22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

光市議会 2015-03-02 2015.03.02 平成27年第1回定例会(第4日目) 本文

クラブのところと放課後子ども教室、その子供たちと交流をすることを今から進めようとしているとなったときに、いきなり光市がじゃあそれをやりましょうというわけには今の現状ではできないというのはよくわかっておりますが、学校を拠点とした中で、例えば公民館でやっている授業ですね、夏休みの間だけでも学校施設を借りて、校長先生に許可を得て、そこで何か教室をするときに、放課後児童クラブですね、済みません、私もまだ混同

光市議会 2013-03-05 2013.03.05 平成25年第1回定例会(第4日目) 本文

これは、県の主催と市の危機管理課の防災訓練ですか、若干混同しておりました。といいますのは、去年、私、連合自治会議会で、光市長の名前と小松消防長の名前の連名のこのような案内をもらっております。一番下に問い合わせというので防災危機管理課の名前がありまして、主催がどこかわからなかったから壇上でそう申し上げたもので、ちょっと混同しておりました。  

光市議会 2011-09-12 2011.09.12 平成23年第3回定例会(第4日目) 本文

遺物も混同したり、あちこち混ざったりと、いろいろなことになってしまいますので、なるべく早くやっていただきたいと思います。  再任用や歴史に関心の強い退職された学校の先生などをパートとかというような形で、積極的に雇用というほどのことでもないとは思いますが、していただいて、ぜひこれに強力に取り組んでいただくようにお願いしたいと思いますが、難しいでしょうか。 ◯副議長松本 修二君) 近藤教育次長

光市議会 2010-02-26 2010.02.26 平成22年第1回定例会(第3日目) 本文

そことは全然違うところで議論したもんですからちょっと混同したように聞こえたかもしれませんが、両方ともちゃんと分かっております。  そんな中で、今、先生がおっしゃった、がん治療、私も前回も12月議会のときにちょっとお話した部分だったので、あえてもう一度再度お尋ねしたというところがありました。

光市議会 2009-12-07 2009.12.07 平成21年第7回定例会(第4日目) 本文

社会教育生涯学習を同一に考えたり混同している例をよく見ます。大変分かりづらいので図にしてみました。生涯学習イメージ図であります。生涯学習とは、社会教育学校教育を柱にして、その周りに個人的な学習までも含む大きな概念であることが分かります。我が光市の生涯学習課もこの理念に基づいて事業を行っているということで間違いがないと思いますがいかがでしょうか。

山口市議会 2008-12-08 平成20年第6回定例会(2日目) 本文 開催日:2008年12月08日

私は、議員の活動と選挙活動の解釈混同しない、グレーではない、はっきりとした利用ルールの記載を望みます。今市議会で、議会基本条例を制定しようとしております。その中で、市民の皆様に対し、議会は説明責任を果たそうとしております。また、市民と対話することで、御意見を聴取しようとしております。今回示されました内容の一部は、議員議会活動を制約することになるのではと考えます。

山口市議会 2008-09-10 平成20年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2008年09月10日

その中で、ただ、現段階で考えますときに、私は基本的な形の中で、市民といえば、先ほど言いましたように、いわゆる住民基本台帳による住民、これイコール市民というようなものがいろいろなところに使われておりますので、それはいわゆるここの山口市に住んで、税も払って、きちんとした定義がある住民と、こういうふうになってますんで、それと混同するというようなことがあってはいけないんで、この法律でいうところの市民という形

山口市議会 2008-09-08 平成20年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2008年09月08日

また、実際の運用面においてボランティアの方を含めいわゆる肩身の狭い思いという御表現をいただいたわけですが、先ほどの1回目の答弁でお答えいたしましたように、そこら辺の誤解をできるだけ避けるために、つくし推進事業の登録団体の方にも看板をお配りして、そういった混同するおそれがないように努めてまいりますし、また、議決いただいた後、10月以降に広報やあるいは地域の回覧板を回していただくなど、できるだけ市民の方

山口市議会 2008-03-03 平成20年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2008年03月03日

この現状で、目的と手段を混同せず、目標と成果についてもしっかり精査を行い、事業を行う価値があるものとしなければなりません。その意味で、総合計画予算が連動する行政評価システムがしっかり稼働するかが大事です。この行政評価システムがいつから稼働するのか、また、どのような形なのか、しっかりと施策を評価する仕組みになっているのかお尋ねをいたします。

山口市議会 2007-06-18 平成19年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2007年06月18日

住民との協働のまちづくりという手法と責任の所在とを混同すべきではないと考えております。この点について確認、御答弁ください。そして、この点にかかわっては、この総合計画はそもそも、先ほども指摘しました市民の役割ということをいちいち列挙する必要があるのかということなんです。最初に御紹介しましたように、地方自治法行政の役割、地方自治体の役割ということを言っております。

山口市議会 2006-09-13 平成18年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2006年09月13日

そういうものが混同して科学反応を起こす。こうしたことを処理するためには、どうしてもコストがかかってもリサイクル、徹底的なリサイクルをしなければならない。こうした観点から、私は、今後、策定していく総合計画の中ではごみ問題をもちろん取り上げますけれども、そうした理念が、全体の総合計画の中に必要だということを申し上げてきたところでございます。次に、生ごみの減量化、資源化についてのお尋ねでございます。

山口市議会 2005-09-27 旧山口市:平成17年第6回定例会(5日目) 本文 開催日:2005年09月27日

手段と目的混同してはならないと思います。これを肝に銘じておかなければならないと思います。それぞれのまち、地域にはおおよその規模、水準があろうかと思います。単なるスケールメリットを追求する限り、永遠に合併を繰り返すことになりましょう。  以上、いろいろ苦言めいたことを申し上げましたが、新市の発展をより願う視点からの意見でございますので、御了承をいただきたいと思います。

周南市議会 2004-07-09 07月09日-01号

次に、第3条の常任委員及び議会運営委員の任期において、第1項中の後任委員との混同を避け明確化するために、同条第3項中「後任委員」を、「補欠委員及び第7条第2項に規定する所属変更後の常任委員」に改めようとするものであります。 

光市議会 2003-12-05 2003.12.05 平成15年第6回定例会(第3日目) 本文

地域分権というのはちょっと話が違いまして、光市内におけるいろんな、公民館を中心とした各地域に、国が「地方分権」と言うように、私どもも、市においても地域分権、公民館学校単位とした、そういうようなまちづくりをやっていこうということで使った「地域分権」でありまして、混同がないように。  

光市議会 2002-12-10 2002.12.10 平成14年第6回定例会(第3日目) 本文

でも、とにかく業者と一般市民混同した啓発になってはいないかというところが私の心配です。  あとは、本当に困ったなと思いますのは、たき火をしても良いよというものがついていますので、ただ、御近所の迷惑にならない程度のたき火なんですけれども、近所づき合いがギクシャクせんかというのが私の心配なんです。

光市議会 2001-12-07 2001.12.07 平成13年第5回定例会(第3日目) 本文

しかし、今、この考え方が混同されて、全てが、あるいはほとんど全てが公金で賄えなければならないとの考え方が支配的であります。もっと整理して、行政の役割と民間の役割の住み分けを行えば、出口も見えてくるのではないでしょうか。例えば、特別養護老人ホームなど介護施設建設や運営費は、その多くが補助金に頼っております。

山口市議会 2001-03-05 旧山口市:平成13年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2001年03月05日

ですから、本来この企業立地促進条例が持ってた目的に、やはり本市が持ってる俗に言われる塩漬け土地ですか、これを処分しようというそういう目的混同されとるんじゃないかと。これはやはりちょっと、本来のこの条例の持っていた趣旨からすれば、ちょっとおかしいんじゃないかというふうに私は思っております。

山口市議会 2000-12-19 旧山口市:平成12年第5回定例会(5日目) 本文 開催日:2000年12月19日

この背景には、理事会の監査報告で組合長の交際費、自家用車の維持にかかる費用の使途が公 私混同されている等、組合運営について改善を求める事項について言及された。  理事会では監査報告の内容について審議が行われた結果、同理事会で理事会名により、山口中 央森林組合代表理事組合長杉山勝良君に対し辞任を求める緊急動議が提出され、承認されたもの である。  

  • 1
  • 2