422件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柳井市議会 2023-08-23 09月04日-01号

法定の耐用年数というのは既に経過をしておるわけでございますが、へぐりは瀬戸内海で、内海を航行するということで、外界を航行するよりも、機関の損傷は少ないと考えられること、あるいは、へぐり自体、平郡島との往復ですから、航行距離が他の航路に比べて短いということでございます。そうしたことで、現在20年を経過しておりますが、当然のことながら、毎年の中間検査や5年毎の定期検査を行っております。

岩国市議会 2022-06-18 06月18日-03号

それで現在、瀬戸内海上では空母艦載機移駐によっての爆音が大変な事態を招いております。特に柱島3島においては、空でいえば、空母艦載機あるいは自衛隊戦闘機や飛行機が飛んでおります。海では、自衛隊の艦船あるいは米軍のそうした軍用に関する船舶が航行しております。柱島3島の皆さんは、これらの米軍岩国基地の安定的な運用にずっと協力してこられています。

岩国市議会 2022-06-17 06月17日-02号

さらに、通称瀬戸内ネットの代表は、今回の訓練光学着艦誘導装置を使った明らかなタッチ・アンド・ゴーであり、事実上の着艦訓練だと訴え、事前集中訓練の中止を要請しています。 硫黄島で実施するFCLPと同様の光学着陸装置が使用されており、私は、事前訓練は事実上のFCLPであり、激しい騒音をまき散らしている訓練は中止するよう、米軍に求めるということを強く要請します。 

宇部市議会 2020-09-11 09月11日-03号

とりわけ、本市観光資源の中でも、世界で最も歴史のある野外彫刻国際コンクールであるUBEビエンナーレは、アート関心のある外国人観光客にとって、魅力のあるものと考えていますので、本年開催瀬戸内国際芸術祭2019においても、小豆島UBEビエンナーレPRブースを設置するなど、効果的な情報発信を行っているところです。 

宇部市議会 2020-09-11 09月11日-03号

とりわけ、本市観光資源の中でも、世界で最も歴史のある野外彫刻国際コンクールであるUBEビエンナーレは、アート関心のある外国人観光客にとって、魅力のあるものと考えていますので、本年開催瀬戸内国際芸術祭2019においても、小豆島UBEビエンナーレPRブースを設置するなど、効果的な情報発信を行っているところです。 

宇部市議会 2020-09-10 09月10日-02号

大正10年、石炭産業による急激な人口増加により、村から一気に市となり、瀬戸内産業都市として歩み続けてきた歴史を祝う100周年にふさわしいプロジェクト進行中であることを期待するわけですが、現状はどうなっているのか、できるだけ時系列に沿って確認してまいりたいと思いますので、御答弁をよろしくお願いいたします。 

宇部市議会 2020-09-10 09月10日-02号

大正10年、石炭産業による急激な人口増加により、村から一気に市となり、瀬戸内産業都市として歩み続けてきた歴史を祝う100周年にふさわしいプロジェクト進行中であることを期待するわけですが、現状はどうなっているのか、できるだけ時系列に沿って確認してまいりたいと思いますので、御答弁をよろしくお願いいたします。 

下松市議会 2020-06-10 06月10日-01号

瀬戸内水産振興のためにやっているわけでしょう。 ですから、そこでメリットを受けているのは、下松の漁師さんたちもおられますけれども、周南市漁業関係者もおられるわけですよね。漁協も、まさに受益団体ですよ。ですから、その辺では、下松市だけが、そのとばっちりをかぶらないけんという、そんな理由はないと思うんですよね。 

柳井市議会 2020-05-31 06月13日-01号

広島湾の西に位置するサザンセトのこの地域は伊予灘と連絡し、穏やかな海と多島美に恵まれ、「ザ・瀬戸内海」といっても過言ではありません。 平井知事の時代でありますが、昭和62年、総合保養地整備法ができたことによって、柳井地域1市7町は、「サザンセト・サンシャインリゾート構想」を策定し、平成5年には、この構想が国の同意、承認を得るまでに至りました。 

山口市議会 2020-02-25 令和2年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2020年02月25日

次に、「個性と安心の21地域づくり」につきましては、地域の特性を生かした個性豊かな21の地域連合を形づくり、あらゆる地域に安心して住み続けられるまちづくり発展方向性といたしまして、小郡、秋穂、阿知須、徳地、阿東の各総合支所エリアにおけるふるさとにぎわい計画に基づくプロジェクト推進を初め、南部地域活力アップ推進プランに基づく瀬戸内魅力創出などの取り組みや、中山間地域づくり指針に基づく地域資源活用

山口市議会 2020-02-17 令和2年第1回定例会(1日目) 本文 開催日:2020年02月17日

また、南部地域活力アップ推進プランに基づく取り組みといたしまして、瀬戸内魅力創出のため、インバウンド、サイクリング、アウトドアの3つの視点から各地域資源を広域的に結びつけ、あわせて、旧桂ヶ谷貯水池堰堤へのルート整備名田島南蛮樋保存整備、鋳銭司・陶地区文化財総合調査などの文化財の保護と活用を図り、交流人口の拡大につなげてまいります。

山口市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年12月12日

佐山地域では、さやま自然観察ウオーキング開催される予定となっているなど、いずれも本プラン基本理念であります「瀬戸内恵みと活発な交流がもたらす豊かな暮らし~人恵みが行き交う南部地域~」に沿った地域資源を核とした活用がなされているものと認識をいたしております。

下松市議会 2019-12-11 12月11日-03号

同じ瀬戸内山口県内で、そういうところがある一方で、新しくつくるのに今までが120人規模があったのに、今度は30人規模のそういうことしかできないと。 さっきの答弁にね、私はちょっとこれ聞き捨てならないなと思うのは、民間があるから、そっちを使ってくれいやと、それはないじゃろう。民間を使うだけ、借りるだけの懐が、余裕のある市民の方が全員じゃないんですよね。 

下松市議会 2019-09-12 09月12日-04号

山口県の瀬戸内沿岸の大型工場がここまで発展したことは、地元工業高校卒の優秀なエンジニアの存在を抜きにしては語れないと、県内工業高校の質の高さに高い評価を与えております。この下松工業高校は、宇部工業高校と並ぶ県内最古工業高校として、その先兵になった100年間の歴史があります。下工OB地域発展に果たした役割はいかばかりでありましょう。はかり知れないと考えます。