235件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

光市議会 2019-06-18 2019.06.18 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文

避難所への物資につきましても、開設時はもとより、飲み物や食事などを順次配送することとなり、市内4カ所に分散設置している防災倉庫から職員が搬送することとなったため、時間と労力を要したところでございます。申し上げるまでもなく、災害時には、限られた資源人材を集中的に管理活用することが必要でありますことから、今回見直しを図ったところであります。  

光市議会 2019-03-22 2019.03.22 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文

避難所環境整備としては、開設、運営に向けての必要な設備物資の整備が計上され、避難所開設運営マニュアルについても策定の方針が示されております。地域住民の主体的な運営につながるよう期待しております。  発災時迅速に必要な物資を活用できるよう、防災倉庫の拡充においては、増設、移動等が行われるとのことですが、その立地と運用については十分検討をお願いします。  

光市議会 2019-02-26 2019.02.26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文

2つ目、(イ)雨が激しく窓を閉めた状況で、防災行政無線の内容が聞き取りにくいなど、防災情報の伝達手段、避難行動につながる避難情報避難所開設、備蓄物資の配置・運搬等、ほぼ初めての対応であったかと思います。  3つ目、(ウ)いわゆる災害ごみの集積、運搬、処理に関しても困難をきわめた状況であったかと思います。

光市議会 2019-02-20 2019.02.20 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文

新年度予算では、次なる災害への備えと市民生活の安全・安心の確保のために、市内各所の災害復旧事業や小規模治山事業、小・中学校施設への空調施設整備事業などの繰り越し分も含め、避難所環境改善や非常物資の分散備蓄、島田川洪水ハザードマップの作成、本庁舎における防災機能の整備に向けた基本構想の策定など全30事業、総額28億2,000万円を計上したところであります。  

光市議会 2018-12-07 2018.12.07 平成30年第5回定例会(第3日目) 本文

対策の必要性としては、物資などに紛れて容易に分布を拡大いたします。他の特定外来生物同様、一旦定着を許してしまうと、根絶は容易ではありません。既に侵入、定着している地域での分布の拡大防止、未侵入地域において侵入発見時に素早く対応して被害の未然防止、定着の阻止、根絶を目指すことが、大事なことでございます。  

山口市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(4日目) 本文 開催日:2018年12月05日

地域の障がいがある方への避難拠点として独自に地域協定を結ばれたふしの学園を目標物として、いかにして特性のある子供たちがその場所を安心できる場所として認識し、また避難時の危険予測をさまざま想定しながら移動になれていき、特性から食事や行動にこだわりがあり制約がある中で災害支援物資をどう活用するのか、それぞれの立場での協力体制も確認しながら、実際に歩いてみたり、活動をしてみての非常に示唆に富んだ初めての

光市議会 2018-09-19 2018.09.19 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文

センター運営期間中に特に配慮したことは、ボランティア熱中症対策でしたが、水道局を初め、市内各地区社会福祉議会福祉施設、その他個人団体企業の皆様からも飲料水や必要な物資の提供、センターで使用する備品の無償貸与など、さまざまな形で御支援をいただき、また、県看護協会からは看護師を派遣していただいたおかげで、軽い熱中症の症状の方がおられたものの、重症者を出すことなく運営することができています。  

光市議会 2018-09-18 2018.09.18 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文

このため本市では、自治体間連携に関する協定として、県及び県内19市町による職員の派遣や物資の提供等9項目に関する山口県及び市町相互間の災害時応援協定を初め、山口県内広域消防相互応援協定山口県消防防災ヘリコプター応援協定中国自動車道及び山陽自動車道における消防相互応援協定瀬戸内・海の路ネットワーク災害時相互応援に関する協定締結し、大規模災害時への備えをいたしております。  

光市議会 2018-09-14 2018.09.14 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文

議員仰せのとおり、避難所は、避難場所を提供するばかりではなく、災害に応じて避難名簿の作成、水や食料、トイレの確保に加え、毛布などの避難において必要な物資を提供すること、情報の伝達など多岐にわたっております。また、健康管理や生活環境面の配慮、長期化が想定される場合には、プライバシーの確保や男女のニーズにも呼応するなどが必要となってまいります。  

山口市議会 2018-09-10 平成30年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年09月10日

しかしながら、指定避難所では別室や専用スペースの確保など、できる範囲での対応をいたしているものの要介護者の方が必要とされている物資介護職員など、行き届いていない面もございますことから、滞在が難しい方につきましては受け入れ可能なショートステイなど、介護保険サービスの利用で対応いたしているところでございます。

山口市議会 2018-09-03 平成30年第4回定例会(1日目) 本文 開催日:2018年09月03日

まず、救援物資につきましては、被害発生直後の7月8日に、災害時相互応援協定締結いたしております岡山県総社市や甚大な被害を受けられました岡山県倉敷市に対して、緊急で必要とされておられましたエアベッド、紙おむつ、粉ミルク等を職員が直接お届けをいたしたところでございます。  次に、職員の派遣についてでございます。

光市議会 2017-12-05 2017.12.05 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文

また、ポータブル式の簡易トイレ、こうしたものの物資提供や、仮設トイレの設置、こうしたものが災害時に迅速に行えますよう、民間事業者等との災害時の協定締結しているところでございます。  御提言のマンホールトイレにつきましては、水洗トイレに近い感覚で使用できることや衛生的に使用できるなどの利点もあり、熊本地震においても有用性が一定程度確認されたものと認識いたしております。  

光市議会 2017-10-20 2017.10.20 平成29年第3回定例会(第6日目) 本文

委員より、防災備蓄倉庫の配置状況についてただしたのに対し、災害時の緊急物資災害用の資機材を避難所に迅速かつ効果的に運搬ができるよう、テクノキャンパス研修センター、周防コミュニティセンター、光スポーツ公園レストハウス、大和総合運動公園の4カ所に防災倉庫を整備、配置したとの答弁がありました。  2点目は、職員研修事業についてであります。

光市議会 2017-09-11 2017.09.11 平成29年第3回定例会(第4日目) 本文

最近は、スクラップだけではなくて、生活のいろんな出てくる物資をそこで整理をするんで、特に夏場は大変だという地元からのお話もありますので、そういったことにもきちんと対応する必要が出てきたと思っておりますので、もう一度御検討いただけたらと思います。 ◯副議長(磯部 登志恵君) 吉本経済部長。 ◯経済部長(吉本 英夫君) 室積海岸海岸保全に対する市民の意見はというお尋ねだったと思います。