5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

周南市議会 2019-12-05 12月05日-02号

予防接種による健康被害に対する救済措置は、定期接種については予防接種法に、任意接種については独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に、それぞれ定められています。どちらも健康被害の重篤度に応じ、医療費死亡一時金、障害年金等が給付されることになっていますが、任意接種補償は、定期接種と比べ、死亡一時金は6分の1程度障害年金半額程度となっており、補償内容に差が見られます。 

周南市議会 2018-09-07 09月07日-03号

一方、おたふく風邪ワクチンやロタウイルスワクチンは、副反応の頻度等の問題もあることから、現在は任意接種となっておりますが、任意接種については、健康被害が生じた場合の国による救済措置はなく、独立行政法人医薬品医療機器総合機構による救済措置があるものの、死亡一時金は、定期接種の場合の国の補償の6分の1程度障害年金は同じく半額程度であるなど、定期接種とは救済措置に大きな差がございます。 

周南市議会 2014-12-18 12月18日-06号

予防接種法で決められている予防接種は、国が責任を持って救済し、障害年金等も回復するまで生涯支給されるが、任意接種の場合は、国の救済制度を活用することができないので、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法を使うことになり、年金半額くらいになる。また、万が一死亡された場合は、国の補償が約4,000万円から5,000万円になるが、任意接種の場合は約200万円となるので、救済制度に大きな差が出てくる。

  • 1