と中学校接続期を滑らかにつなぐために重点的に取り組むもので、中1ギャップ等課題解決を図りながら、深い学び実現を通した確か学力と、多くの人との触れ合いを通した豊かな人間性各種活動を通した健康体力、この3つの調和がとれた生きる

山口市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年09月11日

第2期の中ではICT活用推進が言われ、子供たち確か学力育成するためにはわかりやすい授業実現だとか、その指導方法一つとして教員ICTを効果的に活用した授業展開を求めております。また、教員校務事務多忙化により、子供たちと向き合う時間の不足が指摘されていることからも、校務効率化をも求めております。

光市議会 2019-06-19 2019.06.19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

教育委員会としては、今後、その努力とともに、準備段階における諸課題について、学校学校運営協議会等と十分に議論しながら、これまでの連携協働教育取り組みをさらに発展させる、コミュニティスクール基盤とする小中一貫教育実現を目指し、確か学力と豊かな人間性、健康、体力調和がとれた生きる力の育成に向けた、本市学校教育基盤づくりに着実に取り組んでまいる考えであります。  

山口市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

教育委員会といたしましては、今後とも地域家庭との連携を密にし、児童生徒確か学力定着向上に向け、基本的な生活習慣育成教員授業力向上取り組み推進してまいる所存でございます。  以上でございます。 ◯ 議長入江幸江議長) 以上で冨田正朗議員一般質問並びに質疑が終わりました。