580件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

山口市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔資料〕 開催日:2019年06月24日

   一 地元企業参画方針    二 選定委員会の改革  イ 地域存立への振興策について   1) 防府土木建築事務所の山口市への復帰   2) 湯田温泉の活性化策   3) 山口湾河口のしゅんせつによる再生   4) 新山口駅南1km圏域のまちづくり推進方針 21 部 谷 翔 大(市民クラブ)…………………………………………… 236  ア 外国人材獲得施策について   1) 本市の外国人材の現状と生活支援

光市議会 2019-06-19 2019.06.19 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文

それ以外にも、民間の事業者もそういう就職サイト、就活サイトを持っておりますが、これについて、どのぐらい光市において実績があるというものを持ち合わせておりませんし、個別の御相談、報告等も受けておりませんので、その辺のことはわかりませんが、市としては、ハローワークの公式の就職サイト、あるいは、この辺でいえば、周南市にあります障害者就業・生活支援センターワークス周南、そういうところで就職を探されるのがよいのではないかと

光市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文

これらごみ出し支援を行っているほとんどの自治体は、ごみ出し支援を高齢者生活支援の一部として、在宅での生活を維持していくための事業として運営され、また事業は日々のごみ出しに関する継続的支援でありますことから、対象となる世帯基準を明確化した上で、通常の定期収集と同様に、玄関先など事前に決められた場所に、決められた時間までに、分別した状態で市の指定袋などで出していただくことなどを原則として実施されています

光市議会 2019-06-17 2019.06.17 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文

次の質問3は、「生活支援体制整備事業」の進捗状況についてです。  この質問は、3月議会でもさせていただきました。その中で説明をいただきました第1層協議体は、その後どのような進展があったでしょうか。また、第2層協議体で、伊保木地区、中島田地区、塩田地区、周防地区での取り組みがございましたら、御説明をお願いいたします。  次の質問4は、「成年後見制度」についてです。  

光市議会 2019-06-13 2019.06.13 令和元年第2回定例会(第1日目) 本文

次に、歳入でありますが、国庫支出金では、地域生活支援事業費等補助金57万7,000円、子ども・子育て支援事業費補助金1,902万円、母子家庭対策総合支援事業費補助金121万円、合わせて2,080万7,000円を計上するとともに、県支出金では、農村地域防災減災事業補助金500万円を追加いたしました。

光市議会 2019-06-13 2019.06.13 令和元年第2回定例会 目次

…………… 49,50                 吉本建設部長 …………………………………………… 49  ・ 岸本隆雄議員 ……………… 51,56,58,59,60,61,62,63,64     ・ ひとり暮らし高齢者の見守りについて        (1) 「孤独死」の現状について        (2) 「介護支援ボランティアポイント事業」の進捗状況について        (3) 「生活支援体制整備事業

山口市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年06月11日

結果、私が学生時代と障がい者事業所職員時代に、現地でネットワークを構築させていただいていた東京都世田谷区の民間相談支援機関と区立の身体障がい者自立生活支援機関に駆け込み、経済面、介護面、就労面、居住面等の支援を確約し、居住場所も区内の契約した不動産業者が交代で常駐し、改造可能物件等を仲介する住まいサポートセンターを通じて確保し、今月中には晴れて世田谷区民として自立生活をデビューさせる運びとなっております

山口市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年06月10日

そこで結婚に伴う経済的負担を軽減するため、結婚に伴う住宅取得費用、住宅賃借費用、引っ越し費用等を支援する結婚生活支援事業を実施してはいかがでしょうか。本市の考えをお伺いいたします。  以上で1回目の質問を終わります。 ◯ 議長(坂井芳浩議長) 渡辺市長。                

光市議会 2019-03-22 2019.03.22 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

事業といたしましては、いきいき百歳体操普及事業地域ふれあいサロン活動支援事業及びその推進事業介護支援ボランティアポイント事業、生活支援体制整備事業、そして、要介護者の原因疾患で男女ともに第1位の認知症の予防啓発を、全ての事業合わせて約1,200万円の事業です。これらの事業は、高齢者にとっても介護する人にとっても、光市にとっても、大変重要だと考えます。

山口市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会〔資料〕 開催日:2019年03月14日

朗(自由民主党山口)……………………………………… 148  ア 準用河川の指定について  イ 児童・生徒の学力向上について 12 其 原 義 信(公明党)………………………………………………… 152  ア 湯田地域の課題について   1) 多世代交流・健康増進拠点施設整備事業   2) おもてなしの街・湯田温泉  イ 阿東地域の課題について   1) 健康福祉の拠点施設   2) 認知症ケア、生活支援

山口市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(6日目) 本文 開催日:2019年03月14日

昨年10月からホームヘルパーが自宅を訪問し、1カ月の基準回数以上の生活支援サービスをケアプランに盛り込んだ場合、ケアマネジャーによる市町村への届け出が義務化されたものです。こうした保険者機能強化推進制度や、生活援助に制限をかける給付抑制のための仕組みは当事者の暮らしの基盤を壊しかねないものであり、こうした新たな給付削減の仕組みが盛り込まれるため反対いたします。  

光市議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文

各所管におきましても、コミュニティスクールとか生活支援体制整備事業、また、公園美化促進事業など地域協働によるさまざまな政策も今進めているところでございます。  いずれにいたしましても、地域の課題解決には、やはりそこで暮らす地域の皆様のお力が不可欠となります。市といたしましても、引き続き地域の皆様と連携を強化し、協働を進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。

山口市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

次が2)認知症ケア、生活支援介護予防でございます。厚生労働省は、過疎地域における地域福祉地域介護の現状と課題を分析して、医療介護介護の予防、住まい、生活支援が包括的に確保される体制、すなわち地域包括ケアシステムの構築を団塊の世代が75歳以上となる2025年をめどに実現をすると、このように打ち出しをしております。

光市議会 2019-02-22 2019.02.22 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文

1の項の最後の質問高齢者生活支援体制整備事業についてお伺いいたします。  以上で1の項、介護保険制度高齢者福祉についてを終わります。  2の項に移ります。事務事業評価について御質問させていただきます。  少子高齢化、急激な人口減少、こういった大きな社会構造の変化が進む中、地方自治体におきまして行革は避けて通れない問題だと思います。  

光市議会 2019-02-20 2019.02.20 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

生活支援体制整備事業では、地域支援団体企業等の多様なサービスを担う事業主体と連携し、組織的に高齢者生活支援体制の整備に努めてまいりました。本年度は、これまでの伊保木や中島田地区等4地区に、新たにもう2地区を加え、高齢者が心豊かに暮らせるまちづくりに向け、体制の強化を図ってまいります。