19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

萩市議会 2020-06-10 06月10日-01号

部門別の概況につきましては、直売店生鮮商品力強化鮮度管理徹底のほかに、地域住民の毎日の買い物の場としての利便性提供など、サービス向上に取り組んでまいりました。直売店来店客数は対前期比約1%減少の18万569人となりましたが、売上高は対前期比約2%増加し、2億4,231万8,000円となり、収益改善に取り組んだことによりまして利益は2,618万8,000円となりました。

下関市議会 2018-09-27 09月27日-07号

その一翼を担っている施設くん蒸施設になるわけでございまして、本港地区にもあれば、長州出島にも用意しているわけでありますけれども、こちらは基本的に輸入する食品日本で持ち込んでもいい、そのような状態にするために必要に応じて使う施設になってございまして、輸出のためにあるものではないというのが1点、あと、生鮮を輸出するに当たっては、輸出する先々の国の受け入れ基準に合致するような形で対応しなければいけない

山陽小野田市議会 2017-09-07 09月07日-02号

給食センターにおきましては、食材につきましては入札制度を取り入れた場合に、特に生鮮、肉、魚、野菜果物、こういったものにつきましては、向こう何カ月の市場流通価格というものを把握というか、予測していただいて入札に臨んでいただくというような形になってまいると思いますが、実際、現実として、それが可能かといえば、業者さんにとってはすごく無理があるのではないか、2カ月も3カ月も先のそういった市場流通価格というのを

長門市議会 2014-02-27 02月27日-02号

長門が売っていくっていう部分での主力な販売物っていいますので、第6期で経営が自立できるようにということで、先程答弁は申し上げましたけど、第6期におきまして農産物では720万円、水産物では3,140万円、それから、長州ながと和牛で2,000万円、それから長州黒かしわで1,390万円、合わせて7,300万円余りの収益、これは生鮮ということで、そういったものを売っていく。

下関市議会 2013-09-26 09月26日-07号

港湾特別会計では、新港地区長州出島とあわせて、本港地区など既存地区利用振興をさらに図るよう要望がなされるとともに、ポートセールスに関しては、執行部より、大陸に近く、定時性が高いスピードのあるフェリー航路を3航路有しているといった下関港の優位性について、生鮮や高価な貨物を扱う荷主に直接かつ積極的にアピールしていくことが重要であるとの説明がなされる中で、荷主そのものに対するさらなるアプローチの強化

下関市議会 2011-03-15 03月15日-07号

港湾局振興課長阪田高則君)  人工島の利用率を上げるための取り組みについてでございますけれども、下関港におきましては、航空貨物に例えられるようなスピードを要求される生鮮精密機械等荷主に対しまして、東京など国内で年2回程度韓国中国年一、二回程度下関港の利用促進目的としてポートセミナーを開催しているところでございます。

宇部市議会 2010-12-13 12月13日-02号

鳥取県では、県及び地元3町が生鮮日用品を販売している事業者との間で、通常業務の中で住民の異変を発見した場合は自治体に連絡する、中山間集落見守り活動協定を締結しています。さらに、このような活動を行う移動販売車車両購入費補助制度を設け、支援をし、成果を上げております。 しかし、この問題には異なる要素が含まれており、解決への方途を困難にしていると考えます。

光市議会 2005-12-08 2005.12.08 平成17年第7回定例会(第2日目) 本文

お尋ね給食に使用している食材地元産品使用状況でございますが、いずれの病院も、米や野菜果物などの生鮮について地元業者納入先としておりますが、納入される食材についての産地指定は行っておりません。  なお、今年度から、光総合病院におきましては、米について銘柄指定、これはヒノヒカリでございますが、この銘柄指定をしているのが現状でございます。  

光市議会 2005-12-08 2005.12.08 平成17年第7回定例会(第2日目) 本文

お尋ね給食に使用している食材地元産品使用状況でございますが、いずれの病院も、米や野菜果物などの生鮮について地元業者納入先としておりますが、納入される食材についての産地指定は行っておりません。  なお、今年度から、光総合病院におきましては、米について銘柄指定、これはヒノヒカリでございますが、この銘柄指定をしているのが現状でございます。  

下関市議会 2002-03-08 03月08日-03号

しかし、高速道路網整備物流システム、技術の高度化が進展をいたしまして、これらを背景をして生鮮流通圏域が広域化し、卸売市場間において集荷配送面競合が出てるわけであります。こうした状況に対し、市場間の連携強化統合に向けての開設者市場関係事業者の自主的な取り組みを国におかれましても促進をしてるわけでありますし、行政もこれを支援する必要があるということで、答申も出されているわけであります。 

下関市議会 2001-06-06 06月06日-03号

しかし、高速道路網整備物流システムニーズ高度化が進展したことを背景に、生鮮流通圏域が広域化し、卸売市場間において集荷配送面競合が生じているわけです。こうした状況に対処し、市場間の連携強化統合に向けての開設者市場関係業者の自主的な取り組み促進していくことが重要であり、行政もこれを支援する必要があると答申をされているわけです。

下関市議会 1998-09-11 09月11日-03号

唯一、全国の中で、土曜日、日曜日、祝日の輸出入貨物の通関、それから、動植物の検疫が可能であるということは、下関港に上がる今後のいろいろな急を有する、例えば生鮮こういうものに対する対応が、本市でのみ、本港でのみ可能だということを明らかにしているわけであります。 

  • 1